« April 2003 | Main | June 2003 »

May 2003

2003.05.31

やっぱり寝たり起きたり

本日の鬱度=▲
朝8時頃に目が覚めて起きるが、食事だけしてまた寝る。その後は昨日と同じく、寝たり起きたりの繰り返し。
なんか、生活のリズムが人間というより猫に近くなってきたような気がする。
明日はなんとか外出してまともに過ごそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.30

寝たり起きたり

本日の鬱度=△
昼頃起床。
3時間置きに、寝たり起きたりという、ある意味器用な一日を過ごす。
起きてる時間はほとんど何もせずTV見てるだけ。
ということで、3行書いてもう書くことがなくなってしまった日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.29

梅田をふらふら

本日の鬱度=○
昼過ぎに起床。
今日こそは、昼間寝ないぞ計画を完遂するため、とりあえず外出することにする。
身支度してさて、出かけようと思って部屋を出たら郵便受けにamazonの封筒が!
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
レッド・ツェッペリンのライヴCDだ。今朝配送したよメールが届いたところだのに早いなあ。
レッド・ツェッペリン『How The West Was Won』。1972年6月25日のLAフォーラム公演と、同月27日のロングビーチアリーナ公演の2公演から編集されたもので、ほぼ完全な形のライヴとなっている。三つ折りデジパック仕様で、ブックレットも何も入っていないかなり簡素、というか質素な作り。ま、音さえ聴けりゃいいんです。
とりあえず、開封して中だけ確認して出かける。
梅田まで出て、CD屋寄ったり、古本屋覗いたり、喫茶店で本読んだりとふらふらと。
とりあえず、買ったCDは1枚だけ。
アルバート・キング&オーティス・ラッシュ『Door To Door』。名盤、と評価の高いアルバムがデジタルリマスターで再発。しかも¥1190という低価格。買わんといかんなあ、と思っている内にラス1になっていたので(また入荷してくるだろうが)購入。
後は、今使っているヘッドホンHD590のコードがちょっと短めなので、ヨドバシへ寄って3mの延長コードを購入。もっと短いのが欲しかったのだが売ってなかった。
帰宅して、早速ツェッペリンのライヴCDを聴く。1972年6月25日のLAフォーラムの方は、ブ○トで散々聴いた公演だが、やっぱり高音質で聴くと違う。ボンゾのドラムソロ、「Moby Dick」なんて、ブ○トのモコモコした音質だとどうしても途中で退屈してくるのだが、くっきりはっきりの高音質だと、だれずに最後まで聴けるんだよなあ。
ということで、この勢いで75年とか77年のライヴも発売キボンヌ。
よし、次は来月のライヴDVDじゃあ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.28

本読んだりCD聴いたり寝たり

本日の鬱度=△
昼過ぎに起床。
なんとか今日こそは起きていようと、CD聴いたり、本読んだりして夕方まで過ごす。
月曜に買ったエルモア・ジェイムズ&ジョン・ブリムを聴く。エルモア・ジェイムズはいつも通り。あえて敬意を込めて「偉大なるマンネリ」と呼びたい。ジョン・ブリムは初めて聴くが(というか、このアルバム以外あまり名前を聞いたことがないんだが)、ちょっとひなびた感じでなかなか味がある。
それにしても、エルモア・ジェイムズのモダン録音全曲集欲しいなあ。しかし3枚組で¥7000というのは高すぎる。4枚組なら、まあ、納得できるんだが。
googleで海外通販サイトとかも当たってみたが、皆同じような値段でしか売っとらん。ボックスセットでなくていいから、通常仕様でもっと安く再発してくれないかな?
とりあえずEasyseekの探し物登録に登録してみたが、あそこは音楽ものは弱いから無理っぽい。
という感じで何とか夕方までは保ったが、夕食後また寝てしまう。なかなか昼夜逆転から抜け出せん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.27

またもや寝る

本日の鬱度=▲
昨夜も寝たのは明け方。というかほとんど朝。しかもどうも眠りが浅く、しばしば目覚める。
ということで起きたのは15時頃。食事して、さて、と思ったが例によって何もやる気がしない。本でも読むか、と思って本を持ってベッドに潜り込んだがもちろん読める筈もなくそのまま夜まで熟睡。
ということで、またしても完全な昼夜逆転生活に戻りつつあるこの頃なり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.26

