« April 2002 | Main | June 2002 »

May 2002

2002.05.26

名古屋中古レコ屋巡り

さて、本日は名古屋で過ごす初めての休日。ていうか、名古屋で仕事以外の自由時間を1時間以上過ごすのってこれが初めてだ。いっつも、閉店間際に慌ただしく店内をうろついた経験しかないもんな(T_T)。
と言う訳で、もちろん名古屋の中古レコ屋を巡ることに。え、折角の休日、もっと違うことに使ったらどうかって?いいの!これが好きなんだもん!!
この日のためにコソーリ大阪から持ってきていたレコードマップ2001を持って…行こうと思いましたがそのままだと重いのでコンビニで必要な地図のページだけコピーして出かけました。名古屋の中心地はなんといっても栄。ということで中古レコ屋も栄およびその周辺に集中しております。今回のレコ屋巡りも当然栄が中心。
まず1軒めは、地下鉄栄駅から程近く、丸栄というデパートの向かいにあるバナナレコード栄本店。このバナナレコード、名古屋ではけっこうあちこちに店がある、大阪で言えばDiscJJかサウンドパックかというような存在ですが、この栄本店は本店と名乗る割にはあまり大きくなく品揃えもイマイチ(なぜかクラッシックものが多い)。大したものもありませんでしたが、Giles,Giles & Frippの唯一のアルバムの紙ジャケが\1600で落ちてました。あまり安くないけど、前から買おう買おうと思ってそのままになっているものなのでこの機会に購入。
その後、HMV、タワーの2大大手CDショップをチェック。椎名林檎の復帰カバーアルバムを横目で見つつも手を出すには到らず。この前の日曜に知り合いと梅田のタワーで見かけてどうしようか悩みながらも見送ったピーター・ガブリエルのリマスターデジパックCD(ナンバリング入り)、全く見かけず。速攻で売り切れたか?やっぱ、買っとけば良かったかなあ…(´・ω・`) ショボーン。その代わりと言ってはなんだが、なんだか店内のあちこちに設置されている50%引きワゴンからModern Englishのベスト盤を発掘。いつぞやThis Mortal Coilについて書いた時に取り上げたこともあるが、実はまともに聞いた事がない(^ ^;。このベスト盤には、This Mortal Coil結成のきっかけとなった"16 Days"、"Gathering Dust"の2曲が冒頭に収録されている。楽しみだ。
さて、次はタワーの南側にある先ほどのバナナレコードの名古屋パルコ店。ここは本店に比べるとマシかな。ここでの収穫は2枚。まずはDuran Duranの名作、RIOの紙ジャケ。これも先のGiles,Giles & Frippと同じく、買おうと思いながらつい延ばしていたもの。今回は\1000だったのでこの値段ならということで。もう1枚は、Cornershopというバンドの1st?。先日、これも知り合いと梅田タワーにいた時に、最新作の中から、インド風味のめちゃくちゃカッコイイ曲がかかっていてその後おもわず最新作の方は買ってしまったのだが、引き続きその前作にあたると思われるこちらも購入。ちなみに最新作の方は、インド風味の曲ばかりかと思ったら、レゲエ調あり、ディスコ調あり、なかなかバラエティに富むというかまとまりがないというかそういう作品で良かったですいや、マジで。
その後は、同じくバナナレコードの大須店へ行くつもりが見つけ損ねたので、そのまま東の方へ出て、サウンドベイリパブリックという店へ。ここは2フロアーあってでかい!と思ったら、半分以上が新譜でした。しかも新譜と中古が入り交じっているので捜しにくい。結局収穫はなかったが、ここはGS関係とか、日本のフォーク関係とかが充実している。そういう方面のCDを探す時にはまた来よう。
その後、上前津の駅のあたりを通過しようとしたら、このへんには古本屋が数軒あってそこに捕まってしまう。しかも、交差点に面した4つの角の内、3つまでに古本屋があるという罠。さらにその内1軒は古本屋だと思ったらただの本屋だったという罠。なんだか今日は2ちゃん○るテイスト全開でお送りしていますが(^ ^;。
ようやく魔の古本屋交差点を脱出し、今度は西に向かいます。次 は円盤屋上前津点洋楽専門フロアという店。フロアって言っても1フロアしかないんですけど…。なんだかすごく偏った品揃えの店でした。ということでここでは何も買わず。
その後も3軒くらい回ったが、大分長くなってきたので、端折るとして、その後の購入はグレイテスト・ヒッツ大須店という店で、David Sylvianの90年東京でのライヴを収録した「Approaching Silence」を。未開封新品ながら\680という安さ。
さて、とりあえずこれで終了と思いましたが、もう1軒気になる店があったので、地下鉄に乗って千種駅で降りる。eightという名古屋で唯一の?プログレ専門店へ。う〜む、確かに品揃えはなかなか。大阪でもこれだけ置いている店は正直ないくらい。でも値段が…。最低でも\3000、高いのになると\4000近いというブ○ト並の価格。タワーやHMVの値段に慣れた身にはとても手が出ないですわ。ということで何も買わず。
結局購入は5枚のみ。最近、とみに音盤購入欲が落ちているとは言え、1日回って5枚はちょっと少ない。全盛期ならこんなの1軒だけで…(゚゜)バキ☆\(--)。
まあ、まだ全部回った訳ではないので、後はまたおいおいとじっくり攻めて見よう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2002.05.23

