« May 2006 | Main | July 2006 »

June 2006

2006.06.29

ロバート・ナイトホーク『Live On Maxwell Street 1964(Blullseye Blues & Jazz 11661-9624-2)(12/2)

シカゴのブルースシンガー/ギタリスト、Robert Nighthawkの1964年ストリートでのライヴを収録したものだ。ロバート以外のアーティストの曲も収録した完全版2枚組もあるが、これはロバートだけの曲を13曲収録したもの。巻末にはインタービューも収録されている。
ストリートライヴということで、観客の拍手やかけ声が程よいバランスで収録されており、ライヴ感は抜群。プレイの方は、スライドギターを活かしたもので、ダウンホームな曲からモダンブルースに近いアクティブな曲までバラエティに富んでおり飽きさせない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ローウェル・フルスン『1949-1951』(Classics 5164)(6/28)

テキサス出身のブルースシンガー/ギタリスト、Lowell Fulsonの仏Classicsレーベルからの年代順全曲集第4集。1949〜1951年にかけてSwing Timeレーベルに録音した22曲を収録。
内容は、まったりめのジャンプブルースという感じで、ジャンプブルース過ぎもせず、ダウンホーム過ぎもしない聴いていて心地よい。ローウェルがバリバリにギターソロを弾いてくれる曲も多いので、ギターもヴォーカルもたっぷり楽しめる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.27

それがどうした今日も買う(6/27)

エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮『The Swan Lake』(Melodiya MEL CD10 00403)
新品。ヤフオクにて落札。スヴェトラ指揮によるチャイコフスキー「白鳥の湖」全曲版3枚組だ。ソビエト国立交響楽団演奏、1988年録音。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.26

それがどうした今日も買う(6/25)

ミヒャエル・ポンティ『Scriabin Complete Piano Works』(VoxBox CD5X 3603)
新品。HMVに大量注文したものの第1弾の残り、取り寄せで待たされていたものが到着した。ピアニスト、Michael Pontiによるスクリャービンのピアノ作品集で、先に買ったソナタ集収録作品を除く曲がCD5枚に収録されている。曲目は…、多すぎてめんどくさいので書かない。どうしても見たい人はHMVの該当商品のページを参照してください。
録音年は記載なし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.25

それがどうした今日も買う(6/24)

クラウス・テンシュテット指揮『ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」』(東芝絵EMI TOCE-13101)
中古。テンシュテット指揮によるベートーヴェン「交響曲第3番"英雄"」。ムソルグスキーの「はげ山の一夜」も併録。演奏はロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、1991および1990年録音。

エフゲニー・ムラヴィンスキー『ショスタコーヴィチ:交響曲第6番/第10番』(BMGビクター BVCX-4007)
中古。ムラヴィン指揮によるショスタコ「交響曲6番」&「同10番」。演奏はレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団、1972および1976年録音。

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー/エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮『Dvorak・Schubert Symphony No.9 Symphony No.8』(Yedang YCC-0013)
中古。ロジェヴェン+ムラヴィンのカップリング。演奏曲は、ロジェヴェンがドヴォルザークの「交響曲第9番"新世界より」、ムラヴィンがシューベルトの「交響曲第8番"未完成"」演奏は、ロジェヴェンの方がソビエト国立放送交響楽団で、1973年録音。ムラヴィンはレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団で1978年録音。

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮『Shostakovich Symphonies Nos. 10 & 11』(Melodiya/BMG 74321 63461 2)
中古。ロジェヴェン指揮のショスタコ「交響曲第10番」&「同第11番」の2枚組。それ以外にも「アレキサンダー・プーシキンの詩による4つのモノローグ」、「ドレッセルのオペラ『貧乏なコロンブス』のためのフィナーレ」を収録。
ソビエト文化省交響楽団演奏、1983〜1986年録音。

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮『Shostakovich Symphonies Nos. 14 & 15』(Melodiya/BMG 74321 59057 2)
中古。これまたロジェヴェン指揮のショスタコ「交響曲第14番」&「同第15番」の2枚組。こっちにもおまけがついていて、「日本の詩人の詞による6つのロマンス」、「プーシキンの詞による4つのロマンス」、「英国の詩人の詞による6つのロマンス」、「8つの英国およびアメリカのフォークソング」を収録。ソビエト文化省交響楽団演奏、1982〜1989年録音。

エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮『Ludwig Van Beethoven Symphonies No.1/No.3/No.4/No.5/No.6/No.7』(Venezia CDVE 34238)
新品。ムラヴィンスキーのベト選集(ていうか録音の残っているがこれだけ?)。「交響曲第1番」、「同第3番」、「同第4番」、「同第5番」、「同第6番」、「同第7番」の6曲を収録した3枚組。演奏はレニングラードフィルハーモニア管弦楽団、1958〜1982年まで録音年は様々。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.21

それがどうした今日も買う(6/20)