雨の中難波へ

本日の鬱度=○
昨夜もまた寝るのが明け方になってしまったが、それでも昼頃には起きる。
雨が降っていたのでちとめんどくさかったが、難波〜日本橋方面へ。難波タワーをかわきりにレコ屋巡回(毎度のことながら同じようなことしかしてないな)。
収穫は以下の通り。
T−ボーン・ウォーカー『The Complete Captitol/Black&White Recordings』。Captitol/Black&Whiteレーベルの録音全曲集3枚組75曲!(別テイクとかも入れてだから実質的な曲数はもっと少ないが)。今日、難波へ行ったのは実はこれを買うのが主目的。この前中古で購入したフレディ・キングの2枚組と共に、ポイントカード使って購入の候補だったのだが、フレディの方は中古で見つけてしまったので、必然的にこちらを購入することになった。ところが、梅田タワーではいつの間にか無くなっていたので(誰だ買ったのは!)、やむなく難波まで出てきたと言う訳。
難波にもなかったらどうしようと思ったが幸い在庫があった。しかも梅田タワーの値段より¥10安いし。何なんだこの微妙な値段の差は。
とりあえず3枚組なので、これでしばらくは幸せになれる、かな。
フレディ・キング『Texas Cannonball - Live in Concert』。で、どうせポイントカード使うんだし、ということでついでに買ったのがこれ。ライヴ盤であるが、いつどこのライヴだかどこにも書いてない困った盤。とりあえず聴いてみたが、音質はまあまあ(多少ラフな音だが)。ノリ的には70年代のライヴっぽい。途中微妙に音質が変わるので、何カ所かのライヴの寄せ集めかも知れない。
アルバート・コリンズ『Iceman』。pointblank移籍後の1作目。新品だが、中古並みの値段だったので購入。
エルモア・ジェイムズ&ジョン・ブリム『フーズ・マディ・シューズ』。中古。連名になっているが、実際にはエルモア・ジェイムズとジョン・ブリムのchess録音曲を1枚のアルバムに詰め込んだもので共演している訳ではない。全17曲中、エルモア・ジェイムズは10曲。これでエルモア・ジェイムズは後モダンレーベルの音源を入手すれば完璧。この全曲集も出てるけど、これが高いのよ〜。どっかに中古で落ちてないかなあ。
フレディ・キング『シングス』。フレディのデビューアルバム。全12曲全て歌もの。これも中古。
ということで終了。本屋へ寄って「月刊動物のお医者さんVOL.3』を買って帰宅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.25

引き続き寝る

本日の鬱度=△
昨夜は、ネット巡回していたら久しぶりに明け方になってしまった。窓の外が白々と明るくなっているのを見ながら(まあ、日の出が早くなったということもあるのだが)、眠りにつく。
昼頃にいったん目が覚めるが、体調ももう回復しているし、特に鬱ということもないのに、どうも起きる気がしない。そのまま夕方まで寝続ける。
起きて食事してさて、と思ったがやっぱり何もする気がしないので、また寝る。結局昨日に続き一日中寝ていた。
これだけ寝られるということは、やっぱり鬱か?自分でそうと判らない鬱というのも変だが。
昨日の訂正。フレディ・キングの2枚組であるが、1枚目はそんなにロック寄りではないものの、2枚目の前半(元のアルバムに換算すると3枚目)は、確かにロックっぽい音。なんか、メロトロン入ってる曲とかもあるし。スティーヴ・ウィンウッドの曲も取り上げられている。
昨日届いたU.P.ウィルソンのアルバム、現在聴いている最中。例によってワイルドなU.Pのギターが楽しめるが、アルバム全体の雰囲気としてはかなり軽めで良い意味でラフな感じ。インスト曲多し。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.24

体調不良

本日の鬱度=△
昨夜はなんだかしんどかったので、早めに日記を書いて寝たのだが、やはり夜型の生活リズムになっているせいか、なかなか寝付けない。そうこうしているうちに本格的にしんどくなってきた。熱を測ってみると、37.2度。大した熱ではない。風邪という訳でもなさそうだが…。
ようやく、2時頃に寝付く。今朝は7時頃に目が覚めたが、無理矢理もう一回寝直して起きたのは12時。熱は下がって、しんどくはなくなっていたものの、元気とは程遠い状態。
ということで、食事だけしてまた寝直す。夕方まで寝て食事だけしてまた寝(以下略)。
ということで、結局1日中寝ていた。まあ、なんとか回復。
amazonから、遅れていたU.P.ウィルソンがようやく到着。配送予定では来月以降になっていたのだが…。毎度の事ながらamazonの配送予定は当てにならん。
U.P.ウィルソン『On My Way』。1988年作。同年のライヴが2曲追加されている。
赤いベレー帽?かぶってタバコくわえながらギター弾いてる裏ジャケのU.Pの写真、渋い!
昨日買ったフレディ・キングの2枚組を聴く(ていうか今聴いてる最中)。ロック寄り、と評される時代の作品だが、もともとロックから入ったワシには何の問題もなし。ていうか、そんなにロック寄りかなあ?あと、エリック・クラプトンがこの時代のフレディに強く影響を受けていることを改めて確認。
フレディ・キングはまだライヴ盤持ってないので、次はライヴ盤聴いてみたいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.23

