« September 2006 | Main | November 2006 »

October 2006

2006.10.29

旧館とBlogの統一化その2

といってもその1は1年以上まえのこの記事ですがw。
これ以来、気が向いたときにちまちまと旧館→Blogのデータ移転を行っていたのだが、今日久しぶりに残りをやろうと思ったところ、ココログの読み込みをさせた時にエラーではねられてしまう。
何が不可ないのだろうと思っていろいろ考えたが判らない。フォーマットは元記事に書いた通りにしているし、前回まではそれでうまく読み込みできていたのだが…。
考えられるのは、この間にココログのシステムバージョンアップがあった筈で、それによって移行データのフォーマットに仕様変更が生じたのかも知れないが、そんな基本的な所を変えるとは思われない。
結局、色々と試している内に、なんとか読み込ませることに成功したが、何を変えたのが良かったのかは判らない。
元記事のフォーマットから変えたのは、


  • データ先頭の「--------」を削除した。
  • 1つの記事の終わりの区切りと次の記事の先頭を示す区切りとの間に空白行を1行開けた。
  • データの改行記号をCR+LF(Windows用)から、LFのみ(UNIX用)に変えた。

の3カ所である。このうちのどれか(または複数)が正しかったと思われるが、面倒くさいので個別の検証はしていない。
ちょっとググってみたが、そのものずばりの記事はなかったものの、関連性がある記事2,3を総合して考えたところ、どうも3番目が怪しいようである。ココログでデータの書き出しを行ったところ、出力されたデータの改行コードはLFになっていたからだ。
ということで、ココログでデータの読み込みに失敗するという場合は、改行コードを変更できるエディタでいったん改行コードをLFに置き換えた後で読み込ませてみるというのを試した方が良いかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.28

それがどうした今日も買う(10/28)

エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮『Mravinsky Edition Volume 3』(Melodiya/BMG 74321 25192 2)
中古。「見つけたら買う」ことにしているMravinsky Editionの第3集。収録曲は12の舞踊のためのバレエ音楽「アゴン」とショスタコの「交響曲第15番」。演奏はおなじみレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団、1965および1976年録音。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

それがどうした今日も買う(10/27)

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮『Ravel Daphnis et Chloe』(Yedang YCC-0165)
中古。ヤフオクにて落札。まだあったYedangのロジェヴェン盤。収録曲はラヴェルの「ダフニスとクロエ」全曲。ソヴィエト国立放送交響楽団演奏、録音年記載なし。

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮『Berlioz Symphony Fantastique for Orchestra, H.48, Op.14 Overture to 'King Lear', H.53, Op.4』(Yedang YCC-0057)
中古。おなじくヤフオクにて落札。まだまだあったYedangのロジェヴェン盤。こっちはベルリオーズの「幻想交響曲」と序曲「リア王」を収録。ソヴィエト文化省交響楽団演奏。録音年記載なし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.27

それがどうした今日も買う(10/26)

エフゲニー・スヴェトラーノフ『Svetlanov: Red Guelder-rose, Piano Concert, Preluded』(Russian Disc RD CD 11 043)
中古。ヤフオクにて落札。スヴェトラーノフの自作自演集だ。収録曲は、交響詩「赤いゲルダー・ローズ」、「ピアノ協奏曲 ハ短調」、前奏曲「シンフォニック・リフレクション」の3曲。
「ピアノ協奏曲」のみ、スヴェトラーノフのピアノ、マキシム・ショスタコーヴィチ(ショスタコの息子さん)指揮、ソヴィエト放送拡大交響楽団演奏、録音年記載なし。
残り2曲は、スヴェトラーノフ指揮、ソヴィエト交響楽団演奏、録音年記載なし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.21

それがどうした今日も買う(10/21)

アルトゥーロ・トスカニーニ指揮『Vol.IX French Orchestral Music』(BMG Entertainment 74321 66942 2)
中古。一連のトスカニーニ指揮作品を収録した2枚組シリーズの第9集。タイトル通り、フランス人作曲家の管弦楽曲を収録している。収録曲は、ドビュッシーの、交響詩「海」、「管弦楽のための映像」より第2曲「イベリア」、「夜想曲」より第1曲「雲」、「牧神の午後への前奏曲」、ラヴェルの、「ダフニスとクロエ」より第2組曲、ベルリオーズの、序曲「ローマの謝肉祭」、劇的交響曲「ロメオとジュリエット」より「マブ女王のスケルツォ」、フランクの、交響詩「プシュケ」より第4曲「プシュケとエロス」、エロールの、歌劇「ザンパ」序曲、サン=サーンスの交響詩「死の舞踏」、ビゼーの、「カルメン」組曲、トマの、歌劇「ミニョン」序曲、デュカスの交響詩「魔法使いの弟子」。
演奏はおなじみNBC交響楽団。1949〜1953年録音。曲目一覧のところに謎の記号の書込あり。

