« October 2003 | Main | December 2003 »

November 2003

2003.11.30

徒労

本日の鬱度=△
8時頃起きて例によって二度寝。再起床は昼前。
特に何かしたいことや買いたいものあった訳ではなかったが、とりあえず梅田まで出て見る。CD屋やら本屋を巡ってみるが今ひとつ欲しいものがない。または店頭に置いてない。
つーことで何も買わず、喫茶店で休憩しただけですごすごと帰宅。まあ、無駄な出費は確かに防げた訳だが。
帰宅後はTV視聴と読書で過ごす。未聴CDの消化はなし。どうもここ2,3日くらい、右耳に僅かだが違和感を覚える。右耳は、もう数年前になるが一度突発性難聴にやられたことがあるので要注意だ。今日は昼間iPodで延々と音楽を聴いていたので帰宅後は耳を休めることにする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.29

雨雨雨

本日の鬱度=△
7時半頃起きて飯食って例によって二度寝。昼前に再起床。
雨も降っているし、遠出する気もしないので、駅前まで行ってメシ食って本屋覗いて買い物して帰るに止める。あとはCD聴いて読書。
本日の未聴CD消化は1枚。ホップ・ウィルソンの『ヒューストン・ゲットー・ブルース』。ホップ・ウィルソンの、スライドギターとも微妙に異なるラップ・スティールギターの音色が、テキサスっぽいあか抜けないバックサウンドと馴染んで独特のサウンドを作り出している。なかなか気持ちの良い音。ギター・スリムの曲を1曲カバーしているが、そうういえば特にアップテンポな曲ではギタースリムぽい破天荒な勢いというべきものが感じられる。これはなかなかの拾いモノ。
さて明日は雨も小降り(orくもり)になりそうだしちょっと梅田でも出てくるかなあ。余計な出費は行わない方向で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.28

売り払う

本日の鬱度=△
昼前に起床。
雨が降り出す前に外出して梅田へ。今日は今まで使っていたiPodを売り払うのが目的。
ということでソフマップへ直行し、とりあえず受付だけ済ませる。査定に1時間半くらいかかるということで、その間に駅ビル中古盤屋と梅田タワーをチェック。
梅田タワーでは「謎の円盤UFO」のサントラを発見。某tanomi.comで企画されて、結構反響があったので調子に乗って一般発売もされたというモノだ。しかし2枚組とはいえ¥5200というブート並の価格とオリジナル音源ではなく新録だということでファンの評価はきわめて低い。しかもオビには「ORIGINAL SOUND TRACK」って堂々と書いてあるしな。こんな表記してええのか?JAROに訴えるぞ。
ということで結局何も買わず。
それから再度ソフマップへ行って支払いをしてもらう。結構厳しい査定された…。まあ、キズとかあまり気にしないで使っていたからなあ。
その後再度CD屋を巡る。「海底軍艦」のDVDが出ていた。値段が¥6000→¥4800に値下がりしたのはいいがトールケースになっていた…_| ̄|○。んージュエルケースで統一して欲しかったなあ…。萎え。
ということで結局購入したのは以下の2点。
・鬼束ちひろ『私とワルツを』。ドラマ「トリック」の主題歌のアレです。CCCDだったら買わないつもりだったが、東芝EMIとしては珍しく通常CDだったので購入。直前に喉の手術したせいか、やっぱり声がちょっと荒れてるなあ。なかなかいい曲だが、イントロとエンディングの伴奏はないほうが印象が強くなったのではと思える。
・『未来世紀ブラジル』。ようやく出たDVD。特典てんこ盛りの米クライテリオン盤に比べるとかなり見劣りするが、クライテリオン盤と同じ内容のものを作ろうとすると死ぬ程権利関係の問題をクリアしなければならないらしい(とブックレットに書いてある)。まあ、出ただけでも良しとするか。ん〜でもテリー・ギリアム監督の音声解説だけでも収録して欲しかったな〜。
休憩していた喫茶店を出て大阪駅北の交差点を通りかかると、ちょうど羽柴誠三秀吉が選挙演説してた(しょうこりもなく大阪市長選にも出るのね)。残念ながら普通のスーツ姿で迷彩服は着てなかった。思った程名古屋弁でもなかったなあ〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.27

