« January 2004 | Main | March 2004 »

February 2004

2004.02.29

ちょこっと外出

本日の鬱度=△
鬱から回復。9時頃起床。ごそごそとなにやかややってる内に15時過ぎてしまったが、とりあえず梅田まで出てみる。
中古盤屋を回ったり、機種変を考えている携帯のモックを弄くったり、喫茶店で休憩したり。確か2〜3日前に何か本屋で買わなくちゃor見なくちゃと思ったものがあったはずなのだが、何だったのか思い出せない…。ということで中古CD1枚買っただけで帰る。
・V.A.『Negro Prison Blues And Songs』(LEGACY INTERNATIONAL CD326)。アラン・ロマックスがミシシッピおよびルイジアナ州の刑務所内で黒人刑務者による歌を録音したもの。演奏者の名前は一切記されていず、無名の一般人を対象としたもののようだ。
★サラ・ヴォーンの5枚組箱から2枚目を聴く。1枚目に比べややテンポの速い曲が増えてきて、ヴォーカルもアクセルを踏み込んだというか、力入っている曲が多くなってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.28

今年は一日多い

本日の鬱度=▲
今日も引き続き鬱気味。起きたり寝たりで結局一日無為に過ごす。
書くネタが無いのでこれにて御免。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.27

ウシよさらば

本日の鬱度=▲
今日はまた鬱気味。ということで眠い。夕方まで惰眠を貪る。
メシを食いに出て、久々に松屋に行ったら、メニューから牛焼肉定食とカルビ焼肉定食が消えていた!カルビ焼肉定食は結構好きだったのでちょっと痛い。なんかメニューが一気に寂しくなったな(´・ω・`)ショボーン。
★ジミー・ネルソンの『スウィート・シュガー・ダディ』を聴く。ちょっともっさりした感じがなかなか良いダサかっこいいブルース。聴いていて和む。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.26

中途半端な気持ち

本日の鬱度=△
昨夜は入眠剤を飲んでからまた2時間くらい起きていたので、いざ眠ろうとすると効き目が切れてしまって眠れない。久しぶりに明るくなるくらいまで起きていた。
それでも昼過ぎには起き、しばらくボーッとした後、適当にメシ食いに駅前まで出る。
何となくゲームがやりたいという気分はまだ持続していて、店頭で色々と手にとっては見るのだが、いざそのゲームをやる事を想像してみるとあれをやったりそれを考えたりせんといかんしいろいろ組み替えだのパラメーターだのに気を配ったりせんといかんし。とか考えている内に面倒くさくなって買うところまで至らない。
何も考えずに出来るようなゲームにすればいいのかも知れないがそれはそれで30分くらいで飽きて投げ出しそうな気もする。
まあ、もう少し自分の中で盛り上げが必要だなあ。
★ビリー・ホリデイの10枚組箱から2枚目を聴く。まあ、音楽的には1枚目と大差なくマターリ系の心地よいサウンド。この人は結構メロディーを崩して歌う方らしい。この2枚目には「Summertime」とか「Pennies From Heaven」とかワシでも知ってる有名曲が入っているが、かなり普通の歌い方とはアレンジを変えている印象だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.25

