« 忙しかった一日 | Main | 寝過ぎ »

2003.04.07

山田正紀『金魚の目が光る』(徳間文庫)(4/6)

個人的には、山田正紀というとどうしてもSF作家、という印象が強いのだが、実際には最近はむしろミステリ作家として活躍している。ミステリ作家としての山田正紀は殆ど読んでいないのだが、唯一の例外が『人喰いの時代』(ハルキ文庫)。戦前の小樽を舞台に、探偵呪師霊太郎が活躍する連作短編集だ。これがなかなか面白かった。
で、本作はその呪師霊太郎の登場する2作目。奥付けを見ると、単行本が出たのは1990年とある。12年経ってから文庫化されるというのも珍しい。
本作は舞台を小樽から九州の柳河に移している。柳河と言えば、詩人北原白秋の出身地。ということで、白秋自身も登場し、白秋作の童謡通りに連続殺人が起こるという趣向(ちなみに冒頭に引用されているこの童謡が物凄く怖い。童謡とはとても思えない。是非これだけでも立ち読みしてみてください)。柳河の独特の雰囲気(って行ったことないが)がうまく生かされていて味のある佳作になっていると思う。
山田正紀のミステリ、真面目に読んでみようかな。

|

« 忙しかった一日 | Main | 寝過ぎ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/4387210

Listed below are links to weblogs that reference 山田正紀『金魚の目が光る』(徳間文庫)(4/6):

« 忙しかった一日 | Main | 寝過ぎ »