まだまだ鬱

本日の鬱度=▲
昼過ぎに起床。
まだ鬱傾向が続いている。3日連続とは珍しい。ということで今日も出かけず。夜に入っていくらか元気が出てきた。明日は回復するかな?
本日の未聴CD消化は2枚。
1枚目はボビー・”ブルー”・ブランドの『ザ・ブルース・イヤーズ1952-59』。タイトル通り、かなりストレートなブルースナンバーが多い。前半は似たタイプの曲が多いので、正直ちょっと辛いが、後半はバラエティが出てきてなかなかいい感じ。このCDは録音データがついてないのではっきり判らないのだが、ギターはクラレンス・ホリマンだろうか?
2枚目はT−ボーン・ウォーカーの『Stomy Monday Blues』。バックバンドの演奏がちょっとファンクっぽく、分厚い音でかっこいい。T−ボーンもいつになく荒々しいヴォーカルと歪み気味のギターでそれに対抗。これはなかなかの良盤。
さて明日はなんとか外出してみたい。雨降りそうだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.26

まだ鬱

本日の鬱度=▲
昼前に起床。
今日も相変わらず鬱気味。それにしても「鬱」という字はどうしてこう画数が多いのだろう。なんか見ているだけで鬱になってくる。
今日も家にこもって過ごす。
本日の読了本。森博嗣の『魔剣天翔』。このシリーズは、巻を重ねるにつれてミステリとしての枠組みというかスタイルというか、そういうものからどんどんはみ出ていっているように思える。むろんミステリとして成り立たないような領域にまでは飛び出さずに踏みとどまっている訳だが、このまま続いていくとどうなるのか?という感想はある。ま、面白ければミステリだろうがそうでなかろうがどうでもいいんだけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.25

引っ越したいが…

本日の鬱度=▲
昼頃起床。
久しぶりに鬱気味。ということで家で大人しく過ごす。
さるさる日記、広告が挿入されるようになったのがウザイのと、1回の字数制限1000文字というのが結構不便なんで、どっか別の日記サイトに引っ越ししたくなった。しかし色々調べてみたがどこも一長一短があって今ひとつ。ひとつマシそうなところがあったが有料だ(月200円だけど)。
まあ、10ヶ月以上過去ログがたまっているから、引っ越しするにもデータ移行するのが大変な訳だが。
ということでとりあえず引っ越しは見送り。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.24

雨の中CD漁り

本日の鬱度=○
昼過ぎに起床。
最近日本橋〜難波方面を回っていないので行ってみることにする。出かけようとした頃に雨が降り出したが、傘を持って強行。
いつもの巡回コースを回り、それなりに購入。ちょっとペースが速いな。一昨日大量に買ったところなのに。
・アルバート・キング『レッド・ハウス』。アルバートの遺作となったアルバム。現在廃盤で新品では入手できないが、これはリアルタイムで出た国内盤(アルファレコード)。なんかアルファレコードでブルースって激しく違和感あり。
・ロキシー・ミュージック『Avalon』。ここ数年探していた怪しいオビ付き紙ジャケ輸入盤。やっと見つけた!もう半泣きですよ!(嘘)。まあ、これ1枚でわざわざ日本橋まで出てきた甲斐があったというものだ。
以上が中古盤での収穫。以下は新品。でも値段は中古以下の奴ばっか。
・ジミー・マクラクリン『Jimmy's Blues 1945-1951』。ウェストコーストのピアニスト、ジミー・マクラクリンの初期録音集、いろんなレーベルからかき集めた全25曲。イケてるレーベル、acrobatよりのリイシュー。
・ジョー・リギンズ&ヒズ・ハニードリッパーズ『The Shuffle Boogie King』。ジャンプ系ブルースマン、ジョー・リギンズの1945〜1951年の、exclusiveおよびspecialtyへの録音集。廉価盤専門のproperレーベルから出ているもので、2枚組なのに下手な1枚ものより安い(¥1690)!ということで安さに釣られて買ってしまった訳だが、この手の廉価盤にありがちな欠点で、specialty録音分が中途半端に収録されているという罠。specialtyレーベルからもCDが出ているので、そっちを買えば補完できるのだろうがまた曲がダブるだろうなあ。まあ、前半の1枚だけと考えても十分安い訳だが。
・V.A.『Texas Blues Rock Awhile Volume 2』。acrobatレーベルからのテキサスブルースコンピ第2集。freedomおよびpeacockレーベルへの録音を収録。メンツはゴリー・カーター、L.C.ウィリアムズ、ジョー・ヒューストンあたりが知ってる人。ゴリー・カーターは既に全曲集を持ってるので重複が痛いが、他の人のバックでギターを弾いてる曲もあるので楽しみ(ていうかクレジットを見るとfreedom録音ってほとんど同じメンバーだ。誰がリードを取るかだけの違い)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.23

