« 安物買い | Main | 小トラブルその後 »

2001.01.24

その後のメガネ

早いもので、眼鏡を掛け初めてから5カ月過ぎた。その後特に視力が悪化するということもなく(別に測った訳ではないが)、掛け始めた頃同様、仕事中&読書中&パソコンに向かっている時だけ掛けるというスタイルのままである。
もっとも、よく考えてみれば平日に関しては外している時間より掛けている時間の方が圧倒的に長い。それなら起きてから寝るまで(風呂入っている時は別として)ずっと掛けたままでいる方が面倒くさくないのではないかと自分でも思うのだが、37年間しみついた習慣というのはなかなか抜けないもので、未だに私の中では「眼鏡掛けてない状態=普通」「眼鏡掛けている状態=かりそめの姿」という認識なのだ。だもんで必要性がない時にはつい外してしまうのである。
まあ、掛けないとどうしようもないくらい視力が落ちていればまた別なんだろうが、なまじそこそこは見えるだけになかなか全面的眼鏡体制には切り替えられない。もっともこの先視力が回復するとは考えられないので、普通に見える右目を労るためにもずっと掛けている形にした方がいいのだろうが…。
眼鏡関連の話を続けると、私は母親譲りの肩こり症で、定期的に肩こりに悩まされていた。乱視が原因で肩こりが起こる、あるいは悪化することもあると聞いていたので眼鏡を掛けるようになった時、これで肩こり症がいくらか軽減されるのではと密かに期待していたのだが、残念ながらそういうことはなく、肩こり症は一進一退状態である。その代わりというか、10代後半〜20代にかけては悩まされてきた花粉症が、このところほとんど症状が出ない。ってこれはここ数年の傾向であるから眼鏡とは関係ないな。
うむ、こういうネタを書くと言うのは年取った証拠だな。まあ、脱線ついでに、目・肩、とくれば残りは腰。ではなくて歯だ。乳歯の頃はぼろぼろ状態だったが(おかげで歯並び悪い)、永久歯になってからはほとんど歯医者へ行ったことがない。数年前に生えかけたまま状態の親知らずがやられて行く羽目になったが、実に20年ぶりの歯医者であった。
もっともうちの親を見ていると、この頑丈な歯の神通力もせいぜい40代前半までのようである。たぶん後数年で、せっせと歯医者通いをする羽目になるだろう。ああ、嫌だ嫌だ。

|

« 安物買い | Main | 小トラブルその後 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/12476140

Listed below are links to weblogs that reference その後のメガネ:

« 安物買い | Main | 小トラブルその後 »