« July 2003 | Main | September 2003 »

August 2003

2003.08.31

またまた爆睡

本日の鬱度=▲
昼前に起床。
今日も出かける予定だったが、なんだか身体がだるいのと気分もよくないので止め。
ということで当然ながら一日中寝てた。
昨日出歩いている間中音楽聴いてたので今日は休耳日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.30

ようやく外出

本日の鬱度=△
昨夜も寝付きが悪く、寝たのは5時頃。しかし8時過ぎには目が覚めてしまう。
仕方ないので起きてあれこれしていたら昼前になって眠くなってきた。ちょっとだけと思って横になったら起きたのが15時。
予定より遅くなってしまったが、出かけることにする。行き先は心斎橋。
あまりうろちょろせず、レコード屋2〜3軒を回り、合間に喫茶店で休憩というか読書。数日前から京極夏彦の新刊を読んでいるのだが遅々として進まない。あの分厚いのを一気に読むのが京極本の醍醐味なのに。この分ではいつになったら終わることやら。
ということで本日の収穫は大人しめの2枚。もっとも2枚とも新品。
・ハダ・ブルックス『Swingin' The Boogie Volume2』。ブギウギピアニスト/シンガー、ハダ・ブルックスのモダン期の編集盤第2弾。
・V.A.『Jump,Jive & Swing!』。タイトル通り、ジャンプ、ジャイヴ系のアーティスト18組を集めたコンピ盤。ジョー・ターナーやワイノニー・ハリス、ロイ・ブラウンと言った有名どころからビッグ・ママ・ソーントン、ルース・ブラウンといったところまで収録されている。
ということで、未聴CD消化は今日買った2枚を早速。
ハダ・ブルックスは、18曲中ヴォーカルが入るのは1曲だけで後はインスト。ブギウギピアノは聴いてて楽しいのだが、さすがにインストばかりではちょっと飽きる。適当にヴォーカル曲を挟んで欲しかった。
コンピ盤の方は、いろんな曲があるがどれもノリが良くて楽しい。特にジョー・ターナーやワイノニー・ハリス、ロイ・ブラウンあたりはやっぱり格好いいすねえ。なんかこっちの世界にハマってしまいそうで怖い。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2003.08.29

乱睡

本日の鬱度=△
2日続けて爆睡したせいか、昨夜はなかなか眠れず。ようやく眠れたのは朝の8時前。そこから14時ぐらいまで眠る。
梅田へ出る予定だったが、14時までの睡眠では足らずまた夕方まで寝てしまう。
このところの爆睡は、ひとところの鬱でどうしても寝てしまうというのとは違って、純粋に眠いような気がする。薬の副作用だろうか?
未聴CD消化は2枚。
1枚は、ザ・レイ・エリントン・クァルテットの『That's Nice』。本格的なジャイヴものを聴くのは初めてということで楽しみにしていたのだが、これはブルースというよりは完全にジャズに近い。ちょっと今の自分にはまだ早いかも…。
もう1枚は、アール・フッカーの『Two Bugs & Roach』。やっぱアール・フッカーはええねえ。なんかもう安心して聴ける感じ。
さて、あんまし家で寝てばかりでも仕方ないので、明日は出歩く予定だが、どうなることか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.28

激睡

本日の鬱度=△
9時頃に起床。しかしまたしても食後に睡魔が…。結局夕方まで寝る。
未聴CD消化は1枚。ペパーミント・ハリスの『Texas On My Mind』。睡魔の呪いでもかかっているのか、聴く度に途中で寝てしまう。3度目にしてようやく完聴に成功。
ヴォーカルはなかなか渋くて、ソロに近い編成でやっている曲はいいのだが、バンド編成の曲はどうもバックバンドと合っていない感じでイマイチか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.27

爆睡

本日の鬱度=△
昼前に起床。
しかし食事後異様に眠くなり、爆睡する。夕方どころか夜まで。
と言う訳で何も出来ず。
未聴CD消化は1枚。スモーキー・ホッグの『Good Morning Little School Girl 1945-1951』ソロでやってる曲は鄙びたカントリー調、ピアノやホーンの入る曲はブギウギ調となかなか良い感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.26

