« 今日の消化盤(6/4) | Main | 今日の消化盤(6/5) »

2007.06.05

それがどうした今日も買う(6/5)

HMVにマルチバイでCDを3点注文した内、1点が入荷遅れということで残り2点が到着。更に同じくHMVのマルチバイで2点注文したDVDが、これまた1点入荷遅れと言うことで残り1点が到着。計3点が到着した。

アラン・パーソンズ・プロジェクト『Tales Of Mystery And Imajination ・ Edgar Allan Poe(Deluxe Edition)』(Mercury Records 984 854 5)
新品。アランパのリマスター再発シリーズ、記念すべき1作目は30周年記念盤として2枚組のデラックス・エディションで発売された。
1枚目には、1976年アナログでリリースされたバージョンをそのまま収録(これまではモービル・フィデリティから出ていた高音質CDでしか聴けなかった)+ボーナストラック4曲(オーソン・ウェルズのラジオスポットやアラン・パーソンズ、エリック・ウルフソンへのインタビューも含む)。2枚目は1987年にCD化された際のリミックスバージョンを収録+ボーナストラック4曲という豪華な構成。

エドゥアルト・マータ指揮『De Falla Orchestral Works』(Brilliant Classics 6734)
新品。マータ指揮によるスペインの作曲家、マヌエル・デ・ファリャの管弦楽作品集3枚組。収録曲は歌劇「儚き人生」全曲、バレエ「恋は魔術師」全曲、「7つのスペイン民謡」全曲、「賛歌」全曲、「三角帽子」第2組曲、歌劇「ペドロ親方の人形芝居」全曲、「クラヴサン協奏曲」。オマケとして、フリアン・オルボン作の「ガリヤの聖歌」、「王の3つのカンティガ」も収録されている。シモン・ボリヴァル交響楽団&合唱団演奏、1994年録音。

ティム・バックレー『My Fleeting House』(MVD Visual DR-4566)
新品。公式盤としては初めての、ティム・バックレーの映像を収録したDVD。1967〜1974年のTV出演を中心としたライヴパフォーマンス14曲(内11曲が完奏版)と、ティム・バックレー本人および関係者へのインタビューをてんこもりにした豪勢な内容。インタビュー映像が多いので、字幕なしの輸入盤はちと辛いが、ライヴ映像だけでも充分元は取れそう。インタビューを省いて、ライヴパフォーマンスだけ再生できるようにしたモードが用意されているのも有難い。
おまけとしてリー・アンダーウッド(バックレーのバックバンドのギタリスト)とラリー・ベケット(曲の共作者)によるアルバムレビュー、「ソング・トゥ・ザ・サイレン」の詩朗読なども入っている。リージョンフリー、NTSCなので一般的なDVDプレーヤーで再生可能。

|

« 今日の消化盤(6/4) | Main | 今日の消化盤(6/5) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/15325221

Listed below are links to weblogs that reference それがどうした今日も買う(6/5):

« 今日の消化盤(6/4) | Main | 今日の消化盤(6/5) »