« February 2001 | Main | April 2001 »

March 2001

2001.03.27

埃と騒音の日々Part2

3月13日の項で書いたうちのマンションの外装工事であるが、その後順調に進んで…、ないな、何か工程表より2日ばかり遅れているぞ。
まあ、遅れ気味ながらも進んではいるようで、昨日からいよいよ外壁の塗装が始まった。は良いのだが、今日帰ってみたらベランダに出る窓のところがしっかりガムテとビニールで封印状態。こらあ、これじゃベランダに出られんじゃないかあ!
まったくシールドしたらその日の内に塗装まで仕上げろよ〜。まあ、まだ暑くなる前の季節で良かったが。ちなみに新しい壁の色であるが、いままではチョコレートっぽい色だったのだが、クリーム色っぽいものになる模様。ネットが外されて全体の外観が見えるようになったら違和感ありまくりだろうな〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2001.03.26

Xデイ

昨日は、MacOSXの発売日だった。買ってないけどね。まあ、今買っても夏頃にまた大きなアッ プデイトがあるのが明らかなので、それからでもいいかなあと。
と言いながら、MacWireOnlineなんかに載りだした紹介記事とか見ると、なんとなく欲しくなってきたりはしてるんだが。まだ対応ソフトもそんなにないし、今インストールしても結局は殆どはClassic環境で動かすことになるからあんまり意味はないんだけど。それでもなんかのきっかけで衝動買いしてしまうかも知れん(^^;。
とりあえず準備作業として、内蔵HDの増設だけはしておこうかと思っている。やっぱり今のOS9環境はそのまま残しときたいし、かと言って今のHDにパーティション切るのも面倒くさいし。HD増設してOSXはそっちにインストールするつもりだ。最近はHDも30〜40Gあたりが主流になりつつある。さすがにそんなに容量あっても使い切れないんだけど(今の10Gでさえまだ6G以上空いてるし)、まあ大は小を兼ねるというか大きいことは良いことだというか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2001.03.24

今度はN

SONYとホンダから始まったロボット開発。おもちゃ系のものまで入れると、ずいぶん沢山のメーカーが登場した。なかには2足歩行するザクなんてものも。もっともこれは自律式ではなく単なるラジコンなのでロボットではないのだが。
そんな中、オーバーおもちゃレベルのロボット開発した新たなメーカーが登場。それはなんとNEC。これはちょっと予想外だった。と思ったら、私が知らなかっただけで実はしばらく前からR100というロボットを開発していたらしい。もっともこれは制御機能を外部PCに依存しているので完全なロボットとは呼べないかもしれない。
そして、今回制御機能まで内蔵した新たなロボットが発表された。それがPaPeRoだ
う〜む、なんかくちばしのないキョロちゃんという感じ(形もだが、配色が特に)。
PaPeRoという名前もなんだか脱力を誘う。初の脱力系ロボット誕生か?外見的な特徴としては、見て判る通り腕がない。腕がないロボットと言えば、R2−D2とかヒューイ、デューイ、ルーイの3兄弟?とかがいるが、いずれも本格的な腕こそないものの、補助腕程度のものは備えていたが、今度のにはそれもない。腕がないからには物理的な作業はなにもできない訳だが、その代わりにコミュニケーション方面の能力に重点が置かれているようで、500ぐらいの単語を認識でき、3000くらいの単語を話せる。更に10人程度の顔を認識でき、呼ぶとやってくるという機能も備えているらしい。
AIBOのようなペット系よりは、もうちょっと人間寄りの線を狙っているようで、話しかけると「会話モード」に入り、なぞなぞやら、だるまさん転んだ、やらをやってくれるらしい。ああ、ロボットとだるまさん転んだが出来る日が来るなんて(゚゜)バキ☆\(--)。
実用性はあまりないようで、せいぜい命令するとTVのチャンネルを切り替えてくれるぐらい。うーん、自分で操作したほうが早そう(^^;。前身のR100には留守中に知らない人間が家に入り込んでくると、メールを使って通報したり、ビデオ撮影をしたりという防犯ロボットとしての役割もあったらしいが(もっとも、最大稼働時間が1〜2時間なのでちょっとした外出くらいしか対応できなさそうだが。それともエヴァみたいに電源ケーブル繋いだまま活動できるんだろうか?)、それは削られているようだ。ノリとしては、ASIMOが鉄腕アトムなら、これはハロってとこですかね?
なんかエンタテインメントにいまひとつ徹しきれず、実用性に色気を出してる中途半端な感じはするのだが、それでも印象としては悪くない。その両方の隙間を狙ったというか、これはこれでありなんじゃないかという気がする。何と言っても、普段はその辺をふらふらしたり、居眠りしたりしていて、呼ばれるとやってきて用事を片付けてくれる、というのがいいじゃないですか。個人的には、ロボットのありかたとしては一つの理想かなとも思う。実際に、家庭にロボットが導入される時には、ASIMOのような人間型に先駆けて、PaPeRoのような感じのものが普及するんじゃなかろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2001.03.21