日本橋を徘徊

本日の鬱度=△
昼頃起床。
昨日に比べれば回復していたので出かけることにする。こういう鬱気味の時の常としてもたもたと時間がかかるが、なんとか14時半過ぎに出発。行き先は毎度おなじみ日本橋〜難波界隈。
ということで今日も大量購入。
・ピート・メイズ『For Pete's Sake』。テキサスのブルースマン、ピート・メイズの1998年作。新品(¥200引き)。
・スヌーキー・プライヤ『Mind Your Own Business』。1996年作。新品(¥200引き)。
・グラディ・ゲインズ『ホーン・オブ・プレンティ』。テキサスのホンカー、グラディ・ゲインズ1992年作。中古にしてはちょっと高かったが、クラレンス・ホリマン&キャロル・フラン夫妻も参加ということで購入。
・アール・フッカー『Play Your Guitar Mr.Hooker!』。中古。1964〜1968年にかけての録音集。あまり見かけないCDなので見つかってうれしい。
・ 同 『Two Bugs & Roach』。これも中古。新品は高いので、ずっと中古で探していたので見つかって嬉しい。名前入りダブルネックギターを抱えるアール・フッカーのジャケ写、かっこいいです。
・リヒャルト・ワグナー『ニュルンベルグのマイスタージンガー』。ショルティ指揮、シカゴ交響楽団演奏盤。中古。前に買った『トリスタンとイゾルデ』もまだ聴いてないのに…。しかし国内盤4CD¥2250という値段はすぐ売れてしまうに決まっているので確保。今回は対訳が付いているので別途対訳本を買わなくて良いのも嬉しい。なんかナンバリング入り限定盤ということで豪華なパッケージ。
・スモーキー・ホッグ『Good Morning Little School Girl 1945-1951』。新品。テキサスのブルースマン、スモーキー・ホッグの初期録音集。ピアノでハダ・ブルックスも参加。
・ペパーミント・ハリス『Texas On My Mind』。新品。これもテキサスのブルースマン、ペパーミント・ハリスの1994年録音作。
・ザ・レイ・エリントン・クァルテット『That's Nice』。新品。最近、興味がジャンプ/ジャイヴに移りつつあるのだが、まだそっち方面は本格的に聴いたことがないので、¥590!で売っていたこれを買ってみた。
後はクラレンス・ガーロウのCDを見つけたが、¥2890もするので買えず(´・ω・`)ショボーン。しかもこれamazonで検索しても引っかからんし。さてどうしたものか。
他にも欲しいものはあったが、amazonの方が安そうだったので見送り。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.25

本日の鬱度=▲
昼前に起床。
久しぶりに鬱。ということで何もせず1日寝ていた。
未聴CD消化もなし。
あまり寝ているより、動き回った方が良さそうな気もするが。明日は少々無理をしても出かけようか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.24

眠気に負ける

本日の鬱度=△
9時過ぎに目が覚めてしまって起床。しかし昼前になるとまた眠くなってくる。
ということで、今日は出かけるつもりだったが、眠気と外の暑さに負けて取りやめ。
15時頃まで眠る。
その後はCD聴いたり本読んだり。
本日の未聴CD消化は1枚。レス・ウィルソン&ザ・マイティ・ハウスロッカーズの『On The Road』。かなりロック寄りの音。ジミヘン(4曲)、フレディ・キング、エルモア・ジェイムズなどカバー曲が多い。ちなみにこのCDもCD/LDプレーヤーでは認識できなかった。こうやって徐々に認識できないCDが増えていくのか?
近所に棲息している野良猫3匹の内、雉虎+白のまだら(うちのマンションの1階のベランダで寝ていることが多いのでベラちゃんと命名)の餌付けに成功。どの程度まで慣れてくれるかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.23

色々と凹む

本日の鬱度=○
昼前に起床。昨日に引き続き眠い。というかしんどい。
ぼーっとしていたら医者へ行くぎりぎりの時間になっていたので、あわてて身支度をして家を出る。なんとか診療受付終了10分前に滑り込み。診療のほうは、例によって5分で終わる。
その後は中古盤屋をうろうろしたり、喫茶店で休憩したり。
某中古盤店で、¥7000で買ったエルモア・ジェイムズの3枚組箱を¥3000で売っていた。
_| ̄|○ 俺の…、俺の¥4000を返せ…。
なんとか立ち直って新装開店したタワー梅田店へ行く。基本的にはJ−POPコーナーとJAZZ/クラシックコーナーが入れ替わっただけだが、なんだか通路がごたごたした上に狭くなって通りづらい。
今日明日だけスタンプ2倍だったので、雑誌2冊とCDソフトケース2枚組用が切れていたので購入。
その後も多少うろうろするが収穫はなし。
本日の未聴CD消化は2枚。
1枚は、ピート・メイズの『ティーボーンに捧ぐ』。タイトルだけあってスタイルなんかはもろにT−ボーンチック。多少T−ボーンよりもラフというか田舎っぽいというか。でも最近の好みにははまる音。
2枚目は、スー・フォリーの『Where The Action Is _』。かなりロック寄り、というかロックと言い切ってしまってもいいような音。でもまあかっこいいので問題なし。ただ歌い方が初期のなげやり唱法からシャウト系に変わっているのが気になる。初期の歌い方の法が好きなんだが。
ところでこのスー・フォリーのCD、うちのCDプレーヤー(正確にはCD/LDコンパチプレーヤー)では認識してくれなかった。DVDプレーヤーでは何事もなく認識したので、CDそのもののせいではないだろう。もう10年以上使っているからなあ。そろそろ寿命か?
CDプレーヤーそのものは3〜4万も出せば十分すぎるくらいのが買えるのだが、問題はSACDとかDVDオーディオとか言うヤツでこれの先行きがイマイチ不明確だ。割り切ってCDプレーヤーだけ買うか?あまり数出てないDVDオーディオ切り捨ててSACDプレーヤー買うか?たしかデノンから、CD/DVD/SACD/DVDオーディオ何でもOKのが(ユニバーサルプレーヤーと言うそうだ)6万円台で出る(or出た)のだが、いっそそっちへ走ってしまうか?
どっちにしても出費が痛い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.22

