« July 2006 | Main | September 2006 »

August 2006

2006.08.26

それがどうした今日も買う(8/26)

エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮『ムラヴィンスキー指揮 エディション2 1972&76年ロシアにおける演奏会ライヴ ショスタコーヴィチ:交響曲第8番ハ短調/ブラームス:交響曲第3番ヘ長調』(Scora Classics scoraCD012)
中古。ムラヴィンスキー指揮の作品集2枚組。1枚目はショスタコの「交響曲第8番」。2枚目はブラームスの「交響曲第3番」とボーナストラックとして「同第4番」。この「第4番」は第4楽章が欠落していて完全な形ではない。その辺がボーナストラック扱いの所以だと思われる。ショスタコ8番もブラ3番も既に持っているのでタブっているんじゃないかと思ったが、幸いにもダブリは免れた。
演奏はレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団、ただしブラームス4番のみはモスクワ放送交響楽団。1940〜1976年録音。

エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮、中村紘子ピアノ/チャイコフスキー:ラフマニノフ:協奏曲』(CBS Sony Records CSCR 8310)
中古。スヴェトラ指揮、中村紘子ピアノによる協奏曲集だ。収録曲はチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」とラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」。演奏はソヴィエト国立交響楽団、1990年録音。

エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮、エフゲニー・ミハイロフ:ピアノ『スクリャービン作品集」(Venezia CDVE 03298)
新品。バーゲンワゴンより発掘。いろんな意味で今日最高の掘り出し物だ。なにせジャケ表面に書かれているのが全てキリル文字なので、中身がさっぱり判らない。スクリャービンの肖像画のイラストがあるので、スクリャービン関係の箱物だということだけは判るが。
と言う訳で普通なら怖くて手が出せないところであるが、閉店セールで約半額になっていたので思い切って購入。
で、中身であるが6枚組になっていて、最初の4枚に「交響曲第1番」〜「同第5番"プロメテウス〜炎の詩"」と「ピアノ協奏曲」を収録。残り2枚に「ピアノソナタ第1番」〜「同第10番」をエフゲニー・ミハイロフのピアノで収録。となっている。
気になる手持ち音源とのダブリであるが、交響曲1番、2番、4番"法悦の詩"は残念ながら所有盤とダブっていた。それ以外は問題ない模様。ソヴィエト交響楽団演奏、1963〜1998年録音。

エンリケ・バティス指揮『Tcaikovski Las 6 Sinfonias y 5 Obras Orquestales』(LUZAM 7 52435 18068 9)
新品。これもバーゲンワゴンより発掘。やはり通常の半値なのだが、こちらもジャケットにはメキシコ語?しか書いてなくてイマイチ中身が判りにくい。それでもエンリケ・バティスという指揮者名とチャイコフスキーの、おそらく全集だろうと判断がついた。エンリケ・バティスはメキシコの指揮者であるが、かなりの爆音系らしい。爆音系は大好きなので、これは聞いてみたいということで購入。
結局、中身は4枚組で、「交響曲第1番"冬の日の幻想"」〜「同第6番"悲愴"」と、管弦楽曲として、「スラヴ行進曲」、歌劇「エフゲニー・オネギン」よりのワルツ、「イタリア綺想曲」、歌劇「マゼッパ」より序曲、「フランチェスカ・ダ・リミニ」の5曲が収録されている。
メキシコ州立交響楽団演奏、1997年録音。

ネーメ・ヤルヴィ/ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮『Antonin Dvorak Concerto for Cello amd Orchestral in B minor, Op.104/Symphony No.9 "From The New World" in E minor, Op.95』(Venezia CDVE 04246)
新品。ヤルヴィ/ロジェヴェン指揮によるドヴォルザーク作品集。ヤルヴィ指揮の方は「チェロ協奏曲」で、チェロはダニール・シャフラン。ロジェヴェンの方は「交響曲第9番"新世界より"」。
協奏曲はエストニア交響楽団演奏、1979年録音。"新世界"の方はソヴィエト放送拡大交響楽団演奏、1973年録音。

エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮『Yevgeny Mravinsky・Volume1』(Melodiya/BMG 74321 25190 2)
中古。「Mravinsky Edition」と言うシリーズの1枚目。収録内容は、ウェーバーの序曲「オヴェロン」、シューベルトの「交響曲第8番"未完成"」、ブラームスの「交響曲第2番」。演奏はレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団、1978年録音。

エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮『Yevgeny Mravinsky・Volume6』(Melodiya/BMG 74321 25195 2)
中古。同じ「Mravinsky Edition」の6枚目。収録内容はヒンデミットの「交響曲"世界の調和"」とオネゲルの「交響曲第3番"典礼風"」。レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団演奏、1965年演奏。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

それがどうした今日も買う(8/25)

クラウス・テンシュテット指揮『シューマン:交響曲第3番「ライン」/メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」』(東芝EMI CAPO-2002)
中古。ヤフオクにて落札。タイトル通りテンシュテット指揮のシューマン「交響曲第3番"ライン"」とメンデルスゾーン「交響曲第4番"イタリア"」だ。演奏は共にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団。シューマンは1978年、メンデルスゾーンは1980年録音で、テンシュテットの録音としては初期の部類に入る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

それがどうした今日も買う(8/24)

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮『Cinderella・On The Dnieple』(Melodiya 74321 52458 2)
中古。ヤフオクにて落札。ロジェヴェン指揮によるプロコフィエフのバレエ音楽集だ。2枚組。内容はバレエ音楽「シンデレラ」とバレエ音楽「ドニエプルの岸辺で」、それぞれの全曲版。「シンデレラ」はソビエト放送拡大交響楽団演奏、1965年録音。「ドニエプルの岸辺で」は、ソビエト文化省交響楽団演奏、1982年録音。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.20

それがどうした今日も買う(8/19)

エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮『Tchaikovsky The Symphonies & Orchestral Works』(Scribendum SC 024)
新品。タワレコ通販にて購入。スヴェトラ指揮のチャイコフスキー交響曲全集だ。6枚組で、紙製の外箱に薄型Wケースを3枚収納する、というちょっと変わった作りだ。外箱がフタつきなんで、ちょっと出し入れしにくい。
スヴェトラは何度かチャイコフスキー全集を録音しているがこれは一番最初の1960年代のもの。「交響曲第1番」〜「同第6番"悲愴"」の他に、「スラヴ行進曲」、「テンペスト」、「フランチェスカ・ダ・リミニ」、「イタリア奇想曲」、「弦楽四重奏曲第1番」より「アンダンテ・カンタービレ」、序曲「1812年」、「弦楽セレナーデ」、「マンフレッド交響曲」、幻想序曲「ロミオとジュリエット」を収録。
演奏はソビエト国立交響楽団、1967〜1989年録音。

J.B.ハットー『ストンピン・アット・マザー・ブルース』(P-VINE PCD-23598)
新品。P-VINEの通販サイトでのバーゲンで購入。シカゴのブルースギタリスト/シンガー、J.B.Huttoの初期録音集だ。全19曲で、そのうち12曲は1966年、Delmarkのために録音されながらお蔵入りになっていたもの。残り7曲はDelmarkでの2枚目「サイドワインダー」録音時のセッションのアウトテイク集で1972年録音。

カーター・ブラザーズ『アースクウェイク』(P-VINE PCD-5539)
新品。これもP-VINEのバーゲンにて購入。西海岸を中心に1970年代にかつやくしたが、その後行方が判らなくなり、1996年に再発見、そして翌年には20年ぶりの新作を出した。本作はそれに続く復帰後の第2作である。残念ながらキーボード担当のジェリーが不参加で、ロマンとアルバートの2人体制になっているが、音の方は以前と変わらないようである。
2000年録音。なお、原題は「Since You've Come Into My Life」となっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.18

それがどうした今日も買う(8/18)

クラウス・テンシュテット指揮『ベートーヴェン/序曲集』(東芝EMI CC30-9063)
中古。amazonのマケプレにて購入。テンシュテット指揮のベートーヴェン序曲集で、「フィデリオ」序曲、「レオノーレ」序曲 第3番、「プロメテウスの創造物」序曲、「コリオラン」序曲、「エグモント」序曲、の5曲を収録。演奏はロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、1984年録音。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.16

それがどうした今日も買う(8/16)

エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮『The Sleeping Beauty』(Melodiya MEL CD 1000406)
中古。スヴェトラ指揮によるチャイコフスキーのバレエ音楽「眠れる森の美女」全曲集。3枚組。これでチャイコフスキーの3大バレエ全曲集制覇だ!しかしこの「眠れる森の美女」全曲版って、CD2枚組で出ているのもあるのだが、なんでこれは3枚組なんだろう?そんなにスローテンポで演奏しているのか?
ソビエト国立交響楽団演奏、1980年録音。

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮『Enescu: Symphony No.2/Romanian Rhapsody No.2』(Chandos CHAN 9537)
ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮『Enescu: Symphony No.3/Romanian Rhapsody No.1』(Chandos CHAN 9633)
中古。先日買ったロジェヴェン指揮のエネスク作品集であるが、実は続きがあって3枚で交響曲全集になっていることを発見。で、その3枚が仲良く並んでいたので、2枚目と3枚目を購入。
2枚目には「交響曲第2番」と「ルーマニア狂詩曲第2番」を、3枚目には「交響曲第3番」と「ルーマニア狂詩曲第1番」をそれぞれ収録。2枚目にはなぜか日本語の解説書が付属している。
BBCフィルハーモーニー管弦楽団演奏。1995〜1997年録音。

エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮『モーツァルト:ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」、交響曲第40番/ショスタコーヴィチ:交響曲第10番』(Scora Classics ScoraCD010)
中古。スヴェトラの指揮作品としては数少ないモーツァルトとショスタコのカップリング盤。2枚組。1枚目にはモーツァルト「ピアノ協奏曲第9番"ジュノム"と「交響曲第40番」を、2枚目にはショスタコ「交響曲第10番」をそれぞれ収録。
ソビエト交響楽団演奏、ピアノはスヴャトスラフ・リヒテル、1963および1966年録音。

エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮『チャイコフスキー:交響曲第4番/幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」』(Pony Canyon PCCL-00513)
中古。スヴェトラはチャイコフスキーの交響曲を何度か録音しているが、これはその最後、1993年のものの、バラ売り分かな?(全集も出ているようだが)。
「交響曲第4番」と幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」を収録。ロシア国立交響楽団演奏、1993年録音。

安藤裕子『Merry Andrew』(Avex Entertainment CTCR-14454)
中古。某CMで曲が使われて気になっていた安藤裕子の2ndアルバム。CMで使われていた曲「のうぜんかつら(リプライズ)」も入っている(だから買った訳だが)。
CCCDで出ていたのを見た覚えがあるのだが、これは通常CD。どこかの版でCCCDから通常CDに切り替えられたものと思われる。まあ、売れているCDだからこそだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.15

それがどうした今日も買う(8/15)

エフゲニー・スヴェトラーノフ他指揮『The Great Overture』(Yedang YCC-0059)
中古。ヤフオクにて落札。スヴェトラ他3人の指揮による序曲集。
収録作品は、まずチャイコフスキーの序曲「1812年」、ロッシーニの序曲「ウィリアム・テル」、ビゼーの前奏曲「カルメン」、グリンカの「スペイン序曲第1番」と序曲「ルスランとリュドミーラ」と、序曲「皇帝に捧げし命(イワン・スサーニン)」、リムスキー=コルサコフの序曲「プスコフの娘」、ベートーヴェンの序曲「コリオラン」。
「1812年」はロジェストヴェンスキー指揮、「コリオラン」はユーリ・テミルカーノフ指揮。以外の曲はエフゲニー・スヴェトラーノフ指揮。演奏の方は「1812年」がモスクワ音楽院交響楽団、「ウィリアム・テル」がソビエト放送交響楽団。以外はソビエト国立交響楽団。1963〜1999年録音。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.12

それがどうした今日も買う(8/12)

スー・フォーリー『New Used Car』(RUF Records RUF 1116)
中古。カナダ出身のブルースシンガー/ギタリスト、Sue Foleyの2006年作。RUFレーベルへ移籍しての2作目、かな?(他にライヴ盤も出ている模様)。

マイスター『I Met The Music』(Defstar Records DFCL1168)
中古。ブリリアント・グリーンのギタリスト、松井亮によるソロユニット、Meisterの1stアルバム。ブリグリのギターの音は結構好きなので、注目していたが、CCCDなので新品で買う気にならなかった。ようやく中古で落ちているのを発見してちょっと高かったが購入。
とにかくゲストが豪華で、演奏陣にはニック・ベックス(カジャ・グーグー)、ロズ(ライド)、ケンジ・ジャマーなど。ヴォーカル陣にもハワード・ジョーンズ、サイス(ブー・ラドリーズ)、マーク(ライド)、イーダ、マンダリン(ビス)といった顔ぶれだ。UKロック好きにはかなり気になるメンツだが、さてどうかな?
ボーナストラック1曲を含む14曲収録。