またまた寝る

本日の鬱度=△
昼過ぎに起床。
しかしメシだけ食ってまた寝る。結局夜まで寝たり起きたり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.22

ディスクウニオン

本日の鬱度=△
例によって目覚めが悪い。13時過ぎになんとかベッドから這い出る。
今日からディスクユニオンの大阪出張セールだ。今月はジャズ/ソウル/ブルースの回なので一応行っとかねば。ということで支度して梅田へ出、開場後30分過ぎに到着。
それなりに欲しいものはあったが、これだ!というものがない。とりあえず気になったものをカゴにキープして迷っている内に、結局カゴに入れたものを全部買うことに。そんなに安くもないのに…。
・ボビー・”ブルー”・ブランド『ザ・ブルース・イヤーズ1952-59』。前からボビー・ブランドはきちんと聴いてみなければと思いながら手を出しかねていたのだが、今回良い具合にどかどかと7,8枚落ちていた。さすがに全部は買えないのでよさげなところを2枚購入。こっちは1952〜1959年にかけてのDukeレーベルへの録音。一応国内盤だが、オビがついてるだけで中身は英ace盤そのもの。
・ 同 『デューク・レコーディングス1959-69』。こっちはその続編の1959〜1968録音。ヒット曲「I Pity The Fool」を始め名曲がずらり。
・ホップ・ウィルソン『ヒューストン・ゲットー・ブルース』。テキサスの伝説的ブルースマン、ホップ・ウィルソンの録音集全23曲。普通のギターではなくラップ・スティール・ギターを弾くのがこの人の特徴。
・スモーキー・ウィルソン『ブローイン・スモーク』。ウェストコートのブルースマン、スモーキー・ウィルソンの1977年デビューアルバム。スーツにパナマ帽、くわえタバコでごっつい指でギターを抱えているジャケ写がなかなかイカす。
・サニー・ローズ『Just Blues』。1985録音作。相変わらず怪しげなジャケ写。
・ライトニン・ホプキンス『Ligtnin'!』。1967年および1969年録音の音源。Arhoolieから出ていた3枚のLPからの編集盤。
ということで全7枚購入。久しぶりにやってもーた。
その後は本屋へ寄って文庫本とマンガを数冊買って帰宅。
未聴CDがどっと増えたので、消化に努めるべく2枚を聴く。
1枚目はフレディ・キングの『ライヴ!』。やや低音が物足りないが、音質はまあまあ。しかし録音テープが完全な状態でないらしく、曲がブツ切れたり、別テープの継ぎ足しがあったりとやや難あり。演奏そのものはいうことない状態。特に「Sweet Home Chicago」でのダウンホームさとモダンさが絶妙な具合で混ざったフレディのギターは絶品なのだが、惜しいことに一番いいところで曲が切れてしまう。残念。
2枚目はアルバート・キングの『ザ・ベスト・オブ・ライヴ』。寄せ集めライヴだが、それだけにいいテイクばかりが集められているので中身は問題なし。しかしフレディとアルバートと立て続けにライヴ盤2枚聴くと、さすがに満腹です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.21

まだまだ寝る

本日の鬱度=△
今日も相変わらず眠い。14時頃起きてメシ食って、夕方また2,3時間寝る。どれだけ寝たら気が済むのか。我ながらあきれるばかり。
amazonのユーズドストアに注文した『ブルースCDガイド・ブック』が届く。新品は高くてなかなか手が出なかったので、それとなく古本屋で探していたのだが、amazonで手に入るとは。いい時代になったもんじゃのう。
1995年の本なので、CDのデータなどちょっと古いところもあるが、2000枚ぐらいが載っているという凄いボリューム。まあ、ちびちびと読んでいこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.20