筋肉痛と通院

本日の鬱度=○
昨夜、家に帰った時からなんだかふくらはぎのあたりに違和感があったのだが、寝る前になって痛み出した。これって…筋肉痛…?筋肉痛になる程、歩き回った訳ではない筈だが…。まあ、このところヒッキー気味で激しく運動不足になっているのは確かだが。
ひょっとすると、履いていった靴が悪かったのかも知れない。もう底がだいぶんすり減っていて、特に踵の部分は片減りしているので、知らず知らずのうちに足の筋肉に負担がかかっていたのかも。そういや、歩道の段差を踏み外して、2回程転びそうになったしなあ。
と言う訳で、筋肉痛の痛みもあったのか、今朝は7時頃に目が覚める。右足はほぼ回復していたが、左足はまだ痛い。つーことで、昼食に出たついでに筋肉痛の薬を買ってきて足に塗り塗り。これでとりあえず痛みは治まった。
13時頃に再び家を出て、医者へ。今日は時間帯のせいか空いていたので早くすんだ。しかし話の内容の方は、このところあまり調子がよくないと話しても、イマイチ打つ手がない様子。結局、現状のまま様子を見ようといういつもの結末に。もう2ヶ月近く様子を見てるんだが…。
診察終了後は、まだ足も完全に回復してないし、早めに切り上げて帰ろうと思いながら、例によってレコ屋をうろちょろしてしまう。収穫は以下の2枚。
ジュニア・ウェルズ『1957-1963』。タイトル通り、1957年〜1963年のChief録音集。全曲ではないが、アール・フッカーやウィリー・ディクソンも参加して何気に豪華なメンバー。中古。
フレディ・キング『King of the Blues』。未発表曲を含む、Shelterレーベルの録音全曲集2枚組41曲。これも中古だが、実は梅田タワーでポイントカードを使って購入しようかと(新品は¥3490もするのよ)迷ったあげく見送ったところだった。買わんで良かった〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.22

復活〜朝から心斎橋

本日の鬱度=○
昨夜はさすがに眠れず(起きてから12時間も経ってないのだから当たり前だが)。
ようやく回復したのだが、今日は医者が休診日なので行けない。
仕方なしに、朝から3日ぶりにネット巡回。
某所で、鬼束ちひろのサイン会情報を知る。21日発売のライヴDVDとシングルを両方購入した方先着100名、だそうな。21日発売ということは20日にはもう売っているから既に丸2日経過したことになる。う〜ん、2日で100枚ははけてるかなあ〜。場所があんまし人の行かないHMV心斎橋というのがまだ何とかなるかもだが…。
一縷の希望にすがって、行ってみることにした。10時過ぎに家を出て、開店したてのHMVへ行ってみると…、余裕でありました>整理券。
ということで必然的にライヴDVDとシングルを購入。まあ、DVDの方は元々買おうと思っていたのだが。
これで一応目的は達成したのだが、まだ時間も早いし一応中古盤屋巡回をしておく。一応収穫あり。
デビー・デイヴィス『Picture This』。白人の女性ブルースシンガー/ギタリスト。知らない人だが、アルバート・コリンズのバックバンドに在籍してた、というようなことがCDの裏に書いてあったので買ってみた。ブックレットを見ると、1曲だけアルバート・コリンズも参加している。ネットで調べると、これが1stらしい。
アルバート・コリンズ『Truckin' With』。1962〜1963年の録音集。ソロ名義としてはこれが1stとなる作品。
『SF特撮映画予告編集』。東宝特撮映画40作の予告編の音(音楽+ナレーション)をCD2枚組に収録したもの。出来れば映像版が欲しいところだが…。
あとはタワーの雑誌売り場で「PROGRESSION」というプログレ専門誌を見つけたので買ってみた(サンプラーCD付き)。アメリカ版ユーロ・ロック・プレスというところか、しかし文字ばかりの上に字が小さいので、読むの大変そう。
ということで帰宅。とりあえず、デビー・デイヴィスのCDだけ聴いてみる。さすがにギターはアルバート・コリンズそっくり。でもワイルドというよりは達者という感じだ。ヴォーカルの方は、イマイチ。いや、それなりに味のあるヴォーカルなんだが、バックの演奏とどうも合っとらん。
さて、明日こそ医者へ行ってこなくては。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.21

またも医者行けず

本日の鬱度=●
今日も引き続き鬱。昨日よりはややマシだが、やはり医者へ行くだけの元気が出ない。
ということで、またもや一日寝る。
しかし、鬱になるとこういくらでも寝られるのは何故なのだろうか?昨日と合わせると、凄い時間寝ている。まあ、熟睡でなくて寝たり起きたりの浅い眠りなのだが。そのせいか、やたらと夢を見る。それも荒唐無稽な夢じゃなくて、結構現実に近いようなリアルな夢だ。
鬱でない時にはそんなに夢を見るという感じはないのだが…。これはどういう現象なのだろうか。
夜になってようやく回復してくる。
この間amazonから届いたルーサー・アリスンのライヴ盤を聴く。正直ルーサー・アリスンはちょっと飽きてきたかな?と思いかけていたのだが、とんでもなかった。やっぱりこの人は凄いわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.20

医者行けず

本日の鬱度=●
昼頃起床。久しぶりに●2つに近いかなり激しい鬱。
通院日だったが、とても動けず。
一日寝て過ごす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.19

