« V.A.『Super Black Blues Volume II』(1/5) | Main | それがどうした今日も買う(1/6) »

2006.01.06

ロイ・ミルトン『Instant Groove』(1/5)

Specialtyレーベルで活躍したジャンプブルースの雄、Roy Miltonの、ぐっと時代が下った1977年、仏Black&Blueレーベルへの録音。別テイクも含む12曲を収録。
果たして寄る年波には勝てず、ということになるか、寄る年波をものともせず、ということになるか、と思って聴いてみた。1907年生まれなので、この時ちょうど70歳。年を考えれば充分勢いのある力強い声であるが、さすがに全盛期のSpecialty時代と比べると、声に艶のないのは止むを得ないところか。
演奏はややジャジーなゆったりしたテンポの曲が大半で、いわゆるジャンプブルースぽくはないがしっかりした手堅いもので安心して聴ける。ロイ・ゲインズのギターはやや控えめながらなかなか聴かせる。

|

« V.A.『Super Black Blues Volume II』(1/5) | Main | それがどうした今日も買う(1/6) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/8034827

Listed below are links to weblogs that reference ロイ・ミルトン『Instant Groove』(1/5):

« V.A.『Super Black Blues Volume II』(1/5) | Main | それがどうした今日も買う(1/6) »