« 復職日記(3/10)〜診断書提出〜思わぬ散財〜銀行滑り込み〜 | Main | ローウェル・フルスン『1948 - 1949』(3/12) »

2005.03.13

マイケル・ジャイルズ『"Progress"』(3/11)

キング・クリムゾンの初代ドラマー、Michael Gilesのソロアルバム。1978年に録音されながら、ながらくお蔵入りになっていたもの。音としては、ロックとジャズとフュージョンの境目をふらふらしている、と言う感じの音か。インスト主体で、ヴォーカル入りの曲もあるがあまりヴォーカルの印象は強くない。やはりドラマーのマイケル・ジャイルズがメインとなっているだけあってリズムを主体にして組み立てられた音楽という感じ。穏やかなノリの、春の日射しのような曲もいいが、クリムゾンファンにとってはやはり『宮殿』を思わせるアルバムタイトル曲が印象に残る。ピーター・ジャイルズとのベース&ドラム、格好良すぎ!

|

« 復職日記(3/10)〜診断書提出〜思わぬ散財〜銀行滑り込み〜 | Main | ローウェル・フルスン『1948 - 1949』(3/12) »

Comments

マイケル・ジャイルズのドラミングを
「昆虫の羽音」と表現した人がいました。
ジョン・G・ペリーのソロアルバムの
レコード評でのはなしです。

Posted by: bow | 2005.03.14 at 21:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/3286661

Listed below are links to weblogs that reference マイケル・ジャイルズ『"Progress"』(3/11):

« 復職日記(3/10)〜診断書提出〜思わぬ散財〜銀行滑り込み〜 | Main | ローウェル・フルスン『1948 - 1949』(3/12) »