« 読書日録その1 | Main | てるねっと »

2001.11.29

怪奇かんざし女

すっかり週イチ更新ペースが定着してしまった今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?
先日買ったイ・ジョンヒョンの3rdアルバムですが、久々のヒット作で、すっかり最近のヘビロテ盤となっております。ということで、インターネットで検索してどんな人かちょっと調べたりしていたのですが、これがなかなかユニークというか、かなーりぶっ飛んだ人らしい。
1980年生まれということなので、まだ21歳です。元々は女優だったのが、途中で音楽方面に転身したようです。デビュー後すぐに話題を呼んだのが、奇抜なステージ衣装で、李氏王朝時代のような衣装(と言われてもよく判らんが、ようするに古風な衣装ちゅうことでしょうか)に、頭には50センチはあろうかという巨大なかんざしを挿し、手には大きな眼のイラスト(1stのジャケットイラストにもなった)が書かれたこれまた巨大な扇を持ち、あまつさえ、小指の先に取り付けたマイクに向かって踊りつつ歌う、というとんでもないスタイルで観客の度肝を抜いたそうです。で、ついた名前が「かんざし姉ちゃん」。それでいいのか?
その後も、戦隊ものの悪役女幹部のようなサイバー、というより悪趣味系コスチュームを着てみたり、2ndアルバムではエジプトがテーマということでクレオパトラのようなコスプレをする、だけでは飽きたらず、エジプトロケでスフィンクスの前でPV撮影したり、人魚になって生魚を囓ってみたり、とやりたい放題です。この辺、音楽性は全然違うけど、日本だとちょっと椎名林檎あたりとキャラ被るところがあるかも。なんつーか、写真とか見るといかにも「カリスマ」というオーラが出まくってますが、多分素顔はごく地味でその辺の100円ショップ(って韓国にあるのかどうか知らんが)で買い物してそうな雰囲気が漂うところなんか特に。
音楽性という点では、テクノの人らしいです(「テクノの人」っちゅう言い方もどうかと自分でも思いますが)。もっともテクノと言ってもダンス系の軽めのテクノですが。ダンスダンスレヴォリューション略してDDRという有名なダンス系ゲームがありますが、その中で彼女の曲が使われたりもしているらしい。実は既に2ndアルバムも購入済みですが、これは確かにダンス系テクノです。まあ、結構バラエティに富んでいるので、そっち方面の音がどっちかというと苦手な私でもそれなりに楽しめましたが。でも1stはもっとテクノテクノしてるらしいのでちょっときついかも知れん。
3rdアルバムに関しては、ものぐるをしでも書きましたが、もはや「テクノ」という枠を飛び越えてますね。たしかにアレンジとかはテクノっぽいし、踊れる曲も多いんですが、なんか決定的に2ndとは違う感じがします。プロデューサーも変わったらしいのでそのせいもあるんでしょうが。
1st→2nd→3rdと順調に進化を遂げているようなので、次のアルバムが楽しみです(はぁと)。
イ・ジョンヒョンの公式サイト?と思われるのはこちら。韓国語オンリーなので、さっぱり訳が判りませんが。

|

« 読書日録その1 | Main | てるねっと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/4996724

Listed below are links to weblogs that reference 怪奇かんざし女:

« 読書日録その1 | Main | てるねっと »