« それがどうした今日も買う(11/3) | Main | ウィルバート・ハリソン『Kansas City - The Best Of』(11/7) »

2005.11.06

ローウェル・フルスン『The Final KENT Years』(11/4)

Aceから出ているLowell Fulsonの編集盤の最終集だ。KENTからの3rdアルバム『Now!』、4thアルバム『Lovemaker』の全曲にアルバム未収録シングル、未発表曲を追加した25曲。最初の12曲が3rdアルバム、その後未発表/シングル曲5曲を挟んで最後の8曲が4thアルバム(正確にはKENTではなくその関連レーベルであるBig Townからのリリース)となっている。
音の方はかなりゴージャスな感じになっている。『Now!』は、女声バッキングヴォーカルが入ったりしてかなりソウルな感じ。『Lovemaker』の方は、同じBig Townレーベルのアーティストであるスモーキー・ウィルソンあたりとも通じる、ソウルというよりはファンキーな味付けだ。
いずれにしても、コテコテというか過剰気味のバックに流されることない、ローウェルの淡々としたヴォーカルときっちりしたギターが全体を引き締めている。良盤。

|

« それがどうした今日も買う(11/3) | Main | ウィルバート・ハリソン『Kansas City - The Best Of』(11/7) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/6924104

Listed below are links to weblogs that reference ローウェル・フルスン『The Final KENT Years』(11/4):

« それがどうした今日も買う(11/3) | Main | ウィルバート・ハリソン『Kansas City - The Best Of』(11/7) »