« べつやくれい特集更新(7/9) | Main | さよならG4 〜流々浪々日記(7/10)〜 »

2005.07.11

それがどうした今日も買う(7/10)

相変わらずの安物箱を求めての漁盤。今日は難波、心斎橋、梅田とタワレコ3店をハシゴしちゃいました。アホです。さて、結果は?

V.A.『Dixieland Jazz This Was The Jazz Age』(Membran Music 222689)
新品。いきなりの大物。この前買ったナット・キング・コールの10枚組と同じシリーズの10枚組箱。なので、曲名とアーティスト名しか判らないのだが、かなり古い音源だろうと思われる。各20曲づつ、計200曲収録。ルイ・アームストロング、ジェリー・ロール・モートン、シドニー・ベチェット等知った名前もあるがほとんどは知らない人ばかり。まあ、¥1460だからこぞ気軽に買えるつうもんだな。

V.A.『Ride Daddy Ride Vintage Songs About Sex 1927 - 1953』(Buzoola BZCD 011)
新品。イギリスのChrome Dreamsという会社が出しているBuzzolaというシリーズもののコンピ盤。一枚ごとにテーマを決めて戦前〜戦後のブルースを収録している。で、これはその一枚でサブタイトル通り「Sex」をテーマにしたもの。18曲収録。扇情的な美女のジャケ写につられて買ってみた。今のところ全部で12種類出ているようだが、どれもなかなか面白そうなので、ちまちまと集めてみようかな。安いし。

伊福部昭『鬢多々良|伊福部昭作品集』(カメラータ・トウキョウ 28CM-290)
中古。伊福部昭のかなりバラエティに富む作品集。まず二十絃箏のための曲「二十絃箏曲「物云舞」」、ヴァイオリンのための「ヴァイオリン・ソナタ」、歌曲「サハリン島土民の三つの揺籃歌」、そして日本古来の楽器を意識して作曲された最初の曲である「郢曲「鬢多々良」」の4曲を収録。1980、1981、1989年に入間市市民会館で収録されたもの。

トーヤ『Best Of Toyah』(The Connoisseur Collection CSAP CD)
中古。日本ではおそらく歌手としてよりも「ロバート・フリップの嫁さん」として認識の方が強いと思われるToyahのベスト盤。なんだか怪しげな外観なのでブ○トかと思ったが正規盤か?まあ、ブ○トとあまり変わらない作りだが、¥500だったからいいか。1979〜1983年の16曲を収録。

伊福部昭『交響二題 伊福部昭作品集(1)』(Fontec FOCD9086)
中古。今日は伊福部昭の当たり日なのか、もう1枚収穫があった。「交響頌偈「釋迦」」、「SF交響ファンタジー第1番」の2曲収録。しかし伊福部昭のクラシック作品はやたらとややこしい字が多いので字を探すだけで一苦労だ。1曲目は1991年、東京メトロポリタン・アート・スペースでの、2曲目は1984年東京文化会館での、いずれもライヴ録音。

リサ・エクダール『Sings Salvadore Poe』(RCA Victor 74321 796812)
中古。ジャズ系の歌手としては珍しいロリ系ヴォイスのシンガー、Lisa Ekdahlの2000年作品。タイトル通り、全曲ご主人でもあるサルヴァドール・ポーの作詞作曲。以前聴いた1stアルバムは、ばりばりのジャズアルバムで、リサのロリ声とバックの演奏がどうも違和感があって良くなかったのだが、これはどちらかというとボサノヴァ系の音らしいのでまだ何とかなりそうということで再チャレンジ。

ベッシー・スミス『Chicago Bound Blues』(Membran Music)最後に寄った梅田タワーでようやく見つけたクアドロマニアジャズシリーズの(ブルースだが)ベッシー・スミス盤。どうも梅田タワーはぽつぽつと小出しにしてくるのでたちが悪い。1923〜1925年の66曲を収録。全録音では200曲を超えるらしいので、これでもまだ1/4位にしかならないのか。

ということで、全19枚。1枚当たり単価は¥477。

|

« べつやくれい特集更新(7/9) | Main | さよならG4 〜流々浪々日記(7/10)〜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/4919263

Listed below are links to weblogs that reference それがどうした今日も買う(7/10):

« べつやくれい特集更新(7/9) | Main | さよならG4 〜流々浪々日記(7/10)〜 »