« July 2000 | Main | September 2000 »

August 2000

2000.08.31

続々・メガネ、メガネ、メガネ

う〜む、また日記をさぼってしまった。やっぱ、これくらいのペースが無理がないのかなあ。さて、昨日の夜はF1ベルギーGPだった。一応最後まで見てまあまあ面白かったのだが、ふと考えるとF1を見始めてそろそろ10年になる。あれは忘れもしない……え〜と、何年だったっけ?(゚゜)バキ☆\(--)
どうもこのところ物忘れが激しいのだが、たしか91年の夏頃から見始めたのだと思う。セナとプロストが鈴鹿のシケインでがっちゃんこした年の翌年だから……あれ?90年だっけ?まあ、どちらにしても約10年経ったということだ。
当時はいわゆるセナプロ対決が泥沼に突入していた時期である。会社の知り合いに、前年の日本GPのビデオを見せてもらい、それから見るようになったのだが、昔は良かった式ノスタルジーを割り引いて考えても、そのころのF1にはぴりぴりした緊張感が漂っていたと思う。スタートを待っている時なんて、ほんとに心臓がバクバクしたもんなあ(もちろんTVで見てたのだが)。それはやはりセナとプロストという、二人の不世出の天才が真っ向からぶつかり合うと言う(かっこいい面ばかりではなかったが)滅多にない状況がそうさせたのだと思う。ましてや、毎レースが遺恨試合みたいな面があったからなおさらである。考えるとえらい年にF1を見始めたもんだ。
で、その緊張感が絶頂に達したのがその年の日本GPだったのだが、結果は例のスタート後数秒で衝突、両者ともサンドトラップに消えるあっけない結末だった訳だ。不完全燃焼と言えば不完全燃焼なんだけど、有る意味で私にとってはそれは「真っ白に燃え尽きた」面があったのも確かだ。なんか気障な言い方だが、あの時に「F1を面白がる心」の何%かはそこで燃え尽きたような気がする。それ以後、どんなに凄いレースがあってももうそれまでのように完全にはのめり込めないような…。まあ、客観的に見ても、それ以降全体としてF1はつまらない方向へ向かったような気がするのだが。
なんかF1十年と銘打った割には、最初の1年だけで終わってしまったなあ。はっ!と言うことはまさか…?
(続く)…のか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2000.08.25

新商品

昨日はネタ切れのため、1日休み。さすがに毎日更新はしんどくなってきたか?実は今日もネタがなく、このままだとまた更新できんなあと思っていたが、帰りに寄ったコンビニでパンの棚に新商品を発見した。その名も「ボンカレーパン」。 ま、参りました。まさか、こんなど真ん中ストレートで攻めてこられるとは思わなんだわい。パッケージには、イメージキャラのあの女の人(名前忘れた)の写真がちゃんと印刷されている。「あまくち」「ちゅうから」「からくち」の3種類があり。大塚食品め、ついにパン業界にまで進出したか、と思ったがそんなことはなく、敷島製パンの製造販売でした。ついでに、パッケージ裏面に「市販のボンカレーをそのまま使用したのではなく大塚食品株式会社了解のもと、パンに合うように作ったカレーを包みました。」というおことわりの文句が。こういうおことわり付きのパンも初めてでないかい。
さっそく「からくち」を買って帰って食べてみたが、ボンカレーってこういう味だったか?て言うかボンカレーなんて最近食べてないから味を忘れているんだけど、それにしてもなんか普通のカレーパンの味だ。それにパン部分が油っけが多すぎる。と言うわけでアイディアは良かったが味の評価はイマイチ。
このところカレーパン業界も競争が激しいようで、「黒胡椒カレーパン」だの(結構おいしい)、「ダブルカレーパン」だの(2種類のカレールー入り。これもなかなか)目新しいのが次々と出ているのだが、カレールーのブランド名を使ったのは初めてじゃなかろうか?なんか便乗商品が続発しそうだなあ。個人的には「メタル印度カレーパン」を希望。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2000.08.23

続・メガネ、メガネ、メガネ

土曜日に作った眼鏡ができあがってきた。会社帰りに受け取って、とりあえず家に帰ってからずっとかけているが、かけてみて自分の視力がどれだけ落ちていたか、改めて発見して今ちょっと愕然としている。右目はほぼ正常なので、今までは気がつかなかったのだが、右目には相当負担がかかっていたのだろうな。
なるべく軽いフレームのにしたので、耳とか鼻にはあまり違和感はないが、やっぱり視界の中にフレームがあるのがちょっと気になる。縁なしにすれば良かったかな?まあ、その内慣れるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2000.08.22

