« December 2003 | Main | February 2004 »

January 2004

2004.01.31

今日はごろごろ

本日の鬱度=△
もう1月も終わりか早いのう。
昨日あまり寝なかったせいか今日はやたらと眠い。ということでまた夕方まで寝たり起きたり。
HMVの¥990均一セールで追加注文したものが届く。
・ミード・ルクス・ルイス『The Blues Piano Artistry Of』(RIVERSIDE OJCCD-1759-2)。ブギウギピアニスト、ミード・ルクス・ルイスの1961年録音作。曲名に「CELESTE」という単語がついているものが多いので、?と思って調べてみたら、CELESTE(チェレスタ)とはこういう楽器らしい。不勉強で知りませんでした。どんな音がするのだろうか?ちょっと楽しみである。
★パーシー・メイフィールドの『Vol.2: Memory Pain』を聴く。ゆるいテンポのマターリ系R&Bという曲がほとんど。Vol.2だからか、特に後半はちょっと耳に残らない曲が多いのが難点。しかし先日購入した1970年代録音の盤ではヴォーカルがかなり荒れていてキツい感じだったが、この盤では伸びもある美声で良い。ということでSpecilty第1弾に期待だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.30

効率の良い買い物

本日の鬱度=○
昨夜も結構寝付きが悪かったのだが、それでも8時頃に目が覚める。例によって二度寝しようとしたが珍しく今日は寝られず。ごろごろしている内に昼前になったので、あきらめて起きる。
今日はかねてより日本橋方面を攻めるか、と思っていたので出かける。このところ南下コースを取ることが多かったので、今日は北上コース。それなりに買い物したが、単価の安いものばかりだったので金額はさほどでもない。かなり効率のいい買い物。
・アルトゥーロ・トスカニーニ『ワーグナー管弦楽曲集 I』(BMG BVCC-38028)新品。なかなか見かけない盤なのでこの機会に購入。
・サイモン&ガーファンクル『Collected Works』(CBS/SONY CSCS 5427〜9)中古。オリジナルアルバム5枚を3枚組CDに収録したボックスセット。実はサイモン&ガーファンクルはまともに聴いたこと無いので、¥1400と激安で落ちてたのを幸いに購入。外箱がかなりボロボロだが、まあこの値段だし聴ければいいかと。
・エスター・フィリップス『Black-Eyed Blues』(CTI 5127972)新品。13歳でデビューした歌姫、エスター・フィリップスの1973年のアルバム。最初はブルースとかも唄っていたが、後にジャズの方へ行った人。前からちょっと興味はあったのだが、今回何故買ったかと言うと、裏ジャケに書いてある演奏者のクレジットのところに「Drums : Ian Wallace」の文字が!さらに「Bass : Boz」とも!!これってあのキング・クリムゾンのイアン・ウォーレスとボズ(・バレル)かー!と言う訳で買ってみました。ブックレットには何も書いてないが、調べてみるとどうもあのイアン・ウォーレスとボズ・バレルっぽい。まあ、イアンもボズもいろんなとこで仕事してる人だし、イアンは後にジャズバンドを作ったりしているので不思議はない訳だが。
・V.A.『Celtic Sisters The Women Of Ireland』(Sanctuary PLS CD 431)新品。ケルト女性ヴォーカルもののコンピ。なんと¥590!という安さ。安さに釣られてみましたよ。まあ、サンプラーという面があるからこんなに安くできるんだろうけど。って思ったらクレジットのところには収録元のCDの名前と型番がしっかり書いてある。こりゃほんとにサンプラーだな。
つーことで満足して帰宅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.29

昼夜逆転の改善を図る

本日の鬱度=△
昨夜はさすがに寝付きが悪かった。眠れずに起き出してごそごそしたあげく明け方にようやく就寝。
それでも昼前には起きるが、さすがに夜までは持たずちょっと昼寝。
★カズン・ジョーの『New York & New Orleans Bluse 1945/1951』を聴く。結構ジャンプブルースっぽい曲もあったりして、音楽的にはとっちらかった感じ。うーん、今ひとつ散漫な印象。
もう1枚。ダイナ・ワシントンの5枚組箱から久々に3枚目を聴く。1949〜1952年の録音で、この辺になるともう完全にジャズでしかも歌い上げる感じの曲が多いのだが、以外と抵抗はなくすんなりと聴けた。やっぱりこの人はいい声してるな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.28