アルトゥーロ・トスカニーニ指揮『Beethoven The 9 Symphonies』(BMG Classics 82876-55702-2)
中古。amazon.co.jpのマーケットプレイスで比較的安く売っているのを発見、即購入(今見たらHMVのサイトでマルチバイ適用価格と大差なかったorz)。トスカニーニ指揮のベートーヴェン交響曲全集5枚組だ。まあ、いつかは買わねばと思っていたのでちょうど良い機会か。
演奏はおなじみNBC交響楽団。1949〜1953年の録音。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.17

それがどうした今日も買う(6/17)

エフゲニー・ムラヴィンスキー/キリル・コンドラシン指揮『Shostakovich/Miaskovsky Symphonies』(Audiophile Classics APL 101.503)
中古。ムラヴィンスキーとコンドラシンのカップリング。収録曲は、ムラヴィンスキーがショスタコーヴィチ「交響曲第5番」で、演奏はレニングラードフィルハーモニー管弦楽団、1983年録音。コンドラシンの方はミャスコフスキー「交響曲第15番」で、ソビエト放送拡大交響楽団、1963年録音。

エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮『Shostakovich Symphony No.8』(Melodiya MEL CD 10 00773)
中古。今日はなんかムラヴィンスキーばかりやたらと目に付いたのだが、全部買うわけにも行かないので、ショスタコのこれを買ってみましたよ。と言う訳でショスタコーヴィチの「交響曲第8番」を収録。演奏はレニングラードフィルハーモニー管弦楽団、1961年録音。

キング・ソロモン『You Ain't Nothing But A Teenager』(Night Train NTI CD 7138)
新品。ここでブルースものを1枚。西海岸で活躍したブルースシンガー、King Solomonの(キング・ソロモン・ヒルとは別人)作品集。1960〜1970年にかけて、Ball & Checker/Magnum/Don-J & Progress/Resit/Highland/Mader-D/Ashanti/Celestial/といった雑多なマイナーレーベルに残した録音24曲を収録。気がつかなかったが去年の内に出ていたらしい。この人の録音が、これだけまとまった形でCD化されるのはおそらく初めてのことと思われる。

ボブ・ファン・アスペレン『J.S.Bach Harpsichod Concertos』(Virgin Classics 7243 5 61716 2)
中古。たまにはバッハものでも買うべ、ということで、4枚組ながら¥2000以下ということもあり(このレーベルは元々安いのだが)、買ってみましたよ。
ハープシコード奏者、Bob Van Asperenのバッハ、ハープシコード協奏曲集。収録曲は、ハープシコード協奏曲8曲、2台のハープシコードのための協奏曲3曲。4台のハープシコードのための協奏曲、3台のハープシコードのための協奏曲2曲、ハープシコード独奏のためのイタリア協奏曲、ハープシコード独奏のためのファンタジア&フーガ。一部曲にはグスタフ・レオンハルトや日本人ヴァイオリニスト、山縣さゆりも参加している。1991〜1994年録音。

アンタル・ドラティ指揮『チャイコフスキー くるみ割り人形(全曲) 弦楽セレナード』(日本フォノグラム PHCP-10238〜9)
中古。ドラティ指揮によるチャイコフスキーのバレエ音楽「くるみ割り人形」全曲をCD2枚に収録したもの。余った余白にはやはりチャイコフスキーの「弦楽セレナード ハ長調」を併録。
演奏は、「くるみ割り人形」の方がロンドン交響楽団、1962年録音。「弦楽セレナード」の方は、フィルハーモニア・フンガリカ・オーケストラ演奏、1958年録音。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

それがどうした今日も買う(6/15)

HMVに大量発注した内の第1陣が到着。

ニコライ・ゴロヴァノフ指揮『Great Conductors Of The 20th Century』(EMI Records 7243 5 75112 2 3)
新品。「Great Conductors Of The 20th Century」という名前で出ている2枚組アンソロジーシリーズのゴロヴァノフ篇。なんだかんだで、半分くらいの音源は既に持っていたりするが、1枚ものの値段だったので良しとしよう。収録曲は、グラズノフの「交響曲第6番」、メンデルスゾーンの「真夏の夜の夢〜序曲、夜想曲、スケルツォ、結婚行進曲」、チャイコフスキーの序曲「1812年」、リストの交響詩「マゼッパ」、交響詩「祝宴の音楽」、交響詩「葬送英雄叙事詩」、交響詩「オルフェウス」、交響詩《プロメテウス」。演奏はモスクワ放送交響楽団。1952〜1953年録音。

ミヒャエル・ポンティ『Scriabin Complete Sonatas』(Voxbox CDX 5184)
新品。Michele Pontiのピアノによるスクリャービンのピアノソナタ全曲集。同時に頼んで、まだ取り寄せ中で来ていない「Compelete Piano Works」と併せてスクリャービンのピアノ作品は網羅されるはず(若干ダブリはあるようだが)。
ピアノソナタ全12曲とそれ以外の作品も収録。おそらくそれ以外の作品がダブっているものと思われる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.07

それがどうした今日も買う(6/7)

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮『Mahler Symphony No.5』(Yedang YCC-0039)
中古。ヤフオクにて落札。ロジェヴェン指揮のマーラー第5番。ソビエト国立放送交響楽団演奏、1973年録音)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.03

それがどうした今日も買う(6/3)

ロバート・ピート・ウィリアムス『Poor Bob's Blues』(Arhoolie 511)
中古。今日の1枚目はブルースもの。戦後カントリーブルースマン、Robert Pete Williamsの作品だ。殺人罪で服役中に、ハリー・オスター博士に見いだされ、その尽力で出所を許されるという、まさに芸は身を助くを実践したような人だ。
このCDはそのオスター博士の下に録音されたものだが、Arhoolie盤には珍しく録音年等の記載がない。2枚組で全19曲を収録。

エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮『Shostakovich Symphony No.7 Recorded Live』(Scribendum SC 027)
中古。スヴェトラのタコ7は先日買ったばかりだが、これは別録音だからいいのだ。ソビエト国立交響楽団演奏、1978年2月28日のライヴ録音。

キリル・コンドラシン指揮『P.Tchaikovsky』(Venezia MOCKBA 2005)
中古。コンドラシン指揮のチャイコフスキー作品集。2枚組で、収録曲は「ピアノ協奏曲第2番」、「管弦楽のための組曲第3番」、バレエ音楽「くるみ割り人形」より組曲、「交響曲第6番"悲愴"」。協奏曲のピアノはエミール・ギレリス、演奏は協奏曲のみレニングラード・フィルハーモニア管弦楽団。以外の曲はモスクワ・フィルハーモニー管弦楽団。1948〜1978年録音。

テオドール・クチャル指揮『Nelsen Symphonies(complete)』(Brilliant Classics 92885)
中古。デンマークの作曲家、カール・ニールセンの交響曲全集。ニールセンについては、名前は聞いたことがあるかな程度の知識しかなかったが、そんな状況でも買ったのは指揮者クチャルの名前と、3枚組で¥1050と安かったから。
「交響曲第1番」〜「同第6番」を収録。ヤナーチェク・フィルハーモニー管弦楽団演奏、2005年録音。

エフゲニー・ムラヴィンスキー他指揮『Tchaikovsky Collection 1』(Venezia CDVE 63982)
中古。最後にでかい箱物が。ムラヴィンスキー、スヴェトラーノフ、ロジェストヴェンスキー、フェドセーエフという超豪華なメンツによるチャイコフスキー作品集。6枚組(でも1枚ものなみの値段だった!)。
収録曲であるが、まずムラヴィンスキーパートは、「交響曲第5番」、「同第6番"悲愴"」。レニングラード・フィルハーモニア管弦楽団演奏、1983および1982年録音。
続いてスヴェトラパートは、「四季」全曲。ソビエト国立交響楽団演奏、1974年録音。
ロジェヴェンパートは、「ヴァイオリン協奏曲」。モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団演奏(ソリストは、ダヴィド・オイストラフ)、1968年録音。
最後にフェドセーエフパートは、バレエ音楽「くるみ割り人形」全曲と、バレエ音楽「白鳥の湖」全曲。ソビエト放送拡大交響楽団演奏、1976および1985年録音。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.01

それがどうした今日も買う(6/1)

エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮『ショスタコーヴィチ:交響曲第7番「レニングラード」』(Pony Canyon PCCL-00576)
新品。国内盤の新品を買うなんて、何時以来だろう…。まあ、値段的には下手な輸入盤より安かったけど(ていうか今日買った3枚中では一番安い)。
スヴェトラ指揮のタコ7は、3,4種類の録音があるが、とりあえずこれが最初の1枚。後のものも順次買っていく方向で。
ハーグ・レジデンティ管弦楽団演奏、1995年ライヴ録音。

エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮『Glinka・Prokofiev・Tchaikovsky』(BBC Worldwide Limited BBCL 4145-2)
新品。スヴェトラ指揮のBBC放送音源。収録曲はグリンカの「ロシアの2つの主題による交響曲」、プロコフィエフの「古典的交響曲(第1番)」、チャイコフスキーの「交響曲第3番"ポーランド"」。
ソビエト国立交響楽団演奏、1968年録音。

アレキサンダー・グラズノフ/ニコライ・ゴロヴァノフ指揮『Alexander Glazunov "The Seasons" Synphony No.6』(Melodiya MEL CD 10 00929)
新品。ちょっと高かったが、レア盤の(になりそうな)気配を感じたので買った。グラズノフの作品集で、まずはバレエ音楽「四季」全曲。なんと、グラズノフ自らが指揮をしている(「自作自演」という奴ですな)。Symphony Orchestra(としか書いてない)演奏、1929年録音。
もう1曲は「交響曲第6番」こちらは爆演指揮者ゴロヴァノフの指揮で、モスクワ放送交響楽団演奏、1952年録音。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »