« February 2004 | Main | April 2004 »

March 2004

2004.03.31

またも鬱

本日の鬱度=▲
先週に引き続き、またも鬱気味。季節の変わり目だからか、どうも安定していない。寝るのが薬、なのかどうかよく判らないのだが、他の事をする元気もなく一日寝る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.30

Netですかい?

本日の鬱度=△
昼過ぎに起床。適当にネット巡回してたらなんとか眠らずに夜まで過ごせた。
ここ2,3日ウイルスメールの数が激増(と言っても大した数ではないが)。どうもNetSky.Qのようだ。まあ、Macなので感染はしない訳だがちょっとウザイ。
★ビッグ・ママ・ソーントンの『Ball N' Chain』を聴く。もっとパワフルでシャウトする感じのヴォーカルかと思っていたが、八分目くらいの力で歌っている感じで余裕が感じられる。もともと力がある人だけにそれでも十分迫力はあるのだが。バックのメンツは最初の8曲がフレッド・ビロウ、バディ・ガイ、フレッド・マクドウェルなど、次の5曲がマディ・ウォーターズ・バンド(マディ、オーティス・スパン、ジェームズ・コットン、フランシス・クレイなど)で、すごい豪華。
もう1枚、伊福部昭の『未発表映画音楽全集・東映編』を。座頭市シリーズ5作、眠狂四郎シリーズ2作、「大殺陣 雄呂血」、「無法松の一生」、「忍びの者 霧隠才蔵」を収録。全て時代劇ということでかなり和風というか日本調の曲が多い。「佐久間ダム 3部作」のようなものものしいドラマティックな曲はないが、なぜか哀愁に満ちたヒロインのテーマ曲が印象に残る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.29

眠らないために

本日の鬱度=△
昨夜も寝付きが悪い。入眠剤依存体質改善のためにマイスリーを2錠→1錠に減らしているのだがそのせいもあるかも知れない。
なんとか昼過ぎに起きる。家にいるとまた寝てしまうのは必至なので、久しぶりに神戸方面へ出かける。
今回は積極的に買う気がなかったので(未聴盤が山積みになってるし)、適当に見て回る。こういう時に限って凄いものが落ちてたりするものだが、今回は下の1枚のみ。
・伊福部昭『伊福部昭未発表映画音楽全集・東映編 親鸞/十三人の刺客』(VAP VPCD-81188)。先日見あたらなかった東映編を発見!本編というか特撮映画をメインにした全集の方も欲しいのだが結構プレミアがついていることが多いのでなかなか手が出しにくい。とりあえずamazonではまだ買える(みたいな)『大魔神メモリアルBOX』を買ってしまおうかと考え中。
あとはエリック・クラプトンの新譜『ワシとジョンソンさん』(意訳)が出ていたが、輸入盤は例によってCCCD。もうタワーとかには通常CDは出回らないんだろうな〜(´・ω・`)ショボーン。今回は国内盤は通常CDなのだが高いし。国内盤の中古待ちですかのう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.28

日曜日はひたすら寝る

本日の鬱度=△
どうも睡眠のリズムがまだ回復していないのか、寝付きが悪い。昨夜も4時過ぎまで眠れず。
ということで何度か目は覚めるものの、眠気が取れず結局一日寝る。こういう事をしているからいつまで経っても睡眠のリズムが崩れたままな訳だが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.27

土曜日は平穏無事

本日の鬱度=△
昨夜はなんとか普通に眠れた。今日は朝から何度か目が覚めるもなかなか起きられずようやく13時過ぎに起きる。
とりあえず家を出て昨日行けなかったレコードフェスタに行く。このイベントは前からアナログ盤比率が高めなのだが、今回は特別高い。わずかにあるCDもブートばっか。
それでもなんとか2枚ばかり発掘。
・ロイ・ミルトン『Vol.3 Blowin' With Roy』(Specialty SPCD-7060-2)。ロイ・ミルトンのSpecialty録音第3弾。1947〜1953年の25曲を収録。
・カースティ・マッコール『Walking Down Madison』(Virgin Records VSCDG 1348)。4曲入りデジパック特殊仕様CDシングル。セロテープを剥がしたような跡があったりあまりコンディションは良くないがこの手のものはなかなか出てこないので買っておく。
その後は適当に休憩したり中古盤屋を回ったりするが収穫はなし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.26