似て非なるもの

名古屋駐在生活も2週めを消化中。ちなみにあくまでも駐在であって転勤ではないのでそこのところをひとつよろしく(もっとも、駐在だと思っているうちにいつのまにか転勤になっている罠。という事態も考えられるが)。
名古屋の話もいいかげん飽きてきたので、今回は違う話を。最近話題(?)のコピーガードCDについてです。これについてはレコード会社、ユーザー(合法および非合法)それぞれに言い分があってなかなか難しい問題です。おおむね合法(時たま非合法)ユーザーの私としても色々と言いたい事はありますが、それは置いといて、ここで話したいのはコピーガードCDの存在や考え方ではなく、現状出回っている方式についての話。
現在AVEXほかで使われているのは、確かイスラエルのなんとかという会社の開発したなんとかという方式で(゚゜)バキ☆\(--)、ええと細かいことは忘れましたが、ていうか知りませんが(゚゜)バキ☆\(--)(゚゜)バキ☆\(--)、まあかなり強引なやりかたでCDをパソコン上で認識できなくしている訳ですが、原理は判らんけど、これが相当強引なやりかたらしいのです。どのぐらい強引かというと、この方式を取っているコピーガードCDは、そもそもCDの規格(レッドブックちゅうやつ)にのっとってません。その証拠に、通常のCDなら必ずどこかに印字してあるはずのCompactDisc Digital Audioちゅうあのロゴマークがどこにも印字されてません、ていうか印字できないのです。つまりコピーガードCDなんて言われてますが、厳密に言えばCDではない。CDに似て非なるものというべきなのです。
そんなだから、音質も普通のCDに比べると落ちるみたいだし、うっかりパソコンにつっこもうものならクラッシュしてしまうこともある。そのくせCDドライブの種類によってはなんなく認識できてリッピングもできてしまう、というなんとも中途半端な方式なのです。
さっきは、レコード会社にもいろいろと言い分はあると書きましたが、いくら言い分はあるにせよ、CDの規格を満たしていないようなものを堂々と売るというのはいかがなものかと思うぞ。コピーガードをかけるにしろ、もうちょっとスマートな方法でかけるべきだと思います、いやスマートというより、もっとまともな方法で、と言うべきだな。
大体、どうガードをかけようが、アナログ経由でパソコンに取り込めば取り込めてしまうのだから(音質は落ちるけど)どうやったって片手落ちです。そんなことよりもあのWinMXをなんとかした方がよっぽど効果的だと思うが(まあ、それも難しいだろうけど)。 一つだけ確実に言えるのは、どんな方法を取ろうが、それをすり抜ける奴は必ず出てくるだろうこと。そして、結局割りを食うのは正直に金出してCDを買っている人々であろうこと、ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2002.05.16

