« V.A.『Funeral Songs Dead Man Blues』(6/21) | Main | べつやくれい特集更新(6/25) »

2005.06.23

W31SAをICレコーダとして使う

「W31SAを○○として使う」シリーズも3回目(っていつからシリーズになったんだ?)。
ICレコーダ機能は、別に裏技でも何でもなくてW31SAに搭載されている標準機能なのだが、このところよく使っている。最近仕事で客先と打ち合わせする機会が多いのだが、そういう時にICレコーダで打ち合わせ内容を録音しておけると安心感が違う。特に都合で打ち合わせが終わった後すぐに議事録を書けなかったりすると本当に重宝する。
と言ってもしょせんおまけ機能なので、そんなに大した機能がある訳ではない。まず録音時の設定として、音質は標準/高品質、マイク感度として、会議用/口述用、がそれぞれ選択できる。MiniSDカードがささっている場合、保存先は自動でminiSDカードになる。録音時間は最大5時間で、これはminiSDカードの空き容量とは関係なくそれ以上は録音できないようだ。
うちのW31SAにささっているminiSDカードは64MBというしょぼい容量で、しかも実質50MBくらいしか空いてないのだが、それでも標準音質だと5時間フルで録音できる。高品質にすると2時間半くらい録音できるので、128MB以上のminiSDカードなら高品質でも5時間フルで録音できると思われる。
で、録音した音なのだが、3,4人程度の打ち合わせなら標準音質で十分、10人くらいになると高品質でないとつらいかな、というところか(もちろんイヤホンで聴くのが前提)。
次に再生時の機能としては、早送り/巻き戻しは当然として、指定した時間へのジャンプ、テンポ調整(スロー・ノーマル・ファスト)、リピート(始点と終点を指定)、とひととおりの機能はある。携帯電話のおまけ機能としては十分でしょう。
ちなみに録音されたデータにはコピー制限とかはかかっていないので、miniSDカードからカードリーダ経由でPCへバックアップできる。miniSDカード上の保存場所は\PRIVATE/AU/DF/D_VA/というフォルダで、VAL_nnnn.3G2という名前で保存されている。3G2という拡張子がついているが、実態はAACファイルなので、QuickTimeがインストールされていれば、PC上でQuickTimeプレーヤーで再生できる。ただし、Windows環境の場合、QuickTime Authoringモジュールが必要かもしれない。QuickTimeをインストールする際、「最小構成」でインストールしているとQuickTime Authoringモジュールはインストールされないので、その場合はカスタムインストールで追加インストールしてやるといいだろう。

|

« V.A.『Funeral Songs Dead Man Blues』(6/21) | Main | べつやくれい特集更新(6/25) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/4670591

Listed below are links to weblogs that reference W31SAをICレコーダとして使う:

« V.A.『Funeral Songs Dead Man Blues』(6/21) | Main | べつやくれい特集更新(6/25) »