金曜日は波瀾万丈

本日の鬱度=△〜▲
ということで、昨夜は早めにベッドに入ったのだが、これがまた眠れない。入眠剤は水曜日で切れてしまって、飲んでないのだが、そのせいだろうか。う〜む、入眠剤に依存した身体になっているなあ、ちょっと徐々に量を減らすようにしていかんと…。
さすがに二晩目ということでけっこうしんどい。身体は眠りたがっているのだが、頭がどうしても眠りに入れないと言う感じ。眠りたいのに眠れないというのはしんどいもので、昼間は躁気味といっていいくらいだった気分も急速に落ち込んだり、また上昇したり不安定。危険な兆候かも知れない。
結局朝まで眠れなかった。朝になってから、時計をみるといきなり2時間ばかり時間が進んでいたという事があったので、多少は眠った模様。全然自覚はないが。
結局10時過ぎまでごろごろしてから、医者へ出かける。薬のみなのですぐに済んで12時過ぎには解放される。
今日からいつも心斎橋でやっているレコードフェスタが梅田で開催されるのだが、開始時刻が16:00。あと4時間弱も待っている元気がなかったので、一瞬だけタワレコを覗いてさっさと帰宅。
入眠剤をビールで流し込み(本当はアルコールと併用するべきではない。良い子はまねしちゃいけません)、ベッドに潜り込み、9時間ばかり爆睡する。起きたら23時半。ニュースステーションの最終回見逃した。
まだ体調が完全でないので、ネット巡回も簡略化して寝る事にする。さて今度は寝れるかな?
久しぶりに闘病日誌っぽい内容になった訳だが、ちっとも嬉しくない。お気楽日誌で十分だよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.25

またもキャンセル

昨日書き忘れたことの補足。
朝起きてメールチェックすると、amazon.co.jpからメールが届いていた。予想通り、1月始めに注文して配送遅れになっていたもののキャンセル。3ヶ月も待ったのにヽ(`Д´)ノ。
で、キャンセルになったものというのが毎度おなじみ怪しい廉価盤レーベルPast Perfectから出ているエラ・フィッツジェラルドの10枚組箱。後でamazon.comのマーケットプレイスを見てみると在庫を持っている店が何軒かあるみたい。送料がかかる分、割高になってしまうがいざとなったらそちらで注文しようかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

木曜日に持ち直す

本日の鬱度=△
ここ数日爆睡していたせいか、昨夜は眠れず。そのまま朝になったが、徹夜明けハイも手伝ってか、気分は持ち直す。さすがにしんどくなって何度かベッドに入ったのだが眠れずまた起きて、を繰り返し、結局一睡もできなかった。今日は早く寝ないとしんどい。
★アニタ・オデイの4枚組箱から最初の1枚を聴く。1枚目にはジーン・クルーパ楽団と一緒に演った音源を収録。この頃はバンドの演奏が主体で、アニタのヴォーカルはアクセント程度の扱いなので今ひとつ物足りない。やはり素直にソロになってからの音源を先に聴くべきだったか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.24

水曜日は最悪

本日の鬱度=●
鬱状態悪化中。久しぶりに●状態となる。
明日は休診日なので、今日医者に行かないと金曜日まで行けない。しかしどうしても行く気になれない。おまけにここ2,3日寒かったせいか、風邪気味で鼻水が止まらない。幸い、薬は木曜日の分まであるので(と言う事はどこかで飲み忘れた、ということだな)金曜日に延期してひたすら寝る。
夜に入って気分はいくらか持ち直し気味。しかし風邪の方は直らず、僅かだが熱も出てきた。なんとか明日中には回復せんと。
★伊福部昭の『伊福部昭未発表映画音楽全集・岩波映画編』を聴く。こてこての伊福部節が炸裂状態で、特撮映画のサントラとしても使えそうな程。映画の方も是非見てみたい(なんかフィルムは総集編しか残っていないようだが)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.23

火曜日はもっと悪い

本日の鬱度=▲
昨日に引き続き鬱。しかも悪化している。
今日は通院日だったが、どうにも動く気になれないので明日に延期してまた寝る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.22

ブルー・マンデイ

本日の鬱度=▲
今日も相変わらず寝たり起きたりして過ごす。
思い切り鬱なムードの夢から覚めたら、夢の中の気分を引きずってそのまま鬱状態に。鬱だから鬱な夢を見たのか、鬱な夢を見たから鬱になったのか、俺が蝶の夢を見ているのか、蝶が俺の夢を見ているのか。何だか狐につままれたような気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.21

