« 転びバテレン? | Main | メガネ、メガネ、メガネ »

2000.08.19

深紫とヴァニラの香り

さて、週末だが夏休み明けの週末とあってどうも気合が入らん。ここは一発カラ元気をつけるために、ディープ・パープルの『マシンヘッド』をMDに装着して家を出る。と、途端に甘ったるいバニラの香りに襲われた。近所に製菓工場があるせいで、風向きによっては時たまこの現象が発生するのだ。
ディープ・パープルとバニラの香り…、似合わんことおびただしい。そういや、ヴァニラ・ファッジなんてグループも居たなあ、と70年代ロック的感慨(どこがや)にふけりながら、駅までの道を歩く。とりあえず、『マシンヘッド』のおかげで、駅の地下道と階段をダッシュして発車間際の電車に飛び乗るくらいの元気は出た。
さて、『マシンヘッド』と言えば、一般には「ハイウェイ・スター」だったり「スモーク・オン・ザ・ウォーター」だったりするんだろうが、私的には、もちろんその2曲も好きだが、それよりも「レイジー」と「スペース・トラッキン」なのだ。「レイジー」は何と言ってもそれまで抑えた歌い方をしていたイアン・ギランがいきなりサビでシャウトする箇所が好きだ。「スペース・トラッキン」に関しては、ゲームがらみでネタがある。PS版の『リッジ・レーサー』(初代のやつ)には、ディスク交換で好きな曲をBGMにして(多少制限はあるが)走れるという裏技があった。私もあれこれいろんな盤を試してみたのは言うまでもないが、やっぱり「走り」のBGMつったらこれでしょ!と言うことで、「ハイウェイ・スター」か「スピード・キング」で走ることが多かった。で、「ハイウェイ・スター」で走る、すなわち『マシンヘッド』を使用するともう一つ副産物があって、ゴール時のリプレイの音楽がちょうど「スペース・トラッキン」のサビの部分になるのだが、これがまるで最初から狙ったように映像にハマっているのだ。つーことで、PSと『リッジレーサー』を持ってる人は一度お試しあれ(PS本体のバージョンによってはガードがかかっているかも知れません)。
てな事をつらつら考えながら、だらだらと仕事していると、空模様が怪しくなってきた。遠くでなり始めた雷がだんだん近づいてくる。うへぇ、と思っていたがなんだか横手を通りすぎてしまったらしく、結局雨は降らず。このところあんまり雨降ってないので、たまには夕立の爽快感を味わいたかったのだけど。

|

« 転びバテレン? | Main | メガネ、メガネ、メガネ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/12793141

Listed below are links to weblogs that reference 深紫とヴァニラの香り:

« 転びバテレン? | Main | メガネ、メガネ、メガネ »