« それがどうした今日も買う(9/27) | Main | それがどうした今日も買う(9/30) »

2005.09.28

『Blues Records』について

昨日の記事で触れた『Blues Records 1943 - 1970 Volume One A - K』(Record Information Services)という本についてもう少し書いてみたい。まあ、内容はタイトルの通りで、1943〜1970年に録音されたブルースの曲についてのディスコグラフィーである。が、その量が半端ではない。上下巻に分かれていて、今回入手したのはその上巻だけなのだが、上巻だけでもちょうど800ページある。下巻も同じ位のボリュームだから上下巻合わせると約1600ページだ。そこに細かい字でぎっしりと情報が詰め込まれている。
書いてある内容は、録音日付、場所、演奏しているメンバー(判る場合は)、マスターNo.(マスターテープまたはディスクに記されている番号)、曲名、リリースされたものについてはシングル/アルバムのカタログNo.である。


左は、中の記述の例。こんな感じが800ページぎっしり詰まってます。

で、そんなの買って何に使うの?と言われると、正直これといった使い道がある訳ではない。せいぜい怪しげなクレジットのないCDを買った時に何時の録音なのか、調べる手がかりになるくらいだ。
だが、そんな使い道以前に、なんとなくぱらぱらとめくって、拾い読みするだけでも充分楽しい。何百人というアーティストが収録されているから、知らない人の名前を拾うだけでもいいし、知っている人の場合は、まだ持っていない録音について想像を馳せるのもいい。演奏メンバーが載っているから、おや、こんな人がこんな人の録音に参加しているのか、といった発見もある。
欠点と言えば、収録が1970年までで、それ以降が出ていないことだろうか。まあでも戦後のブルース黄金期とそれに続くリズム&ブルース全盛期は一応カバーできる。
もう一つの欠点は、値段の高さか。なにしろ1冊でも¥10000を超えるという値段だ。今回入手したのは中古で、破格の安値で売っていたので買えたけれど、正直定価では手が出ない。
とはいえ、上巻だけあって下巻がない、というのはすごい落ち着かない状態である。下巻だけ、どっかに安く売っていないかなあ。


|

« それがどうした今日も買う(9/27) | Main | それがどうした今日も買う(9/30) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/6160960

Listed below are links to weblogs that reference 『Blues Records』について:

« それがどうした今日も買う(9/27) | Main | それがどうした今日も買う(9/30) »