« 今日の消化盤(7/25) | Main | 今日の消化盤(7/26) »

2008.07.27

それがどうした今日も買う(7/26)

まずはヤフオクで大量落札したものが一気に到着。

Various Artists『New Orleans To Chicago Mississippi Blues』(Castle Communications PBX CD 402)
中古。タイトルにあるようにニュー・オーリンズからシカゴまで、ミシシッピ河沿いに遡っていく、という意図だと思うが、いまいち基準がはっきりしない廉価盤4枚組ボックスセット。
1枚目は「One Man Boogie」と言う名で、ワンマン・バンド・スタイルのブルースマン(と言っても2人だけだが)を収録。内訳はDr.ロスとブラインド・ジョー・ヒル(誰?)。結構メジャーな人と共に誰それ?と言うような超マイナーな人も収録されているのが、この箱の特徴と言えば特徴か。
2枚目は「Going Upriver」という名で、プロフェッサー・ロングヘア、チャンピオン・ジャック・デュプリー、ロッキン・シドニーなどニュー・オーリンズ勢がずらっと並んでいるが、単に名前が「ルイジアナ」というだけでルイジアナで活躍したわけではないルイジアナ・レッドが収録されているのはご愛敬。
3枚目は「Back In The Country」という名で、バトラー・ツインズ、ドク・テリー、エディ・カークランドらデトロイト勢を収録。
4枚目は「The Sun In Shining」と言う名で、ジョニー(ジョン)・リトルジョン、ブリュワー・フィリップス、モジョ・ビュフォードらシカゴ勢の渋めなところを収録。

ルイジアナ・レッド『Midnight Rambler』(Tomato 2696342)
中古。名前は「ルイジアナ」だが、別にルイジアナで活躍した訳ではないブルースマン、Louisiana Redの編集盤。1975年に録音されたもので、前半部が「The Winter Session」、後半部が「The Summer Session」とサブタイトルが付けられている。全19曲収録。

Various Artists『Specialty Boogie-Woogie』(Ace Records CDCHD 422)
中古。Specialty/Fidelity音源からブギ・ジャンプを集めた編集盤。カミル・ハワード、ロイ・ミルトン、ジョー・リギンズあたりのメジャー処から、ネルソン・アレクサンダー・トリオ、ウィラード・マクダニエル、ジョ・ジョ・ジャクスンといったマイナーな人まで。1947〜1951年録音の21曲収録。内4曲は未発表曲。

Various Artists『House Rockin' & Hip Shakin', Volume 4: Bayou Blues Harp』(Hip-O Records HIPD-40139)
中古。Hip-O Recordから出ているExcelloレーベル編集盤の第4集。タイトルにあるように、ブルース・ハープに絞った内容。レイジー・レスター、スリム・ハーポ、ウィスパリング・スミスなど有名処はもちろんのこと、ライトニン・スリム(スクールボーイ・クリーヴ)、ベイビー・ボーイ・ウォーレン(サニー・ボーイ・ウィリアムスンII)など渋い組合せの曲も。1954〜1970年録音の20曲収録。

ここからは駅ビル中古盤屋巡りの成果。

エディ・ボ『Check Mr.Popeye』(Rounder Records CD 2077)
中古。ニュー・オーリンズのリズム&ブルース・シンガー/ピアニスト、Eddie Boの編集盤。1959〜1962年にRicレーベルに録音した14曲を収録。

リトル・サニー(・ジョーンズ)『New Orleans Rhythm & Blues』(Black Magic 9023)
中古。ハーピストとして有名なリトル・サニーとは別人のニュー・オーリンズのリズム&ブルース・シンガー、Little Sonny Jonesのアルバム。1975年録音の11曲収録。

|

« 今日の消化盤(7/25) | Main | 今日の消化盤(7/26) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/41979366

Listed below are links to weblogs that reference それがどうした今日も買う(7/26):

« 今日の消化盤(7/25) | Main | 今日の消化盤(7/26) »