ごろごろ

本日の鬱度=△
今日も相変わらず眠い、昼頃に起きてメシ食うがその後またベッドへ。結局暗くなるまで寝床で過ごす。
後はTV見たりCD聴いたり。「アナザへヴン」はなんだか中途半端なつくりの映画だった。まあ、TV放映2時間枠と言う事でかなりカットされているというのを考慮しても。良かったのはヒロイン役の市川実和子くらい。
★サラ・ヴォーンの5枚組箱より最後の1枚を聴く。かなり良いです。この人の声質は、かなり低い声と裏声に近い高い声の両方が魅力的なのだが、ここではその2つの使い分けというか行き来が実に自然で聴いているものの魂を揺さぶらせる。名唱です。
★もう一つはフェントン・ロビンソンの『Mellow Fellow - Charly Blues Masterworks Vol.41』を聴く。前半の曲は、かなりへヴイーなファズギターがかぶせてあるということで、ファンの受けはあまり良くなかったみたいだが、聴いてみるとそれほどウザイということもない。まあ、どっちかというとあまり派手な音が似合う人ではないと思うが、これぐらいなら十分行けるんじゃないの?
後半の曲はそのファズギターもなくなって落ち着いた作り。まあ確かにこの方が一般受けはすると思うが、個人的にはどっちも好きだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.20

久しぶりの散財

本日の鬱度=△
今日も眠い。昼過ぎまで爆睡。
どうにか起きて日本橋方面へ出かける。今日は北上コースで適当に回る。あんまり大したものも無いだろうと思っていたが意外な結果に。
・エラ・フィッツジェラルド『Newport Jazz Festival Live At Carnegie Hall』(LEGACY C2K 66809)。1973年7月5日のカーネギーホールでのライヴの完全収録盤2枚組。
・ビッグ・ママ・ソーントン『Ball N' Chain』(Arhoolie CD 305)。1965年ロンドン、1966年サン・フランシスコ、1968年ハリウッドの3つのセッションを収録した編集盤。
・ 同 『The Rising Sun Collection』(Just A Memory RSCD 0002)。1977年4月12日、 Rising Sun Jazz Clubでのライヴを収録したもの。
・伊福部昭『伊福部昭未発表映画音楽全集・大映編 座頭市シリーズ/眠狂四郎シリーズ』(VAP VPCD-81186)
・ 同 『 同 ・松竹編 狼よ落日を斬れ』(VAP VPCD-81187)
・ 同 『 同 ・日活編 ビルマの竪琴/海の野郎ども』(VAP VPCD-81189)
・ 同 『 同 ・岩波映画編 佐久間ダム三部作』(VAP VPCD-81190)
伊福部昭が音楽を担当した映画の内、特撮映画以外のそれまでサントラが出ていなかった映画について1997年にまとめられたもの。全部で5枚あるが、東映編だけが見あたらず。安いとは言えなかったが、プレミアがついていてもおかしくないものなので、泣く泣く購入。「佐久間ダム三部作」はかなりの傑作らしいので楽しみだ。
つーことで久しぶりに散財しました。
その後タワレコへ寄って「映画秘宝」を買って帰宅。
TVを見ていると、ニュース速報で「いかりや長介さん亡くなる」のニュースが!衝撃だった。ちょっとマジで凹む。ご冥福をお祈りします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.19

箱入り娘

本日の鬱度=△
今日も相変わらず寝たり起きたりの生活。
amazonより先日注文したものが到着。
・アニタ・オデイ『Young Anita』(PROPER PROPERBOX 21)。おなじみ廉価盤レーベルPROPERの4枚組ボックスセット。アニタ・オデイの1941〜1950年録音の89曲。ジーン・クルーパ楽団などのヴォーカリスト時代の音源からソロでやり始めた時期まで。廉価盤と言いながら丁寧な作りで、ブックレットも充実。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.18

寝たり起きたり

本日の鬱度=△
今日は一日、起きる→しばらくぼーっとする→また寝る、の繰り返し。もう怠惰きわまる毎日ですわ。
ファミリーマートで買い物したら、おにぎりが当たった。2回連続だ。ワシの前で買い物してたおねえちゃんも当たってた。確率高すぎ。保存の効かないものを貰っても正直有り難迷惑だなあ。その分値引きしてくれるほうが有り難い。
★ロイ・ホーキンスの『The Thill Is Gone』を聴く。T−ボーンっぽい小粋なジャズ路線の曲から、ノリの良いジャンプナンバーまで、いかにも西海岸ブルースという感じの音。タイトル曲「The Thill Is Gone」はB.B.キングとかのバージョンに比べるとかなり地味。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.17