引き続き寝る

本日の鬱度=△
昨夜は昼間ほぼずっと寝ていたので、眠れないかと思いきや、すっと眠ってしまった。
その流れ?で今日もよく寝る。夕方になってようやく起床。
明日はどうやら雨も上がりそうだし外出したいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.19

一日中寝る

本日の鬱度=△
今日は眠い、というか起きる気がしない。結局メシを食いに外出した以外はほとんど一日中寝ていた。やっと起きたらもう1日の終わり、という感じ。ここまで寝たのは久しぶりだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.18

今日はたったの15分

本日の鬱度=○
例によって二度寝して昼過ぎに起きる。
のろのろと支度して家を出て途中昼飯を食いながら医者に到着。診察なしの薬のみにしたら15分で終わってしまった。まあ、今日はいつもよりかなり空いていたのもあるが。
その後例によってCD屋を回るも何も買わず。
本日の未聴CD消化は1枚。ライトニン・ホプキンスの『In New York』。ギターでなくピアノを弾いている曲が結構多い。特に1曲目はギターとピアノを交互に弾くというせわしない曲だが、なんと数秒だがギターとピアノを同時に弾くという離れ技まで披露。ブックレットにはオーバーダビングはしていない、と書いてあるが一体どうやって弾いているのだろう?
本日の読了本。テリー・ケイの『そして僕は家を出る』。舞台は第二次世界大戦終戦後まもない頃、未だ黒人差別が根深く残るアメリカ深南部。白人の少年トムと黒人の少年サンジーザスは『ハックルベリー・フィンの冒険』を真似て家出し、ボートで川を下るが、それがきっかけで大きな事件が巻き起こることになる、といった物語。少年2人の成長物語としても、黒人差別の状況をめぐる社会小説としても、ペグレックと呼ばれる連続殺人魔をめぐるミステリーとしても読める一粒で三度美味しい小説。「ブラインド・ウィリーという盲目のギター弾き」なんて名前もちらっと出てきてニヤリ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.17

まだ喉痛い

本日の鬱度=△
8時頃起床して朝食の後、二度寝するという昨日と同じパターン。なんか目覚めが悪くずるずると14時過ぎまで寝る。
相変わらず喉が痛い。のど飴を舐めながら過ごす。
本日の未聴CD消化は1枚。スモーキー・ホグの『Serve It To The Right』。この人は、ヴォーカルもギターも特に上手い訳ではなくどちらかというとヘタウマの部類に属すると思うのだが、妙な味わいがあって良い。最初聴いた時は独特のヴォーカルになんだか居心地の悪いようなこそばゆい感じがしたのだが、何度か聴いている内にハマった。
さて明日は通院日。最近は調子が良いので診察はパスして薬だけ貰ってこよう。でないとまた1時間くらい待たされるし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.16

喉痛い

本日の鬱度=△
7時頃にいったん起きて朝食。その後またしても二度寝。昼前にようやく起床。
昨日うろちょろしたせいか、またしても喉が痛い。この前風邪引きかけて治った、と思ったのがまだ治っていないのだろうか。何か中途半端な状態で嫌だ。
ということで今日は家で大人しくしておく。
昨日買ったクリームのDVDを見る。画質も音質もイマイチだが、30年以上前の、それもTV放映用の素材であることを考えれば良い方か。この時代にありがちな、ウザいカメラワークやサイケ風な画像処理がちょっと気になるものの、演奏そのものは素晴らしい。曲間に挿入されるメンバー3人へのインタービューも、実際に楽器を弾いてみせるもので興味深い(ジャック・ブルースのみ話だけ)。ジンジャー・ベイカーのドラム、やっぱりかっこええな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.15