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮『プロコフィエフ|バレエ「石の花」全曲』(ビクター音楽産業 VICC-40151〜2)
中古。ロジェヴェン指揮のプロコフィエフのバレエ音楽、「石の花」の全曲2枚組。ボリショイ劇場管弦楽団演奏、録音年記載なし。

クルト・ザンデルリンク指揮『チャイコフスキー:交響曲第4番・第5番・第6番《悲愴》』(コロムビアミュージックエンタテインメント COCO-70494→5)
中古。ザンデルリンクは、まだ聴いたことのない指揮者であるが、最近気になっている人である。ちょうどチャイコフスキーの後期交響曲3曲を収録した2枚組が安く落ちていたので(元値も安いのであるが)買ってみた。ベルリン交響楽団演奏、1979年録音。

エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮『Khrennikov Symphony 1,2 and 3』(Scribendum SC 029)
中古。スヴェトラ指揮のフレンニコフ交響曲全集。「交響曲第1番」〜「同第3番」を収録。ソヴィエト国立交響楽団演奏、1973、および1978年録音。

クラウス・テンシュテット指揮『マーラー交響曲第5番』(東芝EMI TOCE-3322)
中古。テンシュテット指揮のマラ5番。全集とはダブらないライヴ録音盤。ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団演奏、1988年録音。

ロイ・ゲインズ『The First TB Album』(Black Gold Records)
中古。テキサスのブルースシンガー/ギタリスト、Roy Gainesの2003年録音のアルバム。チャック・ウィリス、ジョン・リー・フッカーなどのカバーも交えつつの12曲。

OLIVIA『The Lost Lolli』(Cutting Edge CTCR-14326)
中古。先日シングルを購入したOLIVIAの2ndアルバム。CCCDだったので、新品を購入するのは躊躇われたのだが、中古で落ちてたので購入(未開封だったけど)。元々タワーレコード限定で発売されていた3枚のミニアルバムの計18曲から13曲を選んでアルバム化したというもの。2004年発売。

ヘルベルト・ブロムシュテット指揮『Beethoven Symphonies complete』(Brilliant Classic 99927)
中古。ブロムシュテット指揮によるベートーヴェン交響曲全集5枚組。廉価盤らしくブックレットさえ無い作りだが、音の方は評判が良いようなので買ってみた。「交響曲第1番」〜「同第9番」収録。シュターツカペレ・ドレスデン演奏、1978〜1980年録音。

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮『Bruckner・Hindemith Symphony No.1 C Minor Pittsburh Symphony』(Yedang YCC-0035)
中古。Yedangから出ているロジェヴェンの盤は大分買ってきたが、まだまだ奥があるようだ。これはブルックナーの「交響曲第1番」とヒンデミットの「ピッツバーグ交響曲」の2曲を収録。演奏はソヴィエト放送交響楽団演奏、1965、および1983年録音。

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮『Roussel Symphony No.1 Symphony No.2』(Yedang YCC-0120)
中古。同じくYedangからのロジェヴェン盤。こっちはルーセルの「交響曲第1番」と「同第2番」を収録。ソヴィエト文化省交響楽団演奏、1989年録音。

アンタル・ドラティ指揮『チャイコフスキー:組曲全集』(Universal Classics UCCP-3359/60)
中古。ドラティ指揮によるチャイコフスキーの組曲全集2枚組。「組曲第1番」〜「同第4番」を収録。ニュー・フィルハーモニア管弦楽団演奏、1966年録音。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.12

iTunesライブラリのバックアップ

最近、このblogはすっかり「その日買ったCDを淡々と記録するblog」と化しているので、たまには違う話題を。
どのぐらい前からか判らないが、「10月はHDが壊れやすい」という説がある。
個人的には、もう10年以上パソコンを使っているが、まだHDが壊れたことはない(正確に言うと1度だけ壊れたが、それは基盤だったらしくデータは無事だった)。
しかし大丈夫と思っていると、いきなり壊れるのがHDである。一応、主要なデータはたまに外付けHDにバックアップを取っているのだが、取っていないのが、iTunesのライブラリ。何しろ外付けHDの容量が40Gしかないのに、ライブラリのサイズは60Gを優に超えるから、バックアップしようがない(もっとデカい外付けHDを買え、というのはナシね)。
もし、今のパソコンのHDが逝ってしまったら、また60Gを超えるCD(何枚分だ?)をシコシコとリッピングせないかん訳か。考えただけで気が遠くなる。
と、いうことで、幸いiTunes7になって、ライブラリのバックアップ機能が付いたので、バックアップしてみた。

環境:
 マシン:iMacG5 2Ghz
 メモリ:1GB
 ドライブ:内蔵ドライブ(MATSHITADVD-R UJ-845)
 OS:MacOSX10.4.8
 アプリ:iTunes7.01

セーブ対象データ:
 データ量:16563曲、69.34GB(iTunesのフォルダは70.13GB)
 方法:iTunesライブラリとプレイリストの全てをバックアップする、を選択

