« ヘッドフォンアンプ | Main | それがどうした今日も買う(3/29) »

2006.03.25

それがどうした今日も買う(3/25)

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮『Brahms: Piano Concerto No.2』(Archipel ARPCD 0222)
新品。クナッパーツブッシュ指揮の歴史的録音集。収録曲はブラームスの「悲劇的序曲」と「ピアノ協奏曲第2番」。演奏はウィーンフィルハーモニー管弦楽団。ピアノはクリフォード・カーゾン。1955年7月26日ザルツブルグ音楽祭でのライヴ録音。

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮『Haydon Symphony No.94』(Archipel ARPCD 0120)
新品。同じくクナの歴史的録音。収録曲は、ハイドンの「交響曲第94番 驚愕」、チャイコフスキーの組曲「くるみ割り人形」、ヨハン・シュトラウスの歌劇「こうもり」序曲と「ピチカート・ポルカ」、コムザークの「Bad'Ner Mad'Ln」(日本語訳判らんorz)、ニコライの「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏。1950年2月2日のライヴの完全収録。

ハン・デ・ブリース/ボブ・ファン・アスペレン『Albinoni. Telemann: Concerts & Sonatas For Oboe』(Virgin Classics 7243 5 61878 2 5)
新品。オーボエ奏者Han de Vries、ハープシコード奏者Bob van Asperenおよびアルマ・ムジカ・アムステルダムによる、アルビノーニおよびテレマンの協奏曲およびソナタ集。2枚組。1979〜1981年の録音。

グスタフ・レオンハルト『JS Bach: English Suites - Partitas』(Virgin Classics 7243 5 62379 2 6)
新品。バッハとヴィヴァルディは当分買わないでおこうと思ったのについ買ってしまったorz。ハープシコード奏者、Gustav Leonhardtによる、J.S.バッハの「イギリス組曲」および「パルティータ集」。4枚組のボックスセット。

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮『Brucker - Sinfonie Nr.4』(Archipel ARPCD 0025)
新品。フルトヴェングラー指揮の歴史的録音。収録曲はブルックナーの「交響曲第4番」。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏。1951年10月29日ミュンヘンでの録音。

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮『Brucker - Sinphony Nr.5』(Archipel ARPCD 0109)
新品。同じくフルトヴェングラー指揮の歴史的録音。収録曲はブルックナーの「交響曲第5番」。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏。1951年8月19日ザルツブルグ音楽祭でのライヴ録音。

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮『Brucker - Sinfonie Nr.7』(Archipel ARPCD 0022)
新品。これまたフルトヴェングラー指揮の歴史的録音。収録曲はブルックナーの「交響曲第7番」。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏。1951年5月1日ローマでの録音。

アルトゥーロ・トスカニーニ指揮『All-Debussy Concert & Reheasal・1953』(Guild GHCD 227 1/2)
中古。トスカニーニ指揮による歴史的録音(こればっかや)。1951年10月14日に行われたコンサートの模様を収録したもので、タイトル通り全てドビュッシーの曲。「イベリア」、「牧神の午後への前奏曲」、「海」の3曲である。そして1枚目の最後と2枚目全てには前日13日の、「海」の貴重なリハーサルの模様が計90分にもわたって収録されている。演奏はおなじみNBC交響楽団。

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮『Brucker・Symphbie No.3』(Orfeo C 576 021 B)
新品。クナの歴史的録音(まだ言うか)。ブルックナーの「交響曲第3番」。バイエルン州立管弦楽団演奏。1954年10月11日録音。

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮『Brucker・Symphbie No.9』(Orfeo C 578 021 B)
新品。クナの歴(ry。ブルックナーの「交響曲第9番」。バイエルン州立管弦楽団演奏。1958年2月10日録音。

アルトゥーロ・トスカニーニ指揮『Vol.X Italian Orchestral Music』(BMG Entertainment 74321 72374 2)
中古。2枚組で出ているシリーズのうちの1枚で、タイトル通り全曲イタリアの作曲家の管弦楽作品が収録されている。内容は、1枚目がレスピーギのローマ三部作全曲。2枚目がロッシーニの歌劇「アルジェのイタリア女」序曲と歌劇「セミラーミデ」序曲と歌劇「ウィリアム・テル」序曲、カタラーニの歌劇「ローレライ」~水の精の踊り、と歌劇「ワリー」~第4幕への前奏曲、ドニゼッティの歌劇「ドン・パスクワーレ」序曲、ヴェルディの歌劇「運命の力」序曲、ポンキエッリの歌劇「ジョコンダ」~時の踊り、となっている。演奏はNBC交響楽団。1949〜1953年に録音されたもの。

|

« ヘッドフォンアンプ | Main | それがどうした今日も買う(3/29) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/9255344

Listed below are links to weblogs that reference それがどうした今日も買う(3/25):

» シューリヒトのブルックナー [ガチョウ倶楽部]
■CD BRUCKNER:Symphonies 8 9 / WIENER PHI [Read More]

Tracked on 2006.03.26 at 19:07

« ヘッドフォンアンプ | Main | それがどうした今日も買う(3/29) »