神戸巡回

本日の鬱度=△
今日も寝覚めが悪いが、13時頃に何とか起床。
久しぶりに神戸方面へ出撃する。大した収穫はないと予想していたが、その割には結構買ってしまった。
・T−ボーン・ウォーカー『Stomy Monday Blues』。新品。1967年録音。
・ジーン・クラーク『Under The Silver Moon』。新品。未だあったのかの未発表曲集。ニッキー・ホプキンスやリック・ダンコも参加。今日買ったレココレ誌のレビューによると、バーズ名義で出回ったことはあるようだが、ジーン・クラーク名義では初リリースらしい。そのレココレ誌によると『No Other』のボーナストラック満載盤も出ているようで、こっちも入手しなければ。しかしamazonで¥2500以上とちょっと高い。もう少し安く売っているところないかな。
・クリーム『フェアウェル・コンサート〜1968 ロイヤル・アルバート・ホール』。新品。クリームのラストコンサートの模様を収録したDVD。完全版80分とTV放映版45分の両方を収録。5.1chサラウンド音声も収録。前から欲しかったのだが、いつの間にか¥3800→¥2800に値下げされていてしかも10%引きセールをやっていたのでたまらず購入。
・アルバート・キング『ザ・ベスト・オブ・ライヴ』。中古。1968年フィルモア・ウェスト公演、1972年ワッツスタックス公演、1973年モンタレー・ブルース&ジャズフェスティバルの3カ所のライヴ音源のコンピ。既に持ってる盤とのダブリ曲もあるが、多分廃盤で二度と見つかりそうになかったので買っておく。
・フレディ・キング『ライヴ!』。中古。1976年、地元テキサスでのライヴ。P-VINE盤にしては珍しく、ブックレットが歌詞のみでなんの解説もない。手抜きか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.14

やる気なし

本日の鬱度=△
今日はまた目覚めが悪く、なかなか起きる気にならない。結局14時半頃にようやく起きるが、メシだけ食ってまたベッドへ。昨日に続き夕方まで寝る。
明日はなんとか動いてみたいが、さてどうなるか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.13

寒い

本日の鬱度=△
13時頃起床。飯食った後、なんか寒くて起きている気がせず、またベッドに潜り込む。夕方まで寝たり起きたりで過ごす。
本日の未聴CD消化は1枚。フレディ・キングの『Live At The Electric Ballroom 1974』。ちょっと音割れ+低音過多気味だがまあまあの音質。ブルースというよりはロックに近いノリで熱い。最後の「ハイダウェイメドレー」がかっこいいです。おまけのアコギソロ2曲も良い感じ。しかし、フレディ・キングという人はエレキ弾いてる時とアコギ弾いてる時でまるで印象が違うな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.12

今日も二度寝

本日の鬱度=○
朝7時頃に目が覚めて、朝食だけ食べてまた二度寝。いい加減でこのパターンは止めなければ。とは思うのだが、なかなか出来ない。これから寒い季節に入るのでさらに困難になる予感。
昼間は、久しぶりにCDのソフトケースへの入れ替えをちまちまとしたり、今まで使っていたiPodの箱を売却に備えて発掘したり(かなり下の方に埋もれていた。そんなに昔ではない筈だが…。地殻の変動があったのだろうか?)しながら過ごす。
夜はTV見てぼーっと。最近ネタ切れでつまらなかった「トリビアの泉」だが、今日は比較的レベルが高かったかと。
本日の未聴CD消化は1枚。ていうか2枚組だから1セット。ルース・ブラウンの『Miss Rtythm(Greatest Hits And More)』。どちらかと言えば、ブルースよりはジャズの方に近い人だが、この年代(1940〜1950年代)の女性シンガーらしく何でもありという感じでブルースっぽい曲も多い。まるきりジャンプブルース、という曲もあって楽しめる。何曲か、ミッキー・ベイカーがギターで参加している曲もあるがあまり目立っていない。ちょっと残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.11

梅田で買い物

本日の鬱度=△
昼前に起床。
今日はかなり回復して気分がいい。ということで雨もちょうど止んだし、梅田まで出て買い物する。
まずはソフマップでiPod関係の買い物2点。一つ目はFirewire-Dockコネクタ変換ケーブル。昔の機種はFirewireケーブルを直刺しできたので適当なケーブルで良かったが、Dock対応になって専用のコネクタになったので、2本要る場合は専用のケーブルを買わざるを得ない。ちなみに1本はパソ用。もう1本はACアダプタ用(寝る時に音楽聴く時に使う)だ。便利になった分、出費もかかる訳で。
二つ目はケース。昔使っていたこともあるシリコンジャケット(通称コ○ドーム)を買ってみた。が、ケースに入れたままだとDockに刺さらないじゃんか!まあ、Dockに刺す時だけ外せばいいんだが、そうなるとDock使わずにケーブル直刺しの方が便利だったり。これじゃ折角のDockの意味がない。単なるスタンドだな(´・ω・`)ショボーン。
その後はCD屋を回って2枚購入。
・ライトニン・ホプキンス『In New York』。新品。名盤『Mojo Hand』とほぼ同時期に録音されたもの。バンドが付かない弾き語りスタイル。
・フレディ・キング『Live At The Electric Ballroom 1974』。中古。タイトルになっている1974年アトランタでのライヴと、1970年代始めのスタジオでのインタビュー+ライヴの2つの音源を収録。後者は珍しいソロでのアコギ演奏なので期待。
後は古本屋でロバート・パーマー(この前惜しくも亡くなったあの人とは別人)著の『ディープ・ブルース』という本を発見したので買ってみる。
つーことで何だかんだで結構金を使いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.10

