« 前世紀 | Main | 新型機 »

2001.01.09

ジェイムズくん

近所のブック・オフに、文庫版の『エロイカより愛をこめて』がずらっと並んでいるのを見て、つい手を出してしまった。残念ながら100円均一扱いではないので、一気買いはさすがに苦しくて2冊ずつくらいちまちまと買っているのだが。
大学の頃、知り合いに借りて読んだことはあったが、考えてみれば自分で買って読むのは初めてである。さすがに細かいストーリーとかは殆ど忘れているので、結構新鮮に読める。もうひとつ、大学の頃に読んだのとは違う点は、当時はまだツェッペリンに思い入れがなかったことだ。まあ、後からの知識として、ツェッペリンのメンバーがモデルになっているというのは知っていたのだが、こうして改めて読んでみると感慨深いものがある。守銭奴のジェイムズくん(=ジミー・ペイジ)はいじめられてばかりの可哀想な役どころだが、これはやっぱ作者の愛情の屈折した形での現れなんだろうかなどとつい深読みしてしまったりする(^^;。しかしジョンジーファンとしてはジョーンズ君の扱いが小さいのはちょっと気に入らんかったりして。

|

« 前世紀 | Main | 新型機 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/12476146

Listed below are links to weblogs that reference ジェイムズくん:

« 前世紀 | Main | 新型機 »