« それがどうした今日も買う(2/2) | Main | 今日の消化盤(2/4) »

2008.02.03

今日の消化盤(2/3)

スモーキー・ウィルソン『88Th Street Blues』(Blind Pig Records BPCD 5026)

★★☆
西海岸のファンキー・ブルースマン、Smokey Wilsonの1983年のアルバム。は、いいのだが、このアルバムはあまりファンキーではない。どちらかと言えばマターリ系の音。それはそれで味わいはあるものの、やはり絶対的にかっこ良さが足りない。スモーキー
もヴォーカルは頑張っているものの、ギターは湿りがち。その中で唯一気を吐いているのが、ハーモニカのロッド・ピアッツア。メロディーラインに寄り添うような感じで細かいフレーズを刻み、なかなかの熱演。

デヴィッド・シルヴィアン『Blemish』(Samadhi Sound Sound-Cd 0001)

★★☆
デヴィッド・シルヴィアン、2003年発表の、今のところ再診アルバム。聴く前からある程度予想はしていたが、かなりアバンギャルドな音。浮遊感のあるサウンドに突発的なノイズ、デビシルの呪文のようなヴォーカル。慣れればそれなりに面白いのだと思うが、黒人音楽にどっぷりハマっている今の自分にはちょっとハードルが高かった。

|

« それがどうした今日も買う(2/2) | Main | 今日の消化盤(2/4) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/17937728

Listed below are links to weblogs that reference 今日の消化盤(2/3):

« それがどうした今日も買う(2/2) | Main | 今日の消化盤(2/4) »