« それがどうした今日も買う(12/1) | Main | それがどうした今日も買う(12/6) »

2006.12.03

気になるCM曲

最近気になるCM曲が2つある。
その1は、キリンファイア挽きたて工房のCM(反町隆史が出ているヤツ)の背後で流れている、楽しい感じのする男性コーラス曲だ。
ちょっと聴くと、モンティ・パイソンの「Sit On My Face」(そう言えばこれもCMに使われてましたな)のようであるが、歌詞が異なる。
そこで、キリンビバレッジのCM情報のページを見てみると、幸い曲名と作曲者名が掲載されていた。Harry Parr Davisという人の作った「Sing as we go」という曲らしい。
そこで、"Harry Parr Davis"でググってみると、件のキリンCM曲について触れたサイトがいくつかあって、Gracie Fieldsという人が歌った曲であることが判明。"Gracie Fields"でもググってみると、このあたりの経由を説明したサイトをいくつか発見。その中でまとまっているtempo rubato ~鎌倉散歩~ : 気になるCMを参考にまとめてみると、

  1. CMに使われた曲の原曲はGracie Fieldsの「Sing as we go」である。

  2. 一方モンティ・パイソンの「Sit On My Face」もやはりGracie Fieldsの「Sing as we go」が原曲である。ただし歌詞は全く異なり(いわゆる替え歌)、またアレンジも女性独唱から男声合唱へと変えられている。

  3. CMで使われた曲は、アレンジはほぼモンティ・パイソン版のままで、歌詞を原曲の「Sing as we go」に戻したものである。
と言うことになる。
ちなみにGracie Fieldsは英国の女優兼歌手で、戦前〜戦後にかけてミュージカル映画などで活躍した人であり、この「Sing as we go」も同タイトルのミュージカルの主題曲らしい。
ということで、"Gracie Fields"でHMVで検索すると結構CDが出ているようなので、その中で「Sing as we go」が収録されていて、比較的廃盤になっていなさそうなこれを注文してみた。Vol.1とあるとおり、続編が出ているので、面白かったら続編も注文しようという心づもりである。

さて、もう1つの曲であるが、これは典型的な一度聴いたら頭の中でぐるぐると無限再生されるというタイプの曲で、歌詞は「♪ハムソーセージおいしそう〜。ハムソーセージ食べたいな〜。」というものだ。これも歌詞でぐぐってみると、ニッポンハムのCM曲で、ハムリンズというグループ?が歌っているものであることが判明した。
で、ハムリンズの公式サイトというのが出来ていて、CMの試聴なども出来るのだが、このページによるとハムリンズは4人の構成員から成り、それぞれの名前は「ハミュ」、「ソーセジータ」、「ベーコロン」、「ヤキベータ」という、いささか強引というか無理のあるネーミングになっている。もっとも同じページのハムリンズ資料館を見ると、出身がHAM86星雲のハムソー星だとか、結構細かいキャラ設定がなされているようだ。
この手のCMソングは「おさかな天国」みたいにブレイクしてCD化されたりするが、この曲もそうなるのかなあ。

あと、会社自体は好きではないがCM曲のセンスはいいなあ、と思うのはソフトバンク・モバイル。プロコフィエフの「ロミオとジュリエット組曲第2番」を使ったり、キャメロン・ディアスの出ているCMにバリー・マニロウの「コパ・カバーナ」を使ったり。まさか今世に「コパ・カバーナ」をこんなに頻繁に耳にするとは思っていなかったよ。

|

« それがどうした今日も買う(12/1) | Main | それがどうした今日も買う(12/6) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/12916688

Listed below are links to weblogs that reference 気になるCM曲:

« それがどうした今日も買う(12/1) | Main | それがどうした今日も買う(12/6) »