富井航空

本日の鬱度=△
昨日寝不足だったせいか、激しく眠い。14時頃まで泥のように眠る。
15時すぎにHMV通販に頼んでいたものが来る。
・Tommy February6『Tommy airline』(DefSTAR RECORDS DFCL 1140-1)。Tommy February6の2ndアルバムです。え〜と、プロモヴィデオ収録のDVDを買ったら、なんかレーベルゲートCD2とか言うCDもどきのアルバムがおまけでついてきたんですが何か?_| ̄|○
DVD付きの初回限定盤は、「airline」がタイトルということでブックレットがパスポート風になっていたり、航空券や荷札風のおまけがついていたりと無駄に豪華な作り。1stの初回限定盤は速攻で売り切れてヤフオク高沸祭りになっていたので、念のため予約してみたのだが、今回は大量に作ったみたいでヤフオクでは既に定価割れ状態。
今まで買ったCCCD(全部トミー関係)は、うちのMacだと認識はするんだけど何故か最後のトラックだけがリッピング途中でエラーになってしまっていたのだが、今回はすんなりリッピングできた。進化している…のか?(むしろ退化というべきか)。
肝心の中身だが、シングル曲以外はちょっと地味な感じ。なんか1stのセルフパクリという感じがしてしまうのは止むを得ないか。
夕方からちょっと梅田へ出る。駅ビル地下をうろうろしたが目新しいものもなく何も買わず。ジュンク堂まで行くのがめんどくさかったので旭屋で本を2冊ほど買って帰る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.16

今度は詰まったよ

本日の鬱度=△
少し前から風呂場の排水管の流れが悪いなと思っていたのだが、まだ完全に詰まった訳ではないものの、かなりヤバくなってきたので、今日は9時に起きて業者に電話する。
暇だったらしく1時間くらいで来てくれてごそごそやっていたと思ったら10分くらいで直ってしまった。早っ!
その後は適当にTV見たり、昼寝したりぼけーと過ごす。夕方からメシ食いに駅前に出るが、なんか左足のふくらはぎが痛い。別に痛めるようなことをした覚えはないのだが。もう運動不足の極致ですわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.15

怪しい雑誌

本日の鬱度=△
今日も眠い。14時過ぎまで熟睡。夕方外出して本屋へ寄り、レコードコレクターズ誌の最新号と「別冊映画秘宝 実録殺人映画ロードマップ」という人前ではとても読めない怪しい雑誌(正確にはムック)を買う。レココレは特集のディープ・パープルの記事はざっと目を通していつものごとく後半のレヴューのコーナから熟読。お、ライノハンドメイドからパーシー・メイフィールドのCDなんか出てるのか。ちょっと欲しいなあ、限定2500枚かー。ネオン・フィルハーモニックの2枚組CDもちょっと欲しいのだが、送料入れると結構高いしなあ…。ちょっと思案。
★エスター・フィリップスの『Black-Eyed Blues』を聴く。もっとジャズっぽいのかと思ったら、これは全然ジャズじゃなくブルース+ソウル+R&Bの混ぜこぜという感じ。なんでもあり加減がなかなか良い感じ。イアン・ウォーレスのドラムはそう言われればそうかなというぐらいであまり目立ってない。ボズ・バレルのベースはとりあえずベース弾いてるな、という感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.14

怪しい番組

本日の鬱度=▲
今日も鬱気味。昼間はやはり寝る。
夜中、サンTVを見ていると「Sunday Music Box」という番組をやっているのを発見。うわ、何だこの番組は!スタジオの壁に布(しかも花札の模様をプリント)を垂らして適当に机と椅子を置いたような貧相なセット。あまりにも怪しすぎる出演者達(しかもバニー姿のカバーガールまでいる)。ものすごい寒いノリ。なんだか20年くらい前で時間が止まっているような雰囲気。「蜜蜂 BUN BUN BUN」とかいう曲のプロモヴィデオ?を見ているとマジで目眩がして倒れそうになりました。素敵だ!素敵すぎる!こんな素敵な番組を今まで見逃していたなんて(いや全然惜しくないけど)。
サンTVが視聴可能な地域の人は一度見てみてください(第2日曜の24:30〜25:00)。まあ一度見れば十分だけど。ちなみに直前にやってるメグマリコとか出てる「踊る英会話レッスン」という番組も結構キてます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.13

怪しい誤植

本日の鬱度=▲
久しぶりに鬱気味。とりあえず寝るのが薬。ということで夕方まで爆睡。
★カール・ベームのワーグナー管弦楽曲集を聴く。もっと重々しいのかと思っていたが案外さらっとした感じ。ちょっと物足りない気もするがまあ悪くない。CDの裏ジャケの指揮者名のところが「カールー・ベーム」と怪しいインド人みたいな名前になってて爆笑。
■本日の読了本。宇月原晴明『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュノス』(新潮文庫)。織田信長が実は半陰陽だったという仮定のもとで描かれた伝奇小説。信長の時代のストーリーと、第二次世界大戦前のヨーロッパを前にしたストーリーが同時進行する仕組み。伝奇小説にありがちなどろどろしたところがなく、非常に冷静な筆致で描かれている。ちょっとついていけない所もあるがなかなか面白かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.12

