« ロボット戦争? | Main | 傷モノ »

2000.11.29

それが問題だ

井辻朱美さんという人をご存じだろうか?洋ものファンタジーの訳者として有名な人だが、実は自分自身でもファンタジー小説を書いておられる。その小説を前から読みたいと思っていたのだが、残念なことに何冊かある著書ほぼ全てが絶版ないし品切れ(読むものにとっては同じ事だが)であった。
仕方ないので、EASYSEEKという、自分の捜し物を登録しておくと、売ってもいいよという人から連絡が入る仕組みのサイトに登録して、何カ月か前に無事入手することが出来た。ハヤカワ文庫から出ていた『エルガーノの歌』という本である。文庫だし、その辺の古本屋にあれば下手すると100円均一ぐらいで投げ売りされていてもおかしくないのだが、やっぱりそういうところに登録してまで探すとなると、足元を見られるのか、結構な値段であった。その上送料やら代金振込手数料やらもかかるので、結果的には千円を越える値段になってしまった(T_T)。
読んでみると想像していたよりもずっと面白かったので、まあ、これなら値段に見合う内容ということで、特に後悔はしていなかったのだけど、今日、仕事場への道筋沿いにあって毎日その前を通っている古本屋に何げなく入ってみると、文庫投げ売りのコーナーになんとその『エルガーノの歌』があった。しかも付いている値段が50円!これはちょっとショックでしたね。
何時頃入ってきたのだろうか?最近ならばまだあきらめも付くが、ずっと前からあって見逃していたのだとすると更にショックである。かと言って、手近な古本屋を探していても、見つかるという保証はなかった訳だが。この辺の、手間(時間)と資金の折り合いをどの辺でつけて、購入に踏ん切るか、というのは難しいところである。世の中にはコレクターと呼ばれる人種がいるが、その人たちに言わせると「見かけたら即買え!」ということになる。いわば「一期一会」の精神である(^^;。
私はとてもじゃないがコレクターというような柄ではないのだが、趣味上、かなりマイナーなCDとかを買う機会は結構あるので、「これを逃したらもう2度と見つからないかも知れない」と悩むことはよくある。実際購入したその時以後、見かけたことはないという盤も多いし、見送ってしまったために未だに手に入ってない盤も多い。
この辺の「買う買わない問題」の根は予想以上に深い。超メジャーな盤だからと言って油断はできないのである。均一値段の国内盤ならいいが、輸入盤には店による価格の差という問題がある。しかも「この店が一番安い」というのが決まっていればいいのだが、その時々によって微妙に違う。普段安めの店が、その盤に限ってどこよりも安いという現象もしばしば見られるのでますます困るのである。
更に言うなら、「安いけど往復の電車賃を考えると一緒(ないし高い)」という場合もあるし。
なんか主婦の買い物問題みたいになってしまったが(^^;、まあ、なんのかんの言ってもどこででも買えるメジャーな盤はいい。マイナーな盤でも「絶対買う!」という思い入れのあるものは多少悩むにせよ買ってしまえば済むことだからいい。始末に困るのは、
1.これを逃すと見つからないであろう程度にはレアで、
2.しかし絶対買う!という程の思い入れはなく、
3.かつそれなりの値段がする。
という3条件を満たす盤である。今買わないと後々後悔するだろうことは判っているけど、でも購入には踏み切れないそんな中途半端な盤。かくして今日も財布の中身を睨みつつ悩むことになる。う〜ん、買うべきか、買わざるべきか…。

|

« ロボット戦争? | Main | 傷モノ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/12793086

Listed below are links to weblogs that reference それが問題だ:

« ロボット戦争? | Main | 傷モノ »