雨の日は憂鬱

本日の鬱度=△
昼頃起床。
気分はあまり改善が見られず。外出するつもりだったが、雨が降っていたこともあり、結局一日中家で過ごす。
本日の未聴CD消化は1枚。ロイ・ミルトンの『1945-1946』。ジャンプ系というよりは、かなりジャズっぽい感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.09

4倍

本日の鬱度=△
14時頃起床。
気分は多少マシになったが、まだ不安定。
木曜日にamazonに注文したiPod40Gが届く。収入があったのでついやってもうた。まあ、今まで使っていたのを売り飛ばしていくらかは回収する予定だが。新しいiPodは角がつるんと丸くなって可愛い。接続がDock方式になったので、いちいちFirewireコネクタをねじ込む必要もない。何より今までの4倍もの広大なHD空間!今使っているデスクトップ機のHDが40Gだから、デスクトップ機のHDを換装しない限り、iPodを一杯にすることは不可能。早速、溜まっていたCD数枚をエンコする。これからしばらくエンコ祭りを開催の予定。
本日の未聴CD消化は1枚。ブリュワー・フィリップスの『ハウンド・ドッグ・テイラーに捧ぐ』。かなりラフというか、荒っぽいスカスカの音だが、雰囲気は悪くない。ブリュワー・フィリップスがヴォーカルを取っているのは3曲だけだが、上手くはないけれど雰囲気のある声でいい。全曲ヴォーカルでも良かったのにと思う。
本日の読了本。有栖川有栖の『暗い宿』(角川文庫)。推理作家有栖川有栖と社会犯罪学者火村英夫のコンビによる短編集。全て宿とかホテルが舞台になっている。なかなか雰囲気のある話だが、話の中心になっているトリックが弱いような気がする。まあ、枚数の限られた短編で真っ向から勝負するのは難しいだろうが。
明日は新しいiPod関係のアクセサリーとか物色しにソフマップでも行くかなあ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.08

鬱気味

本日の鬱度=▲
14時頃起床。
軽い鬱。というか気分が不安定な状態で落ち着かない。
何もやる気がせず。一日ごろごろして過ごす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.07

何もなかった日

本日の鬱度=△
7時頃腹が減って起床。メシだけ食ってまた二度寝。結局14時過ぎまで寝てしまう。
鬱ではないが、何もやる気せず。結局また無為に一日を過ごす。
もうそろそろ、前向きに日々を過ごしたいのだが、なかなか難しいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.06

珍しく

本日の鬱度=△
昨夜はさすがに寝付きが悪かった。当然の結果として今日は寝覚めが悪い。それでも何とか昼頃に起床。
何となく外出したい気分だったので梅田まで出る。一応CD屋とか行ってみたが、なんか今日は購買意欲が湧かなかったので珍しく何も買わず。
本日の未聴CD消化は1枚。サンダース・キングの『Cool Blues, Jump & Shuffles』。思った程ジャンプ系ではなく、ちょっとスローなバラードっぽいナンバーが多い。でも声質がちょっと甘い感じなのでそっちの方が向いていると言えば向いている。なかなかいい雰囲気の音。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.05