ネタ切れの月曜日<

ひぃ〜、また更新さぼっちまっただよ。おまけに月曜日から日記のネタがないだよ〜。眼鏡が出来てくるのは明日だし、一日しこしこと仕事してただけだし。う〜む、ネタがない ネタがない ネタの成る木はないものか〜、ってこれもたしか誰かのギャグだし〜(とお茶を濁して終わる(^^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2000.08.20

メガネ、メガネ、メガネ

どうもここ1ヶ月くらい、眼が疲れやすいなあと思っていたら、先週くらいから左眼がブレて見えるのに気が付いた。朝はそれほどでもないが、1日仕事して夕方になるとかなりひどくなる。うちの母方の家系は乱視の家系なので、ついに来たかと思っていたのだが、今日眼科で見て貰ったところ案の定乱視と軽い遠視でした。
という事で齢37にしてついに眼鏡のお世話になることに。昼から早速眼鏡屋へ行って購入。実際に出来てくるのは2,3日後だが。もっとも、外を歩く時なんかは殆ど影響がないので、仕事中だけ眼鏡野郎になる可能性が大。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2000.08.19

深紫とヴァニラの香り

さて、週末だが夏休み明けの週末とあってどうも気合が入らん。ここは一発カラ元気をつけるために、ディープ・パープルの『マシンヘッド』をMDに装着して家を出る。と、途端に甘ったるいバニラの香りに襲われた。近所に製菓工場があるせいで、風向きによっては時たまこの現象が発生するのだ。
ディープ・パープルとバニラの香り…、似合わんことおびただしい。そういや、ヴァニラ・ファッジなんてグループも居たなあ、と70年代ロック的感慨(どこがや)にふけりながら、駅までの道を歩く。とりあえず、『マシンヘッド』のおかげで、駅の地下道と階段をダッシュして発車間際の電車に飛び乗るくらいの元気は出た。
さて、『マシンヘッド』と言えば、一般には「ハイウェイ・スター」だったり「スモーク・オン・ザ・ウォーター」だったりするんだろうが、私的には、もちろんその2曲も好きだが、それよりも「レイジー」と「スペース・トラッキン」なのだ。「レイジー」は何と言ってもそれまで抑えた歌い方をしていたイアン・ギランがいきなりサビでシャウトする箇所が好きだ。「スペース・トラッキン」に関しては、ゲームがらみでネタがある。PS版の『リッジ・レーサー』(初代のやつ)には、ディスク交換で好きな曲をBGMにして(多少制限はあるが)走れるという裏技があった。私もあれこれいろんな盤を試してみたのは言うまでもないが、やっぱり「走り」のBGMつったらこれでしょ!と言うことで、「ハイウェイ・スター」か「スピード・キング」で走ることが多かった。で、「ハイウェイ・スター」で走る、すなわち『マシンヘッド』を使用するともう一つ副産物があって、ゴール時のリプレイの音楽がちょうど「スペース・トラッキン」のサビの部分になるのだが、これがまるで最初から狙ったように映像にハマっているのだ。つーことで、PSと『リッジレーサー』を持ってる人は一度お試しあれ(PS本体のバージョンによってはガードがかかっているかも知れません)。
てな事をつらつら考えながら、だらだらと仕事していると、空模様が怪しくなってきた。遠くでなり始めた雷がだんだん近づいてくる。うへぇ、と思っていたがなんだか横手を通りすぎてしまったらしく、結局雨は降らず。このところあんまり雨降ってないので、たまには夕立の爽快感を味わいたかったのだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2000.08.18

転びバテレン?

