« 鬱日記(8/6) 〜なんとか通院〜 | Main | 鬱日記(8/7) 〜一日しんどい〜 »

2004.08.08

V.A.『4th & Beale And FurtherSouth Ace(MS.) Blues Masters Vol.2』

Aceレーベルに残された音源のコンピ集第2弾。4人のアーティストの曲を収録。
まず1人目、ジョー・ヒル・ルイス。歌いながらギターを弾き、足でバスドラとシンバルを鳴らすというワンマンバンドスタイルの人(CDの裏ジャケにもそのスタイルで演奏している写真が使われている)。ブカブカドンドンという感じの牧歌的なリズムに意外にもアグレッシヴなギターの音のミスマッチな感じがなかなか良い。ただ録音状態が悪くてヴォーカル以外の楽器の音が聴き取りにくいのが難点。
2人目、アーサー・"ビッグ・ボーイ"・クルダップ。割と泥臭いというかいなたい感じの演奏だが、この手のモノは好きなので結構気に入った。今度は単独盤買ってしっかり聴いてみようかな。
3人目はメインというかお目当てのフランキー・リー・シムズ。基本的にはSpecialty録音と同じノリ(中にはSpeciality時代の曲のリタイトル再録もあり)だが、結構バンドっぽい音になっていて、フランキーがあまり前に出ていない。にもかかわらずバックの面々との呼吸がイマイチ合っていない感じで多少期待はずれか。
4人目はフランキー・リー・シムズのバンドのドラマーでもあるマーシー・ベイビー。フランキーと同じような音だが(メンバーはこっちの方が多いが、共通している人は同じ。おそらく同じ日に録音?)、こちらの方がスムーズな演奏で良い。

|

« 鬱日記(8/6) 〜なんとか通院〜 | Main | 鬱日記(8/7) 〜一日しんどい〜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/1147374

Listed below are links to weblogs that reference V.A.『4th & Beale And FurtherSouth Ace(MS.) Blues Masters Vol.2』:

« 鬱日記(8/6) 〜なんとか通院〜 | Main | 鬱日記(8/7) 〜一日しんどい〜 »