魔の季節Part2

この前も書いた花粉症であるが、どうも調子が良くない。やはり今年は単発症状で終わるという訳にはいかなかったようだ。最初に症状が出た日ほどひどい日はないが、それでも全然症状の出ない日も殆どない。この前なんか朝の内雨が降っていたから花粉なんて飛んでいないと思うのだが、それでも外を歩くとてきめんに目がかゆくなり、そのうち鼻がぐすぐすいいだす(T_T)。
こうなるとマジで外出するにもそれなりに覚悟が必要だ。もちろん鼻炎用の薬と目薬は常に持参する必要がある。今日も、どっか出かけようかと思いながら、よく晴れてるし花粉も大量に飛んでそうだなあ、と思うとおっくうになってきて結局一日家でごろごろ状態(T_T)。
これだけ付き合いが長いと(好きで付き合っている訳じゃないんだけど)、花粉症が起こった時の対処法もそれなりに身に付いてくる。まあ、最終的な対処法としては薬を飲むしかないのだが、あまり連用するのもなんなので、なるべく飲む回数を減らしたい。そのために編みだした技?である。と書くと格好良いのだが、内容の方は規則正しい生活をするとか、甘いもの冷たいものを控えるとか言った、ごく一般的な事柄に過ぎない。要するに健康的な生活を送れ、ちゅうことだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2001.03.20