現在乗換えを思案中である。乗換えと言っても大した乗換えではない。NetscapeNavigator からInternetExplorerへの乗換えだ。
マックユーザーの例に漏れず、私も断然ネスケ派というか反IE派だったのだが、ネスケを4.7に上げてから(正確にはそのちょっと前から)。どうも不満な点が出てきた。と言ってもフリーズやシステムエラ−が多発する訳ではないが(たまにはある)。どんな不満か、個条書きにしてみよう。
その1 キャッシュの判定がうまくいかない。「セッション毎にチェック」の設定にしているにも関わらず、ディスクキャッシュに残っている古い方が表示されることがしばしばある。
その2 文字化けが多い。文字化けと言ってもぐちゃぐちゃな化け方ではなく、EUCとシフト−JISの違いによる微妙な化けである。特に、あるページを表示していて、「リンクを新しいウィンドウで表示する」のコマンドで新しいウィンドウを開くと、異様に高い確率で新しいウィンドウの方が文字化けする。
その3 右クリックでコンテクストメニューを表示させた時、しばしば何も選択できない状態になる。もっともこれはマウスのドライバーとの相性の問題かもしれない。
その4 AOLに買収されたことにより、インストールするとまずAOLにサインアップさせようとする。NOを選択しても、ご丁寧に起動項目にエイリアスを作成していて起動する度に毎回サインアップさせようとする。無論そんなエイリアスは速攻で削除したが、使用しようとした時にならともかく、マシンを起動する度にサインアップを要求するとは言語道断歩行者横断である。まるでマ*ク*ソ*トがやりそうな手口ではないか。この手のやりかたはどうにも我慢がならない。そんな訳で、4.7のインストール時に、実は既に愛想を尽かしかけていたのである。
で、もうすぐ新しいバージョンが出るのだが、どうもネットの記事を読んだところ、それもイマイチらしい。そういう訳でこのままだとIE派に転向してしまいそうな成り行きである。とりあえずしばらくIEを使ってみて判断を下そうと思うが、そうなるとHPの方もIEに合わせて微調整せんとなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

せわしない

今朝のこと、仕事先へ向かう途中、十三駅前の交差点で信号待ちをしている時、なにげなくあたりを見ると、すぐ横手にパソコンやらプリンタの箱が積まれている。それだけならいいが、数人の男女が群がってその箱を次々と開封していっているではないか。よく見ると、彼らの裏手には箱から取り出されたプチプチ付きシートにくるまれただけのパソコン本体やらモニタやらプリンタが地べたにそのまま置かれている。
なんでまたこんな往来で開封せにゃならんのか?と疑問を持ってあたりを見回してみると、すこし離れたところに問題のパソコン類を運んできたと思しきトラックが停車しており、荷台の中にはたった今用済みになったばかりと推察される空き箱のみが積まれていた。
おそらく、どこかの会社が普通にパソコン類を発注したのだろうが、搬入しようとした段階で、社長の流山権造(仮名)(57歳)の「そんな箱なんか置いといても場所取るばっかりで一文にもならん。今すぐここで開封して箱だけ持って帰って貰え!」という一言でこういう事態に至ったと推察したのだがどうか?
たしかにパソコンとかAV機器とかの空き箱は場所ばかり取って無駄と言えば無駄だ。だから空き箱は捨てるという主義の人も多いが、なにも往来で開封せんでも事務所内で開封すればいいと思うんだが、持ってきた人間に持って帰らせれば無駄がないと言う訳だろうか?大阪流合理主義というか、単なるいらちと言うか、せわしないやり方ではある。それに開封する時に取説だとか保証書だとかの付属品を取り忘れてないか、人ごとながら心配だ。事務所が引越しとか言う事態になった時のことも危惧されるところである。

ちなみに私個人は、なかなか空き箱を捨てられない方である。AV機器とかの空き箱は、去年引越しした際に思い切って全部捨てたが、パソコンの空き箱は捨てられなかった。今も押し入れの中にはモニタの緩衝材のばかでかい発泡スチロールが鎮座ましましている。箱そのものは畳んでしまえばいいんだが、この発泡スチロールという奴はやっかいだ。もうちょっと梱包方法をなんとかして欲しいものだ>アップル社。やっぱアメリカの会社だから日本の住宅事情とか全然考えてないんだろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2000.08.16

夏休み最終日

とうとう夏休みも最終日となった。最後の日ぐらいはゆっくり過ごそうということで今日はどこへも出かけず。午前中は家の雑用。昼からはHPのネタ書き(よしなしごとにUPしました)。夜は、買ってから試し見だけしてほってあったツェッペリンの『狂熱のライヴ』のDVDを見る。画質はニュープリントだけあって綺麗だが、音の方はあんまし向上していないようだ。
さて、明日からまた仕事だ〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2000.08.15