昼夜逆転再び

本日の鬱度=△
昨夜は日記書いた後、HMVの¥990セールを見返していたら止まらなくなって他のセールとか全部チェック。気が付いたら夜が明けてた (ノ∀`)アチャー。しかもまた¥990均一で追加発注してしまうし。この前一緒に買っとけば送料節約できたのに。何のための¥990かと…。
仕方ないのでとりあえず朝食?を食べて夕方まで寝る。久々の昼夜逆転。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.27

外出してみましたよ

本日の鬱度=△
9時過ぎに起床。今日はなんとか二度寝せず昼過ぎに家を出る。途中、昼飯&レコ屋漁りしつつ2時過ぎに医者へ到着。昼イチだから混んでるかと思ったら誰もいない。どうもあの医者の混み具合は予想が付かん。
薬だけ貰ってさっさと退散。今日は時間があったので駅ビル中古盤屋から始めてWAVEまで回る。途中休憩に寄ったモスバでバーベキューフォカッチャが売り切れてなかったのであまりお腹が空いてなかったが食べてみた。…特にコメントはありません…。
WAVEでは投げ売りワゴンで買うか買わないか微妙なライン上にあるものが2,3枚あって悩んだが結局見送る。ということで結局買ったのは1枚だけ。
・フェントン・ロビンソン『Mellow Fellow - Charly Blues Masterworks Vol.41』(CHARLY CD BM 41)中古。1970および1971年録音の19曲収録盤。既に廃盤で入手不可だったのでちょっと嬉しい。
★アール・フッカーの『Theres a Fungus Amumg Us』を聴く。全曲インスト、おまけに結構似たような感じの曲が多いので通して聴くとちょっと辛い。
閑話休題。
損保ジャパンのCMの、着ぐるみパンダの中の人が上戸彩だと今日初めて気付いたワシ。顔出してるのに…。上戸彩ファンとして失格だな(違。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.26

ナマケモノ並

本日の鬱度=△
今日はもう最初から動く気無し。まあ明日はどうせ通院日だし。
ということでまた一日寝る。マジで最近一日の大半を寝て過ごす生活してるな。
HMV通販の¥990均一セールで買ったものが届いた。HMVの梱包は丁寧だなあ。amazonの超簡易梱包に慣れてると嘘みたいだ。
・ペパーミント・ハリス『シュリヴポート・ダウンホーム・ブルース』(P-VINE PCD-24065)テキサスのブルースシンガー、ペパーミント・ハリスの1960年代後半、Jewelレーベルへの録音集21曲。
★先日買ったテンシュテット指揮のワーグナー管弦楽曲集とダイソーCDの『フルトヴェングラー名演集Vol.4』(ワーグナーばかり収録)を聴く。音は圧倒的にデジタル録音の前者の方がいいのだが、演奏はちょっと綺麗すぎるというか繊細すぎる感じ。やっぱり音は悪くても演奏はフルヴェンの方が上。なんだか雹が降ってるようなノイズはちょっと辛いけれども。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.25

やっぱりダメダメ

本日の鬱度=△
今日は出かけるつもりで昼前に起きたが、後少しのところで気持ちが萎えてまた引きこもり状態。いつまでこの状態が続くのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.24

まだ復活せず

本日の鬱度=△
相変わらずやる気なし。やっぱり一日寝る。気分は多少マシ。
こんなことしていてはどうにもならんので、明日は何とか動きたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.23

寒くて何もできんよ

本日の鬱度=▲
今日も寒さに負けて一日寝る。昨日のように長編夢を見るが、今日のは非常に嫌なストーリー展開。激しく鬱。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.22

