« 今日の購入物(4/16) | Main | ミシシッピ・ジョン・ハート『Avalon Blues: The Complete 1928 Okeh Recordings』(4/20) »

2005.04.21

V.A.『Newport Folk Festival Best Of The Blues 1959 - 68(3/3)』(4/20)

1959〜1968年に行われたNewport Folk Festivalの音源より、ブルース関係のアーティストの51曲をCD3枚組に編集したもの。3枚目には、ライトニン・ホプキンス(3曲)、ジョン・リー・フッカー(6曲)、メンフィス・スリム(4曲)、マディ・ウォーターズ&オーティス・スパン(2曲)、ザ・チェンバース・ブラザース(1曲)、ポール・バターフィールド・ブルース・バンド(2曲)を収録。
まずはライトニン。ライトニンはライヴでは結構出来不出来が大きいのだが、ここでの演奏は「軽くやってみました」という感じで今ひとつか。ドラムが入る3曲目はそれなりに盛り上がるものの、1分半しか演奏しないのでこれからというところで終わってしまう。やはり一番の聴きどころはジョン・リー・フッカー。複数の音源から編集されているらしく、テンションも音質もまちまちだが、あくまでもどす黒く、どろどろとした澱水のような抜群の存在感はさすがだ。
メンフィス・スリムは軽やかにはねるブギで心地よい。ジョン・リーを聴いた後ではちょっと軽く聞こえてしまうが、気分転換という意味ではちょうどいい。続くマディ・ウォーターズ&オーティス・スパン。マディは1枚目でも出てくるが、ここでのよき右腕オーティス・スパンを従えたマディはリラックスしたムードで、余裕をかました大人な演奏を聴かせてくれる。
ザ・チェンバーズ・ブラザーズについてはよく知らなかったのだが、サイケよりのファンク、というか黒っぽいサイケというか、そっち方面の音楽をやっていた人たちらしい。ということで、このメンツの中ではちょっと浮き気味だ。最後のポール・バターフィールド・ブルース・バンドはおなじみ白人ブルースバンドであるが、この中では彼らの演奏が一番オーソドックスなブルースっぽいものだというのがちょっと皮肉。

|

« 今日の購入物(4/16) | Main | ミシシッピ・ジョン・ハート『Avalon Blues: The Complete 1928 Okeh Recordings』(4/20) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/3800669

Listed below are links to weblogs that reference V.A.『Newport Folk Festival Best Of The Blues 1959 - 68(3/3)』(4/20):

« 今日の購入物(4/16) | Main | ミシシッピ・ジョン・ハート『Avalon Blues: The Complete 1928 Okeh Recordings』(4/20) »