分別くさい話

さて、名古屋での暮らしも数日経ちました。今回はゴミの分別の話。
名古屋のゴミ収集と言えば、徹底していると言うか、執拗なまでの細かさで、施行当時かなり話題になったものです。今回名古屋で暮らしてみてその実態が判った訳ですが、確かに凄い。いや、凄まじい。
どこまで細かいかと言うと、まず大きく分けて、ごみ系と資源系に別れます。ごみ系は、可燃ごみ・不燃ごみ・スプレー缶類・粗大ごみ、とまあオーソドックスですが、資源系の方は、空きびん・空き缶・プラスティック製容器包装・紙製容器包装・ペットボトル・紙パック・その他(新聞雑誌など)とかなり細かく別れてます。ごみ系・資源系、合わせて全11種類!
単に細かいだけなら、まあ理解できなくはないのですが、いま一つ理解に苦しむのが、プラスティック製容器包装、紙製容器包装の2つ。プラスティック製容器包装というのは、具体的にどんなものかと言うと、ペットボトル以外のボトルとか、カップ類とか、トレーとか、ラップ、ポリ袋とか、要するにプラスティック製のごみの大半です。単にプラスティック製でかつ「容器」または「包装」であればここに分類されるようなので、材質も形もバラバラ。一応、「資源」系となってますが、これだけ雑多なものを集めて本当に「資源」として再利用が可能なのか、極めて疑問です。結局「不燃ゴミ」と同じ道をたどるのとちゃうんかと、小一時間(略。
ある意味それより微妙なのが、紙製容器包装。こっちの方は、紙箱とか、台紙とか、カップとか、紙袋とかですが、まあ、はっきり判るような紙箱なんかはいいとして、台紙とか紙袋とか、可燃ごみ中の「紙くず」と果たしてどう違うのか?誰が正確に分別できるのか?ここまで来るともうほとんど「趣味の世界」ですな。
まあ、今住んでいるところは、マンスリーマンションというか半分寮みたいな感覚のとこなので、ごみ出しといっても所定の場所に並べられたごみ箱(全11種類分のごみ箱がずらりと並んでいる光景は壮観だが)に分別して捨てるだけでいいので楽なんですが、これだけの種類のごみを実際に各収集日に出している普通の家庭はさぞかし大変だろうと推察されます。ご苦労様。
まあ、細かく分けることでそれだけ再利用が簡単になるのならいい事ですが、さっきも書いたようにプラスティック製容器包装、紙製容器包装の2つに関しては、手間ばかりかかって、あまり意義があるとは思えません。わしが名古屋市長ならこの2つは廃止するか、せめて種類をもう少し絞って分別しやすくするね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2002.05.13

from N

ということで、名古屋での更新一発めです。先週は、iBook君を出張に連れていくつもりだったのですが、諸事情により断念(結果的には断念して正解だった。もし持って行ってたら鞄の重さで死んでいるところだった)。ということで、今日が名古屋デビューです。まだ日曜なのに、もう名古屋にいるのは今日からいよいよ駐在生活スタートだから。ということで、マンスリーマンション暮らしが始まりました。
もっと狭いのかと思っていたけど、まあ、ホテルのシングルルーム並の広さ(むしろ狭さと言うべきか)はあります。設備も結構整っていて、エアコンは無論の事、マンスリーマンションにこんなに必要なのか?と思うくらい収納場所もあるし、ユニットバスかと思っていたらバスとトイレは一応別だし。
不満と言えばTVが小さいことくらいですかね、なんかパンフレットにはBS映るって書いてあったのに映らんし。まあ、あんまりTV見る時間も無さげですが。
と言う訳で、iBookで初めてまとまった文章を書いてる訳ですが、まだOSX版のATOKを入れてないので(って言うか持ってないんだが)、ことえりを仕方無しに使っているんですが、やっぱり使えねー!!英字とかカタカナとかに変換するのに、ATOKならFキー一発で済むのに、いちいちショートカットキー使わんといかんし、それにしたって大文字小文字は変換してくれないし。というわけでATOK購入を検討中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2002.05.08

1440分の怠惰

GW後半4連休も終わってしまいました。この4日間は何をしていたかというと、おおむねヒッキー気味だったと言って差し支えないでしょう(こっちのヒッキーは大変な事になっているようですが)。一番のメイン作業は睡眠を取ること。寝るのに飽きたら、適当に本を読んだり、iBookをセッティングしたりという怠惰極まる生活。いいじゃん、年に1回のGWなんだし。
ちうことで、iBookのセッティングもほぼ終わりました。つっても、デスクトップ機から必要なデータをコピーして、あとは適当にソフトを2〜3インストールしたぐらいですが。デスクトップ機の環境をそのまま移行できれば楽なんだけど、デスクトップ機はまだOS9、iBookはOSXと環境が異なるのでそうもいかず。大したトラブルも無かったのですが、PalmDesktopの最新バージョンをiBookにインストールして、ついでにデスクトップ機にもインストールしたら、デスクトップ機の方がHotSync不可能に!ガーン!!色々やってみたけど、うまくいかず、おまけにユーザーデータまで綺麗さっぱり消えた(T_T)。まあ、iBookの方でHotSyncできるので良しとするか〜。
で、iBookですが、まあ、いきなりOSXで使っているので比較はしにくい面があるんだけど、やっぱり遅いです。アプリケーションの実行とかはそうでもないんだけど、どうも画面描画まわりが遅いような気がする。あと、HDもちょっと遅そう。HDを早いのに替えるだけで、けっこう改善されそうな気がしますが、こいつのHD換装は素人の手には余るしなあ。
しかし、さすが真のマルチタスク環境だけあって、DVDを再生しながら他の事をしても全然コマ落ちとか画面の乱れとかないのは大したもんです。OS9だと、メニューを触っただけでがたがたとコマ落ちしてたのに。
あとはカスタマイズという程でもないけど、ちょこちょこそういうソフトを入れたりしてます。デスクトップにゴミ箱がないのはやはり寂しいので、AppleScriptで作った仮想ゴミ箱を置いてみたり、メニューバーにアプリケーションメニューがないのはやはり寂しいので、このソフトでアプリケーションメニューを表示できるようにしたり。う〜む、結局OS9からまだ卒業できとらんなあ…。
ということで、明日からの出張にはとりあえずiBookをお供として連れて行く予定。さて出先でもちゃんと動いてくれるかどうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2002.05.05