ひたすら寝る

本日の鬱度=△
8時頃起きて朝食食べた後例によって二度寝。したらずるずるずると起きられず結局夕方まで寝続ける。1日中寝ていたのは久しぶりだ。何だか嫌な夢ばかり見た。
気分のほうは相変わらずだが、思いっきり寝たら多少はマシになったかも。
傷病手当金がようやく振り込まれる。良かった。何せここ3ヶ月無収入状態だったので預金残高はどんどん減るしちょっと焦っていたところだった。ほっとした。でも額は長期休暇中よりもさらに少なくなる。やっぱり早期復職を目指そう。
昨日書くのを忘れていたが、昨日の読了本。古川日出男の『13』。これがデビュー作だが、とてもそうは思えない完成度の高さ。唯一ラストで、複数のエピソードがうまく収束しきれてないような印象を受けたが、あるいはこれも作者の意図するところかも知れない。最新作はまだ文庫になっていないようだが買っちゃおうかな〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.04

今日は1時間45分

本日の鬱度=△
昼過ぎ起床。
気分は多少マシになったが、まだ低空飛行状態。
しかし今日は通院日なのでそうも言っていられない。のろのろと支度をして家を出る。
相変わらず待たされる。今日は1時間経過してやっと2人消化というスローペース。結局1時間45分かかった。
終了後は例によって駅ビル中古盤屋巡りをして帰宅。CDは1枚のみ購入。
・ブリュワー・フィリップス『ハウンド・ドッグ・テイラーに捧ぐ』。中古。ハウンド・ドッグ・テイラーのバックバンド、ハウスロッカーズのギタリストだったブリュワー・フィリップスの初ソロ作。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.03

引き続き

本日の鬱度=▲
昼過ぎ起床。
今日も引き続き鬱。2日続けてというのは本当に久しぶりだ。
ということで今日も何もせず。夜に入って多少回復傾向。
本日の未聴CD消化は1枚。『Texas Blues Houston Hotshots Volume 1』。全体的にT−ボーンライクな曲が多い(クラレンス・”ゲイトマウス”・ブラウンなんかもろにそう)。しかし自分的にはストライクゾーンなので十分楽しめた。続きも買うぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.02

久々

本日の鬱度=▲
今日は久々に本格的な鬱。何をする元気もなく、一日寝たり起きたりして過ごす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.01

収穫なし、と言いながらも買う

本日の鬱度=△
最近の寝覚めのパターンとして、8時前後に目が覚めて眠れなくなるか、昼頃まで寝て寝起きが悪いか、の2パターンに別れるが、今日は後者のパターン。昼過ぎに起きるが、30分くらい眠気が取れない。
とりあえず中古レコード市をやっている心斎橋でも行くか、ということで家を出る。
その中古レコード市では何も収穫がなかったものの、他の店でそれなりに購入。枚数は少ないが、単価が高いものばかりなので金額的には結構痛い。
・『ツィゴイネルワイゼン』。鈴木清順監督作品のDVDが中古で落ちていたので購入。何度も見てるが、好きな映画なのでやはり手元に置いておきたい。
・ロイ・ミルトン『1945-1946』。新品。ブルース/ジャズ系の古い音源を大量に出しているClassics Recordからのリイシュー盤。かなり年代が古いから大丈夫だろうと思ったが、帰って調べてみると購入済みの盤と2曲だけダブリ。
・サンダース・キング『Cool Blues, Jump & Shuffles』。新品。ウェストコーストのブルースマン、サンダース・キングの1940年代の録音集。ちなみに娘さんはカルロス・サンタナ夫人である。
・スモーキー・ホグ『Serve It To The Right』。テキサスブルースマン、スモーキー・ホグの1947〜1952年の録音集。例によってaceレーベル。aceからはもう1枚CDが出ているが、そっちは購入済みの盤と半分くらい曲がダブっているという嫌な状況にあることが発覚したので、ダブって無さそうなこっちを購入。
と言うことで終了。帰宅。喉の異物感は起きた時は治まっていたのだが、うろちょろしている間に再発。明日明後日は大人しくしておいたほうがいいか。
TVを見ていると、CMで「ミスター・ボージャングル」が流れたので懐かしくなってこの曲が収録されている、ニッティ・グリッティ・ダート・バンドの『アンクル・チャーリーと愛犬テディ』を引っ張り出してきて聴く。そもそもこのアルバムを買ったのも、大分まえにウィスキーかなんかのCMでこの曲が流れていていいなと思ったからだったな、と想い出す。改めて聴き直してみると結構ロックっぽい、というか激しい曲が多いので違和感を覚える。もっと鄙びた印象があったんだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2003 | Main | December 2003 »