寝る

本日の鬱度=△
何か異様に眠い。
べつに前の日寝るのが遅くなった訳でもないのに(早くもないが)、昼には起きられず15時頃まで寝る。
ちょっとネットを巡回した後、また音楽聴きながら数時間寝てしまう。
本日の未聴CD消化は1枚。ソニー・ローズの『Blue Diamond』。なかなか良い。テキサス特有の都会っぽくもなく、田舎っぽくもない絶妙なバランス。ソニー・ローズの歌もなかなか味がある。ジャケ裏の、ターバンを巻いた偽インド人のような(ほんとにインド系なのかも知れんが)怪しげな写真もナイス。
さて明日はまた通院の日。あんまし症状も変わり映えしないので、言われることも変わり映えしないだろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.21

久しぶりに外出

本日の鬱度=△
昼過ぎに起床。
風邪も全快したようなので、久しぶりに外出。行き先は梅田。
タワレコは改装中で休みなのでスルーしてジュンク堂書店へ。
行く前に中古CD屋にて収穫1枚。
・ピート・メイズ『ティーボーンに捧ぐ』。テキサスのブルースマン。ピート・メイズの1960〜1980年代の録音集。別にTーボーン・ウォーカーのトリビュート盤ではなく、自作曲。ただ、T−ボーンを敬愛していたということでこんな邦題がついた模様。
さて本命のジュンク堂へたどり着き、デヴィッド・モーガンの『モンティ・パイソン・スピークス』という本を購入(これが今日の主目的)。パイソン結成30周年を記念して出されたインタビュー集だ。パイソン関係の本って、海外では結構な種類が出ているのだがなかなか翻訳されないので貴重。
350ページ、上下2段組というボリュームで、中身の方ももちろん量の方も凄い。まあ、ゆっくり読んでいこう。
その後は喫茶店で休憩したり、中古盤屋を回って帰宅。
本日の未聴CD消化は2枚。
1枚はライトニン箱から最後の5枚目。伴奏でベース奏者が付く。またブギー調の曲とかも多いので3枚目あたりに比べると聴きやすい。またライトニン特有のダークさみたいなのも現れてきている。しかし、この5枚組、某所の情報によるとRPM音源がごっそり抜け落ちているらしい。どうりで曲数が計算合わんと思ったんだよな。つーことでそれだけまた別途買わねば。
2枚目はコンピ盤、『Gulf Coast Blues』。キャロル・フラン&クラレンス・ホリマンは、ゴスペル出身のキャロル・フランの唄声が力強い。旦那さんのクラレンス・ホリマンはどっちかいうと脇に回っているが渋いギターを聴かせてくれる。残りのジョー・ヒューズ、グラディ・ゲインズ、テディ・レイノルズについてはセッションメンバーが殆ど同じなので、誰がメインを取るかというだけで殆ど同じ音。個人的には、ジョー・ヒューズの、テキサスっぽい乾いた軽快なギターが印象に残った。
さて。明日は何してようかな。用事は色々と溜まっているのだけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.20

風邪気味

本日の鬱度=△
前日の夜から風邪気味。くしゃみと鼻水が止まらない。
今朝起きるとある程度ましになっていたが、念のため一日おとなしく寝ていることに(ってここ数日と同じことしただけだが)。
本日の未聴CD消化は1枚。ライトニン・ホプキンス箱から4枚目。ここらへんからアコギからエレキにスイッチしている。とは言え音楽的にはそれほど変わらない。やっぱりカントリー色強し。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.19

やる気なし

本日の鬱度=△
昼前に起床。
本日もやる気なし。寝たり起きたりして過ごす。
どうも週の前半は調子悪いなあ、このところ。
本日の未聴CD消化は1枚。ライトニン・ホプキンス箱から3枚目。完全にアコギ弾き語りで、かなりカントリー色強し。初心者にはちょっとつらいかも。
さて、明日は…起きてみないと判らん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.18

予感的中

本日の鬱度=△
9時過ぎに起床。
朝食だけ食べてまた2度寝。起きたのは昼過ぎ。
梅田でも出るかと思ったがやっぱりめんどくさくて動く気せず。
結局夜まで寝たり、CD聴いたり、本読んだりで過ごす。
昨日に引き続き、どうも新しいCDを聴く気にならないので未聴CD消化は本日もなし。
明日は何とか外出したいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.17

ごろごろ

本日の鬱度=▲
昼過ぎに起床。
梅田でも出るかと思ったが、どうも気が乗らない。
結局夜までベッドでごろごろ。
あまりCDを聴く気にもなれなかったので未聴CD消化もなし。
明日こそは梅田でもと思ったが、天気悪いらしい。
またしても一日ごろごろのヨカーン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.16

