« November 2001 | Main | January 2002 »

December 2001

2001.12.22

♪そして食べられる

のフレーズが切ない任天堂ゲームキューブのソフト『ピクミン』のCM曲『愛のうた』ですが(説明長いな)、人気ありますね。先日はついにシングルCDも出てしまいましたが、なんとオリコン週間チャートでは、ミニハムずを押しのけての初登場2位!しかも1位はあの宇多田ヒカルですから、タイミングによっては1位を取ってもおかしくなかったくらいの勢いです。ゲームCM曲の、それも無名アーティストの曲が2位を取るちゅうのは凄い。
ところがそれだけ人気があるにもかかわらず、歌っているストロベリー・フラワーというアーティストについての情報がほとんどありません。googleとかで検索してみても、数件しか引っかからないし。判っているのは、男女2人のグループであるということと、京都在住であるということだけ。
と思っていたら、水曜日のズームインSuperのCDランキングのコーナーでいきなり小特集が組まれて、メンバー2人の正体も明らかになってました。と言っても男性の方は名前だけで「詳細は調査中」でしたが…。女性の方は、元ザ・コケッシーズ/ピジョンズ/ベートルズの渡辺智江という人であることが判明。電話インタビューもありました(後で調べてみると、2ちゃん○るのピクミン関連のスレッドには既に12/8の時点でそういう書き込みがあったようですが…。恐るべし!2○ゃんねる!!)。
ザ・コケッシーズもベートルズも、名前は聞いたことはあっても、音は聴いたことがありませんでした。ということで、我ながらミーハーだとは思いましたが、早速帰りに梅田タワーに寄ってみると、運良くザ・コケッシーズのCDが置いてあったので、まだ買ってなかった『愛のうた』と一緒に購入。
帰宅してまずは『愛のうた』から聴いてみました。う〜ん、フルサイズで聴くとちょっとだれるかなぁ…。でもそこはかとなくメロトロンも入ってたりして、なかなかいいです。C/Wの「涙があふれた」も地味ながらじわじわと心に沁みるいい曲です。ザ・コケッシーズの方は、早速iPodにつっこんで翌日通勤途中に聴いてみました。基本はフォークなんですが、ちょっと脱力系入ってます。女の子4人のバンドなんで結構にぎやかな面もあり、楽器もピアニカだのフルートだののこぎりだの多種多彩でなかなか聴いていて楽しい音でした。「愛のうた」のしっとりした雰囲気を期待すると、ちょっとはずすかも知れません。
ちなみに、ザ・コケッシーズという名前は、渡辺智江さんがコケシに似ているところから来ているらしい(^^;。「フレンチこけし」、「犬こけし」、「こけしの話」、「こけしのブルース」、「こけし街道一直線」とコケシにちなんだ曲が5曲あり、さらにCDのレーベル面には無数のコケシ人?のイラストが描かれ、「一億人コケシ魂の叫び」という文字が入っているなど、かな〜りコケシにこだわりがある模様。残念ながら、ザ・コケッシーズそのものは既に解散しているらしいです。渡辺智江さんは、元メンバーの一人とピジョンズというバンドをやっているかたわら、ソロとしてベートルズというユニットもやっているらしいのですが、そっちの方はCDは出とらんのかな〜。
ちなみに、ストロベリー・フラワーとして表に出てきていないのは、現在妊娠中!だからだそうです。となると当分の間、ライヴとかは無理なのかな…。残念だけど。

ストロベリー・フラワー『愛のうた』 (東芝EMI TOCT-4345)
ザ・コケッシーズ『ウィッスル』 (MIDI CREATIVE CXCA-1029)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2001.12.21

