« 記憶なんて単純だね | Main | 消化不良と勘違いと »

2001.09.13

世界が悲しすぎる時、君がなすべきこと

昨日の大事件、リアルタイムで見ていました。最初はただの事故かと思っていたら、あっという間に事態が進展して大変な事に。ビル崩壊の瞬間はさすがにショックでした。阪神大震災の当日、TVのニュースで阪神高速の高架が倒壊している画像を見た時以来の衝撃です。規模的には今度の方が比べものにならないくらい大きいけど。
で、何度も繰り返される飛行機衝突とビル崩壊のシーンを見ながら、いろいろと考えてました(ここではとうてい書けないような不謹慎な事も含んでますが)。まあ、書いている内に気が滅入ってきそうなので、あんまり書きたくないんですが、ひとつだけ書いておくと、TVとかの報道でも、「これはもはやテロではなくて戦争だ」というようなことが言われてました。確かに規模としてはテロの域を超えているとは思うんですが、それでも手口というか、やりかたとしてはテロの範疇に入るような気がします。
戦争というのは、結局のところは喧嘩だと思うのですが、喧嘩である以上は、名乗るとこまでは行かなくても相手に面(ツラ)を見せてやるものだと思います。でも今回のこのテロでは、相手の面が見えません。今のところ、犯行を表明している組織もないようだし(あまりにもうまくいきすぎてビビって止めたのかも知れんが)。相手に面を見せていない以上、これは喧嘩ではなく闇討ちの類です。いわば暗闇で後ろから忍び寄って頭を殴りつけるようなものです。という訳で、やはり戦争ではなくテロだと思った次第。
こういうこと書くと、じゃあ正々堂々と正面から戦争するのならいいのか?と突っ込まれそうですが、むろんそういう訳ではありません。ただ心情的には「喧嘩売るなら正面切ってやらんかい!」と思ってしまうのです。少年ジャンプ的な考え方かなあ、こういうのって。
しかしまあ、この手のテロというのは、正直いって防ぎようがないというのがやっかいな所です。飛行機飛ばすなというのも無理な話だし、あらかじめ飛行機に激突されることを想定してビルを建てろというのも無理な話。結局の所、ハイジャックを防止するしかない訳ですが、それがきわめて困難なことは既に歴史が証明してます。いっそのこと、全ての飛行機に武装警官でも乗せるか?それも難しそうだしなあ。かりにハイジャックを全て防止できたとしてもまた別の手を考えてくるだろうし。
これ以上書くと本当に気が滅入ってきそうなので止めておきます。とりあえず、今回のテロに巻き込まれた犠牲者の方々のご冥福をお祈りします。

|

« 記憶なんて単純だね | Main | 消化不良と勘違いと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/4996750

Listed below are links to weblogs that reference 世界が悲しすぎる時、君がなすべきこと:

« 記憶なんて単純だね | Main | 消化不良と勘違いと »