夏休み5日目

早いもので夏休みも既に5日目だ。その間田舎に帰省していたりしたので更新が止まって しまったが。
本日は、日本橋の某店でバーゲンをやっているので(もちろんCD屋だよ)。そのために日本橋へ。目的通りバーゲン品を漁った後(と言う程買うものはなかったが)、日本橋周辺をうろちょろし、中華中心(7/29の項を参照)へ寄った後、天王寺から梅田へ戻ろう、と思ったがせっかくここまで来たのだからと、あべの近鉄のHMVを覗く。大したものもないので戻ろうとするが、どうも天王寺の辺は土地勘がないせいか、来た時と違うエレベータに乗って変な方へ出てしまい、地下鉄の駅まで遠回りする羽目に。ああ、疲れた。その後梅田で一瞬だけ買い物をして帰宅。購入物については「ものぐるをし」にて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2000.08.10

名前の理由<

さて今日は、私のと言うかこのページのと言うかまあ、どっちでも同じなのだが「自由浮遊 社」という名前について書いてみたい。
この内、「自由浮遊」という部分については、知っている人は知っていると思うが、昔使っていたハンドルネームを変形と言うか、連想というか変えて付けたものである。なんとなく「自由浮遊」と言う言葉の響きが気に入ったからだが、ではなぜそれに「社」をくっつけたか?「自由浮遊」だけではなんか間が抜けてるというのが最大の理由だが、それにプラスする理由として、ある時には何となく「○○社」という存在に憧れていたから、などと書いたこともあったが、実は重大な事を忘れていた。それはマンガ家である猫十字社さんの存在である。猫十字社さんの作品は昔すごく好きだった(と言うか今でも好きだが)。考えてみれば、「自由浮遊社」の「社」は「猫十字社」の「社」を真似した、のだと思う。ひょっとすると無意識のうちにかも知れんが。
なんで今日こんなことを書くかと言うと、ネットをうろうろしていて猫十字社さんの公式ホームページを見つけたからである。それによると、「幻獣の國物語 第二部」は当分書かれる見通しが立たないとのことで、ちょっと寂しい。更に今年と来年は同人誌活動しかしないとのことで、これも寂しい(;_;)。
猫十字社さんの作品、特に「黒のもんもん組」については、いずれ取り上げてなんか雑文を書きたいと思っているのだが、そのためには押入を埋め尽くしている段ボール箱を開封して作品を発掘せねばならない。果たして今世紀中に実現するかどうか(^^;、危ぶまれるところである。
ところで、明日からいよいよ夏休みだ\(^o^)/。もっとも田舎へ帰省する予定なので休みの半分くらいはそれでつぶれてしまうのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2000.08.09

さしたることなし

今日も相変わらずお仕事。3時頃に客先から会社に戻り、講習会を受ける。内容はHTML全般とJavaScriptとVBScriptとstylesheetだ。今自分こんな講習会をやっていることが、仮にもソフト会社としてはかなり問題があると思うが、個人的には結構ためになった講習であった(もちろん仕事上ではなく個人趣味上だが)。
終了後、梅田タワーへ寄る。50%引きのワゴンを漁るが、いまいちこれはと言うものがない。たまにあると元値が¥3000以上するものばかり。50%OFFでも普通の値段やないけ!結局何も買わず。
書店にて「京極夏彦 怪 『巷説百物語』の全て」(角川書店)を購入。新聞広告を見た時は自分で自分の作品の解説本を書くなんて神をも恐れぬ所業と思ったがそう言う訳ではなくて、他人の書いた解説+劇場版「怪」のシナリオという構成らしい。しかし、表紙と巻頭画は本人が書いている。安上がりでいいなあ。あ、これもギャラ貰っているのか?失敗った、購入簿でなくてこっちに書いちまった。ま、いいか。1冊だけだし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2000.08.08

過眠症?