ぐりぐり

本日はマウスのお話し。
1年くらいまえから、マウスにはワコムのFAVOというタブレットを使っている。別にタブレットをマウスとして使っている訳ではなくて、こいつにはタブレット以外にコードレスマウスも付属しているのだ。と言っても本来はタブレットなので、いわばタブレットのペンの代わりをするマウスが付属している形だ。
いちおう、普通のマウスと同じ様に使えるのだが、ちょっぴり使い勝手が異なる。例えば、マウスが斜めにかしいでいようが、極端な話前後逆になっていようが、前後に動かしさえすれば、ポインタはちゃんと前後(画面上では上下)に動いてくれる。そのかわり、タブレットが斜めになっているとちゃんと動かしたつもりでも斜めに動いてしまう。また当然のことながらタブレットの上でないと作動しない。
便利なのは、コードレスにもかかわらず、電池を積む必要がないので軽いこと。ボールもないので、埃で動きが悪くなることもないし、掃除する必要もない。ちゃんと2ボタン&ホイール付きだし。唯一の不満は、せっかくのホイール機能がいまいちだったこと。スクロールバーが複数あるような画面だとうまくスクロールしてくれないのだ。
そんな訳で多少の不満はありつつも、全体として見れば満足して使っていたのだが、最近ちょっと加減が悪くなって、マウスがスムーズに動かずに引っ掛かるような感じがすることが多くなってきた。タブレットの上に、ビニール製のカバーがあるのだが、それの表面に傷がついてきたためか、あるいはマウスの底に取り付けてある滑りを良くするパーツが痛んできたせいか、どちらかは判らないが(あるいは両方か)。
普通のマウスならマウスパッドを取り替えるという手もあるが、タブレットなのでそうもいかない。残念だがFAVOにはこのへんで引退、ではなくて本来のタブレットとしての業務(って言ってもほとんど使ってないけど(^^;)に専念してもらうことにして、マウスは買い替えることにした。
と言ってもコードレスマウスの快適さに馴染んでしまった身としては、今更コード付きのマウスを振り回す気にはなれない。かと言って電池内蔵の重いマウスもなんか嫌だ。と言うことで、今まで使ったことがないのだが、トラックボールに挑戦してみることに。
Macのトラックボールと言うと、KENSINGTON製のものが有名で、それも考えたのだが、値段面と機能面その他で折り合いが付かず、結局ロジクールのTrackman Wheelというモデルにした。トラック ボールというと、普通四角い台座の真ん中にボールが鎮座しているというものが多いのだが、これは見てもらえば判るように、普通のマウスをねじ曲げて左側にボールを無理矢理くっ付けたような形をしている。つまりボタンのクリックは人差し指と中指で行い、空いている親指でボールを操作する形だ。
実際に使ってみるとなかなか具合が良い。ボタンクリックとホイールの操作に関しては普通のマウスと同じだから違和感なく扱える。親指でのボール操作も最初の内細かい操作が覚つかない感じだったが直ぐ慣れた。ボールが結構軽めなので、もうすこし重量があった方がよいような気もするが、あまり重いと今度は親指に負担がかかるような気もするのでこんなところか。
FAVOだとうまく動かなかった複数スクロールバーがあった時のスクロールもちゃんとポインタに近い方のスクロールバーが選択されてスクロールするようになった。
ただ一つの問題点は、ATOKの手書き文字入力機能を使う時に普通のマウスよりは文字が書きづらいこと。ボールが軽いせいもあって、細かいところで思うように操れないのだ。それを除けば、今のところ満足している。マウスやタブレットに比べると専有面積も少ないので机の上もほんのちょっぴりだが広く使えるしね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2001.03.14

埃と騒音の日々

なんかまた間が空いてしまった。このところ別に変わった出来事もなく、特に考えたこともなく、ふわふわと風のように(と言えば聞こえが良過ぎるが)生きているものだから書くことがない。この前更新してから起こった事と言えば、日曜日に散髪に行って止せばいいのに短めにカットしてあやうく折角直った風邪を再発させそうになった事くらいだ。
と思ったら、月曜日から出し抜けにうちのマンションの外装工事が始まった。月曜の夜帰ってくると、既に建物のまわりに半分ほど足場が組まれている状態だったが、今日は完全に足場が完成し、更に落下防止用のネットも半分程取り付け終了。うちの部屋のベランダもネットに覆われてしまった。
日程表によると2週間くらいかかるらしい。その間、工事中はベランダが使えないので、洗濯ものを干すのは夜間か日曜に限られる(T_T)。土曜日も工事しているので、土曜日はゆっくり寝ていられない。こういう工事現場はたいていそうだが、いい加減週休2日制にすればいいのに。
当然外壁のペンキを塗り替える訳だが、今度はどんな色になるんだろうか?同じ色と言うのもつまらんが、あんまり変な色になるのも嫌だ。やっぱりこういう場合は事前に住民にアンケートぐらい取って欲しいものだ。多分、意見がバラバラで参考にならんと思うが(゚゜)バキ☆\(--)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2001.03.09

CDを買わない日々

が続いている。1月下旬から2月中旬にかけて、15日連続でCDを買わなかったという輝やかしい?記録を打ち建てた。今回はそれに続くもので、今日現在で10日連続という数字であり、なおも更新中である。
とにかく購入意欲が湧かないものだから、会社帰りにレコ屋に寄る回数が激減している。寄っていればそれなりに購入欲を掻きたてられもするのだが。購入意欲が湧かない→レコ屋に寄らない→ますます購入意欲減退という悪?循環である。
この悪循環を打破すべく(だから無理して打破せんでええっちゅうに(゚゜)バキ☆\(--))、こういう場合の常套手段である通販での購入と言う手に出た。毎度御馴染みamazon.com、と思ったが、偶には気分を変えようと思い、しばらく前に見つけていたyesasia.comと言うサイトから購入する事に。このサイト、名前から想像が付くようにアジア系専門だ(その割に本店というか本拠地はアメリカだったりするのだが)。 日本のサイトもあって日本語表示も出来るし、値段も日本語で表示される。送料も国内に配送センターがあるせいでamazonなど海外サイトと比べるとちょっと安いので有り難い。
さて、何を買おうかいろいろとサーチしている内、齊豫(チー・ユー)でサーチするとどどっ、と大量に一覧が表示された。この人のアルバムは店頭では新作以外なかなか見つからないので、この機会に旧譜を一挙購入する事に決定。大量に混ざっているコンピ盤やらベスト盤を選り分けて、オリジナルアルバム(と覚しき)4枚を一気にポチっとな(なんか去年も同じような事したなあ(^ ^;)。
このチー・ユーという人、日本では全然知られていないが、とても美しい声を持った人である。作風も、いわゆる中華ポップスという感じではない。とあるサイトで「台湾のエンヤ」というような紹介をされていたが、確かにそういう感じである。なのでそっち方面の音が好きな人にはお薦めだ。プログレ好きの人にもお薦めできる。気軽に入手できないのが難点だけど。

昨日の花粉症は今日は殆ど症状出ず。単発症状で終わるか?ここしばらくは注意が必要だが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2001.03.08

魔の季節

ようやく風邪が治ったと思ったら今度は花粉症。もう勘弁してくれよ〜。
ここ2年ばかり殆ど症状が出なかったので油断していたのだが、今年はしっかりやられました。風邪を引いた直後で、体力が落ちていたせいもあるかも知れない。なんか2日ばかり前からそれらしい兆候はあったのだが、今日になって全開状態。くしゃみは連発するは鼻はむずむずするはでハンカチが手放せない状態に。こういう時眼鏡を掛けているとなんとなく邪魔になって不便だ。おまけに目もやられて痒いのなんのって。
昼休みに近くの薬局へ飛び込んで鼻炎用の飲み薬と花粉症用の目薬を購入。ティッシュペーパーは…、風邪引いた時に1箱購入済だからいいな。鼻炎用の飲み薬はここ数年愛用している(そんなもん愛用すんなって(゚゜)バキ☆\(--))コルゲンの鼻炎用ソフトカプセル。これはマジで強力です。効き目も早いので助かる。ただてきめんに眠くなるので車の運転時には向かない。おかげで症状は治まったものの、頭がぼーっとして眠い状態に。午後はずっと睡魔と闘いながら仕事していたのであった。
初めて花粉症になったのは高校生の頃だからもう人生の半分以上花粉症と付き合って来た事になる。もっともその頃はまだ花粉症なんていう名前も今日のようにメジャーでなかったが。高校時代から20代後半までの10年間は本当に症状がひどかった。悪性の症状が出た時は「発作」と言った方がふさわしいくらい劇的なもので、そうなるととても仕事なんてするどころではなく、そもそも動くに動けない状態だ。ティッシュの箱を抱えたまま(またその箱が見る見る内に空いていくのだが)ひたすら症状が治まるのを待つしかない。
幸い、30代になってからは大分症状が軽くなってきた。ここ数年は、殆ど症状が出ないか、出ても単発的でシーズンを通してずっと花粉症状態ということはなくなっている。今回も単発症で済めばいいのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2001.03.06