月イチユニオン

本日の鬱度=△
昼過ぎに起床。適当にネット巡回してから、夕方から梅田に出る。
今日からディスクユニオンの大阪出張セールやってるので一応覗いてみる。今回はオールジャンルということで品揃えとしては薄かったが、それでもなんとか3枚ばかり発掘。
・スヌーキー・プライア『Mojo Rable』(Electro-Fi E-fi 3381)。録音日時は不明だが、メル・ブラウンとかと演っているライヴ盤。
・ルーサー・アリソン『Pay It Forward』(Ruf Records RUF 1060)。1977〜1992年にかけて録音された曲を集めたもの。未発表曲多し。
・V.A.『Alan Lomax: Blues Songbook』(Rounder 82161-1866-2)。アラン・ロマックスによるブルース・フィールドレコーディング集。ミシシッピ・フレッド・マクドウェルやハウリン・ウルフ、マディ・ウォーターズといった有名どころからあまりきいた事のない人まで42曲をCD2枚に詰め込んだもの。
以上。とりあえずCD1枚あたりの単価は¥1000を切ったのでよしとする。
適当にメシを食ってから、レココレ誌のフライングゲット目当てでタワレコまで行ってみたがまだ入荷していなかった。一日早かったか。仕方ないのでそのまま帰宅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.11

引き続き寝る

本日の鬱度=△
引き続きバッテリー切れ状態。夕方まで熟睡。
★サラ・ヴォーンの5枚組箱から4枚目を聴く。今回は男性ヴォーカルとのデュエットがあったり、ブギウギっぽいアップテンポなナンバーがあったりと結構バラエティーに富んでいて楽しい。
もう1枚、フランキー・リー・シムズの『ルーシー・メイ・ブルース』を聴く。うおお、かっこいい!ラフでワイルドなカントリーブルース。ライトニンとはまた違った良さが!Specialty以外にも録音してるようだが、CD出てないのかなあ。amazonでは見つからんかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.10

4ヶ月待ったのに…

本日の鬱度=△
昨夜は早速『ネイチャーサウンド・リラクゼーション(1)◆森のささやき』を寝る時に聴いてみた。時々入るハエ?の羽音が妙にリアルでイマイチ安らげないが、なかなか良い。もっとも前夜ほとんど寝ていないので半分も聴かない内に寝てしまったが…。
日曜日から3日連続で動いたので、今日はバッテリー切れ気味。ということで一日寝て過ごす。
amazon.co.jpからメールが来る。昨年11月にオーダしてまだ届いていなかったもの、結局キャンセルされた。4ヶ月も待ったあげくにキャンセルかよ!ヽ(`Д´)ノウワァァァン!
もう一つ待ち状態になっているのもヤバいなあ。そっちももう2ヶ月以上待ってるんだが…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.09