何とか医者へ行く

本日の鬱度=△。とは言えあまり調子は良くない。
7時頃起きるがメシ食った後二度寝。昼過ぎに再起床。
なかなか出かける気がしないので、ごろごろと本を読んだりCDを聴いたり。CDは久しぶりにアレックス・チルトンの『High Priest』を引っ張り出して聴いた。1988年頃、アレックス・チルトンにハマるきっかけとなったアルバムだから、もう15年以上経っている。久しぶりに聴いてみて、予想通りではあったのだけど、ブルースやゴスペル、ソウルといったアメリカンルーツミュージックの影響を色濃く受けた音である事にちょっと驚き。ロウエル・フルソンの「Make A Little Love」とかギター・スリムの「Trouble Don't Last」とかカバーしてるし。初めて聴いた頃は、まだブルースのブの字も判らなかった訳だが、それでもこういう『High Priest』みたいなアルバムにハマったところを見ると、ブルース好きになる要素はあったのかも知れない。
3時過ぎに、そろそろ行かねばということで重い腰を上げて出発。医者はもともと空いていた上、薬のみで診察パスしたのですぐ終わった。例によってモスバで休憩。
その後タワーで『ブルース&ソウル・レコーズ誌』をチェック(立ち読みとも言う)した後、駅ビル地下中古屋を巡回(簡略)。今日は所持金も少ないので、何も買わないつもりだったが、なんとかそれを守る、まあ、次回用に気になるアイテムの場所と値段はマークしておく。
ちょっと全体的に興味がジャズヴォーカル(女性)に移りつつあるようである。ダイナ・ワシントン、サラ・ヴォーン、ビリー・ホリデイ、エラ・フィッツジェラルド(手配中)、はひととおり買ってみた訳だが、あとアニタ・オ’デイとカーメン・マクラエが気になっている。アニタ・オ’デイは例のproperレーベルから4枚組箱が出ているのでそれを先に買うべきか。カーメン・マクラエはどうも廉価盤らしきものが出ていないか、品切れてしまったようだ。
まあ、追々集めていく予定。それより机の上にどーんと鎮座しているビリー・ホリデイ箱を何とかしないと。なんかすごい威圧感があるんですけど。
結局本屋で単行本を1冊買ったのみで、後は適当にメシ食って帰る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.24

引き続き眠る

本日の鬱度=▲
今日も引き続き眠い&鬱。
15時頃ようやく起きる。今日は通院日であるが行く元気がないので明日に延期。ということでまた眠る。18時頃起きると、とりあえず気分だけは大分ましになっていた。
★先日買ったビリー・ホリデイの10枚組箱から最初の1枚を聴く。アップテンポな曲が多い。ヴォーカルはわりとあっさり目で、前に出過ぎないというか、アンサンブルで聴かせる感じ。音質はまあまあだが、疑似ステレオにしてあるせいか、ところどころ不自然なエコーが気になる。モノラルのままでいいのになあ。
さて、明日は何とか医者行ってこにゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.23

ひたすら眠る

本日の鬱度=▲
とにかく眠い。起きる元気もなく15時頃まで眠る。
メシだけ食ったが、鬱な気分の上になんだか体調も悪い。ベッドに後戻りしてまたひたすら寝る。起きたのは22時回ってから。結局20時間くらい眠っていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.22

春にはちょっと早いが嵐

本日の鬱度=△
7時頃起床。メシ食ってから二度寝する。昼過ぎに胃のあたりが痛くなって目が覚める。空腹時に痛くなるということは胃よりも十二指腸か?昔ストレスの溜まる仕事をしていた時にそういう症状が出た事が何度かあるが今のこの状況でストレスが溜まるとは思えん。
とりあえず何か食い物をお腹に入れると治りそうなのでメシを食いに出る。ついでに本屋に寄って本を2冊ばかり購入。
夕方から雨が降り出し、台風のような激しい風雨になる。雷もなっていた。
「米CD業界、1人1500円の補償開始 」。日本じゃ、CDの価格を不当に釣り上げといて、補償どころか輸入盤の締め出しとかやってますが?この差は何なんだ。
★先日買ったサラ・ヴォーンの5枚組から最初の1枚を聴く。わりとスローなテンポのジャズ。ヴォーカルが甘めというか、柔らかい感じなので強烈な印象はないが、聴き込めばスルメになりそうな感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.21

今日は暖かいというより暑かったよ

本日の鬱度=△
9時頃起床。昨日に引き続き気分はよい。恒例の二度寝も昼過ぎに1時間ほどうとうとしただけ。これはまあ二度寝というより昼寝だな。
なんとなくゲームがやりたくなって駅前まで物色しに行くが(新品の値段を出す気にはなれないので中古のみ捜索)いまひとつ気分が乗らず買わなかった。ついでに散髪してメシ食って帰る。
★アルバート・キングの『More Big Blues』を聴く。STAX以降のような、「俺がアルバートだ!どうだ!!」的な脂っこさはなくちょっと地味目。しかし軽快な味わいはこれはこれでなかなか良い。
うわ!ルーシー・流て、またベタなCM!
さて明日はどうしたものか。ユニオンの大阪出張セールもやってるのだが今回はプログレなので今ひとつ気が乗らないしちょっと思案中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.20