おーまいがっ!2日も更新をさぼっちまった。
土曜日は月1回恒例の神戸行き、某アメコミ専門店にて発注用カタログを受け取るためである。ついでに色々とアメコミやら、注文して置いたTシャツやら買う。なんやかんやで1万近く使う(^^;。そのあと、センター街2.3階をうろちょろするが、大量に買い込んだ荷物が重い上、どうも体調がよくない。ので早めに切り上げて帰る。
帰ってメシ食った後、異様に眠くなり、ベッドに倒れ込んで意識喪失状態となる。目が覚めたら午前1時。いまさら起きても仕方ないのでそのまま本格的に寝る。
日曜日は、前日早々と寝たにも関わらず、11時過ぎまで寝る。ようやく起きてもなんか体がだるい。結局、先週とおなじくごろごろして、しばらく前に買ってあった藤原伊織の「ひまわりの祝祭」を読む。これはなかなか面白い。こんな奴現実におるかい、と言う小説ならではのキャラ設定やら、ご都合主義のストーリー展開やら満載なのだが、そんなことはちっとも欠点には感じられない。こういう綱渡りをしているような危なっかしい小説(無論それだけ作者の腕が確かな訳だが)は好きである。唯一の欠点はちょっとありきたりすぎる結末か。読み終わったら速攻でまた寝てしまう(^^;。
つーことで土日2日間で相当睡眠時間を取ったはずだが、今日もまだ眠い〜。過眠症か?
土曜日の音盤購入物は、ものぐるをしのコーナーにて

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2000.08.05

ダウン

昨日の夜から、今朝まで、このページの置いてあるサーバがダウンしていたらしく、アクセスできなかった。そう言う訳で、1週間連続更新も達成ならず(;_;)。
今まで、Jeditで修正していたのを、ミミカキエディットに変える。HTML用のモードがついていて、タグ部分だけ色を変えたりしてくれるので、判りやすい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2000.08.04

たまや〜

今日は、平成淀川花火大会があった。今行っている客先がちょうど十三なので、そこの4階から見物。結構淀川に近いのでよく見える。特等席だ。
なかなか綺麗だったけど、やっぱり30分も見てると飽きる。やっぱり花火の音がお腹に響いたり、花火のかすが飛んでくるくらい近くで見ないとなあ。目新しいところでは、ニコニコマークの花火があった。うまくニコニコマークになっているのはいいけど、横向きだったり逆さまだったり、さすがに花火の向きまでは制御できないらしい。帰りは駅が混んで入るまで30分以上かかると聞いていたので、大阪駅までバスに乗る。涼しいし、座れたし、結局大阪駅まで30分かかったけど正解かも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2000.08.03

続・改装中

昨日は、トイレの改装後について書いたが、現在は1階ロビーの南半分の改装工事が始まっている。おかげで入り口も南側は閉鎖され、北側へ回らなければならない。まあ、私は北側が最寄りになるので、それはいいのだが(註1)、エレベーターも南側半分は使用できなくなっている。うちの会社のビルは古いので、エレベータも超バカである。人がどれだけたくさん待っていようが、1台が1階に到着すると、あろうことかあるまいことか、後続の台はせっかく降りて来つつあったのが、そっぽ向いてまた昇っていってしまうのだ。おかげで9時前ともなると、1階ロビーはエレベーター待ちの人でいっぱいになる。TOWERなら、評価が下がりまくるに違いない(註2)。
普段でさえ、そんな状況だから、それがエレベーターの数が半分になったらさぞかし阿鼻叫喚、エレベーター待ちで遅刻する者続出という事態になっているだろうと思うのだが、あいにく1日は10時出勤だったので、その光景を見ることはできなかった。
 註1 しかし、南側改装が終われば、今度は北側改装が始まるわけで、そうなるとわざわざ南側まで迂回しなければならない。面倒くさ〜。
 註2 ビルを建て、住民を住まわせて運用するシミュレーション・ゲーム。エレベータの待ち時間が重要なポイントになるので、渋滞が発生しないよう、台数やアルゴリズムに気を配る必要がある。
ところで、「自由浮遊」で検索を掛けてみたら、こんなのが見つかった。「自由浮遊惑星」か、なかなか良い響きだ。「自由浮遊惑星社」でも良かったかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2000.08.01

今日の購入物(7/31)

CDNOWで買ったCD2枚が届いた!ちなみにCDNOWはこれが初体験。
bill rieflin『birth of a giant』
ミニストリーのドラマーのソロアルバム。なんでこんなものを買ったかと言うとR.フリップとトレイ・ガンが全面参加しているから。いわば、プチ・クリムゾンというところか。未聴。
rieflin・fripp・gunn『the repercussions of angelic behavior』
で、ソロ2作目はついに3人の連名名義に。ブックレットの代わりに厚紙が1枚入っているだけで曲名が判らない。CD上に、RANDOM PLAY IS REQUIRED FOR FULL EFFECTとか書いてあるので、狙ったものなんだろうけど。こっちも未聴。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2000 | Main | September 2000 »