梅田〜心斎橋〜日本橋

本日の鬱度=○
このところちょっと躁気味だからか、昨夜はろくに眠れなかった(うとうとした程度)。
それでも7時頃には起きて、午前中はCD聴いたりして過ごし、11時頃に家を出て医者へ。しばらく話すがやはり打つ手無し、自然治癒に任せるしかないという話に。
13時ぐらいに終了。なんかカレーが食べたかったので、前からちょっと気になっていたカレー屋へ行ってみた。結構インド風の味付けで美味かったっす。
さて昼飯食い終わってもまだ13時半なので、久しぶりに心斎橋でも行ってみる事にした。
中古盤屋5店+タワレコ+その他を回った。なんか、Velvet Moonが閉まっていたので潰れたのか?と思ったが、店のHPによると移転準備のため一時閉店中とのこと。
結局キングコング3店でそれぞれお買い物。最初の店ではこれ。
・T−ボーン・ウォーカー『Funky Town』(BGO RECORDS BGOCD116)。ケースが激しくひび割れしているが、どうせソフトケースに入れ替える(いずれ)ので無問題。1968年録音。絶頂期は過ぎたT−ボーンだが、同じくBGOから出ていた『Stomy Monday Blues』は結構良かったので、これも期待できる。しかし、このBGOから出てる2枚。どっちも収録時間が30分強しかない。ここは是非とも「2in1業界最大大手」(このネタは「これを聴いて死ね〜ブリティッシュ・フォーク・ナウ〜 」さんより無断引用)のBGOには1枚にまとめて欲しかったところである。
2店目ではこれ。
・『ネイチャーサウンド・リラクゼーション(1)◆森のささやき』(大創産業CD-R-1)
・『  同  (7)◆クジラのコーラス』(大創産業CD-R-7)見ての通り、ダイソーの100円CDです。ダイソーのCDをわざわざ中古盤屋で買うのもアレですが、家の近所には置いてなかったので。値段も¥77と微妙に安かったし。中のブックレット(ていうか紙切れ1枚)を見ると(1)〜(10)まであるらしい。う〜む、全部揃うだろうか。
3店目では嫌なものを見つけてしまった。しばらく前に買おうかと思って悩んでいたもの。で、結局買ってしまった訳ですが…。
・レッド・ツェッペリン『ハウ・ザ・ウェスト・ワズ・ウォン』(ATLANTIC WPAR-10101/2)。昨年6月に発売された1972年ライヴのDVDオーディオ盤。国内盤なので、中古といえどもamazon輸入盤新品価格よりやや安め、くらいだったがまあこの機会に買っておく事にした。まだ聴いてないので通常のCDとどのくらい違うかは判らない。楽しみ。しかしこのDVDオーディオのケースの大きさは何とかならんのか?横にしても縦にしてもCD棚に入りやしねえ。嫌がらせか?
その後何度か目の休憩をするが、まだ17時前。ということで南下してなんば〜日本橋方面へ足を伸ばす。その辺にあったダイソーに入ると、さっきの100円CDのシリーズが置いてあるではないか!ということで追加購入。
・『  同  (2)◆海のささやき』(大創産業CD-R-2)
・『  同  (3)◆川のせせらぎ』(大創産業CD-R-3)
・『  同  (4)◆虫のシンフォニー』(大創産業CD-R-4)
・『  同  (5)◆小鳥のシンフォニー』(大創産業CD-R-5)
・『  同  (6)◆雨音の調べ』(大創産業CD-R-6)
・『  同  (7)◆クジラのコーラス』(大創産業CD-R-7)
・『  同  (10)◆海の調べ』(大創産業CD-R-10)
(8)と(9)だけが揃いませんでした。
基本的には、タイトルにあるような自然音を流して、それにクラシックの名曲をかぶせる、というもの。ちょっと聴いてみましたが、割合自然音と曲が馴染んでいて良い感じです。ただ、「美しき青きドナウ」を「(3)川のせせらぎ」に使わないで「(4)虫のシンフォニー」に使うのはどうなのよ?など多少の疑問は残りますがまあ¥100だしな〜。
とりあえず入眠音楽としては使えそうです。
後はなんば〜日本橋界隈を適当にピックアップして数店まわり、最後の買い物。
・カール・ベーム『《ワーグナー序曲、前奏曲集》ベーム=ウィーン・フィルハーモニー』(PolyGram POCG-50026)。カール・ベーム指揮によるワーグナーの序曲、前奏曲集。美味しいところばかり7曲演ってます。
ということで帰宅。久しぶりに心斎橋〜恵美須町まで歩いたら足よりむしろ腰と背中に来た。背筋が衰えているな。
★午前中に、ジュニア・パーカーの『The Mercury Recordings』を聴く。この人のあくまで軽快なヴォーカルはどのレーベルへ行っても変わらない。そしてバックの演奏もいつもそれを上手く引き出しているように思われる。ということで全く安心して聴く事が出来た。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.08

2日続けてモス

本日の鬱度=○
昼前に起床。
適当にごろごろした後、15時過ぎに外出。傷病手当の申請用紙が切れたので会社までもらいに行くため。
30分ほど近況報告を兼ねて話ししたあと、用紙をもらって退散。
帰りにいつも行ってるのとは別のモスバーガーの前を通りかかるといつもの店では売ってない匠味バーガーを扱っていたのでものは試しと入って頼んでみた。結構待たされた後、たいそうな陶器の皿に載って出てきたが…、うわでかっ!!普通のハンバーガーの1.5倍、いや2倍くらいあるぞ。…結構お腹空いてたのだが、半分くらい食べたところでちょっと嫌になりました。完食するとマジで満腹状態。こりゃ、女子供だと食べ切れなさそうだな。
味はまあまあでしたが、正直ちょっと高すぎ。もう少し小さくして値下げして欲しい。
その後は適当に中古盤屋を回るも何も買わず帰宅。
★サラ・ヴォーンの5枚組箱から3枚目を聴く。なんかだんだん声が低くなっていってるような気がするが、いい感じです。
もう1枚、先日買ったフルトヴェングラーの『ワーグナー管弦楽曲集(第3集)』を。ちょっと音質が悪い(スクラッチノイズ多め)が演奏は良い。テンポ遅めの「ニュルンベルクのマイスタージンガー前奏曲」萌え(意味不明)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.07

