« T−ボーン・ウォーカー『Stomy Monday』(8/9) | Main | 鬱日記(8/10) 〜久しぶりに遠出〜お忍びでライヴ?〜音楽系ニュース〜 »

2004.08.11

今日の購入物(8/10)

キタキマユ『トリコロル』(So-ffio-Records SRCL 5214)
最近では某生理用品のCMで見かける(というかそれ以外では見た事無いorz)キタキマユの1stアルバム。あのロリ系ウィスパーボイスが結構好きだったし、安かったので買ってみました。

V.A.『Doctor Clayton And His Buddies』(OLD TRAMP OTCD-05)
タイトルが紛らわしいが、ドクター・クレイトンほか、3名のアーティストの録音を収録したコンピ盤。まずDoctor ClaytonはB.B.キングの「心の師匠」としても知られるブルースマン。なんとなく昔の吉本芸人を思わせる風貌である。1946年録音6曲を収録。
続いてDoctor Crayton's Buddyは紛らわしい名前であるがその実態はサニーランド・スリムである。1947年録音の8曲を収録。
最後にWillie "Long Time" Smithは経歴等がよく判らない謎のブルースマンらしい。1947年録音の8曲を収録

マスター・ミュージシャンズ・オブ・ジャジューカ『Brian Jones Presents The Pipes Of Pan At Jajouka』(Point music 446 825〜6-2)
元ローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズがモロッコの民族音楽ジャジューカを採集・録音し、それに電子的エフェクトをかけて発表したもの。CD化にあたって2曲の別バージョン?を収録したDisc-2が追加されている。ベルベットっぽい加工を施した特殊ジャケを紙製スリップケースに入れた豪華仕様盤。

V.A.『テキサス・ブルース・ギター・ピッカーズ』(P-VINE PCD-5755)
テキサス出身の今ひとつマイナー目のギタリストの戦前録音を集めたコンピ盤。8アーティストの作品を収録。
1人目は、Little Hat Jones。あのテキサス・アレキサンダーのバックを勤めたこともある人。1929〜1930年の8曲を収録。
2人目はWillie Reed。これまたテキサス・アレキサンダーのバック経験者。1928〜1929年の3曲収録。
3人目はOak Clif T-Boneこと後のT−ボーン・ウォーカー。1929年の2曲を収録。これが初録音である。
4人目はバンドで、Dallas Jamboree Jug Band。メンバーの中にはこれまたテキサス・アレキサンダーのバック経験者がいる。1935年の2曲を収録。
5人目〜7人目は経歴も定かでない人達なので省略。8人目のJesse "Babyface" Thomasはナイフ・スライドの代表的プレイヤーとして知られるランブリン・トーマスの実弟。戦後も活躍し、1990年代まで録音を残している。ここには1929年の初録音から2曲を収録。

|

« T−ボーン・ウォーカー『Stomy Monday』(8/9) | Main | 鬱日記(8/10) 〜久しぶりに遠出〜お忍びでライヴ?〜音楽系ニュース〜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/1171487

Listed below are links to weblogs that reference 今日の購入物(8/10):

« T−ボーン・ウォーカー『Stomy Monday』(8/9) | Main | 鬱日記(8/10) 〜久しぶりに遠出〜お忍びでライヴ?〜音楽系ニュース〜 »