イン・ザ・ミソスープ

今回のタイトルですが、村上春樹とは何の関係もありません。あっ、村上龍の方だったか。
さて、まだまだ続く名古屋出張生活。あいかわらず食べ物系の話です(ていうかそれくらいしかネタが無い(T_T))。3大名古屋名物といえば、味噌カツと味噌煮込みうどんと手羽先(だと個人的には思っている)。味噌カツの方は、名古屋第一日目の昼食で食べて、イマイチだったというのは前に書きました。その流れで、同じ味噌系の味噌煮込みうどんの方はなんとなく食べる気がしなくていままで敬遠していたのですが、先週ついに制覇(?)しました。はたしてその結果は…?
けっこう美味しいやん!たまたま入った店のがあたりだったのかも知れませんが、味噌カツと違ってあまり甘くない。程良い味です。見た目はけっこうどろどろしてるっぽいのですが、食べてみると意外にさっぱりした感じです。ということでこれはお勧めかも。
本場の味噌煮込みうどんは、麺を茹でずにそのままダシに放り込んで煮込むそうで(「やわらかいの」と頼むと茹でてから煮込んでくれるらしい)、「煮込み」の名に反して麺はけっこう固いです。ただ、讃岐うどんみたいにコシのある固さではないので、噛むと固いんだけど、ある程度力を入れた時点ですっぱりかみ切れてしまうというなんだか中途半端というか、妙な歯ごたえです。好きな人に言わせるとそこがいいらしいですが…。
ちなみに、名古屋のうどん屋というと、カレーうどんというのも隠れた名物らしく、カレーうどんを売りにしているうどん屋もけっこう見かけます。1軒入ってみたけど、よくうどん屋とかそば屋で出てくる和風のカレーうどんではなく、独特のダシ(というかルー)でこれも美味しかった。
ちうことで、名古屋3大名物も一応制覇。あとはアントースト(小倉トースト)なんていう恐ろしい食べ物もあるらしいですが、それはちょっと勇気が要りそうです。名古屋おさらばする間際に記念にでも。って何時のことになるやら…。というわけでこのミッション遂行は難しいかも知れません>某方。(゚゜)バキ☆\(--)
しまった!まだひつまぶしが残ってるよ〜。しかし今の仕事のペースでは難しそうですが…。よし、次の目標はこれだな!(゚゜)バキ☆\(--)(゚゜)バキ☆\(--)。

さて2ヶ月以上ホテル暮らしが続いてきた訳ですが、5月中旬よりようやく駐在になることが決定。マンスリーマンション暮らしに変わることに。これでようやく週明けと週末、重い荷物を持って移動する生活から解放される!その分、大阪へ戻ってくる回数は減りそうですが…。
つうことで、昨日例の白いヤツをとうとう買ってしまいますた。12インチの方のコンボモデルです。メモリ256M増設して、長期保証に入ったりしたので、22万くらいになりましたが…。
まだセットアップしたくらいなので、感想はまたおいおい書きますが、これで平日でもネット接続環境は整いました。ADSL8Mからまた56Kモデムに逆戻りですが…。しかし店頭に置いてあるのを見るとけっこう小さく見えるんですが、持って帰って家で見るとけっこう大きいし、重い。やっぱり毎週持って歩くのはしんどいかも…。そうなると家のデスクトップマシンとデータの整合性を保つのが大変そうですが、それはまあおいおい考えよう。

i

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2002 | Main | June 2002 »