« それがどうした今日も買う(1/11) | Main | 今日の消化盤(1/14) »

2009.01.16

今日の消化盤(1/12)

ジェイムズ・ブッカー『Gonzo: More Than All The 45s』(Night Train International NTI CD 7084)

★★★
ニュー・オーリンズの「ピアノ魔術師」James Bookerの初期録音集。1954〜1962年にかけて、Imperial/Chess/Ace/Peacock/Dukeレーベルに録音された17曲。15〜23歳にかけての録音ということになる。
最初の4曲は、ヴォーカルもの。なんだか女性ヴォーカルみたいに聴こえるのだが、クレジットによればブッカー自身のヴォーカルとある。まあ、彼の声はかなり甲高い+まだ若いということでそういう風に聴こえるんだろうな、と解釈したい。
のこり13曲はインストで、ピアノではなくオルガンを弾いている。なかなか雰囲気のあるオルガンで先入観抜きに聴けば悪くないのだが、後年のジェイムズ・ブッカーのプレイを期待するとかなりがっかりする。

|

« それがどうした今日も買う(1/11) | Main | 今日の消化盤(1/14) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28674/43761571

Listed below are links to weblogs that reference 今日の消化盤(1/12):

« それがどうした今日も買う(1/11) | Main | 今日の消化盤(1/14) »