« 今日の消化盤(2/13) | Main | 今日の消化盤(2/15) »

2008.02.15

今日の消化盤(2/14)

ジョ・アン・ケリー『Women In (E)motion』(Tradition & Moderne T&M 110)

★★★
英国人女性ブルースシンガー/ギタリスト、Jo Ann Kellyのライヴ盤。1988年9月20日にブレーメンで行われた「Women In (E)motion」というイベントでのライヴの模様を収録したもの。
この人は、女性としてはかなりキーの低い声の持ち主である。初めて聴いた時は一瞬男性の声かと思ったほどだ。といってもいわゆるドスのきいた声というのとも違う、独特の声をしている。その声もブルースにはよく合うのだが、もう一つ素晴らしいのはそのギターだ。もともとフレッド・マクドウェルに多大な影響を受けた人だけに、あまり暗くない、どこかフォーキーで華やかなギタースタイルである。このライヴでは自作曲の他に、チャーリー・パットンの(2)やビリー・ホリデイの(14)などカバーも演っているが、どれも彼女なりのアレンジが施され、「ジョ・アン・ケリーのブルース」とでも言うべきものになっている。

|

« 今日の消化盤(2/13) | Main | 今日の消化盤(2/15) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/40135821

Listed below are links to weblogs that reference 今日の消化盤(2/14):

« 今日の消化盤(2/13) | Main | 今日の消化盤(2/15) »