厳寒

本日の鬱度=△
8時頃に起きて朝食を食べるが、あまりの寒さに、暖房設備のスキルが絶対的に不足している我が家ではとても起きている気になれず、そそくさとベッドへ逃避。結局夕方まで寝る。
寝ている間、ものすごい壮大なストーリーの夢を見ていて、途中何度か目を覚ましながらも中断〜再開という感じで何部にも渡って続いたのだが、残念ながら起きてすぐにいくつかの場面を残して忘れてしまった…。誰か見ている夢を映像形式で保存できるようにする夢カメラ、発明しないだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.21

代替えメニューについて考える

本日の鬱度=△
8時過ぎに起きる。今日はなんとか二度寝せずに済んだ。
昼過ぎから梅田に出る。ヴァージン梅田とかブリーズとかバーゲンやってるところを中心に回る。
途中小腹が減ったのでなか卯へ寄った。牛丼の代替えメニューに密かに期待していたのだがまだやっていなかった。まあ食べれる内に食べておくかと思って大人しくミニ牛丼+新メニューの鶏たまうどんを食べる。鶏たまうどん、なかなか美味しい。
吉野家の代替えメニュー、焼き鳥丼は美味しそうだが関西ではやっていないらしい。残念。カレー丼は甘いらしいのであまり食べたいと思わない。やはり鮭いくら丼に期待か。
で、肝心のCDはいろいろ回った割には1枚だけ。
・クラウス・テンシュテット『Wagner:Orchestral Music』。クラシックのCDの場合、作曲者名を書くか、指揮者名を書くか悩むが、指揮者名で統一することにした。正確には指揮者名+楽団名ということになるのだろうが。クラウス・テンシュテット指揮、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団演奏によるワーグナー管弦楽曲集。2枚組で¥1380と激安。
帰宅して、パソコンを立ち上げ、iPodを接続したが、一向に同期が始まらない。?と思ってiPodを見てみると、HDのスキャンマークが表示されてる!Σ( ゚Д゚)!!
とりあえず20分くらい放置しておくとスキャン終了して特に何事もなかったように同期を始めた。良かった、びっくりしたよ〜。
★ライトニン・ホプキンスの『Fishing Clothes The Jewel Recordings 1965-1969』、2枚目を聴く。こっちにはLP1枚分+未発表曲13曲を収録。ベースやピアノが入った1枚目に比べて、2枚目は弾き語りの曲が多く、ロンサムな感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.20

続編希望

★『American Folk Blues Festival』のDVD、Volume2を見る。メンバーは結構Volume1とかぶっているのだが、Volume2で初登場のメンバーとしてはまずライトニン・ホプキンス。肩の力抜け過ぎな演奏が素敵です。ヴォーカルが今ひとつ明瞭に録れてないのが残念。ルーズベルト・サイクスは風車ピッキングならぬ風車打鍵奏法を見せてくれます。T−ボーン・ウォーカーは、Volume1ではギターだけでしたがようやくメインで歌も披露。立って演奏してるのでギター水平持ち弾きが見れるのもポイント高し。
後はすごい若く見えるマット・マーフィー(でも30は超えてる筈)などもありますが、クライマックスはやっぱりハウリン・ウルフ3曲連発でしょう。ハウリン・ウルフはあまり好きじゃないけど、映像付きで見るとやっぱり凄い!ドス黒い塊のようなその存在感に圧倒されます。
最後は例によってメドレーで締め。今回は、ビッグ・ママ・ソーントン→シェイキィ・ホートン→J.B.ルノア→ドクター・ロス→ジョン・リー・フッカーというハーモニカメドレーでした。
特典映像はマジック・サムのライヴ2曲。Volume1の特典映像のアール・フッカーと同時に収録されたと思われる。ちょっとどういう事情だったのか判らないが、自分のギターを使えなかったようでフッカーのを借りて使ってます。しかしそんなハンデはものともせず凄い熱演を見せるのはさすが。
ということでVolume1&2見終わって、凄い楽しめましたが、不満もちょっと。曲順は実際のものと大幅に入れ替えられています。スタジオセット収録の部分はまだいいですが、ステージ収録の部分についてはなるべく実際に流れ通りに収録して欲しかったところ。
後は、まだまだ量が足りない。おそらくこの数倍の映像が残っているはず。バディ・ガイとかJ.B.ルノアーなんてバックに回った曲しか収録されてないもんなあ、可哀想だよ。あと、スリーピー・ジョン・エスティス、ビッグ・ジョー・ターナーあたりの映像も残ってそうだが。1967年以降ならハウンド・ドッグ・テイラーやブッカ・ホワイトも。ということで、Volume3&4の発行を激しくキボンヌ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゲームやりてえ

本日の鬱度=○
最近、インターネット初心者でもあるまいに、ネットサーフィン(死後、じゃなかった死語)してると止まらなくなることがある。昨日もそれで気が付いたら4時過ぎ。何やってるんだ俺はよ。
それでも7時過ぎには起きるが、さすがに睡眠時間3時間はきついので朝食後二度寝して昼頃再起床。なんか久しぶりにゲームがやりたくなったのでブックオフに物色しに行くが今ひとつ気が乗るものがない。ていうか途中で止めたままのゲームを何とかしろちゅうことか。ああ、何だかロマサガ2やりてえ。でも今さらスーファミ引っ張り出してくるのも面倒だし。
ちょっと躁気味だな。文章が支離滅裂だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.19

復活して京都

本日の鬱度=△
7時半頃、腹が減って目が覚める。が、起きたら冷蔵庫の中が空っぽ。仕方ないので朝からコンビニに食料調達に出かける。
そこでそういえば今日発売の少年ジャンプから荒木飛呂彦の新連載が始まってたっけ、と想い出してついでに買って帰る。その新作『スティール・ボール・ラン』は、噂されていたジョジョの第7部ではないようだが、関連はあるみたい。あんな人やこんな人も出てくるし。げ!そんな人まで出てくるの!?いわゆるアナザーワールドものか?まあ、これで当分毎週ジャンプ買うことが決定。
なんだかんだでなんとか眠らずに昼まで持ったので、出かけることにする。最初は梅田までと思ったが足を伸ばして久しぶりに京都を巡回することに。いつものコースを回ったが、久しぶりに来たのでそこそこ収穫があった。しかし1枚あたりの単価が高くて効率の悪い買い物になった。
・アイヴォリー・ジョー・ハンター『7:th Street Boogie』。チェコスロヴァキアプレス、という何だか怪しげな盤。裏ジャケに1977とあったのでてっきり70年代の録音かと思ったら、1945〜1950年録音の編集盤だった。持ってる&これから購入の盤と激しくダブる予感。 (ノ∀`)アチャー。
・フロイド・ディクソン『Marshall Texas Is My Home』。西海岸のピアニスト、フロイド・ディクソンの1953〜1957年Specialty録音集。
・ハウンド・ドッグ・テイラー『Beware Of The Dog』。3rdライヴアルバム。以前2ndとの2in1のつもりで買った国内盤には中途半端にしか収録されてなかったので、これでようやくまともな状態で聴ける。
・ジミー・ネルソン『スウィート・シュガー・ダディ』。ジミー・”T−99”・ネルソンの1963年および1970年の録音集。1970年の方にはクラレンス・ホリマンやピート・メイズも参加。
以上4枚也。
★ライトニン・ホプキンスの『Fishing Clothes The Jewel Recordings 1965-1969』の1枚目をとりあえず聴く。1枚目にはLP2枚分と未発表曲2曲を収録。あまりダーティさやエグ味がなく、わりとあっさり風味。初心者にもお勧めかも知れない。
そういえば(脈絡無いが)今年の芥川賞がやたらと取り上げられているのに、直木賞のものすごい放置っぷりはどうよ?まあ、二人とも今さら直木賞?と言いたくなるぐらい売れっ子作家ではあるけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.18

再び冬眠

本日の鬱度=▲
昨日で復帰したかと思いきや、再び一日寝る。気分も鬱気味とダメダメな日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.17

目覚め?