CD大量購入(でも安い)

本日の鬱度=△
ようやく鬱から回復。
最近はあまりひどい鬱はないのだが、一度鬱になるとじとじとといつまでも続くので難儀だ。
昼過ぎに梅田へ出る。まずタワレコへ行ってみるが買うつもりだったものが売れてしまったのかなくなっていた。仕方ないので店内を一回りして雑誌売り場へ行くと「映画秘宝」の最新刊が出ていた。うわ表紙はソニンちゃんかよということで速攻購入。
モスバへ移動して休憩しながら中身を確認。著しく食欲を損なうような写真も多数掲載されているので、他の人の目に触れないよう気を遣う。ふむ「ゾンビ」のリメイクか。ヒロイン役の女優サラ・ポーリー?「バロン」に出てた女の子だな、大きくなったのう。
さてこの後であるが、今日は梅田だけにするつもりだったが、やはり買おうと思ったものが買えなかったのは心残りなのでありそうななんばまで出る事にした。ということで地下鉄に乗ってタワレコなんば店へ。
この前買ったダイナ・ワシントンの5枚組が予想以上に良かったので、ジャズヴォーカルものをもう少し聴いてみるか、でもあまり金はかけたくないなー、ということでまた廉価盤のお世話になろうというのが今日の目論見。なんば店に来てみると予想通り目的のものがあったのでゲット。
・サラ・ヴォーン『Hall Of Fame』(DOCUMENTS 220209)。この前買ったダイナ・ワシントンのと同じ5枚組のシリーズ。と思ったら、ジャケットのPAST PERFECTの文字の上にDOCUMENTSというシールが貼られてる!(相変わらず怪しいカタカナ表記は健在)。
1946〜1954年の77曲を収録。
・ビリー・ホリデイ『Portrait』(PAST PERFECT 204220)。こっちは10枚組の箱。5枚組のセットは紙箱にペーパースリーブ5枚+ブックレットが入っていてかなり小さいのだが、こっちは紙製の外箱に通常のプラケースが10枚+ブックレットという体裁なのでかなり嵩張る。24CARAT GOLD EDITIONなんて書いてあるが中身はどう見ても普通のアルミのCD。さすが怪しげです、1933〜1948年の187曲を収録。
満点ポイントカードを投入したので、これだけで終わればCD15枚で¥1000ちょっと。単価¥60代というダイソーCDもビックリな結果だったのだが、その後下のフロアで、もう1枚CDを購入。
・エリック・ウルフソンズ・ポー『More Tales Of Mystery And Imagination』(LimeLight Records LREC 0374)。元APPのエリック・ウルフソンが新たな仲間と作ったユニットで、エドガー・アラン・ポーの世界をテーマにした第2作を制作。ウルフソン御代がヴォーカルを取っている曲が1曲しか無さそうなのがちょっと気になるところだが…。
その後、日本橋方面の中古盤屋をチェックするも何も買うものはなし。結局本日はCD全16枚。1枚当たり単価は¥200強ということで、まずまずの結果でした。
■本日の読了本。諸星大二郎『栞と紙魚子 何かが街にやってくる』(朝日ソノラマ)。「栞と紙魚子シリーズ」の最終巻?まあ、例によって例の如く小〜大騒動が引き起こされる訳ですが今回は今ひとつ緊張感がないというか良い意味で手を抜いてる作品が多い。その肩の力の抜けさ加減は往年のライトニン・ホプキンスを思い起こさせます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.19