暖房器具

溜めていたネタその2です。
現在の住居での暖房器具として、かな〜り旧式のコタツと備え付けのエアコンがあります。去年の冬はこの2つで何とか乗り切ったのですが、正直言ってちょっと寒かった。それでこの冬はもう少し暖房器具を強化しよう!ということで、何を導入するか検討してみました。
まずは石油ファンヒータ。暖房能力の点から言っても、コストの点から言っても、これがベストの選択だと思われるのですが、唯一の難点は石油の補給が面倒くさいこと。配達とかしてくれるとこもあるみたいですが、一人暮らしだし平日の昼間は家におらんしなあ…。ということで却下。
続いての候補はガスファンヒータ。これは燃料補給の手間もいらんし、暖房能力も高い。コストは石油より高そうですが…。ただ、うちの今の家だと、台所から居間までガスホースを5〜6mくらい延々と引っ張ってこないといけない。ちょっと安全性の面で不安があります。それと、前に使っていた時に気がついたのですが結構湿気る。加湿器がいらないくらい、ならまだ良いのですが、窓とか一面に結露するくらいです。今の家はあまり気密性が高くないので(^^;、大丈夫かもしれませんがちょっと不安だ。ということでこれも却下。
となると、あとは電気系しか残ってねえじゃねえかよ!電気系はイマイチ暖房能力が低そうだがなあ…。と思いながら検討してみました。まずはオイルヒータという奴を調べてみました。筐体の中に密閉されたオイルを加熱して暖めるもので、空気が乾燥せず、自然な暖まり心地が快い。といいことが書いてありましたが、難点としてとにかく暖まるのに時間がかかるらしい。1時間半くらいかかると書いてある。それはちょっと辛いのでこれも却下。となると残りはほとんどないに等しいのですが、セラミックファンヒータというのがありました。まあ、電気ストーブに温風機能をつけただけ、という感じですが、温風吹き出しなのでオイルヒータよりは早く暖まりそう。空気が乾燥しそうですが、最近のは加湿機能を組み込んであるのものが多いので、そういうタイプなら大丈夫そうです。
ということで、2週間くらい前に近所の大型家電店へ出かけて物色しました。結構いろんな機種が置いてありましたが、やはりキッチンとかトイレとかのサブ暖房機として使われるのを想定した、比較的小型のものが多い。そのなかで一番でかくて高性能そうな(値段もそれなりにしたけど)SHARPのHX-120CXという奴にしました。暖房+加湿機能で、更にプラズマクラスターとかいうたいそうな名前の機能がついていて、脱臭とか浮遊しているカビ菌を殺菌するとかしてくれるらしいです。
2週間弱使ってみましたが、まあそこそこ暖かくなります。今の季節なら十分ですが、真冬になるとちょっと力不足かも知れん。プラズマクラスターの効果の程はよく判りませんが、そういえば空気がきれいと言うか、快適なような気がしなくもない。多分気のせいだと思うけど(笑)。
能力的には、エアコンと大差ないと思うけどエアコンの場合、どうしても部屋の上の方ばかり暖まって足元が寒い感じがあったのですが、これは床に置いて使うので下から暖まる感じでいいです。うちの場合、パソコンがデスクトップ機しかないのでパソコンを使う時はコタツから出る必要があり、足元からしんしんと冷える感じだったのですが(かといってエアコンを付けても頭のへんばかり暖かくなってかえって不快)、これを使うとそういうこともなくなかなか快適です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2001.12.18