本日の鬱度=△
今日も昼過ぎまで寝るが、その後は一応起きていた。
『American Folk Blues Festival』のDVD、ようやくVolume1だけ見る。約40年前のものとは思えないくらい、画質も音質も良好。ステージでのライヴをそのまま収録した曲と、スタジオにセットを作って収録した曲と半々くらい。いやもう見所だらけ。汗を滴らせながら熱唱するオーティス・ラッシュとか、中尾彬と左朴全を足して二で割ったような風貌のサニー・ボーイ・ウィリアムスンとか、額の血管が妙に気になるミシシッピ・フレッド・マクダウェルとか。オーティス・スパンとサニー・ボーイ・ウィリアムスンを従えて歌うマディ・ウォーターズってのも豪華すぎる図だ。そして締めの曲ではオーティス・スパン→ビッグ・ジョー・ウィリアムズ→サニー・ボーイ・ウィリアムスン→ウィリー・ディクソン→ロニー・ジョンスン→ヴィクトリア・スピヴィ→マディ・ウォーターズ→メンフィス・スリムというものすごいメドレーが。そんでもって特典映像のアール・フッカー、これがまた凄い。なんつっても○○を○○で○○しちゃったりしてるんですからコノヤロー!
ということでVolume2が楽しみだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.16

冬眠中

本日の鬱度=△
相変わらず眠いし寒い。起きている気になれないので今日も一日中寝る。
暖かくなるまでこんな調子か?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.15

得した

本日の鬱度=△
今日も昨日と同じような感じ。昼間はひたすら寝る。
夜になってから某コンビニに買い物しに行く。なんかのキャンペーンで「100人に1人、代金がタダ!」というのに当たる!人一倍くじ運がない自分にとっては奇跡に等しい。こうなると知っていれば一万円くらい買い込んだのに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.14

眠い

本日の鬱度=△
鬱という訳ではないが、なんかやる気なし。ひたすら眠い。
結局ほぼ一日中寝ていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.13

連日の無駄使い

本日の鬱度=△
今日は今年最初の通院日。いつも昼過ぎに行くと死ぬ程待たされるので、ちょっと遅めに行ってみたら正解だった。診察待ちは一人のみ。このところ調子があまり良くないことを訴えてみるが、案の定打つ手無しと言われる。パキシルも既にMAX量出されてるし。
結局、自然に良くなるのを待つしかないようだが果たして本当に良くなるのか?
30分くらいで終了後、モスバで休憩する。バーベキューフォカッチャ、またしても売り切れ。もっと早い時間帯に行かんとダメか。一度も食べることなく期間終了してしまいそうな予感。
続いて駅ビル中古盤屋の、昨日回らなかった店を回ってみるが特に何も無し。よし、今日は無駄使いせずに済みそうだとおもって、ついでにディスクピア梅田店の中古コーナー行ったら、ガッデム!「怪奇大作戦」のDVDが落ちてるぅ!しかもIとII揃いで!!ということで今日も泣く泣く無駄使い。まあ、いつかは買おうとは思っていたんだが〜。IIIももう出てるし、うかうかしてられないなあ。
・『怪奇大作戦 I 』。第1話「壁抜け男〜第5話「死神の子守歌」まで5編を収録。特典は店頭で流されていたプロモ映像。
・『怪奇大作戦 II 』。第6話「吸血地獄」〜第9話「散歩する首」まで4編を収録。特典は勝呂誉および飯島敏宏インタビュー映像。
この前届いた「American Folk Blues Festival」のDVDもまだ見てないし、今週後半は未聴CD、未視聴DVDの消化に努めたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.12

復活後早速無駄使い

本日の鬱度=△
ようやく鬱から脱出。またも気晴らしのため梅田へ出る。
来月頭に閉店のブリーズを見てみる。5枚で¥1000、10枚で¥1800のワゴンがあったが、欲しいもの無し。タワレコではとりあえずレココレだけ買う。
ジュンク堂で文庫本3冊ほど買った後、どうやら無駄使いしなくて済みそうだと思ったが、こういう時に限って駅ビル地下で中古盤の欲しいのが見つかってしまう。という事で以下のものを購入。
・パーシー・メイフィールド『Vol.2: Memory Pain』。Specialty録音集第2弾。こんなの買ったら第1弾も買わんといかんじゃねえか。まあ、買おうと思っていた訳ですけども。
・ロン・レヴィズ・ワイルド・キングダム『B-3 Blues And Grooves』。Bullseyeレーベルのプロデューサーでもあるオルガニスト、ロン・レヴィのバンドの1993年作。
・ピアノ・レッド『Atlanta Bounce』。ドクター・フィールグッドという名でも知られるピアニスト、ピアノ・レッドの1956年および1972年の録音。1956年の方はライヴで、1972年の方は弾き語り。
・『An Introducing To Der Ring Des Nibelungen』。ワーグナーのオペラには「ライト・モティーフ」という重要な要素がある。具体的に言うと登場人物とかあるシーンとかムードとかに特定の旋律が割り当てられているというもので、その旋律のことをライト・モティーフと呼ぶのだが、このライト・モティーフを覚えておけば、台詞が判らなくても今どういうシーンなのか、というのが大体判るしくみになっている。
このCDは『ニーベルングの指環』の実際の楽曲(定番ショルティ指揮のものを使用)からライト・モティーフを集め、さらに音声解説(英語ですが)を加えたもの。でも覚えるライト・モティーフが193種類もあるので大変(CD2枚組140分!)!解説は音声のみでテキストないし。
国内盤の全曲集に付いているライト・モティーフ集だとちゃんと日本語解説でテキストも起こされているようですが…。まあ、¥1400だし仕方ないか。
帰宅してレココレ読んでたら、げっ!CanのDVDなんて出てるじゃねえか!DVD2枚組+CD1枚で¥5300ですか。う〜む、悩ましい線ですな。CDなしで¥4000くらいなら買うのだが。
■今日の読了本。高村薫『マークスの山(上・下)』(講談社文庫)。文庫になった当座、あまり読みたくない気分でスルーしたのだが、先日急に読みたくなってブックオフで購入。結構早いペースで読めました。ミステリーやサスペンスの要素はほとんど無く、ひたすら足を棒にした汗くさい捜査が描かれる、いわゆる警察小説。無論登場人物は皆それなりに暗い情念やトラウマのようなものを抱えて動いているのだが、それらを圧倒して流れていく状況こそがこの小説の主役かと。
結果的にこの小説は南アルプスに始まって南アルプスに終わるのだが、それがあまりにも綺麗に収束した、という感じで、格好良すぎじゃないか!と作者にちょっと文句を付けたくなる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.11

鬱続く

本日の鬱度=▲
相変わらず鬱。夜に入って多少回復したような気もするが予断を許さず。
★アイヴォリー・ジョー・ハンターの『1947-1450』を聴く。前半はジャンプっぽいノリの良い曲が多いが、後半はバラード中心。やっぱり良い声してます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.10

まだ鬱

本日の鬱度=▲
昨日に引き続き鬱。何もやる気なし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.09

また鬱

本日の鬱度=▲
一日鬱気味。寝たり起きたりして過ごす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.08

ひたすら寝る

本日の鬱度=△
今日は8時頃起床→朝食→寝る→12時頃起床→昼食→寝る→20時頃起床。というもう何をか言わんや、な一日でした。これではどうにもならんな。
年明け一発目のamazon発注分の第2回配送が早くも来る。去年発注した分でまだ来てないのがあるのにどんどん追い越されるな〜。
・V.A.『The American Folk Blues Festival 1962-1666 Volume One』
・V.A.『  同 Volume Two』。1962〜1966のAmerican Folk Blues Festival の模様を収録したDVD。VOL.1、VOL.2合わせて33曲収録。T−ボーン・ウォーカー、ハウリン・ウルフ、サニー・ボーイ・ウィリアムソン、ライトニン・ホプキンス、メンフィス・スリム、マディ・ウォーターズ、などなど伝説のブルースマン&ウーマンの動く姿が!さらにおまけでアール・フッカーとマジック・サムの映像も収録!!くぅ〜!
★ジョー・ターナーの『Everyday I Have The Blues』を聴く。ジャズ系のレーベルだけあって、「Stormy Monday Bluse」とか演ってても、かなりジャズっぽい音になっている。期待のピー・ウィー・クレイトンはかなり抑えめな演奏で今ひとつ派手さが足りないが、なかなか渋い感じでこれはこれで面白い。
もう1枚、ダイナ・ワシントンの5枚組から2枚目を聴く。1948〜1950年の録音で、この時期になるとかなりブルース色は薄れてジャズ寄りな感じ。でもブルースだろうがジャズだろうが、ダイナ・ワシントンのヴォーカルは一本筋が通っている感じで力強くてかっこいいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.07

