« それがどうした今日も買う(7/28) | Main | それがどうした今日も買う(8/2) »

2006.07.30

それがどうした今日も買う(7/30)

クラウス・テンシュテット指揮『マーラー 交響曲第1番「巨人」』(東芝EMI TOCE-13107)
中古。テンシュテット指揮のマーラー「交響曲第1番」。テンシュテットのマーラーばらものは結構中古で見かけるのだけれど、全集とダブるのではないかという懸念があるのでなかなか買う気にならない。その点、このCDは全集のロンドン・フィルではなくシカゴ交響楽団の演奏なので別音源だとはっきりしていて安心して買えた。1990年のライヴ録音。

クラウス・テンシュテット指揮『コダーイ/"ハーリ・ヤーノシュ"』(東芝EMI TOCE-7576)
中古。テンシュテット指揮によるコダーイおよびプロコフィエフ作品集。コダーイの組曲「ハーリ・ヤーノシュ」とプロコフィエフの組曲「キージェ中尉」を収録。ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団演奏、1983年録音。

レオポルド・ストコフスキー指揮『Tchaikovsky:Symphony No.5/Mussorgsky:Picture At An Exhibition』(DECCA UCCD-7008)
中古。ストコフスキー買うのこれが初めてだ、と思ったがよく考えたらクナッパーツブッシュと抱き合わせのワーグナー管弦楽曲集を買ったことがあるんだった。単独盤はこれが初めてだ。
収録曲はチャイコフスキーの「交響曲第5番」とムソルグスキーの「展覧会の絵」。この「展覧会の絵」は、よくあるラヴェル編曲版ではなく、ストコフスキー自身の編曲によるものだ。その辺に興味があったので買ってみたが、何より¥250だったからな。
ニュー・フィルハーモニア管弦楽団演奏、1965および1966年録音。

キリル・コンドラシン指揮『Mahler Symphony No.5』(Audiophile Classics APL 101.501)
中古。コンドラシン指揮のマーラー「交響曲第5番」。ソビエト放送拡大交響楽団演奏、1974年録音。

エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮『ボロディン:交響曲全集・第1番、第2番「勇者」&第3番(未完)』(BMGファンハウス BVCC-38201〜02)
中古だが未開封。スヴェトラ指揮のボロディン交響曲全集。2枚組。「交響曲第1番」〜「同第3番」(未完。リムスキー=コルサコフによる補筆版)の他に、歌劇「イーゴリ公」から序曲と「だったん人の行進」、「小組曲」を収録。
ロシア国立交響楽団演奏、1992〜1993年録音。

ヴラジミール・フェドセーエフ指揮『Tchaikovsky: Francesca da Rimini,Romeo and Juliet, The Tempest』(Consonance 81-5000)
新品。フェドセーエフによるチャイコフスキー管弦楽曲集。「フランチェスカ・ダ・リミーニ」、「テンペスト」、「ロミオとジュリエット」、「ヴォイェヴォーダ」の4曲を収録。オスタンキノ放送拡大交響楽団演奏、1990および1991年録音。

エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮『P.Tchaikovsky Suites』(Melodiya SUCD 10-00001)
中古。スヴェトラ指揮のチャイコフスキー組曲集。バレエ「白鳥の湖」よりの組曲とバレエ「くるみ割り人形」よりの組曲を収録。両方とも全曲版を持っているのだが(まだ聴いてないけど)、なにしろ長い(「くるみ割り」は2枚組、「白鳥」に至っては3枚組!)ので、気軽に聴く用に組曲版も持っといてもいいかなーと。¥300だったし。

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮『The Late Unforgettable Columbia Records』(Andromeda ANDRCD 5034)
中古。今日一番の激安盤だが(6枚組で¥1150!最も元値も安いのだが)、しかし未聴CD2軍入りしそうな危険盤でもある。
1949〜1954年にかけてColumbiaに録音したものだ。内容はベートーヴェン「ピアノ協奏曲第5番"皇帝"」、「交響曲第5番」、ワグナー「さまよえるオランダ人」より序曲、「タンホイザー」より序曲、「ローエングリン」第1幕への序曲、「神々の黄昏」より序曲と「ジークフリードのラインへの旅」、「ジークフリードの葬送音楽」、「ブリュンヒルデの自己犠牲」、モーツァルト「交響曲第40番」、シューベルト「交響曲第8番"未完成"」、ウェーバー「オイリアンテ」より序曲、スメタナ「モルダウ」、ベートーヴェン「交響曲第6番"田園"」、
グルック「アルチェステ」より序曲、「オーリードのイフィジェニー」、ブラームス「交響曲第1番」、「ハイドンの主題による変奏曲」、「ハンガリー舞曲」より第1番、第3番、第10番、ハイドン「交響曲第94番"驚愕"」、シューベルト「ロザムンデ」より序曲他、ウェーバー「魔弾の射手」より序曲、「オベロン」より序曲、ヨハン・シュトラウス2世「皇帝円舞曲」となかなか豪華な内容。一応戦後録音なので、音もそんなに悪くないと思うのだが、さて?
演奏はベートーヴェンの「ピアノ協奏曲」とワーグナー「ブリュンヒルデの自己犠牲だけ」フィルハーモニア管弦楽団演奏で、残りはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏。

|

« それがどうした今日も買う(7/28) | Main | それがどうした今日も買う(8/2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/11157420

Listed below are links to weblogs that reference それがどうした今日も買う(7/30):

« それがどうした今日も買う(7/28) | Main | それがどうした今日も買う(8/2) »