散髪しに行く

本日の鬱度=△
昼前にいったん目が覚めるが、なかなか起きる気になれず、結局14時頃までベッドの中でごろごろしてから起床。
家の用事を片づけた後、外出。ようやく散髪する。すっきりした。
その後、ブックオフ・書店などを回り、適当に腹が空いてきたところで食事して帰宅。
帰宅後は昨日に続き片づけ作業。棚半分くらい処理したのに、あんまり空きが出来ないのは何でかと思ったが、薄型ケース2枚組が多かったせいらしい(通常の1枚ものに比べると圧縮率が低い)。
エルモア・ジェイムズの3枚組、3日間かけてようやく聴き終わる。この人の曲って、基本的に同じようなパターンなので(悪く言うとマンネリ)、さすがにCD3枚を一気に聴くのは辛い。しかしそのマンネリなところが、慣れるとそこがいいんじゃねえか!という意見もあり。
さて明日は通院日。しかしまたあっという間に終わると思われる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.18

どうにか回復

本日の鬱度=▲
11時頃起床。
昨日よりはマシだが、相変わらず鬱気味。やはり何もする気せず、夕方まで再び眠る。
起きると、だいぶん回復していた。食事をしに外出し、ついでに本屋へ寄る。特に今すぐ買いたいものはなかったが、今まで置いてなかった「ブルース&ソウル・レコーズ」誌が置いてあった。それも2冊も。
別に大きな本屋ではない。普通の住宅街の駅前によくあるような本屋である。それなのにこんなマイナーな雑誌を2冊も置くなんてなんて大胆な。まあ、ここの本屋は以前から「レコード・コレクターズ」やら「映画秘宝」をばーんと平積みにしたりして、油断のならない本屋だとは思っていたのだが。
果たしてこの2冊、売れるかどうかしばらくヲチしてみよう。
帰宅後、久しぶりに片づけ作業を行う。最近、ブルース系のCDがものすごい勢いで増殖しているので、CD棚の空きスペースをまた作っておかなくては。
2日ぶりにネット巡回を行う。先週末にSafariのアップデータが出ていたので、早速当てた。セキュリティホールがあるとの話だったので、その修正だけかと思ったら、それ以外にもバグ取りとかされていたらしい。以前のバージョンでは、特定のサイト(例えばCDジャーナルのサイトとか)を見に行くと、ほぼ100%異常終了していたのだが、落ちなくなった。もっとも表示が一部おかしくなったり、Safari上でコピペすると2バイト文字が化けたりとかいう問題は解決していないようだ。もう少し頑張ってね>Apple。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.17

また鬱

本日の鬱度=●
昼過ぎに起床。
昨日から兆候はあったが、案の定鬱。食事だけ済ませてまたベッドに潜り込み、夜まで眠る。
結局散髪に行けず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.16

何もしない

本日の鬱度=△
昼前に起床。
鬱とまではいかないが、あまり気分は良くない。例によって何もやる気せず。適当にCD聴いて本読んで過ごす。
amazon.co.jpからCDが届く。U・P・ウィルソンのついでに注文した1枚だが、肝心のU・P・ウィルソンの方が在庫確保が遅れているとかで分割発送になってしまった。
ルーサー・アリソン『Where Have You Been? Live in Montreux 1976-1994』。タイトル通り、1976年から1994年にかけてモントルー・ジャズ・フェスティバルに出演した時の音源をまとめたもの。
昨日買ったCDの内、今日聴いたのは以下の2枚。
まずフェントン・ロビンソン。落ち着いた、しっとりした感じのブルースだが、ギターの音なんかは結構骨太。なかなか好み。
あとはアルバート・コリンズ。アリゲーターでのスタジオアルバムは初めて聴くが、ライヴと大差なくやっぱり凶悪だ。
エルモア・ジェイムズの3枚組は、明日以降の楽しみだな(はぁと)。
さて、髪が伸びて鬱陶しくなってきたので、明日は散髪に行ってきたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.15

またしても散財

本日の鬱度=○
10時頃起床。
今日から、定期的に開催されている阪神百貨店の中古レコード市が始まっている。大体毎回行っているが、アナログ中心ということもあり、あまり良いものはない。それでも昼過ぎくらいに行ってみた。残念ながら、ブルース系の収穫はなかったが、以下の2枚を発掘。
サンタナ『The Ultimate Collection』。2枚組のベスト盤。実はサンタナって殆ど聴いた事がないのだが、派手派手なジャケットを見ていたらなんとなく欲しくなって購入。ブックレットがポスター仕様になっていて、裏面にファミリーツリーが書いてあるところがマニアック。
ジ・オーブ・リミックス・プロジェクト『Auntie Aubrey's Excursions Beyond the Call of Duty』。いろんなアーティストの、ジ・オーブによるリミックスを収録した2枚組。これには続編があるのだが、続編の方だけ大分前に中古で入手し、1枚目の方をずっと探していたもの(新品では手にはいるのだが結構高いので)。これでようやく2枚揃った。
ということで、終了したのだが、なんとなく消化不良という感じがしたし、時間もまだ早かったので、難波へ移動してレコ屋を巡回。軽く回るつもりだったのだが、こういう時に限ってまた欲しいものが結構みつかるんだよな。と言う訳で、以下のものを購入。
エルモア・ジェイムズ『King of the Slide Guitar』。エルモア・ジェイムズのtrumpet/chief/fireの各レーベルの録音全曲集3枚組。新品だが、3枚組にも関わらず¥1690という夢のような値段。エルモア・ジェイムズのこの時期の全曲集って3種類ぐらい出てて、どれもみな微妙に収録内容が異なっている。amazon.comのカスタマーレビュー見ると、「completeって言うてるけどcompleteちゃうやんけ!」と文句付けてる人もいるし。果たしてどれを買ったものやら、という状態だったのだが、¥1690には勝てませんでした。
アルバート・コリンズ『アイス・ピッキン』。アルバート・コリンズのアリゲーターレーベルでの1作目。中古。
フェントン・ロビンソン『Somebody Loan Me A Dime』。フェントン・ロビンソンの、これもアリゲーターレーベルでの1作目。タイトル曲はボズ・スキャッグスがカバーしてヒットさせたもの。これも中古。なぜかブックレットの中に、全然関係ないセシル・テイラー・トリオのアルバムのブックレット?(しかもシリアルNo.付き)が入っていたのだが…。まさしくなんでだろーの世界。
『モンティ・パイソン・アンド・ザ・ホーリー・グレイル』。ああ、やっと見つけたよ。『ホーリー・グレイル』のDVD中古。これで国内で出てるモンティパイソン関係のDVDは全部揃った。あとは『ライフ・オブ・ブライアン』だけだが、何時出るんだ?
それにしてもこのDVDは凄い。2枚組で、2枚目にはこれでもかとばかり特典映像がてんこ盛りだし、本編の方もオーディオ・コメンタリーは2種類収録だし、字幕には「本作を好きではない、英語の得意な方に向けた」字幕として何故かシェークスピアの「ヘンリー四世・第二部」を読むことができる字幕も用意されているという周到さ(笑)。
付録のブックレットには、モンティパイソン関係の映像・書籍・音楽などがそれこそ重箱の隅をつつくように細かくリストアップされている。これを作るだけでも相当の手間がかかっているだろうなあ。
ということで今日も散財しました。復職の目途も立っていない状況で、こんな事していていいのか?という気もするが、まあ、明日は明日の風が吹くさ。
閑話休題。
最近、ドコモ関西のCMで流れている女性ヴォーカルの曲、ちょっとええなと思って気になっていたのだが、どうやら菅野よう子作曲らしい。う〜む、またしてもか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.14

やや回復

本日の鬱度=△
14時頃起きる。まだ本調子ではないが、いくぶん回復した。
食事&買い物に雨の中外出し、帰宅後月曜に買ったCDを聴く。
まずはアルバート・キングのベスト。内容は悪かろうはずもなく、ライヴ盤から収録された1曲目「Blues Power」でいきなりノックアウトされる。まさにブルースの力恐るべし。聴いていてしみじみ思ったが、アルバート・キングの声が好きだ。決して美声ではなくかなり癖のある声だが、なんというか、説得力のある声なんだな。
ベスト盤などと言わず、アルバム全部揃えようかなあ。STAX時代のアルバムは最近比較的廉価で再発されてるし…。
続いてピー・ウィー・クレイトン。バックのバンドのせいか、かなりR&B寄りの音。ピー・ウィーは、ヴォーカルがメインで、ギターソロとかは少なめだが、ちょっと端正な感じのするこの人のヴォーカルもなかなか好きだ。
ということでなかなか気分良く過ごせたが、色々貯まっている用事を消化するにはいたらず。明日はまた外出せねばならんし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.13

一日ごろごろ

本日の鬱度=▲
昨夜は比較的早く眠れたにもかかわらず、15時まで寝てしまった。
起きてからも、全く何もする気がせず、結局一日ベッドの中で寝たり起きたり。
よく考えたら、家から一歩も外へ出てないわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.12

梅田でマターリ

本日の鬱度=△
昨夜もなかなか寝付けず。明け方に寝たが、なんとか昼過ぎに起きる。
幸い、気分は大分回復した。それでも本調子とは言えなかったので、また出かけることにする。一昨日実行しそこねた、「梅田の喫茶店で本でも読んでマターリ」計画だ。別に喫茶店で本読むだけなら地元でも出来るのだが、まあ、そこは色々と都合があってな。
と言う訳で、梅田へ出るが、喫茶店へたどり着くまでに軽くレコ屋を2,3軒。
その後ようやく適当な喫茶店に入り、レジから見えない地下席の隅っこに陣取って本読んでマターリ、を実行する。本は殊能将之の『美濃牛』。1時間半くらい読んだところで、座っているのにも飽きてきたので旭屋書店経由で梅田タワーを回って帰宅。
で、本日の収穫。
アルバート・キング『ベスト・ブルース・マスターズVOL.1』。STAX在籍時の音源よりのベスト盤。中古。VOL.1があるということはVOL.2もあると言うことで、また探して買わんといかん。
ピー・ウィー・クレイトン『The Complete Aladdin And Imperial Recordings』。タイトル通り、ALADDINおよびIMPERIALレーベルでの録音の全曲収録集(と言っても20曲しか入ってないのだが)。新品だが、¥1390という中古並みの値段。
さて、明日もなんとか調子良いといいのだが。最近、家にいると寝てるし、そうでなければ外出してるので、家の用事が貯まっている。なんとか片づけたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.11

雨の日はしょうがない

本日の鬱度=▲
昨夜はさすがになかなか眠れず、ようやく明け方に眠りにつく。
昼頃目が覚めるが、鬱がぶり返した感じで起きる気になれない。雨降ってるし。というか、どうも雨が降っている日は鬱になる確率が異様に高いような気がする。なにか気圧とかそういうものと関係があるのだろうか?
ということで夕方まで寝る。
昨日買ったCDの内、ブルース系2枚を聴く。まずはマイティ・ハウスロッカーズ。なかなかいい感じ。ハウンド・ドッグ・テイラーやらエルモア・ジェイムズをカバーしているので、もともと音楽性がワシの好みと合っている模様。
次にアルバート・キングのライヴ。これも良い。どちらかと言えばスローバラードでしっとりと歌い上げる曲が多いのだが、それもまた一興。ただ不満なのは、曲間のつなぎの編集が下手。拍手がぶつっと切れて一瞬だけまた入ってから次の曲に行ったり、前の曲の最後の部分と、次の曲の頭の部分が重複していたり。素人の作ったブートじゃあるまいし、もうちょっときちんと作って欲しかった。
さて、雨も何とか止みそうだし、明日は回復して欲しいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.10

神戸巡回

本日の鬱度=△
昼過ぎに起きる。
まだ完全とは言えないが、大分気分は回復したようだ。
家にいるとまた寝てしまいそうなので出かけることにする。
最初は、梅田へ出て喫茶店で本でも読みながらマターリする予定だったが、駅まで歩いている内に気が変わって神戸へ出かけることにする。
例によって中古&新品レコ屋巡り。収穫はそれほどなかったが、まあこんなもんか。
マイティ・ハウスロッカーズ『Fuelled Up』。白人3人組のブルースバンド。かなりマイナーな人達のようだが、大分前に買ったコンピ盤に入っていた曲がなかなか良かったので購入。中古で安かったし。裏ジャケには14曲の曲名が書いてあるのだが、実際には13曲しか収録されてないというヘタレ盤(一応お断りのシールが貼ってあるが)。
アルバート・キング『Talkin' Blues』。1978年の未発表ライヴ。曲間にはインタビューも収録。新品。先日タワーで見かけて気になっていたのだが、タワーより¥300ちかく安く売っているのを見つけたので購入。
リヒャルト・ワーグナー『ワーグナー管弦楽曲集1』クナッパーツブッシュ指揮
 同 『ワーグナー管弦楽曲集2』 同。クナッパーツブッシュ指揮の管弦楽曲集が2枚揃って中古で安かったので購入。
後は、書店で適当に本を2,3冊購入。
最近鬱になっても比較的早く回復するようになったような気がする。この傾向が今後も続くといいんだけど…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.09

やっぱり寝てた

本日の鬱度=●
昨日は、一日中寝ていたので、夜寝れないかと思ったら、あっさりと寝られた。
しかし、今日もやはり鬱。昨日と同様、一日中寝ていた。自分でも感心するくらい、いくらでも寝られる。
ということで2日間にわたって何もせず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.08

一日寝てた

本日の鬱度=●
昼前に目が覚める。
今日は梅田へでも出かけようかと思っていたのだが、天気は悪いし、なにより久しぶりにかなり重い鬱。
ということで、そのまま寝続ける。食事に起きる以外は、ほとんど一日中寝ていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.07

珍しく2度寝せず

本日の鬱度=○
昨夜はまたなかなか眠れず。なんとか6時頃に眠れたが、意外にも昼前には目が覚める。
何度か誘惑にかられながらも、なんとか2度寝せず夜まで起きていることに成功。これをきっかけに夜型生活から脱却したいものだが。
日曜日(というより月曜日の早朝と言うべきか)にamazonのユーズドショップに注文したU・P・ウィルソンのアルバム2枚が届く。注文した時には気がつかなかったのだが、注文先の店は奇しくも日曜日に京都遠征した時に「閉店状態」と思った店であった。HPを見てみると、「通販専門店」となっているので、店を閉めて通販専門に鞍替えしたということなのだろう。買ったのは、
U・P・ウィルソン『Whirlwind』
 同 『The Good The Bad The Blues』
の2枚。早速2枚とも一気に聴く。
前者は1996年作。前半ちょっと大人しい感じでワイルドさに欠けるが、終盤になって盛り返す。でも日曜日に買ったアルバムに比べるとやや劣るか。
後者は1998年作。こちらの方はぐっとワイルドな感じでなかなか良い。
amazonにはもう1枚新品を注文してある。それは80年代の作品なので、90年代の作品とどう違うか楽しみだ。
さて、明日もなんとか昼間起きているように心がけたい?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.06

