« 今日の消化盤(7/10) | Main | 今日の消化盤(7/12) »

2008.07.12

それがどうした今日も買う(7/12)

Various Artists『Shake That Thing! East Coast Blues 1935-1953』(JSP Records JSP7753)
新品。ヤフオクで落札。サブタイトル通り、戦前〜戦後の東海岸地域のブルースを集めた4枚組ボックスセット。外箱には「Gabriel Brown・Ralph Willis・Dan Pickett・Leroy Dallas」の4人の名前が書かれているのだが、詳細情報を見た限りでは「Leroy Dallas」の音源は収録されていないっぽい。
収録曲は全105曲。内訳は、ゲイブリエル・ブラウンが41曲。ラルフ・ウィリスが46曲。ダン・ピケットが18曲。ダン・ピケットについてはP-Vineから出ていたCDを既に所有しているのでダブり。でもCD1枚分くらいの価格で落札できたからまあいいや。

ビッグ・ジョン・グリア『I'm The Fat Man』(ReV-Ora Handstand CR BAND 17)
中古。ラッキー・ミリンダー楽団などに在籍して活躍したシンガー/テナー・サキソフォニスト、Big John Greerの編集盤。1949〜1955年に録音された30曲を収録。発表名義はLucky Millinder And His Orchestra,Big John Greer And His Rhythm Rockers,などバラバラだがいずれの曲でも彼のサキソフォンとヴォーカル(ただしインスト曲もあり)が楽しめる。9曲でミッキー・ベイカーがギターで参加しているのも個人的にはポイント高し。

リトル・マック・シモンズ『Blue Lights』(Black & Blue BB 450.2)
シカゴのブルースシンガー/ハーピスト、Little Mac Simmonsの1975年パリ録音のアルバム。CD化に際してライヴ音源を含む5曲がボーナストラックとして収録され全15曲となっている。リトル・マック・シモンズはオムニバス盤では聴いたことがあったが、あまり強い印象はない。にもかかわらず買ってしまったのはバックのメンツがあまりにも強力すぎ(p:ウィリー・メイボン、g:ロニー・ブルックス&ヒューバート・サムリン、b:デイヴ・マイヤーズ、dr:フレッド・ビロウ!)たから。

|

« 今日の消化盤(7/10) | Main | 今日の消化盤(7/12) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/41814950

Listed below are links to weblogs that reference それがどうした今日も買う(7/12):

« 今日の消化盤(7/10) | Main | 今日の消化盤(7/12) »