« それがどうした今日も買う(12/17) | Main | それがどうした今日も買う(12/30) »

2006.12.23

それがどうした今日も買う(12/23)

Various Artist『The Famous Marches in the World』(Yedang YCC-0074)
中古。タイトル通りの有名行進曲集。収録曲は、メンデルスゾーン「結婚行進曲」、ヨハン・ストラウス「ラデツキー行進曲」、グラズノフ「ロシアの主題による行進曲ホ長調」および「勝利の行進曲」、チャイコフスキー「スラヴ行進曲」、ベルリオーズ「ラコッツィ行進曲」、シチェドリン「交響的トランペット:祝典序曲変ロ長調」、スーザ「星条旗よ永遠なれ」。
指揮者は、ヨハン・シュトラウスとシチェドリンがロジェストヴェンスキー、スーザがトーマス・シッパーズ、以外はスヴェトラーノフ。演奏はスヴェトラ指揮分はソヴィエト国立交響楽団、ロジェヴェン指揮の内、ヨハン・シュトラウスがソヴィエト文化省交響楽団、シチェドリンがソヴィエト・グランド放送交響楽団、スーザはニュー・ヨーク・フィルハーモニー管弦楽団。1967〜1990年録音。

キリル・コンドラシン指揮『Masquerade Suite・The Comedians・Capriccio Italian・Capriccio Espagnol』(BMG Entertainment 09026 63302 2)
中古。コンドラシン指揮によるロシア名曲集。RCA音源をLiving Stereoという名前でCD化しているシリーズの1枚。収録曲は、アラム・ハチャトゥリアン「仮面舞踏会組曲」、カバレフスキー「喜劇役者」、チャイコフスキー「イタリア綺想曲」、リムスキー=コルサコフ「スペイン綺想曲」。演奏はRCA・ビクター交響楽団。1958年録音。

ディミトリ・ティオムキン『The Alamo the Essential Film Music Collection』(Silva Screen TVPMCD 011)
中古。「アラモ」、「OK牧場の決斗」、「ローハイド」、「ナヴァロンの要塞」などの映画音楽で知られる、Dimitri Tiomkinのベスト盤。ただしオリジナル・サントラではなく新録もの。限定盤仕様4枚組。
4枚の内、1枚目は西部劇のサントラ。2枚目前半は歴史映画のサントラ、後半はヒッチコック映画のテーマ曲2曲と、ドラマ&アドヴェンチャー映画のサントラ。3枚目はドラマ&アドヴェンチャーの続きと「アラモ」組曲。4枚目はボーナスCDで、歌ものばかりを集めたCDとなっている。

フランス・ブリュッヘン『J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番〜第3番』(東芝EMI CAPO-3008)
中古。未開封。ブリュッヘンのリコーダー奏者としてのアルバム。バッハの「無伴奏チェロ組曲第1番」〜「同第3番」をブリュッヘン自らリコーダー用に編曲しなおしたもの。1973年来日時の録音。

ボブ・ファン・アスペレン『The Well-Tempered Clavier』(EMI Records 7243 5 61711 2 1)
中古。ハープシコード奏者、Bob van Asperenによるバッハの「平均律クラヴィーア」全曲4枚組。やはりバッハでは「ゴルトベルク変奏曲」とこの「平均律クラヴィーア」くらいは聴いとかないとと思って購入。本当はスコット・ロスかグスタフ・レオンハルトあたりの演奏のが欲しかったのだが、高いのでこれで我慢(じゃあ買うなよ、というツッコミはナシの方向で)。1987〜1989年録音。

キッド・トーマス『Wail, Baby, Wail』(El Diablo El CD 1001)
中古。テキサスのブルースシンガー/ハーピスト、Kid Thomasのコンピ盤(だと思われる)。この人は、小出斉氏の「ブルースCDガイド・ブック」でその存在を知って、なんとなく気になって探していたのだが、たまに中古盤屋でその名前を見かけてもいつもどう見ても同名異人の白人のアンチャンのCDだったのだが→思い返してみると、白人のアンチャンはキッド・トーマスじゃなくてキッド・ラモスでした。俺が勝手に混同していたみたい。ようやく巡り会えた!リトル・リチャードみたいなリーゼントヘアも強烈だが、音の方もえぐいらしい。このCDには30曲!も収録されているのだが、18〜30曲目はBonus Tracksとあるのみで詳細不明。おそらくセッション中の、発表されなかった断片的な音源が収録されているのではないかと思われる。

ジョージ・"ハーモニカ"・スミス『Blowing The Blues』(El Segundo Records ESR 98001)
中古。アーカンソー生まれで、シカゴから西海岸まで幅広く活動したブルースシンガー/ハーピスト、George "Harmonica" Smithのコンピ盤。一番メジャーなRPM録音を除く(RPM録音分は別のCDでリリースされているらしい)初期録音集。1956年のリトル・ウォルター・Jr名義の録音から1978年、ジョージ・"ハーモニカ"・スミス名義の録音まで26曲を収録。

鬼束ちひろ『いい日旅立ち・西へ』(東芝EMI TOCT-4636)
中古。2003年発売のシングル。山口百恵の名曲「いい日旅立ち」の歌詞を一部変えたタイトル曲と、C/Wとして「月光」の2002年武道館公演のライヴバージョンを収録。

エンリケ・バティス指揮『Vol.II Tchaikovsky Vol.I』(no label name Alfa-1007)
新品。投げ売りワゴンより発掘。エンリケ・バティス・エディションの第2集。2枚あるチャイコフスキー集の1枚目。収録曲は「交響曲第5番」、「眠りの森の美女」よりワルツ、組曲「くるみ割り人形」。演奏は、「交響曲第5番」がロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、以外がロイヤル・フィルハーモニック管弦楽団。録音年記載無し。

|

« それがどうした今日も買う(12/17) | Main | それがどうした今日も買う(12/30) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/13176017

Listed below are links to weblogs that reference それがどうした今日も買う(12/23):

« それがどうした今日も買う(12/17) | Main | それがどうした今日も買う(12/30) »