セーブ結果:
 使用メディア:TDKブランドのDVD-R 4.7GB×17枚
 所要時間:約5時間

となった。
時間の方はもう少しかかるかと思ったが案外早かった。しかし5時間と言えば、半日というよりは1日仕事。なかなかこまめにやる訳にはいかない。幸い、差分バックアップの機能もついているので、次回からはそんなに時間はかからないと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.10

それがどうした今日も買う(10/8)

ロリス・チェクナヴォリアン/ヨンダーニ・バット指揮『Scheherazade Orchestral Works』(Briliiant Classics 99934)
中古。チェクナヴォリアンおよびバット指揮によるリムスキー=コルサコフの交響曲および管弦楽曲集4枚組。
収録曲は、チェクナヴォリアン指揮分が、交響組曲「シェエラザード」、音画「サダコ」、歌劇「サダコ」より「インド人の歌」、組曲「金鶏」、組曲「サルタン皇帝の物語」、「サルタン皇帝の物語」より「熊蜂の飛行」、組曲「クリスマス・イヴ」。
バット分が、「交響曲第1番」〜「同第3番」、序曲「皇帝の花嫁」、「セルビアの主題による幻想曲」、「ロシアの主題による序曲」、「おとぎ話」。
演奏は、チェクナヴォリアン指揮分が、アルメニア・フィルハーモニー管弦楽団、バット指揮分が、フィルハーモニア管弦楽団およびロンドン・フィルハーモニー管弦楽団。1985〜1998年録音。

エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮『エディション1 チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 ショスタコーヴィチ:交響曲第5番「革命」 ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」から前奏曲と愛の死 ハチャトゥリアン:交響曲第3番 ハ短調』(Scora Classics scoracd011)
中古。ムラヴィン指揮作品集。エディション2に続きエディション1も入手。収録曲はタイトル通り。演奏はハチャトゥリアンのみソビエト国立交響楽団、それ以外はおなじみレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団。1947〜1982年録音。

エンリケ・バティス指揮『VIII Shostakovich』(El Disco Es Cultura Alfa-1024)
中古。「Batiz Edition」というシリーズのバラ売り分第8集(もしくは売却者または販売者がバラして売った可能性もあり)。ショスタコーヴィチ作品集で、収録曲は「交響曲第5番」、「ロシアとキルギスの主題による序曲」、「ノヴォシビルスクの鐘」、交響詩「10月」。ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団演奏、録音年記載なし。

エンリケ・バティス指揮『XXVIII Dvorak / Mussorgsky』(No Label Alfa-1028)
中古。「Batiz Edition Vol.2」の第12集(「XXVIII」は第1集との通し番号)。収録曲は、ドヴォルザークの「交響曲第8番」と、ムソルグスキーの「展覧会の絵」。演奏は、ドヴォルザークの方は王立リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団、ムソルグスキーの方がロンドン・フィルハーモニー管弦楽団。録音年記載なし。

イシュトヴァーン・ケルテス指揮『The Symphonies』(Decca Record 430 046-2)
中古。ケルテス指揮のドヴォルザーク交響曲全集6枚組。「交響曲第1番」〜「同第9番"新世界より"」と、序曲「謝肉祭」、「スケルツォ・カプリチオーソ」、序曲「わが故郷」。
演奏はロンドン・フィルハーモニー管弦楽団。1963〜1967年録音。

エンリケ・バティス指揮『Tchaikovsky:Ballet Suites』(ASV CD QS 6183)
中古。バティス指揮のチャイコフスキー三大バレエ曲からの組曲集。収録曲は。バレエ「白鳥の湖」より組曲第1番〜第6番、バレエ「眠れる森の美女」より組曲第1番および第5番、バレエ「くるみ割り人形」より組曲第1番〜第3番。
演奏はロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団。1987年録音。

OLIVIA(inspi' REIRA)『a little pain』(cutting edge CTCR-40238)
中古。最後に非クラものを1枚。アニメ版「NANA」のエンディングテーマ曲のシングル盤。DVD付きのもあるが、これは通常版。収録曲は「a little pain」、「tears & rainbows」、「let go」の3曲。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.07

それがどうした今日も買う(10/7)

アルトゥーロ・トスカニーニ指揮『ワーグナー:管弦楽曲集IV』(BMGビクター BVCC-5217)
中古。トスカニーニ指揮のワーグナー管弦楽曲第4集。第3集を見つけた時も驚いたが、4集も出ていたとは。未開封なので高かったが、成り行き上(何の成り行きだ)、仕方ないので購入。
収録曲は、歌劇「タンホイザー」より序曲とヴェヌスベルクの音楽(バッカナール)、歌劇「ローエングリン」より第1幕への前奏曲、楽劇「トリスタンとイゾルデ」より愛の死、楽劇「ワルキューレ」よりワルキューレの騎行、楽劇「神々の黄昏」より夜明けとジークフリートのラインへの旅と、ジークフリートの死と葬送行進曲、の6曲。演奏はおなじみNBC交響楽団、1941〜1952年録音。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »