« 今日の消化盤(9/15) | Main | 今日の消化盤(9/17) »

2008.09.17

今日の消化盤(9/16)

リトル・ミルトン『If Walls Could Talk』(Shout Records SHOUT 41)

★★★★
リトル・ミルトンのCheckerレーベルから1970年に発表されたアルバムにシングル曲6曲を追加収録した盤。
音の方は、Checkerレーベルでの最終作だけあって、次のStax時代に近い、かなりソウル/ファンク寄りの音になっている。「Blues Get Off My Shoulder」のようにブルースの基本的パターンを使った曲もソウルフル。実にかっこいいです。ボーナストラック最後の、当時のシングルとしては異例の長さ(6分40秒)の「I Can't Quit You Baby」はなんだか混沌とした魅力に気圧されます。

ザ・サム・レイ・ブルース・バンド『Shuffle Master』(Appaloosa AP085-2)

★★★☆
シカゴのドラマー/シンガー、Sam LayのThe Sam Lay Blues Band名義でのアルバム。1992年発表。
派手さはないがすこぶる堅実な音。聴いていて隙を与えないがっちりとした骨太なサウンド。正直、もう少し破綻したというか、派手なところがあっても良いとは思うが。
安心して聴けるという点では良いが、やはりちょっと物足りなさが残る。

|

« 今日の消化盤(9/15) | Main | 今日の消化盤(9/17) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/42509655

Listed below are links to weblogs that reference 今日の消化盤(9/16):

« 今日の消化盤(9/15) | Main | 今日の消化盤(9/17) »