相変わらず無駄使い

本日の鬱度=△
とりあえず前日の鬱からは回復。
気晴らしのためと称してなんば方面へ出かけ、またしてもCDを買う。まあ、あまり散財はしなかった(危ないところだったが)。
・T−ボーン・ウォーカー『Back On The Scene』。タワレコの50%オフバーゲン箱より発掘。1966年録音(ただし2曲は、T−ボーン・ウォーカー・ジュニアことR・S・ランキンの音源)。既に持ってる盤と数曲ダブってる筈だが、まあこの値段ならいいや。
・カズン・ジョー『New York & New Orleans Bluse 1945/1951』。これもタワレコの50%オフ箱より。ルイジアナ出身のピアニスト、カズン・ジョーことプリーザント・ジョゼフの1945〜1951の録音集。どんなもんかよく判らんがとりあえず安かったので。
・アルバート・キング『More Big Blues』。こっちは新星堂の輸入盤10%オフを利用して購入。Stax以前に在籍したBobbinレーベルへの録音全19曲+別テイク3曲。
ということでバーゲンセールを有効活用した買い物でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.06

急降下

本日の鬱度=▲
昨日のやや躁気味から今日は一転鬱気味。ということでまた一日寝てた。どうも昨年から調子が悪いというか安定しないな。
年明け早々にamazonにギフト券¥7500分を使って発注したのだが、前回の経験で懲りて今回は分割発送にしたので、早速第一陣が到着。
・ライトニン・ホプキンス『Fishing Clothes The Jewel Recordings 1965-1969』。Jewelレーベルへの録音集2枚組全43曲。全曲集かと思ったら、収録時間の都合で1曲だけ入れられなかったとブックレットに書いてあった。ちなみに同内容(だと思う)のP-VINE盤もあるが、¥4200もするので論外。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.05

通販生活

本日の鬱度=○
昨夜は日記書いた後、通販サイトの価格比較とかしだしたら止まらなくなって気が付いたら4時過ぎてた。慌てて寝たが、既に入眠剤の効果が切れていたか、なかなか寝られず久しぶりに明け方に寝入る。それでも8時には目が覚めてしまうが、メシ食った後また寝る。それでも合計6時間くらいなので普段と比べると少ない。
ちなみに比較していたのはここのサイトで、amazonよりもちょっと安い。あと既に廃盤になっているものも在庫があったりする。しかし商品がなかなか来なかったり、在庫なしでオーダキャンセルされたりが多いらしい。まあ、その内ダメもとで一回利用してみよう。
★ロイ・ミルトン&ヒズ・ソリッド・センダーズの『VOL.2: Groovy Blues』を聴く。出だしの曲がいきなり聴き覚えがあると思ったら最初の2曲だけ以前購入した盤とダブってました。未発表曲が多いのだが、そのせいか今ひとつレベルが低いような気がするなあ。
もう1枚、J.B.ハットー・アンド・ザ・ハウスロッカーズの『Live 1977』。音質はまあまあだが、楽器のバランスが悪い。肝心のJ.B.ハットーのギター&ヴォーカルがちょっと遠いです。演奏は、サポートメンバーでベースとピアノも加わっているので、ハウンド・ドッグ・テイラーよりはかなり分厚い音になっている。かっこよく決めてくれるところもあるが、全体的に今ひとつ起伏に乏しい感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.04

