« 今日の購入物(12/7) | Main | ジョン・リトルジョン『Sweet Little Angel』(12/9) »

2004.12.08

ジョー・ヒル・ルイス『The Be-Bop Boy with Walter Horton and Mose Vinson』(12/8)


全25曲のうち、6曲はウォルター・ホートン、5曲はムース・ヴィンソン名義で発表された曲で(ジョー・ヒル・ルイスはギターで参加)、残り15曲がJoe Hill Louis名義の曲。1952〜1953年にかけての録音で、Checker/SUNレーベルで出された曲もあるが大半は未発表。
ジョー・ヒル・ルイスというと、1人でヴォーカル・ギター・ドラムをこなすワンマンバンドスタイルの人として有名であるが、ここに収められた曲はドラムやピアノがついたバンド形式のものが多い。とはいえ、あくまでもジョー・ヒル・ルイスのヴォーカルとギターがメインになっており、朴訥とした味わいのヴォーカルと意外にもアグレッシヴなギターという持ち味のサウンドは充分楽しめる。

|

« 今日の購入物(12/7) | Main | ジョン・リトルジョン『Sweet Little Angel』(12/9) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/2196649

Listed below are links to weblogs that reference ジョー・ヒル・ルイス『The Be-Bop Boy with Walter Horton and Mose Vinson』(12/8):

« 今日の購入物(12/7) | Main | ジョン・リトルジョン『Sweet Little Angel』(12/9) »