This Foolish Thing Again

本日の鬱度=▲
またしても夜まで寝たり起きたり。
夜に入って多少元気が回復したので久しぶりにCDを聴く。
★ロニー・ジョンスンの『Steppin' On The Blues』を聴く。戦前録音ということで音質の悪さは覚悟していたが、思った程悪くない。まあ、戦前ものはほとんど聴かないので平均的な音質が判らない訳だが。American Folk Blues FestivalのDVDで見たロニー・ジョンスンは、人のいいおじいちゃん、といった感じだったが、この頃はまだまだ若く元気そう。ベスト盤だけに曲調はいろいろ雑多だが、どんな曲でもそつなくこなすあたりが凄い。
CCCDの件で。ここのサイトを見て、フルトヴェングラーの没後50周年企画の再発盤もCCCDであると知った。没後50周年ということは著作権も著作隣接権も切れている訳で、そんなものをリスナーの反発食らう事が判っていながらCCCDにする意味がどこにあるのだろうか?それとも本当にリスナーの意見なんか知った事じゃないという態度なのか?ちなみにほとんどCCCD反対の声掲示板と化しているHMVのページはこちら
しかしamazonだと反CCCD的なレビューを書いても掲載されないらしいが(未確認)、HMVはちゃんと載るんですね。偉いぞHMV。ていうか単にチェックしてないだけかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.18

それでもCDはやってくる

本日の鬱度=▲
相変わらずの鬱。どうにも気力が出ない。
先日amazonに注文したものが届く。配送予定日より早く届いたのは久しぶり。
・パーシー・メイフィールド『Poet Of The Blues』(Specialty SPCD 7001-2)。1950〜1954年のSpecialty録音集24曲。ビルボードの10位以内にランクインした曲が7曲もある。
・ジュニア・パーカー『The Mercury Recordings』(Collectables COL-5624)。1967年?のMercuryへの録音14曲。全曲かどうかは例によって不親切なライナーノーツからは読み取れず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.17

Sleepy Time Time

本日の鬱度=▲
今日もどうも鬱気味。
当然一日ごろごろして過ごす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.16

This Foolish Thing

本日の鬱度=▲
久しぶりに鬱気味。外出する元気もなく一日寝て過ごす。
「海外生産の邦楽CD、国内への還流禁止 著作権法改正へ 」。もうね、アホかと、馬鹿かと。真面目にコメントする気にもならないかと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.15

25年ぶりくらい?

本日の鬱度=○
9時頃起床。
午前中はなんとか二度寝せずに過ごし、昼過ぎに梅田へ出る。例によって中古レコード屋巡り。駅ビル地下の中古盤屋って昔は日曜休んでたような気がするんだが今日回ったら全店開いてたな(って全店回ったのかよ)。
収穫は以下の2枚ていうか2セット。1枚あたりの単価=¥700くらい。うむ、いい傾向だ。今後もこれぐらいを目指そう。
・ハニーバス『She Flies Like A Bird The Anthology』(Sanctuary CMEDD 533)中古。「I Can't Let Maggie Go」のヒットで知られる(ていうかそれ以外にあまり知られていない)ポップバンド、ハニーバスの2枚組編集盤。編集盤と言っても全シングルのA&B面、アルバム、BBC出演時の音源、再結成時の音源など多分全曲収録ではないかと思われる。以前See For Milesレーベルから出ていた盤は持っているが、まあ決定盤ということで購入。
・『メータ・スペクタキュラー』(King Record KICC 9223/5)中古。最近平原なんちゃらとかいう歌手が、ホルストの「木星」をパクった(違)曲を歌っているが、それを聴いていたら久しぶりに(多分中坊以来)「惑星」が聴きたくなってきた。で探してみたら、それ系の音楽(どれ系だよ)を詰め込んだズービン・メータ指揮のCDが見つかったので購入。「惑星」以外には、R・シュトラウス「ツァラトゥストラかく語りき」、ジョン・ウィリアムズ「スター・ウォーズ組曲」「未知との遭遇組曲」、ストラヴィンスキー「春の祭典」「ペトルーシュカ」「15人の器楽奏者のための8つのミニアチュア」、以上7曲をCD3枚に詰め込んだお買い得盤。
なんか激しく濃いというかベタな選曲だが、個人的な好みとしては交響曲や協奏曲よりはこういう派手派手の管弦楽曲が好き。なんとなくプログレに通じるものがあるし。次は「展覧会の絵」とか「序曲 1812年」でも狙ってみるか〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.14

