« それがどうした今日も買う(6/5) | Main | 今日の消化盤(6/6) »

2007.06.06

今日の消化盤(6/5)

・バティス指揮/Vol.XXXI Musica Mexicana
★★★☆
バティス・エディション・シリーズ2の通算第31集。チャベス、ポンセ、レヴエルタスの3人の曲を収録。メキシコの作曲家+メキシコの指揮者+イギリスのオケ(例のロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団)だが、何の問題もなく楽しめた。それにしてもチャベスだけでなく、ポンセとかもパーカッションの使い方とか、伊福部昭に似てる。年代的には伊福部の方が少し下だが、太平洋の東西を隔てて、なにか通じ合うものがあったのか。

・バルシャイ指揮/ショスタコーヴィチ:交響曲全集(7/27)
★★★★
バルシャイのタコ全7枚目は交響曲第11番"1905年"。いかにもショスタコらしい、ひねりの効いた、したたかな構成の曲であるが、さすがバルシャイ、手堅くまとめている。緩急の付け方も見事。好演。

|

« それがどうした今日も買う(6/5) | Main | 今日の消化盤(6/6) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/15331895

Listed below are links to weblogs that reference 今日の消化盤(6/5):

« それがどうした今日も買う(6/5) | Main | 今日の消化盤(6/6) »