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮『Enescu: Symphony No.1/Suite No.3』(Chandos CHAN 9507)
中古。ロジェヴェン指揮による、ルーマニアの作曲家ジョルジェ・エネスクの作品集。そんな作曲家がいたことも知らなかったが、ロジェヴェンの名前だけで購入。
作品の方は、「交響曲第2番」および「組曲第3番」を収録。演奏はBBC・フィルハーモニー管弦楽団、1995および1996年録音。

クラウス・テンシュテット指揮『マーラー 交響曲第6番「悲劇的」』(東芝EMI TOCE-13561-62)
中古。テンシュテット指揮のマーラー「交響曲第2番」。CD1枚で収まらないので2枚組になっている。1991年のライヴ音源で、全集とはダブらない。喉頭癌に倒れたテンシュテットが一時期復帰していた時期のもので、晩年の作品といっていいだろう。演奏はロンドン・フィルハーモニー管弦楽団。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.09

それがどうした今日も買う(8/8)

エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮『Brahms The Symphonies』(Scribendum SC 023)
中古。ヤフオクで落札。ブラームスはあまり好きではないのだが、安かったものでつい…。
ブラームスの「交響曲第1番」〜「同第4番」までをCD3枚に収録。おまけの曲などは入っていない。ちょっと残念。ソビエト国立交響楽団演奏、1981および1982年録音。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.06

それがどうした今日も買う(8/6)

パイントップ・パーキンス『Heritage Of The Blues』(High Tone Records HCD8159)
新品。バーゲン棚より。シカゴのブルースピアニスト/シンガー、Pinetop Perkinsの、1996および1997年にHigh Toneレーベルに録音した全曲集。自作曲の他、ブルースのスタンダード曲も交えての15曲。

ガスハウス・デイヴ『Full Service』(Terra Nova RecordsTND-9023)
新品。こっちもバーゲン棚より。白人ブルースギタリスト/シンガー、Gashouse Daveの2004年アルバム。2枚組で、1枚目は13曲収録のスタジオ盤。2枚目はガスハウス・デイヴ&ザ・ハードテイルズ名義の、パリでのライヴ10曲を収録。という構成になっている。何度か、元値(¥2510)で買おうとしてその度に止めていた盤だが、待った甲斐あって¥515で入手できた。

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮『Dmitri Shostakovich The 15 Symphonies』(Venezia CDVE 04233)
中古。ヤフオクにて落札。おなじみVeneziaレーベルから出ているロジェヴェン指揮のショスタコ交響曲全集だ。こちらはまだ廃盤になっていないので、慌てて買う必要もなかったのだが、ヤフオクで安かったものでつい…。
例の27枚組箱(そういやまだ全然聴いていない)にも、バルシャイ指揮の全集が含まれているから、これで手つかずの全集が2つできたことになる。これはちょっと酷いね。まあ、これで欲しい全集は…とりあえず今すぐ欲しい全集は揃ったかなと。
「交響曲第1番」〜「同第15番」までを、CD10枚組に収録。演奏は、ソビエト文化省交響楽団、1983〜1986年録音。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.05

それがどうした今日も買う(8/4)

クラウス・テンシュテット指揮『R.シュトラウス 交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき』(東芝EMI TOCE-4025)
中古だが未開封。背中の部分がかなり退色しているところからして、相当の期間棚晒しになっていたものと思われる。amazonのマケプレにて購入。
テンシュテット指揮のR.シュトラウス作品集。交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」、交響詩「ドン・ファン」、「四つの最後の歌」を収録。ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団演奏、1982〜1989年録音。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.03

それがどうした今日も買う(8/2)

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮『Anton Bruckner The Complete Symphonies』(Venezia CDVE O4240)
新品。ロジェヴェン指揮によるブルックナー交響曲全集。もっと後で買うつもりだったのだが(まだヨッフムのブル全も聴いてる途中だし)、例によって廃盤になったので(HMV通販では既に扱っていない)、ある内に買っとけ、と。タワレコの通販で折良くバーゲン品になっていたのでそこで購入。
「交響曲第1番」〜「同第9番」の他に、いわゆる「0番」と、番号なしの習作を含む全11曲をCD11枚に収録。それなら1枚に1曲と単純になりそうなものだが、なぜかCDまたがりの曲が発生しまくり。もうちょっとなんとかならんかったのか。
なお、ロジェヴェンはブルックナー曲について、異稿と呼ばれるバージョンちがいまで全て録音しているのだが、本全集にはそのうち一般的なバージョンのみを収録している。それらバージョン違いまで網羅した完全全集を期待する声もあるようだが、そこまではさすがに要らないな。とかいって出たら買うかも知れんけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »