« 43の音 | Main | 久々の京都 »

2001.04.10

夢のサイン会

このところ、ライヴとか全然行ってなかったので、イベントらしいイベントもなかったのだが、昨日は久しぶりのイベントがあった。なんばの某書店にて諸星大二郎&星野之宣という超豪華なサイン会が開催されていたのである。二人とも個人的に大好きな漫画家である。と言うかどんな漫画家が好き?と聞かれたら他をさておいてその二人の名前が出てくるくらいである。その二人が机を並べてサイン会をしようというのだからこれはもう大変な事ですよ!言ってみれば盆と正月が一度に来たというか、ゴジラとガメラが同時に襲ってきたというか、なんならおまけで大魔神とガッパとギララもつけちゃえ!というくらいの出来事である。
そんなであるから、当然これは万難を排してでも行かねばならぬ。ということで整理券配布開始日(また間の悪いことに平日であった)には会社帰りになんばまで全力疾走したり(大嘘)、カレンダーに印を付けて指折り数えて待ったり(やや嘘)していたのであるが、昨日ついにそのサイン会の日がやって来た。
遠足の日の小学生のように朝5時に目が覚める、という事はなかったが、それなりの時間に目を覚まし、現地へ着いたのは開始時刻である1時の40分くらい前であった。既に長蛇の列が…というようなことは全然なく、見るからにそれっぽい3、4人が店の前でたむろしているくらいである。知り合いも一人来る予定だったので、その知り合いに現地の状況をメールしておき、店の前で待っていても仕方無いし、暑かったので近所の喫茶店へ避難してお茶していると、知り合いから返事が帰ってきた。「1時半か2時に到着予定」とのこと。まあ、確かに早く行っても長時間並ばされるだけだし、それぐらいの時間に行こうか、とも思ったのだが、開始時間が迫ってくると待っていられなくなり(^^;、結局1時過ぎに再び店の前へ。
既に20人くらいの列が出来ていたのでその後ろへ並ぶ。しばらく待っていると、店員が出てきて、各人整理券の裏に名前を書くように指示される。どうやら名前入りでサインしてくれるらしい(^o^)。開始予定から10分くらい遅れて、第一陣が店の中へ誘導される。それから10分くらいして第二陣。惜しいところで第二陣に漏れてしまったので、結局さらに10分くらい待って第三陣でようやく店内へ。サイン用の机は店の一番奥の隅に置かれていて、そこまで人の列がUの字型に待っている状態。もともと結構狭い店で、普段でさえでっかいカバンとか持っている奴がいると通路をすり抜けるのに苦労するくらいだから、店の奥1/3くらいは完全に死んでいる状態。
そのまま待つこと更に20分くらいで、ようやく順番が回ってきた。まずは星野さん。なんかヒゲ生やしていてかなり怖そうな印象。そのせいか、みんなあまり話しかけたりせず、黙々とサインしてもらっている状態。私もサインしてもらっている最中は話しかけられず。最後に「面白い作品を期待しています」とだけ。
次に諸星さん。まだ1時間も経ってないのだが、なにせひたすらサインに集中しているので、かなり疲れておられるようだ。そんなこんなで話しかけられず、これまた最後に一言だけ。
サインは持っていった自選短編集2巻それぞれと、更に小さな絵入りの色紙の三つ。う〜む、一人三つもサインしてれば疲れるわなあ。色紙は、何種類か絵柄があって、星野さんのは好きなのを選べたので、好きな作品の一つ、「月夢」のかぐや姫のものを選んだ。諸星さんのは積み重ねてあるところから順番に取ってサインされるので、何が出てくるか判らない。最近の「妖怪ハンターシリーズ」に出てくる渚という女の子のが当たった。割と好きなキャラだけど、出来れば稗田礼次郎か紙魚子さんが良かったなあ。
という訳で無事終了!知り合いは結局ほぼ終わりかけのタイミングでやってきて殆ど並ばずにサインしてもらっていた。しかも色紙は見事に紙魚子さん柄のを引き当てていた!ちょっとうらやましいぞ。
その後は知り合いと喫茶店で休憩後、二人ともでかい本を4冊もカバンに入れているので「重い〜」を連発しながら音盤屋関係を巡りつつ、日本橋を南下する。が、さすがに体力の消耗が激しく(ちなみに測ってみると、4冊で4キロあった!)、新世界まで来てお目当ての中古ビデオ屋が跡形もなく撤去されているのを発見して残りHPが1桁状態に陥ってしまったので、おとなしく梅田まで帰って解散したのであった。

|

« 43の音 | Main | 久々の京都 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/9104659

Listed below are links to weblogs that reference 夢のサイン会:

« 43の音 | Main | 久々の京都 »