« 殺しのスタイル・其の壱 | Main | イベント »

2001.05.24

深夜番組

先に予告しておきますが、今回の話しは完全に関西ローカル話です。関西以外の地域の人は申し訳な い。
4月半ばから、毎日放送の平日深夜のTV番組で『パノラマ電波横町』という統一タイトルのもとに、
曜日ごとにいろんな内容の番組をやっています。その月曜日版が『見参!アルチュン』という番組。
1回めの放映を見てなかなか面白いと思ったのですが、その後はついつい見逃していました。今週、ようやく久しぶりに見ましたがやっぱり面白い。
番組の内容は、女優の藤谷文子、お笑い芸人のケンドーコバヤシ、役者の山内圭哉、そして日本のこぎり音楽協会関西支部支部長のサキタハヂメ(セミレギュラー)の男女4人が、毎回指定された街をあてもなく(視聴者からのタレコミ情報をもとに行動することもあるが)歩きまわり、そこで見つけたものをネタに論評を加えたり、妄想にふけったり、というお金のかかってなさそうな番組です。知り合いは「街歩き系の深夜番組ということで、同じ毎日放送の『夜はクネクネ』みたいなのかと思ったらむしろ関西放送の『バスでコロコロ』みたいなノリやった」という感想を延べてましたが確かにそういう感じ。
この手の、仕掛けも何もない番組は、結局出演者のキャラ次第で面白くなるかつまらなくなるかが決まるのですが、さてこの番組はと言うと…、
藤谷文子、キャラ立ち過ぎ!
前から天然ボケ系の人だと思ってましたが、これ程とは思わなんだだよ。肩書きは「女優」ですが、番組内では殆ど「素」です。人の話しを聞かない、脈絡もなく話しだす、自分で話題を振っておいて、返されると無視する(あるいは全く別のことを喋りだす)などB型的行動の数々(でもA型らしい)。
いや、実にええ味だしてます。何故か毎回雪駄履きなのですが、雪駄履いてTVに出る女優ちゅうの も珍しいんでないかい?
後の3人もそれなりにいい感じです。ツッコミ役というよりも、藤谷文子のボケを増幅させる役割のケンドーコバヤシ、冷静なコメントとツッコミ(でも時たま壊れる)担当の山内圭哉、ほとんど喋らないが、居るだけで独特の存在感を醸しだすサキタハヂメ、なかなか絶妙な取り合わせですな。でもやっぱり藤谷文子なくしてはこの番組は成り立たんような気がするなあ(笑)。
来週からビデオに録ってでも見よう(^^;。なんか藤谷文子ファンになってしまいそう。大体、ワシっ て天然ボケ系に弱いんだよなあ、ヴィヴィアン・スーとか、飯田圭織とか…。

|

« 殺しのスタイル・其の壱 | Main | イベント »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/8111620

Listed below are links to weblogs that reference 深夜番組:

« 殺しのスタイル・其の壱 | Main | イベント »