« それがどうした今日も買う(3/15) | Main | それがどうした今日も買う(3/17) »

2008.03.18

今日の消化盤(3/15)

Various Artist『The Blue Horizon Story 165-1970 Vol.1(1/3)』(Blue Horizon Records/Sony BMG 8287682082)

★★★☆
英国のブルース系レーベル、Blue Horizonの音源から編集された3枚組オムニバス盤。なお、「Vol.1」とあるがVol.2以降は出されていない模様。
裏ジャケの曲目一覧が、なぜかアーティスト名のABC順にソートされているのだが、中身の方はほぼ時系列順に並べられている。この1枚目は「The Pre-CBS Years」というサブタイトルが付けられ、1955〜1967年録音の25曲を収録。収録アーティストはヒューバート・サムリン、ジミー・マクラクリンら米国勢、ジョン・メイオール&エリック・クラプトン、サヴォイ・ブラウンら英ブルース・ロック勢と幅広い。個人的には英国勢よりも米国勢の方が印象に残った。ヒューバート・サムリンのインスト曲、チャンピオン・ジャック・デュプリー、リトル・マック・サイモンズあたりが収穫。

エスター・フィリップス『What A Diff'rence A Day Makes』(CTI Records/Sony Music Entertainment 505163 2)

★★★
ジャズ、ソウル、ブルースと幅広い分野で活躍したシンガー、Esther Phillipsの1975年Kudoレーベルからリリースしたアルバム。このKudo時代は、どちらかと言えばソウル寄りの、しかしソウルとは言えないジャンル無用の無国籍サウンドが特徴だ。音的には好みなのだが、肝心のヴォーカルがなんか不自然にヴィブラートをかける歌い方でこれが今ひとつ好きになれなかった。

|

« それがどうした今日も買う(3/15) | Main | それがどうした今日も買う(3/17) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/40548149

Listed below are links to weblogs that reference 今日の消化盤(3/15):

« それがどうした今日も買う(3/15) | Main | それがどうした今日も買う(3/17) »