てるねっと

iPodのおかげで、12月前半はネタに困らなかった訳ですが、逆に他のネタがあるのに書けないという状態になってました。ということで、ちょっとタイミングは遅れましたが、溜めていたネタを書いてみます。
現在、eAccess+Niftyの組合せで、インターネット接続している訳ですが、実は先月から今月にかけて、Niftyから「【重要】認証の方法が変わります」というタイトルでお知らせが来てました。それもご丁寧に3回も(最初の1回は封書。2回目以降はメール)。でそのお知らせの中身なんですが、「ADSL接続時にユーザーIDとパスワードが必須になります」というもの。って今までは必須じゃなかったのかよ!と突っ込みながらもう一度読んでみると「IDとパスワードをご入力いただきませんでも、接続可能な場合がございました。」というなんともはっきりしない書き方(笑)。
大体、常時接続なんだから普通は接続しっぱなしだし、IDとパスワード入れるったって、どこで入れるのよ?と思いましたが、最初に来た封書に同封してあったADSLモデムの設定例を見ると、要するにADSLモデムにIDとパスワードをちゃんと設定しとけよ、ていうことらしい。ていうか、そもそも初期設定時にそれ入れないとつながらないんですけど…?その後しばらく考えて、Niftyのパスワードだけ変更してモデムの設定は変更してない場合、現状ではつながっている可能性があると、でも今回の変更でつながらなくなりまっせと、そういうことなのかな?と思い当たりました。まったくもうもっとわかりやすく書けよ!これじゃ「何か変更されるらしい」ということしか判らんだろうが!と思ってそれきり忘れていたのです。
で、忘れたままその変更があるという12/11がやってきました。帰宅して何事もなくインターネットでメールやらWEBやら利用し、さてその後でこれだけは未だに56Kモデム経由で使っているNiftyのパソコン通信に接続しようとすると…「二重ログインです」のエラーが…。そういうことかい!!
今までだと、ADSLでインターネット接続していても、問題なく使えていたのだけど、今回の変更でADSLでもIDとパスワードを意識するようになった結果、ADSL接続中は二重ログインと認識されてしまうようになったらしい。ってそれじゃ、自宅以外でNiftyに接続しようと思ったら、ADSLモデムの電源切れってことか?そんなアホな仕様はないだろう。それじゃ常時接続の意味がないじゃん!!と怒りに燃えたのですが、一応本当にそうかどうか確かめるため翌日仕事場で検証してみることに。とりあえずその日はADSLモデムの設定画面から「PPP切断」を指定してNiftyとの接続を切った後パソコン通信の接続をすることで何とか回避。
翌日、仕事場でさっそく試してみたのですが、何とインターウェイ経由でのNiftyのログインも、WEBメールとかも二重ログインとなることもなくちゃんと使えました。ということは、ダイヤルアップ接続のパソコン通信だけかい!そんなのはアウトオブ眼中、ていうかいい加減そんなもん使うの止めやがれゴルァ!ってことだな…。
おう、止めたらあ!などと挑発(違うって)にのっている場合ではないので、なんとか回避手段はないものかと考えてみました。もう一度、Niftyから来たお知らせメールを注意深く読み返して見ると、最後の方に「ニフティマネージャーをお使いの方は以下のように設定を変えてください云々」と書いてある。ふむふむ、ニフティマネージャーならいけるらしい。しかし今更ニフティマネージャーに変える気にはならんしなあ…。それ以外に「Telnet接続をお使いの方は以下のように接続先を変えてください云々」と言うのもある。Telnet接続ならいけるのか?今使っているパソコン通信の接続ソフトはComNiftyという奴で、これはそのままではTelnet接続には対応してないのですが、多少改造してやればできることは知ってました。ADSLに変えた時もTelnetでやろうかな?とは思ったのですが、スピードが遅いらしい(9600〜14400bps相当)のと、暗号化されてないのでIDもパスワードもだだ漏れらしいのと、何より面倒くさかった(^^;のでそのままにしていたのです。
いよいよ、そうもいっていられなくなったので、ここのHPを参考にして(ていうかほぼその通りにだが)ComNiftyのTelnet化にチャレンジ!多少のごたごたはあったものの、なんとかTelnet化に成功。気になっていたスピードも、思ったほど遅くない。ていうか56Kモデムの時とほとんど同じじゃん(笑)。最近、Niftyのサーバそのものが遅いので(30秒くらい沈黙してからようやく応答があるなんてしょっちゅう)、回線の速度はあんまり関係ないみたい。セキュリティの問題も、今回の変更前のTelnet接続先は外部のサーバだったのですが、変更後の接続先はNiftyそのもののサーバのようなので、あまり問題はなさそうです。
という訳で、56kモデムの使い道がまたひとつ減りました。これで後はパソコンからのFAX送信だけだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2001 | Main | January 2002 »