« Firefox(for MacOSX)を真剣に使ってみる その2 | Main | 拡張機能な一日 〜流々浪々日記(6/5)〜 »

2005.06.06

ウィルバート・ハリスン『ダ・ディ・ヤ・ダ』(6/5)

ニューヨークのリズム&ブルースシンガー、Wilbert Harrisonのベスト盤。シンガーであると同時に、ギター、ピアノ、ハープ、ドラムもこなすという多才な人だ。このCDには1959〜1976年までのフューリー/ウェット・ソウル/ブッダ/チェルシーの各レーベルへの録音18曲が収録されている。最も有名なヒット曲「Kansas City」は収録されていないが、あまり取り上げられないフューリーレーベル以外の曲が多いのは貴重だ。
20年弱に渡る、様々なレーベルへの録音だけにあまり統一性はなく、曲調はバラバラだ。その中にあって変わらないのはウィルバートの声。この人は失礼ながらそれほど歌がうまい訳でもなく、声質が特異な訳でもない。それでも、一聴すると忘れがたい印象を残す。明るくもなく、かといって暗い訳でもない。ぬーぼーとして正体がつかめないような感じがある。地味ではあるが、独特の存在であると言えるだろう。

|

« Firefox(for MacOSX)を真剣に使ってみる その2 | Main | 拡張機能な一日 〜流々浪々日記(6/5)〜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/4430084

Listed below are links to weblogs that reference ウィルバート・ハリスン『ダ・ディ・ヤ・ダ』(6/5):

« Firefox(for MacOSX)を真剣に使ってみる その2 | Main | 拡張機能な一日 〜流々浪々日記(6/5)〜 »