« 今日の消化盤(6/8) | Main | 今日の消化盤(6/9) »

2007.06.09

それがどうした今日も買う(6/9)

エウロパ・ガランテ『Humanita e Lucifero La Maddalena』(Opus111/Naive OP 20013)
新品。投げ売りワゴンより発掘した2枚組。A.スカルラッティ(キーボードソナタでおなじみのD.スカルラッティの実父)の宗教音楽2枚組。エウロパ・ガランテの名前につられてつい手を出してしまった。声楽ものには手を出さないはずだったのに…。まあ、980円と安かったし。中身はオラトリオ(でいいのか?)「人間と悪魔」、「マッダレーナ(マグダラのマリア」。前者には幕間にコレッリのトリオソナタ第1番および第3番が挿入されている。1995および1993年録音。

クラウス・テンシュテット指揮『Smetana・Dvorak・Janacek』(BBC Legends BBCL-4139-2)
中古。BBC所蔵の発掘音源を出しているBBC Legendsからの1枚。収録曲は、スメタナの歌劇「売られた花嫁」より序曲、ドヴォルザークの「交響曲第8番」、ヤナーチェクの「シンフォニエッタ」の3曲。1991年4月2日、ロンドン、ロイヤル・フェスティバル・ホールでのライヴ録音。演奏はロンドン・フィルハーモニー管弦楽団。

エリアフ・インバル指揮『ブルックナー:交響曲第1番』(Teldec/Warner Music Japan)
中古。未開封。インバル指揮のブルックナー「交響曲第1番」。初稿にあたるリンツ稿を使用。フランクフルト放送交響楽団演奏、1987年ライヴ録音。

エンリケ・バティス指揮『Vol.XXII Schumann / Franck / Ravel』(no label name Alfa-1022)
中古。未開封。バティス・エディション・シリーズ2の通算22集。中身はシューマンの「ピアノ協奏曲イ短調」、フランクの「交響的変奏曲」、ラヴェルの「左手のためのピアノ協奏曲ニ長調」の協奏作品3作を収録。ロイヤル・フィルハーモニック管弦楽団演奏、録音年記載なし。

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮『Bruckner: Symphonies Nos. 3,4,5,7,8&9』(Andromeda ANDRCD 9010)
新品。大量に仕入れしすぎたのか、6枚組で1190円というものすごいバーゲン価格で売っていた。クナッパーツブッシュの指揮したブルックナーの録音の内、現存する3,4,5,7,8,9番を収録したもの。ディスクの余白には、オマケとしてワーグナーの楽劇「神々の黄昏」より「ジークフリードのラインへの旅」、楽劇「パルジファル」より前奏曲、リストの交響詩「前奏曲」も収録。3番はバイエルン国立歌劇場劇団演奏、1954年録音。4番はベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(以下BPOと略記)演奏、1944年録音。5番はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(以下VPOと略記)演奏、1956年録音でこれのみステレオ。7番はVPO演奏1949年録音。8番はBPO演奏、1951年録音。9番はBPO演奏、1950年録音。

|

« 今日の消化盤(6/8) | Main | 今日の消化盤(6/9) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/15372321

Listed below are links to weblogs that reference それがどうした今日も買う(6/9):

« 今日の消化盤(6/8) | Main | 今日の消化盤(6/9) »