神戸巡回

本日の鬱度=△
9時過ぎに目が覚めたが、二度寝して昼前に起床。
どうにか回復したので、毎度の神戸方面へ出かける。それなりの枚数買ったが、安いのが多いので金額的にはそれほどでもない。それでは恒例の収穫物行ってみよ〜。
・ジョアンナ・コナー『Big Girl Blues』。以前インターネットラジオで聴いて割といいなと思った人。3種類あったが、とりあえず1枚だけ買ってみた。
・レス・ウィルソン&ザ・マイティ・ハウスロッカーズ『On The Road』。以前買って割と良かったバンドの4枚目。ライヴ盤らしい。
・ソニー・ローズ『Blue Diamond』。テキサスのブルースマン、ソニー・ローズのアルバム。どんな音なのかさっぱり判らんが買ってみた。
・V.A.『Gulf Coast Blues』。テキサス系ブルースマンのコンピ盤。キャロル・フラン&クラレンス・ホリマン、ジョー・ヒューズ、グラディ・ゲインズ、テディ・レイノルズの4組を収録。というかこの盤のためにセッションを行って収録した模様。ちょっと収録時間が短いのが残念。
・ツツ・ジョーンズ『Blue Texas Soul』。これのみ新品だがバーゲンで¥1000。なんかズズ・ボーリンのバッタモンみたいな名前だが、テキサスの若手ギタリストらしい。「One of the hottest of hot texas guitarist」というアオリ文句に惹かれて買ってみた。
・スー・フォリー『Where The Action Is _』。2002年作。何作目かはよく判らん。いつの間にかレーベルが変わっている。
と言う訳で引き続き本日の未聴CD消化は2枚。
まず今日買ったCDからジョアンナ・コナーを。なんか本人の歌もギターもバックのサウンドも殆どブルースではなくロックという感じだ。しかしロックと割り切って聴けばなかなか良い。ギターはなかなか上手いスライドギターを聴かせる。まあ、1枚だけに止めといて正解というレベルかな。
2枚目も今日買ったCDでツツ・ジョーンズ。このところコンテンポラリーな音は受け付けなくなって居るので、最初拒否反応を起こしそうになったが、慣れればなかなか良い。歌もギターも上手い。まあ、損はしなかったな。
さて、明日はどうしようか、梅田でも出るか?梅田タワーが改装中で休みなんだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.15

ごろごろ

本日の鬱度=▲に近い△
11時頃起床。それなりに気分も回復していたので、梅田出るか、それとも神戸でも行くかと思ったが、どうにも動く気にならない。
結局また夕方までごろごろ。メシを食べに出て帰ってきたら多少元気が出たので、久しぶりにCDのソフトケース化を行う。棚が半分程空いた。
本日の未聴CD消化は1枚。ライトニン・ホプキンスの5枚組から2枚目。基本的には1枚目と同じようなものだが、いっそうカントリー度が上がったというか、地味な感じだ。しかししみじみと味わい深い。やっぱりいいなあ。
ところで昨日の日記でiPod20Gに買い換えようか?なんて書いていたが、20Gなんてなかった!15Gか30Gやんか!10G→15Gに乗り換えるのも中途半端だし、30Gしかないのか?¥59800するんすけど…。下取りでどれだけ安くなるかしらん?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.14

雨雨雨

本日の鬱度=▲
昼過ぎ起床。
比較的元気だったので、梅田でも出ようかと思ったが激しく雨が降っていたので断念。
ところがこれが良くなかった。起きた直後は元気だったのにだんだん鬱に(普通は逆のパターンなんだが)。というわけでまたしても一日ベッドでゴロゴロ。
本日の未聴CD消化は1枚。ライトニン・ホプキンスはお休みして、ホームシック・ジェイムズ&スヌーキー・プライアの『Sad And Lonesome』。これは(・∀・)イイ!。ホームシックのスライドギター、スヌーキーのハープ、どちらも適度に鄙びていて耳に心地よい。やっぱりこの2人の組み合わせは良いなあ。
と言う訳でさっそくリッピングしてiPodに放り込む。しかし愛用のiPodの10GのHDもそろそろ一杯になってきているのが悩みだ。この前整理してようやく1Gばかり空けたが、どうせすぐまた埋まるのは目に見えている。今の10Gを下取りに出して20Gでも買おうか?真剣に検討ちう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.13

だりー

本日の鬱度=▲
昨日はちょっと回復気味だったのに、今日はまた鬱。
ということで起きる気にもならずベッドでゴロゴロ。15時過ぎにようやく起きてメシだけ食ってまたゴロゴロ。
本日の未聴CD消化は1枚。いよいよライトニン・ホプキンスの5枚組から最初の1枚を聴いてみる。これには1946〜1948年のセッションを収録。ほとんどがアコギの弾き語りで、たまにピアノの伴奏が入ったりドラムが入ったり。
曲調としてはやはりカントリー系というか、マターリとした感じの曲が多いが、ブギー調の曲とかもあり、CD1枚聴いても思った程飽きない。ていうかシンプルな分リピートで聴きたくなる。うむ、やはりいいなあ。
さて明日は何とか回復してくれればいいのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.12

涼しい

本日の鬱度=△
今日は涼しい一日だった。エアコン付けるどころか、窓を開けていてさえ寒いくらい。秋の気配?…ってそれは早すぎるか。
鬱は大分回復したが、やることは昨日と同じで一日寝たり起きたり。
日曜日に注文したライトニン・ホプキンスの5枚組、amazonより到着。早い。CD5枚に全126曲が詰め込まれたというボリュームだ。
・ライトニン・ホプキンス『All The Classics 1946 - 1951』。タイトル通り、ライトニンの活動最初期の5年間の音源を収録しているのだが、彼の音源はとにかく膨大なので、こんなのは氷山の一角に過ぎない。彼の活動期は、1946〜1956年の第1期と、1959年に「再発見」されてから1982年に亡くなるまでの第2期に分かれるのだが、この5枚組126曲を持ってしても、第1期の3/4(もっと少ないか?)ぐらいの量に過ぎない。
ましてや第2期になると軽くアルバム50枚以上を超える。さすがにこれを全部集めるだけの気力も財力も無いけど。
それはそれとして、この5枚組。レーベルとしては、Alladdin、Gold Star、RPMあたりのレーベルの作品を収録していると思われるのだが、その後がイマイチどこまで収録されているのか判らない。年代順に曲順も変更されているし、なんか既発盤と微妙に曲名が違うし。まあ、廉価盤だから仕方ないか。
とりあえず再生可能確認のためにちょっと聴いてみたが、年代を考えれば音質もなかなか良好だ。
本日の未聴CD消化は2枚。
まずはロイ・ゲインズwithクルセイダーズ・クルーの『ザ・ファンク・ブルース・ギター』。悪くはないのだが、イマイチ今風すぎる音。どうも乗れない。
ということで耳直しにクラレンス・”ゲイトマウス”・ブラウンの『San Antonio Ballbuster』。これはいい。まだ若いクラレンスがひたすらジャンプしまくり。
さて、明日は調子がよければちょっと梅田でも出てみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.11

反動?

本日の鬱度=▲
2日間動いた反動からか、今日は鬱。
なかなか起きる気がせず、14時頃に何とか起きるが、メシだけ食って速攻でまた寝る。20時過ぎまで。
寝ている間は良かったが、起きてからは鬱でしんどい。なかなか良くならんな。
本日の未聴CD消化、に行く前に昨日の未聴CD消化を書き忘れていたのでそっちを先に。ラヴェル・ホワイトの『ミス・ラヴェル』。ジャケ写を見るとかなりのお歳のようだが、声は若々しい。さすが「ラヴェル嬢」という愛称があるだけのことはある。ギターのクラレンス・ホリマンも頑張っているがやはり全体的にちょっと単調な感じがする。
ということで本日の未聴CD消化は2枚。
まずはアルバート・キングの『Live Wire / Blurs Power』。もう何も言うことはございません。絶頂期のアルバートにただただ圧倒されるばかりでございます。
2枚目はスー・フォリーの『Back To The Blues』。1stと2ndの未発表曲集とあって、音楽性はその頃と変わらない。何故この曲が未発表?と思うようないい曲もあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.10

京都巡回

本日の鬱度=○
12時過ぎに起床。
今日も元気だ。ということで(脈絡無いが)京都方面を巡回する。
やはり、前回来た時とそれほどブツが入れ替わっていない。京都の中古盤屋は回転が遅いのか?この分なら2〜3ヶ月に一度で十分そうだ。
しかし、せっかく遠くまで来たのだから、という意識が働くのか、ついつい買ってしまう。それでも今日はまだ大人しい方。ちなみに全て中古。
・ホームシック・ジェイムズ&スヌーキー・プライア『Sad And Lonesome』。ホームシック&スヌーキーの共演アルバム。1979年録音。ホームシックとスヌーキーが交互にヴォーカルを取る構成。
・ヒューバート・サムリン『Hubert Sumlin's Blues Party』。1986年作。サイドギターにロニー・アール、ゲストヴォーカルにマイティ・サム・マクレイン参加。
・クラレンス・”ゲイトマウス”・ブラウン『San Antonio Ballbuster』。1949〜1959年のピーコック録音からの編集盤。先に買った『The Original Peacock Recordings』とは3曲重複。全曲盤が出ていれば、こんな不経済なことはしなくて済むんだが…。
・ロイ・ゲインズwithクルセイダーズ・クルー『ザ・ファンク・ブルース・ギター』。P-Vine国内盤。ロイ・ゲインズとクルセイダーズのメンバーによる1980年の録音。一晩!で録音されたらしい。
・スー・フォリー『Back To The Blues』。2000年のアルバムであるが、ブックレットを読むと、1stと2ndのセッションの時に録音されて使用されなかった未発表曲集らしい。契約上の都合でリリースされたものかも知れない。
ということで多少大人しめ?の購入でした。一番高い盤でも¥1200だからなあ。
ということで帰宅後、例のライトニン・ホプキンスの5枚組をamazonにて注文。京都タワーにも置いてなかったので、多分もうamazonしか手に入らないと思って。残り在庫3枚だったし…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.09

通院他

本日の鬱度=○
10時過ぎに起床。
今日の予定は、通院と久々に知り合いと会うことである。
早めに医者へ行く予定だったが、なんかしんどいので寝直したりしている内にいつもの時間に。ということで14時半頃に到着。げ!待合室に溢れんばかりのこの患者の群れは何としたことだ!何故この病院は空いている時と混んでいる時の差が激しくありやがりますか?
後から考えてみるに来週から盆休みに入るためにその前に行っておこうという患者が集中したらしい。それはともかく、おかげで普段なら1時間弱で済む診療が丸2時間かかった。
その後遅い昼飯を食べて、駅ビルの地下をぶらぶら。何も買わないつもりだったが、ついつい中古盤屋で以下のものを。
・ラヴェル・ホワイト『ミス・ラヴェル』。テキサスの女性ブルースシンガー、ラヴェル・ホワイトの初アルバム。「クラレンス・ホリマン参加」のオビ文句に釣られて購入。
・V.A.『An Introduction to the Blues: 60 Blues Guitar Greats 』。3枚組のブルースギターもののコンピ盤。今さら買うものでもないかなと思ったが、¥1000と安かったので購入。
その後、知り合いと合流し、回転寿司であーだこーだ言いながら2時間ほど飲み食い。寿司屋を出てから喫茶店へ入り、CD・本などの貸していたもの、借りていたものの交換を。
ついでにさっき買ったブルースギターのコンピ盤を貸す。知り合いはブルース関係はあまり聴いたことのない人なので、どんな反応が返ってくるか楽しみだ。
本日の未聴CD消化は1枚。昨日に続いてゴリー・カーター全曲集その2+レスター・ウィリアムズ。ゴリーの方は、1枚目の後半からその傾向はあったのだが、歌がスイートというか、甘美な方向へ変化している。しかしそれはそれで良い。
レスター・ウィリアムズの方は、ゴリーとまあ、同じような感じの曲だが(1枚のCDに入っていてもあまり違和感はない)、どちらかと言えば歌に重点が置かれているようだ。実際、歌についてはゴリーよりも明らかに上手い。
この手の音は結構好みなので、他の人のも聴いてみようかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.08

台風が来る前に

本日の鬱度=△
普通に書くのも飽きたので、旧仮名遣いで書いて見る。旧字体は出すのが大変なので止め。
昨日睡眠不足気味だつた所為か(と言つても、五、六時間は寝てゐるのだが)、非常に眠い。結局十三時過ぎ迄にやうやく起きる。
テレヴィを付けて颱風状況を見て見ると、真直ぐに近畿直撃コォスを辿ってゐるやうなので、昼間の内に外出して買い物を済ませる。
書店へ寄ると、京極夏彦の新刊『陰摩羅鬼の疵』(相変はらず小難しい書名で変換するのが大変だ)が出てゐた。京極夏彦は最近すつかり御無沙汰してゐるが、「京極堂シリィズ」だけは読まない訳にはいかないので購入。
それと講談社文庫の新刊も出てゐた。ハテ、講談社文庫は十五日発売の筈であつたが?と思つたが、お盆休みの都合で発売を繰り上げたものと思はれる。その中から、麻耶雄嵩の『木製の王子』も購入。また未読本の山を増やしてしまつた。
帰宅してからも、何を為るでも無く、延々と放送してゐるテレヴィの颱風情報を眺めながら過ごす。もつとも、肝心の颱風の方は、なかなか来る気配が無いのだけれども。
本日の未聴コムパクトディスク消化は壱枚。昨日買つたゴリィ・カァタァの全曲集のその壱。いはゆるヒウストン・ジヤムプと言ふのであらうか。T−ボォン・ヲォカァを武骨にして、野暮つたくして、代はりに元気良くしたやうな感じである。なかなか味わひがあつて良い。
さて、明日は通院日なのであるが、それまでに颱風が通過してゐて呉れるかだうか、のろのろ颱風なので多少心配である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.07

久々の出社

本日の鬱度=△
9時過ぎに目が覚める。なんとか鬱状態から回復。
今週中くらいに休職の手続きに来いと言われていたので、昼から久々に出社。今までの状態とどう変わるか、説明を受ける。
休職中は、基本的に会社から給料は出ない。それどころか、今まで天引きされていた社会保険とか厚生年金とか市民税を逆に払わなければならなくなる。
その代わりに健保組合から傷病手当というものが出る。これが基本給の60%ということなのだが、そこから前記社会保険等を払わねばならないので、果たして現状とどれだけ差が出るのか、実際に貰ってみないとよく判らん。
しかもこの傷病手当を貰うには毎月申請書を書いて提出する必要がある。ということで、色々と面倒くさい手続きも増えるし、早いこと復職できるように目指そう。
とりあえず説明が終わって放免された後は、心斎橋へ行ってみる。中古レコ屋を2,3軒回ったが収穫がなかったので心斎橋タワーへ行き、「ブルース&ソウル・レコーズ」誌のバックナンバーからライトニン・ホプキンス特集号を購入。
ついでにブルース売り場をふらふらして以下のCDを購入。
・ゴリー・カーター『The Complete Recordings Volume 1 1949-1951』。
・ゴリー・カーター/レスター・ウィリアムス『The Complete Recordings Volume 2 1950-1954』。
1枚目は、テキサス出身でT−ボーンから影響を受けたブルースマン、ゴリー・カーターの全曲集その1で26曲を収録。2枚目は、ゴリー・カーターの1枚目に入りきらなかった9曲と、同じくテキサス出身の、レスター・ウィリアムスの16曲をカップリング。ということで、Collectableあたりなら確実に3枚組か4枚組になりそうな内容を2枚に詰め込んだお得盤。このBlueMoonというレーベルなかなかやるなあ。
本日の未聴CD消化は1枚。スヌーキー・プライアの『Shake My Hand』。いきなり切り裂くようなヴォーカルとハープだけの1曲目に驚く。2曲目からはバンド編成になるが、非常に力強い音だ。特にスヌーキーのヴォーカルががんがん飛ばしている感じで良い。いい意味で裏切られた1枚だった。
後は、今日買ったブルース&ソウル・レコーズに付いていたおまけCD(ライトニンのベスト盤)を聴いてみた。やっぱ、ライトニンはええわ。というか凄いわ。と言う訳で例の5枚組を購入決定。タワーには置いて無さそうなので、ちょっと高いかも知れんがamazonで買うか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.06

まだまだ鬱

本日の鬱度=▲
今日も8時過ぎに起きる。
気分は昨日と同じようなもの。ということで昨日と同じように寝たり起きたりで一日過ごす。
もう3日間鬱だし、そろそろ回復して欲しいものだが…。
本日の未聴CD消化は1枚。T−ボーン・ウォーカーの『T-Bone Standard Time』。基本的には初期のT−ボーンと変わっていないのだが、ややラフでかつシンプルな感じ。曲毎の出来不出来が大きいが、いい曲はなかなか良い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.05

引き続き鬱

本日の鬱度=▲
珍しく8時半頃に目が覚めて眠れないので起床。しかし相変わらずの鬱状態で何もする気がしない。
結局夜の20時頃まで、数時間おきに寝たり起きたり忙しい日を送る。
amazonより発送が遅れていた残りの1枚が来る。って2日しか違わねえじゃねえかよ!どうもamazonの分割発送はこういうパターンが多いんだよな。
・アルバート・キング『Live Wire / Blurs Power』。1968年、サンフランシスコ、フィルモア公演2日間から編集されたライヴ盤。
本日の未聴CDは1枚。T−ボーン・ウォーカーの『The Begining 1929-1946』。その後の調査で全20曲のうち、7曲は既に持っている盤とダブリと判明。実質13曲が初めて聴く曲だ。まあ、安かったからいいけどさ。
内容の方は、初期のT−ボーンと大差ない。この人は本当に最初から自分のスタイルを完成させていたのだなとちょっと感心。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.04

久々に鬱

本日の鬱度=▲
昼過ぎに起床。
久々に鬱気味。それでも夕方まではなんとか我慢して起きていたが、耐えきれなくなって寝る。22時頃まで。
ということで今夜はまた寝付けそうにない予感。
本日の未聴CD消化はピー・ウィー・クレイトンの『Early Hour Blues』。晩年の作品ということでどうかと思ったが、全然そんなことは感じさせない。ヴォーカルはさすがに全盛期に比べると元気がない感じだが、ギターの方は爆裂という感じ。むしろ1950年代の作品より生々しい音に録れているだけに迫力があり聴き応え十分。
ついでに本日の読了本は小沼丹の『懐中時計』(講談社文芸文庫)。先日出た創元推理文庫の『黒いハンカチ』というミステリ短編集に続いて読んだ。これはミステリではなく限りなく随筆に近い私小説だが、他愛もない話ながら何とも言えない味わいがあって良い。もっとも「断崖」「砂丘」のようにミステリアスな結末の作品もある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.03

軽く外出

本日の鬱度=△
昨夜はちゃんと薬を飲んだのにまた寝付けず(単に昼間眠りすぎだという話もあるが)。結局寝たのは7時過ぎ。それもけっこう浅い眠り。
と言う訳で、13時過ぎに起きたが、頭がぼーっとした感じ。明らかに『プロジェクトX』のパクリじゃねえか!というTV番組を見ているうち、15時過ぎにamazonからの配送物が到着。4枚注文したのだが、例によって1枚が遅れると言うことで分割発送。最近揃って来たことがないような気がする。
それはそれとして、到着したのは以下の3枚。
・T−ボーン・ウォーカー『The Begining 1929-1946』。T−ボーンの初期録音集。4曲だけCapital録音盤とダブリ。
・フレディ・キング『Burglar』。RSO録音1枚目。何故か中古以下の値段で(¥800ちょっと)お得。これでフレディ・キングの音源はほぼ網羅したが、正確にはCollectableから出ている『The Very Best Of Fredie King Vol.1〜3』というヤツにKing時代の未発表曲が収録されている(名前がややこしいが、ベスト盤ではなく全曲集なのだ)。しかしアルバムは既に持っているし…。どっかに中古で落ちていないかなあ。
・ピー・ウィー・クレイトン『Early Hour Blues』。晩年、1983,1984年の録音集。
さて、その後は家に居るとまた寝てしまいそうなので軽く梅田へでも外出。
まず梅田タワーへ行き、以下のCDを購入。
・ライトニン・ホプキンス『Lightnin' And The Blues : The Herald Sessions』。1954年、Herald録音からのCD。ライトニンの入門盤として適切かどうかはよく判らないが、とりあえず安かったので買ってみた。面白ければ例の5枚組を買おうという企みだ。
その後はジュンク堂へ行き、本を物色した後喫茶店で休憩して帰宅。
帰宅後、早速ライトニンを聴いてみる。既にアコギではなく全曲電化済み。う〜む、予想していた音とは結構違う。なんというか独特のダーティさというか暗さみたいなものがあって、それにはまれば(・∀・)イイ!受け付けなければ(・A・)イクナイ!ということになるのだろうな。自分の場合は…、保留。とりあえず日を置いてもう一度聴き直してみたい。
未聴CD消化はもう1枚。クラレンス・”ゲイトマウス”・ブラウンの『Gate's On The Heat』。かなり自由奔放というか、変幻自在というか、必ずしもブルースの範疇にはまらない曲多し。まあ、それも魅力の一つではある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.02

猫好き

本日の鬱度=△
昨日は夜飲む薬を飲み忘れていた。そうしたらてきめんに寝付けない。結局なんとか寝れたのは6時頃。
ということで今日は13時頃起床。昨日の反動か、何もする気にならない。ということで、夜まで寝たり起きたり。
昨日の日記には書き忘れていたが、昨日この本を買った。猫好きを自認する割には、猫の写真集とか持っていなかったのだが、表紙の屋根の上で瓦にすりすりしている写真にやられて。まあ、このシリーズは雑誌「SINRA」に連載されている時からたまに立ち読みしてたし。
今、うちのマンション付近に定着している野良猫は3匹居る。黒猫(雄)と茶虎+白のまだら(性別不明)と雉+白のまだら(雌)だ(そんなもん把握すんなよ)。3匹とも純野良で、警戒心が強いので人の顔を見るなり逃げてしまう。この前茶虎+白のヤツに餌付けを試みたのだが見事に失敗した。どうも人の手からエサを貰うという発想がないらしい。今度は他の2匹でリトライしてみよう。
本日の未聴CD消化は1枚。カル・ヴァレンタインの『The Texas Rocker』。いかにもテキサスという感じの乾いた音はなかなか好み。ただちょっと地味というか単調な感じがする。もう少し派手でも良かったような。
さて、明日は密かに京都でも行こうかと思っていたのだが、昨日の明日だし、amazonから以前注文していたものの発送メールも来てしまった。メール便でないので家に居なければならない。ということで、京都行きは1週間延期。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.08.01

出撃

本日の鬱度=○
今日も9時過ぎに目が覚めて起床。
家の雑用を色々とした後、14時頃に家を出る。行き先は難波〜日本橋。先週行ったばかりだというのに…。
なんか色々とあれこれ考えながら買い物していたらいつもよりは若干少なめな購入になった。といってもそれなりに買ったけど。と言う訳で恒例の収穫物を。
・スヌーキー・プライア『Shake My Hand』。中古。先週3枚も買ってちょっと食傷気味のスヌーキー・プライアだが、まあ安かったので買ってみた。
・カル・ヴァレンタイン『The Texas Rocker』。中古。タイトルの「テキサス」に惹かれて買ってみた。
・フレディ・キング『Larger Than Life』。中古。RSOレーベルでの2作目。CD化されていないと思っていたので見つけてびっくり。多分大分前にCD化されて廃盤になって久しいものと思われる。近々再発されるようだが、レーベルがBGOなので、こっちでいいや(最近はそうでもないかも知れないが個人的にはBGO=音悪い、というイメージがある)。
・T−ボーン・ウォーカー『T-Bone Standard Time』。新品(¥200引き)。1966および1970年の録音をまとめたもの。この時期の録音は何種類か出ていてしかも微妙に重複していたり、重複していてもバージョン違いだったりとリスナー泣かせなのだが、とりあえず一番無難なこれを。
・クラレンス・”ゲイトマウス”・ブラウン『Gate's On The Heat』。新品。1972および1973年録音。ライヴ音源も1曲含む。
この他に、某店でJSPレーベルから出てるライトニン・ホプキンスの5枚組というのを見かけた。値段が安ければ速攻で買っていたと思うがちょっと高かったので価格調査してからということで見送り。ライトニン聴いたことないのに、いきなり5枚組ちうのもどうかと思ったし。しかし遅かれ早かれ買いそうな予感。
さて明日はちょっと家でのんびりしてみようか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2003 | Main | September 2003 »