3日遅れの通院

本日の鬱度=△
昨夜寝たのは4時半ぐらいだが、これは眠れなかったというより単に寝るのが遅くなっただけだ。もうちょっと早く寝るようにせんといかんなあ。
そのせいで、なかなか起きれない。ようやく14時頃起床。今日は先週土曜日に行くはずが、休日だったのを忘れていて行けなかった通院の日なのであんまし遅くまで寝ていられない。
ということで身支度して医者へ出かける。連休明けだから混んでるかと思ったが、以外にも空いていた。しかしワシの2人前の患者が延々と話し込んでいたので結局いつもとたいして変わらないぐらい時間がかかってしまう。
医者との話は、このところ症状にも大して変化が見られないということで、すぐに(ていうかあっという間に)終わる。それでも診察料はしっかり取られるのだが。薬の内容も変化なし。
終了後は例によって駅ビル中古盤屋巡りをするも収穫はなし。次に寄ったタワーでは、アルバート・キングの発掘ライヴとか、エタ・ジェイムズの新譜とか、ロバート・ジョンソン絡みの3枚組コンピ盤とか、結構気になるものが出ていたが今ひとつ買う気になれず。ということで、今日は書店で雑誌「ダ・ヴィンチ」の最新号だけ買って帰宅。
閑話休題。
先日、ようやく4巻全て購入し終わったハマー・ホラーフィルム・コレクションであるが、売れ行きが良かったのか、第2弾が出るらしいという噂が流れていたが、正式発表された。第2弾も3枚組×4巻という同じ構成。8月〜11月にかけて毎月1巻ずつ発売。うう、またお札が飛んでいく(泣)。
しかし、内容的には第1弾よりもむしろ名作が揃っているようだ。前回収録されなかった『原子人間』も入っているし(「予定」となっているのが気になるが。なにか権利関係で問題でもあるのかな?)。個人的には『悪魔の性 キャサリン』(ナスターシャ・キンスキー!)が収録されているのが嬉しい。あとは『恐竜百万年』『炎の女』あたりが出てくれれば…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.05

やっぱり昼夜逆転

本日の鬱度=△
昨夜は寝ようとしたが、昼間寝ていないのに、なかなか寝られない。やっぱり昼夜逆転のリズムが染みついてしまっているので、1日ぐらいでは矯正できないか。
5時頃にようやく寝付いて、8時ぐらいにいったん目が覚めたのだが、睡眠時間3時間はしんどいかと思って再度寝直したら今度は起きられない。結局15時くらいまで寝ていた。
しばらくTVを見た後で、『大魔神逆襲』のDVDを見る。以前にTVで見た時は今ひとつ面白くなかったような印象があったのだが、結構面白かった。とはいえ、やっぱり第1作が一番面白いのは変わりないが。
その後またTVを見てて、久しぶりにNHK教育の中国語講座を見たらアシスタントの女の子が清水ゆみに変わっていた。花王のリーゼのCMとかに出てて(最近ではまるふく茶のCMにも出ている)ちょっといいなと思っていた娘だ。毎度のことながらNHK教育語学講座のアシスタントの人選はツボをついてくるなあ。
ネット巡回しながら、昨日買ったCDのブルース系の残り2枚を聴く。マット・マーフィーの方は、そんなにギンギンにギター弾いている訳じゃなくて、かなり渋い感じだが、曲によってかなり印象が変わり、変幻自在という感じ。
バディ・ガイ&ジュニア・ウェルズのライブは、バンドではなく2人だけのライヴ。バディ・ガイもエレキよりアコギ中心で、かなりリラックスした雰囲気。レイドバックした感じの曲から、2人の掛け合いが熱い曲まで、緩急つけたいいライヴ。1曲毎に、観客の拍手がフェイドアウトするのがちょっと興ざめだが。
さて、今夜もまたなかなか寝られそうないなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昨日の日記の補足

昨日の日記書いた後で、買ったCDの内2枚を聴く。まずU・P・ウィルソン。やっぱり格好いい!格好良すぎ!アルバムとしての完成度という点では低い、というか結構雑なんだけど(想像だが、スタジオライヴ一発録りのノリで作ってるような気がする)、この人の場合はそれがいい方へ作用しているという感じだ。あんまし良かったので、まだ持ってないアルバムを早速amazonで注文しちゃいました。ユーズドショップで出てるのがあったので、そっちで買ってみた。amazonのユーズドを使うのは初めてだが、どんなもんか?
ちなみに、amazonで在庫切れと書いたが、在庫切れしていたのは別のアルバムだった。まあ、値段は殆ど同じだったので、どっちで買おうが大差なかったんだが。
次に『Harp Attack!』。想像していたのとはちょっと違って、確かにハープも吹いているんだがむしろヴォーカルがメイン。曲によっては合唱状態になったり、掛け合いが合ったりして、まあそれはそれで楽しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.04

