« それがどうした今日も買う(3/8) | Main | それがどうした今日も買う(3/11) »

2008.03.14

今日の消化盤(3/9)

U.P. ウィルスン『Wild Texas Guitar』(Double Trouble Records DTCD 3023)

★★★★
テキサスのワイルドギタリスト/シンガー、U.P. ウィルスンの1stと思われるアルバム。1988〜1989年録音で、全10曲中8曲がライヴ、残り2曲がスタジオ録音となっている。
スタイル的には、後に続くアルバムと大差ない。ワイルドでラフなギター、タイトとは言えないいなたいノリ。上手いとは言えないヴォーカル、とこう書いていくとネガティヴ要素ばかりのようだが、この人の場合はそれが持ち味だ。冗長なギターソロ、破綻しているリズムだがそこが良いのだ。2004年、69歳での早すぎる死が惜しまれる。

|

« それがどうした今日も買う(3/8) | Main | それがどうした今日も買う(3/11) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/40500018

Listed below are links to weblogs that reference 今日の消化盤(3/9):

« それがどうした今日も買う(3/8) | Main | それがどうした今日も買う(3/11) »