風の強い日

本日の鬱度=△
10時頃起床。
暖かいが、強風が吹いていた一日。今日は出かける気もなかったので、午前中はネット巡回しながら過ごし、昼からまた寝る。
昨日書いた『How The West Was Won』のDVDオーディオ盤だが、よく見たら去年の11月にはもうリリースされてるじゃん。3ヶ月も気が付かなかったとは…。
昔はレコード屋行ったらそれなりに一通り棚をチェックしていたが、最近は見たいとこだけ見てさっさと出てしまうからなあ。タワレコ難波店なんて6F(ジャズ・クラシック・ブルース)だけ見て5F(ロック)スルーてなこともあるし。もう新譜とか見逃しまくりだ。
★ライトニン・ホプキンスの『The Lost Texas Tapes Volume 4』を聴く。リラックスしてる、と言うよりはだらけきってるという感じのセッション。だがそこがいい!30分弱しかないので物足りないのが難点だが。もう少し長ければなあ。しかし裏ジャケに書いてあるトラックリストと実際のCDのトラックの切り方が全然違うぞ!さすがCollectables。なんか一昔前のブートみたいだ。と言う訳で別のレーベルからもうちょっとマシな形で再発希望。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.13

何とか出かける

本日の鬱度=△
9時頃起床。
今日こそは出かけるぞ、と思いながらいつものようにグダグダと時間を過ごし、これ以上家にいたら出かける意味がなくなるというギリギリの時間にようやく外出。
時間も遅いのでなんばというかなんさん通り周辺のみ回る。結局買ったのは以下のもの。
・クリーム『Those Were The days』(POLYDOR 539 000-2)中古。1997年に出た4枚組BOXセット。クリームのアルバムほぼ全曲+未発表曲をスタジオテイク、ライヴテイク各CD2枚ずつに分けて収録したもの。未発表曲の数がイマイチ少ないので、アルバム持ってると今ひとつ買う意義が少ないのだが、リマスター前のCDしか持ってないので、買い換えるよりめんどくさくないし、何より安かったので購入。分散されていたライヴテイクがまとめて聴けるのも便利かと。
・トニー・ハードレイ『Obsession Live』(CATSLE PIE PIESD278)中古。元スパンダー・バレエのヴォーカル、トニー・ハードレイの1999年のライヴ盤。何だかんだでスタジオアルバムの方はまだ買ってないのだが先にライヴ盤を見つけてしまった。うわ、amazonで見たら新品の値段と大して変わらんよ_| ̄|○
あと、気になったものとして、ツェッペリンの『How The West Was Won』のDVDオーディオ盤が出ているのを見つけた。うわーいつの間に!!DVDビデオ用のデータも入っているので、一応DVDプレーヤーでも聴ける。枚数もCDの3枚組→2枚組になってるから取り替える手間が1枚分省けるし。でもうちは疑似サラウンド環境しかないからなあ、買っても猫に小判のような気も…。
まあ、どっちみち国内盤しかなかったので見送った訳だがamazonで見ると結構安い。『Fragile』のDVDオーディオ盤と一緒に買ってしまうべか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.12

書く事が無い

本日の鬱度=△
今日もやる気なし。昼間中寝て過ごす。
書くこと無し。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.11

眠い一日

本日の鬱度=△
昼前に起床。
昨日に引き続き外出でもするかと思ったが、いまひとつ盛り上がらず結局一日寝る。ダメダメだな。
年明けにamazonに発注したものの残り1個がなかなか来ないなと思ったら案の定今日発送が遅れますメールが来た。発送予定来月かよ。去年の11月に発注したのも1枚まだ来てないし最近amazonは遅れることが多いな。仕方がないので?次の発注を2枚ばかりかける。今度は「6〜7日で発送」のものばかりなのでそんなに遅れなさそうだが…。
■本日の読了本。松尾由美『銀杏坂』(光文社文庫)。読んだこと無い人だが、タイトルがなんか気になったのと最近の光文社文庫はなかなかいい仕事しているので買ってみた。
木崎という中年の刑事を主人公にした連作短編ミステリ。毎編、幽霊とか予知夢とかオカルト的な要素が盛り込まれているのが特徴。オカルトとかSFをそのままミステリに持ち込んでしまうとミステリとして成立しなくなってしまうことも多いのだが、その辺は上手く処理してある。淡々とした調子のなかにほのかなユーモアとペーソスを感じさせる読後感。なかなか面白かったので他の本も読んでみようと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.10

