« ルイジアナ・レッド『Live At Montreux』(7/24) | Main | それがどうした今日も買う(7/27) »

2005.07.26

シドニー・メイデン『Trouble An' Blues』(7/25)

ルイジアナ出身でその後西海岸で活動したブルースハーピスト、Sidney Maidenの唯一のアルバム。1961年録音で、ギターでK.C.ダグラスも参加。1960年代の録音とは思えない、古くさいというか非常に泥臭い音だ。これに比べれば戦前のサニー・ボーイ・ウィリアムスンIの方がよっぽどモダンな音である。
ハープだけでなく、ヴォーカルの方も非常に塩辛い声でさらに伴奏のK.C.ダグラスのギターがまた良い具合に枯れたペンペンギターと来ている。と言う訳で、泥臭いカントリーブルースが好きな人にとってはたまらない音だろう。万人向けとは言い難いが。

|

« ルイジアナ・レッド『Live At Montreux』(7/24) | Main | それがどうした今日も買う(7/27) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/5164979

Listed below are links to weblogs that reference シドニー・メイデン『Trouble An' Blues』(7/25):

« ルイジアナ・レッド『Live At Montreux』(7/24) | Main | それがどうした今日も買う(7/27) »