« 今日の消化盤(7/12) | Main | それがどうした今日も買う(7/16) »

2008.07.16

今日の消化盤(7/15)

Various Artists『Junkers, Jivers & Coke Friends Vintage Songs About Drugs 1926-1952』(Buzzola BZCD 009)

★★★☆
謎のレーベル、Buzzolaから出ているテーマ別のブルース・コンピレーションシリーズの第9集。本集ではサブタイトルにもあるようにドラッグがテーマ。う〜ん、歌詞が聴き取れたらなあ。もっと楽しめると思うのだが…。でもまあ、音を聴いているだけでも充分楽しめる。曲のタイトルは「Cocaine Blues」と言ったそのものずばりのものからおそらく俗語ではドラッグ関係の言葉なのだろうと思われるものまで様々。年代的には戦前〜戦後までをまたがっているが、戦後ものはジャンプ/ジャイヴ勢が多い。ルイ・ジョーダン、スリム・ゲイラード&スラム・ステュワート、キャブ・キャロウェイなど、今までどちらかというと避けてきた方面の曲が面白かった。今後はそっちの方にも手を出してみるかな。

リトル・ミルトン『グリッツ・エイント・グローサリーズ』(MCAビクター MVCM 22025)

★★★★
リトル・ミルトン1969年発表のアルバム。後年のStaxレーベル在籍時のものほどではないが、でも充分ソウルフルでファンキー。曲毎にかなり印象が違い、ストレートなブルースあればソウルあり、ファンクありという感じ。日本では今ひとつ人気がないように思われるリトル・ミルトンだが、どうしてだろう?最もワシも最初に聴いたときは今ひとつピンとこなかった。あまりにもストレートすぎるというか、衒いがないところがいかんのかのう…。まあ、できるだけ多くの人に聴いてもらいたいものです。

|

« 今日の消化盤(7/12) | Main | それがどうした今日も買う(7/16) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/41879164

Listed below are links to weblogs that reference 今日の消化盤(7/15):

« 今日の消化盤(7/12) | Main | それがどうした今日も買う(7/16) »