やっと外出

本日の鬱度=△
今日も眠い。それでも14時頃には起きて何とか梅田まで出る。
例によって駅ビル中古盤屋とタワレコへ寄る。結局買ったのは1枚だけ。
・ウィルヘルム・フルトヴェングラー『ワーグナー管弦楽曲集(第3集)』(東芝EMI TOCE-3754)中古。久しぶりにワーグナーの管弦楽曲集を買った。楽劇「ニュルンベルグのマイスタージンガー」から3曲、楽劇「パルジファル」より2曲を収録。
例によってモスバーガーで休憩。新メニュー、豚しょうが焼きライスバーガーを食べてみる。う〜む普通に美味いがこれはよっぽど間違いをしない限り美味いのが当たり前の組み合わせだからなあ。個人的にはもうちょっとライスを固めに焼いて欲しかったところ。
その後、ジュンク堂へ行って地元では売っていない某巨大掲示板関係の雑誌を買い、さらに昨日買った「ダ・ヴィンチ」で紹介されていた面白そうな本を2冊ばかり買い、さらにハヤカワ文庫の読者リクエスト復刊されたものを2冊買い、と久しぶりに大量の本を(しかも新品で)買い込む。
ということで帰宅。ずっと外でイヤホンを聴いていてちょっと耳鳴り気味なので帰ってからのCD鑑賞は避けておく。
海外のDVD通販サイト(でも日本語通じる)DVD Fantasiumからのお知らせでこんなものが載っていた。
Raquel Welch Collection (Box Set) 。「恐竜百万年」「バンドレロ」「マイラ」など5作品を収録して¥5000ちょっというのは安い(送料別)。一応英語字幕も付いているみたいだしちょっと欲しいなあ…。どうしたものか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.06

激しく眠い

本日の鬱度=△
昨日は比較的早く寝たのに、今日はなんだか凄く眠い。15時半頃まで爆睡。
出来たら出かけたいと思っていたが遅くなったので断念。CD聴いたり本読んだりして過ごす。
★ビリー・ホリデイ箱から4枚目を聴く。基本的に3枚目までと同じような音なので感想は省略。
■読了本。ボストン・テラン『死者を侮るなかれ』(文春文庫)。大分前から少し読んでは中断しを繰り返していた本。かなり長い事かかってようやく読了。前作『神は銃弾』はなかなか面白かったのだが、今作はどうも今ひとつテンポが悪くてのれなかった。現在終止形を多用した文体も(これは訳のせいか?)好みに合わず。
CMネタ。やずやの「雪待ちにんにく卵黄」のCMはいろいろと妄想させられるなあ。最初からそれを狙って作っているような気もするが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.05

なんとか直ったよ

本日の鬱度=▲
ということで朝9時頃に再度修理に来てもらう。今度は30分くらいで修理終了。「前日取り替えた部品が壊れていた」とのこと。なんだかなあ。
とりあえず湯を張り終えるまで居てもらったが、問題なかったのでどうやら直ったらしい。やれやれ。
そんなこんなで午前中はつぶれる。昼からどこか出かけようかと思ったが、鬱気味で元気が出ない。結局寝たり起きたりで夕方まで過ごす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.04

風呂釜ぶっ壊れたよ

本日の鬱度=▲
昨夜、風呂を沸かそうとしたら、湯沸かし器の種火が点かない!ぶっ壊れたぽい。う〜む、困った。仕方ないのでとりあえず今日、朝イチで修理会社に電話して昼から修理に来てもらった。1時間くらいごそごそ修理していて、ようやく「直りました」というので試してみたら種火が点くようになっていた。よかった〜。
と、思いきや!夕方風呂入ろうと思って湯をはっていたら途中で火が消えたらしく、湯じゃなくて水が溜まってる_| ̄|○。直ってねえじゃねえか( ゚Д゚)ゴルァ 。
とりあえず再度修理会社に電話して明日また来てもらう事に。今度こそちゃんと直せよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.03

読書とCM

本日の鬱度=△
昨日の日記で、「ろくな事せんな>EMI」と書いてそのまま止めてしまったので補足。この「ろくな事」と言うのはCCCDだけでない。ずっと昔(多分1940年前後)の話も含む。ようやく磁気テープによる録音装置が実用化され始めた頃、EMIはいち早く磁気テープ録音装置を導入して数々の演奏を録音した。のは良いのだが、あろうことかあるまいことか、磁気テープからSPの原盤を作った後、なんとせっかくの磁気テープを消去してしまったというのだ!
まあ当時は磁気テープが高価だったので、再利用が前提だった、という昔のNHKみたいな事情はあったらしいのだが、おかげで数々の名演がSP盤のスクラッチノイズ入りになったり、原盤作成時に編集されて二度と完全な形で聴けなくなったりしたという。お粗末な話でした。

昨夜は寝付きが悪く、明け方にようやく寝た。ので今日は14時頃まで爆睡。その後は久しぶりに読書三昧な一日。
■でその読了本。殊能将之『黒い仏』(講談社文庫)。デビュー作『ハサミ男』第2作『美濃牛』と問題作を発表し続ける作家の第3作。今回も当然問題作です。
前作に引き続き名探偵石動戯作が登場し、出だしは普通のミステリっぽいのだが、中盤頃からなんだか雲行きが怪しくなり、あれれと思っている間に( ゚д゚)ポカーンな結末に。こりゃ、読み終えた後で「何だこれは!」と激怒した人も多いだろうなあ。まあ、個人的にはこういうの好きですけどね。

CMネタを2つ。
松浦亜弥の出てるプリッツのCMを見たが、黄色いトラックスーツ着てる!キル・ビルかよ!しかしあまりにもアホな作りに怒る気にもなれない…。
もう一つ。新アクエリアスのCMのBGM、出だしのところがどうしても「プリズナーNo.6」のテーマ曲に聞こえてしまうのですが…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.02

底冷えの京都

本日の鬱度=△
8時頃起床。
二度寝しようと思ったが寝られず。午前中ごそごそした後、昼過ぎに外出。とりあえず京都方面へ行ってみました。
といってもやる事はいつもと変わらず中古盤屋巡り。3月とは思えない寒い中(一瞬だけど雪降ってたよ)いつもよりちょっと多めに回ってみましたが、収穫はそれほどでもなし。まあ、1枚あたり単価は¥1000を切ったのでよしとするか。
・フランキー・リー・シムズ『ルーシー・メイ・ブルース』(P-VINE PCD-1825)。テキサスの戦後カントリーブルースマン、フランキー・リー・シムズのSpecialty録音集。帰ってきてから調べたら米Specialty盤は7曲も多いやんかヽ(`Д´)ノウワァァァン! 失敗した…。
・ジミー・マクラクリン『A Teste Of The Blues』(Bullseye CD BB 9535)。サブタイトルに「West Coast Blues Summit」とあるが、B.B・キングの「Blues Summit」の西海岸版というところか。本家に比べるとかなり貧相なメンツだが、それでもロウエル・フルスンやバーバラ・リン、スモーキー・ウィルソンといったそれなりのメンバーが参加。
・ウィリー・ディクソン『The Big Three Trio』(COLUMBIA CK 46216)。ウィリー・ディクソン名義になっているが、実際にはThe Big Three Trioとして発表されたもの。1947〜1952年の22曲を収録。
・ジーン・クルーパ『Bolero At The Savoy』(HISTORY 20.1910-HI)。ジーン・クルーパなんて、最近は誰も聴かなさそうだが、敢えて買ってみましたよ。まあ、2枚組で¥1000と安かったし。1938〜1940年録音の39曲。
つーことで帰宅。
そういえば、UAのうたのおねいさんアルバム『うたううあ』って、「うたう・うあ」なのか「うた・ううあ」なのかどっちなんだろう?なんか前者だと激しく語呂が悪いのだが。これもちょっと興味あるんだけどCCCDだしな。今日もジャズヴォーカルもののCD漁ってたら2枚程CCCDがあって萎えたのだがレーベル見るとやっぱしEMI。全くろくな事せんな>EMI。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.01

本とCDの日

本日の鬱度=△
もう3月か早いのう。
9時頃起床する。メシだけ食ったが寝足りないので例によって二度寝。15時頃ようやく起床。今日は家でゴロゴロしてCD聴いたり本読んだりして過ごす。
★ビリー・ホリデイの10枚組箱から3枚目を聴く。音としては1〜2枚目とさほど変わらない。独特のほにゃほにゃした歌い方にも慣れてきた。
もう1枚ペパーミント・ハリスの『シュリヴポート・ダウンホーム・ブルース』を。いかにもテキサスな感じのブルース。モダンな感じとダウンホームな感じが良い具合に混じっていて心地よい。
■本日の読了本。有栖川有栖の『絶叫城殺人事件』(新潮文庫)。作家有栖川有栖と犯罪社会学者火村英生のコンビものの短編集。全編「〜殺人事件」というタイトルでかつ建築物に関係のある話になっているがストーリーには関連はない。表題作以外は割合短めで軽い話だが、表題作のみ結構重め。ものすごく面白い、というタイプの作品ではないが安心して読める佳作揃い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2004 | Main | April 2004 »