京都遠征

本日の鬱度=○
昨夜もなかなか眠れなかったが、5時頃ようやく眠りにつく。9時頃起床。気分も良いので、また寝てしまわないよう出かけることにする。出かける先は、2〜3日前から考えていた京都。大阪、神戸の中古盤屋は漁り尽くした感があるので、いよいよ未開拓の京都に手をつけたいと。
神戸や、日本橋へ行くのと比べて、時間的には京都へ行くのも大して変わらないのだが、なんか心理的に遠いという障壁があって行きにくい。ということで、京都の中古盤屋についてはほとんど知らない状態。一応レコードマップガイドは持っていったが、なんせ3年くらい前の版なので、潰れたり移転したりしている店があるかも知れない。と思っていたら案の定、閉店状態(看板だけ残っている)の店が1軒。建物ごとあぼーん状態の店が2軒ばかり。
半日、足を棒にして歩き回った甲斐あって、まあまあの収穫があった。
まずはブルースもの。
マット・”ギター”・マーフィ『ウェイ・ダウン・サウス』。メンフィス・スリムやジェイムズ・コットンのセッションギタリストとして活躍してきたマット・マーフィーのなんと60歳にしての初ソロアルバム。中古。
U・P・ウィルソン『Booting』。テキサスのブルースギタリスト、U・P・ウィルソンの1999年作。アルバート・コリンズ流のワイルドでアグレッシヴなギターを弾く人で、ワシの好みにぴったりなのだが、マイナーなレーベルから出ているので、その辺のレコード屋にはまず置いてない。幸いamazonでは扱ってくれているが、このアルバムはamazonでも在庫切れになっていたので、見つかってラッキー。これは新品。
コットン・ウェルズ・ベル・ブランチ『Harp Attack!』。ジェイムズ・コットン、ジュニア・ウェルズ、カレイ・ベル、ビリー・ブランチという4人のハーピストが、ハーモニカをガンガン吹き倒す、というアルバムであろうと思われる(まだ聴いてないので)。普段はギターもの中心に聴いているのだが、たまにはハープものもいいかと思って購入。中古。
バディ・ガイ&ジュニア・ウェルズ『Last Time Around-Live at Legends』。バディ・ガイ&ジュニア・ウェルズのコンビによる1993年3月22および23日のライヴ盤。中古。
次は非ブルースもの。
中孝介『諸鈍』。あたりこうすけ、と読むらしい。奄美の島唄の人。先日買ってなかなかよかったマリカミズキなんかの一派(という言い方でいいのか?)の人らしい。新品だが20%オフのバーゲン箱より。
井上誠『ゴジラ伝説CHRONOLOGY2』。キーボード奏者井上誠による東宝特撮映画のトリビュート、ゴジラ伝説シリーズは、なんとなく買いそびれて1枚も所有していないのだが1枚発見!残念ながら2だけで1はなかった。レンタル落ちで、ブックレットの状態がボロボロだが、幸い盤面には大きなキズはない。中古。
井上鑑『預言者の夢』。井上鑑のデビュー作。初CD化!おまけにシングルおよびシングルB面曲4曲をボーナストラックとして収録!!この調子で未CD化作品および廃盤作品をどんどん復刻して欲しい。新品。
ということで今日も散財しました。
さて、明日もなんとか昼間寝ないようにして昼夜逆転から脱出したいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.03

やや復活?

本日の鬱度=△
昨夜はさすがに眠れず、ネット巡回したりしている内に朝になる。
いっそのこと夜まで起きていようと思ったが、11時頃力尽きて寝る。夕方まで。
気分的には昨日までよりかなりマシ。しかし何もしなかったという点では同じ。
明日は何とか外出したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.02

昨日と同じ

本日の鬱度=▲
昨夜は2時頃と異例に早く眠れたが、やはり4時間ぐらい眠った6時頃に目が覚める。で、後は昨日と同じような経緯。ただ寝ていた時間ははるかに長く、夜になってから起きる。
起きてから、明日が通院日なのだが、よく考えると明日は祝日で病院が休みだったことに気がつく。あちゃー。こんな生活してると何時が祝日やらさっぱり判らんようになる。
月曜も祝日だし、火曜日まで医者へ行けんのか。その間薬が切れた状態だが大丈夫かな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.05.01

相変わらずのヒッキー生活

本日の鬱度=▲
昨夜は3時頃に眠れたが、7時頃には目が覚めてしまう。で、朝食を食べてしばらくすると眠くなってまた寝る、というこのところおきまりのパターン。
起きてからも相変わらず何もやる気がしない。どうもこのところ前とは違った意味で鬱症状が重症だな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2003 | Main | June 2003 »