風邪とPSIONの日々

先週中頃から、風邪とPSION日記にかまけていて、こっちの方がおろそかになっていたが、偶には更 新しとかんとな。
風邪の方は、木金土と症状が出た後、日曜にはほぼ治っていたのだが、日曜は月1回の三宮詣ではせ ないかんわ、録画しておいた『ミカヅキ』2話分は見なあかんわ、ミュージックフェアは見なあかん わ(謎)、F1開幕戦は見なあかんわ、と忙しくてHPの更新どころではなかった。で、今日はいろ いろとネタはあるのだが、どれを書こうかと考えたあげく、三宮詣での戦利品についてのネタにする ことにした。
普段は「月1回の三宮詣で」としか書いてないのだが、その実態は某アメコミ屋さんに行っているの である。何故月1回行かねばならないか、というと、PREVIEWというアメコミ関係のカタログ誌を定 期購読しているので、その申込期限内にこれを受け取る必要があるのだ。PREVIEWが来るのが、ほぼ 月末かその1週前くらいで、申込期限が15日なので、この期間内に受け取りに行く必要があるとい う訳である。
このPREVIEW誌であるが、メインはアメコミなのだけど、それ以外にもその筋の書籍とか雑誌とかト イ関係も幅広く載っている。アメコミは、まあ主だったところはいちいち注文しなくても大体入荷す るので、どちらかというとアメコミ以外のものの注文することが多い。
で、今回注文したものがいくつか届いていたのだが、その内の一つが、Sci-Fi&Fantasyというあちら の雑誌だ。名前から判るようにSFの映画とかTVとかのヴィジュアル方面の雑誌である。普段購読 している訳ではないのだが、今回は英国のTV番組「UFO」の特集だったので購入してみた。この 「UFO」という番組、日本でも「謎の円盤UFO」という邦題で放映していたので、ある年代以上 の人には見たことある人も多いだろう。ITCという、サンダーバードとかキャプテン・スカーレッ トとかを作った会社の一連のSF特撮シリーズの一つなのだが、サンダーバード等と違い、マリオネ ットを使わず実写で撮影されている。その分特撮もよりリアルなイメージになっているのだが、基本 的なテイストは同じだ。
この「謎の円盤UFO」(やっぱり邦題で言う方がしっくり来る(^^;)、サンダーバードやキャプテ ン・スカーレットと並んで、幼少期の偏愛番組の一つだった。特に影響を受けたのが、劇中に登場す る数々のメカの格好良さである。それは…という感じで、以下その格好良さについて書こうと思った のだが、やたら長くなりそうな上、ちょっとこのコーナーには重いような気がするので、とりあえず 止め(^^;。うまくまとめられたら、後日「よしなしごと」のネタにするかも知れません。
で、本題に戻って今回入手したこの雑誌なのだが、なかなか良い。本文は当然英語なのでまだ読んで いないのだが、多数の写真が掲載されており、その写真を見るだけでももう満腹状態。なんつっても あなた、巻頭いきなりSHADO(注1)の構内見取り図とか載っているんですよ!他にもインターセ プター(注2)の初期段階でのスケッチとか(もろロケットにミサイル付けてみました、ていう感じ)、 SID(注3)のオリジナルスケッチとか、貴重な資料の山。更には撮影風景の写真とかミニチュアの 写真(作成過程を追いかけたものもあり)とか満載。う〜む、これはいい買い物をしたわい。ちょっ とこの雑誌は要チェックだな。バックカタログ見ると、何号かに1回は、「collector's issue」とい う形で特集号を出してるらしいのでそれは是非とも買ってゆきたい。
しかし、こんなのを見たおかげで、「謎の円盤UFO」もう1回見たくなってしまった。LD箱とか 確か出ていたと思うけど、いまさらLDつうのもなんだし、DVDで出ないかなあ。

 注1 Supreme Headquarters Alien Defence Organisationの略。直訳すると異星人防衛組織最高司令部、つうところか
 注2 月面基地に配属されている対UFO用の迎撃機。機首の部分にばかでかいミサイルを搭載したデザインがイカス!
 注3 Space Intruder Detecterの略。UFO発見用の人工衛星。
----

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2001 | Main | April 2001 »