何とか医者へ行く

本日の鬱度=△
昼前に起きる。今日は通院日だが例によって出る気がしない。しかし今日行かないと明日は祝日、明後日は医者の休診日で次に行けるのが金曜日になってしまう。そこまで薬を抜くと激しく禁断症状が出るので行かざるを得ない。
結局16時頃までベッドでごろごろしたあげく、なんとか腰を上げて医者へ。
17時過ぎに着いたら、薬待ちの人1人だけ。なんか最近人が少ないんだが大丈夫か?
30分弱で終わり、例によってモスバに休憩に寄ったら新商品の「春待ち大根バーガー」というのが出ていた。パティの代わりに大根を挟んであるのかアバンギャルドな食い物だなと思ったがそうではなくて、パティの上に輪切り大根が載せてある(それでもかなりアバンギャルドな外見だが)。面白そうなので頼んでみたが、これが結構美味しかった。肉と大根の組み合わせには以外にも違和感がなくうまく調和している。柚子風味のソースもなかなかいける。個人的には結構ヒット。
その後レコ屋巡りをするも今日は何も買わず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.09

今日もグダグダ

本日の鬱度=▲
久しぶりに8時頃起床。メシ食った後、例によって二度寝。昼頃起きるが、気分が優れず外出する気がしない。会社行くのは後日にしてまた寝る。
晩飯は、松屋の豚めしが美味しいとネットで評判らしいので食べてみる。うむ、確かにんまい。牛丼に関しては吉野屋派で松屋の牛めしはあまり好きでなかったのだが、豚めしは結構いけるかも。ちょっとあっさりめで物足りない感じもするが、おろしポン酢を少しかけるといい感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.07

いきなり復活

本日の鬱度=○
前日までの引きこもり状態が嘘のようにいきなり元気になる。どりゃあっ!とばかりに神戸方面へ出かけてみる。割合最近巡回したところだが、その割には結構ものが入れ替わっていた。つーことでそれなりに買った。でも単価はイマイチ安くない。
・飯田圭織『エーゲ海に抱かれて』(zetima EPCE-2021)新品。飯田さんの初ソロシングル。もはやハロプロ関係については(少なくとも音楽面では)ほとんど興味を持てなくなっている自分であるが、やっぱり飯田さんだけは別。まあお布施という意味合いが強いが。
最近輸入権の問題とかで本当に国内レコード業界については愛想を尽かしかけているので、今後はCCCD/通常CDに関わらず基本的に国内盤不買運動をしようかと検討中。これを最後に当分国内盤は買わないかも知れない(まあ、中古は別)。
・ロイ・ホーキンス『The Thrill Is Gone』(ace CDCHD 754)新品。ウェストコーストのシンガー/ピアニスト、ロイ・ホーキンスのmodern録音集。1950〜1952年の24曲。ちなみにタイトルにもなっている「The Thrill Is Gone」はB.B.キングのヒット曲として有名だが、この人がオリジナルである。
・ロニー・ジョンスン『Steppin' On The Blues』(COLUMBIA CK 46221)中古。1925〜1932年のOkehレーベル録音のベスト盤。『American Folk Blues Festival』のDVDでの演奏が結構好みだったので手を出してみました。
・ライトニン・ホプキンス『The Lost Texas Tapes Volume 4』(collectables COL-CD-5206)中古。このシリーズはVolume 5まで出ているのだが、どれもさすがcollectablesと言いたくなるようなやっつけ仕事っぽい作りなのであまり購入意欲が湧かなかった(収録時間短いし)。このVolume 4はその中でもまだマシそうなので安かったこともあり購入。中身はビリー・バイザー(契約の都合上か、クレジットではCurley Leeとなっている)とかも参加したジャムセッションらしい。9トラックあるがその内4トラックは「Talking」となっているので実際の演奏は5曲のみ。まあ、曲間の会話とかも含めて収録してくれた方が嬉しい訳だが。
・アンダーソン・ブラッフォード・ウェイクマン・ハウ『Brother Of Mine』(BMG 162 379)中古。3曲(アルバム未収録曲1曲含む)入り8センチCDシングル。
つーことで久しぶりの外出を堪能して帰宅。来週はもうちっと外へ出るようにせんとな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.06