100円って素晴らしい

本日の鬱度=△
10時頃起きるが昼からまた寝る。夕方起きて駅前まで出てブックオフとか見て回るが何も収穫なし。
★『フルヴェン名演集』から今日はベートーヴェンの「田園」を聴く。結構いい音。¥100でこれなら安いもの。しかし100円CDって内容が良ければ「¥100でこんないいものが!」とか感激できるし、悪ければ悪いで「まあ¥100だから」と自分を納得させられる。100円CDマンセー!!
もう1枚、パーシー・メイフィールドの『Walking On A Tightrope』。ブルースというよりはR&Bだが、名曲揃いなのでそんなことはどうでもいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.03

今年の初買い

本日の鬱度=△
10時頃起床。なんとか鬱を脱出、出歩くことにする。最初梅田までと思っていたがなんとなく三宮方面へ変更。
久しぶりに来た三宮〜元町であったが、あまり変わり映えはない。りずむぼっくすのポイントカードの有効期限がなくなったとか、ヴァージン元町店でまた30〜50%引きセールをやっているとか(あの店もそろそろ危ないな)、それぐらい。
で、結局買ったものは以下の通り。
・アイヴォリー・ジョー・ハンター『1947-1450』。新品。タイトル通り、1947〜1950年のking、MGMレーベルへの録音24曲。classicsレーベルからはこれ以外にもう2集出ているのでそっちも買わなくちゃ。
・長見順『OYAZI』。中古。女性ブルースマン、長見順の1stアルバム。以前、タワーの試聴機で聴いてなかなか良いなと思っていた人。1曲目がいきなり「一家離散の唄」て!
・矢野真紀『そばのかす』。中古。2ndアルバム。これも前から気になっていた人。シングルは買ってみたことあるのだが…。今回¥500と安かったので購入。
・アルバート・キング『LIVE』。中古。モントルー・ジャズ・フェスティバルでのライヴ音源。ということで買ってきたのはいいが調べてみたらこれってオリジナルLP(2枚組)より2曲端折った抜粋盤じゃん。しかも最近Fuel2000から出た2枚組の正体のよく判らなかったCDがこれの完全盤っぽい。ヽ(`Д´)ノ!ウワァァン 。買い直しだ〜。
・トーマス・ドルビー『Forty Live: Anniversary Album』。新品。2000年末に行われたライブからの収録。全8曲は正直ちょっと物足りない。もう少し詰め込めんかったのかという気もするが…。まあ後は聴いてみてからだな。しかしこれってamazonではなんで¥4000以上もするのか?
後は欲しかったけど買えなかったもの。RHINOから出たドアーズの未発表ライヴ音源箱(4枚組で¥10000オーバーは高杉だ( ゚Д゚)ゴルァ )。あとはヴィヴィアン・スーの新譜(CCCDだった…_| ̄|○ なんでavex taiwanなんかから出すんだ…)。
ということで多少の齟齬はありつつもまあそれなりの収穫もありということで。
とりあえず世間でのお正月休みも明日までだがまだまだ自堕落に過ごすぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.02

とりあえず復活

本日の鬱度=△
なんとか鬱脱出。しかしまだ本調子とは言い難い。TV番組をぼーっと見て日が過ぎる。
明日は久しぶりに梅田でも出てみようかなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.01

元日も元気なし

本日の鬱度=▲
あけましておめでとうございます。
多少マシになったが、今日も鬱。3時間くらい起きているとヘボヘボ状態になってベッドに逃避するような状態。新年早々ダメダメである。先が思いやられる。
★昨日に続き、『フルヴェン名演集』からVOL.7とVOL.5を聴く。VOL.7はブラームスの交響曲第1番。これは音質も良くてなかなか。これで¥100は安すぎ。VOL.5は「第九」の第4楽章のみとワーグナーの「ローエングリン」第1幕前奏曲、「神々の黄昏」葬送行進曲。「第九」はこの前聴いた『ベートーヴェン名曲集』VOL.5の抜粋。ワーグナーはちょっと音質悪すぎてイマイチ。まあ¥100だからな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2003 | Main | February 2004 »