諦めモード

本日の鬱度=△
今日はもう最初から諦めモード。当然そんな状態で出かけられる筈もなく一日中寝る。
もうメシ食いに行くのもめんどくさいので宅配ピザなど取ってしまう始末。
結局部屋から一歩も出ず。
★この前買ったサイモン&ガーファンクルの箱から最初の2枚を聴く。アルバムにすると4枚分。超有名な「サウンド・オブ・サイレンス」が2バージョンあるのも知らなんだよ。個人的には1stに収録されてるアコースティックなバージョンの方が好き。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.05

まだまだ加速中

本日の鬱度=△
今日も昼前に起床。今日はなんとか外出できそうだと思ったのだが、出かけようとしたら激しく雪が降ってきたので雪止み待ちしている間に萎えてきてやっぱりダメだった…。
これは結構深刻かも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.04

引きこもり化加速中

本日の鬱度=▲
昼前に起きる。今日こそは外出しようと思ったのだが、やっぱり無理。また寝る。
★フロイド・ディクソンの『Marshall Texas Is My Home』を聴く。いかにもウェストコースト、といった感じのR&B。ヴォーカルはややシャウト系。んー声質がイマイチ好きになれんかな。
もう1枚。アルバート・キングの『Live』。なんか断片的に結構聴いているので初めて聴くような気がしない。安定した演奏だがやや刺激に欠けるか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.03

まだまだ寝るのだ

本日の鬱度=▲
相変わらずの状態。昼前に起きるが昼からまたしてもベッドに逆戻り。夕方まで寝る。このところ平均しても1日12時間くらい寝てるな。
Safariのアップデイトが キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! と思ったらパンサーにしか対応してなかった(´・ω・`)ショボーン。今さらパンサーにするのもなあ、次のバージョンまで待つか…。
★ダイナ・ワシントンの5枚組箱から最後の1枚を聴く。1954〜1956年の録音で、全曲ライヴ録音。著作権とのからみか?でもライヴでも50年経ってないからまだ著作権は消滅していないはずだが…。ライヴだからか、10分前後の長い曲が多め。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.02

まだ寝る

本日の鬱度=▲
今日も激しく眠い。今日は朝食に起きる元気もなく、夕方までひたすら眠り続ける。これだけ毎日安定して眠り続けられると言うことはやっぱり抗鬱剤の影響なのかなあ、そうなると根本的に直すのは難しいという困った状況。なにか打開策はあるのか…。
夜に入ってコンビニに買い物に行く。『スティール・ボール・ラン』が始まってから、2週間ジャンプを買ってきた訳だが、あまりに他に読むものがない(SBR以外全滅、という状況。「HUNTER×HUNTER」は相変わらず下書き状態だし)ので、今週から立ち読みで済ますことにしました。そのかわりコミックスが出たら買う、と。その方針で。
★今日はダイナ・ダイナワシントンの5枚組箱から4枚目を聴く。1952〜1953年の録音。かなりスローなナンバーが多く、ぐっとオトナの雰囲気。なかなかいいです。
もう1枚、ダイソーCDの「フルヴェン名演集Vol.10」。ベートーヴェンの「ヴァイオリン協奏曲二長調op62」を収録。音質は決して悪くはないのだが、メインのヴァイオリンの音がどうしても解像度が低いため、今ひとつ聴いていていても物足りない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.01

寝てばかり

本日の鬱度=△
もう2月か早いのう。
10時頃起床。適当にTV見た後、梅田でも出るかと思ったが、今ひとつ元気が出ずやっぱり夕方まで寝る。こんなんばっかし。
★先日買ったトスカニーニの『ワーグナー管弦楽曲集I』を聴く。1950年前後のかなり古い録音であるが、スクラッチノイズがかなりあるのを除けば音質は以外といい。演奏の方もダイナミックで聴き応えがある。
明日はどっか出かけてみたいがなんか雨降るとか言ってるしなあ。また一日寝ている予感。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2004 | Main | March 2004 »